フォト

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

世界を夢みて13:ウィーンとコーヒーの歴史

前回http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-8996.htmlの続編です。

Th_d7d02b50bca7ba31730e49964e93004b コーヒーは元々噛んで味わうものでイスラムの修道者が秘薬として使用したのが始まりだそうです。その後飲料として飲まれるようになり、イスラム世界では16世紀になるとコーヒーハウスが誕生し、広く飲まれるようになりました。オスマン帝国の首都になったイスタンブールでは沢山のカフェが誕生していましたが、ヨーロッパ世界ではコーヒーは一般的ではなかったようです。

現在、ウィーンには沢山のカフェが並んでいますし、おそらく世界有数の多さと歴史があると思います。ウイーンでコーヒーを飲む習慣が出来た訳を書いてみます。

16世紀にはオスマン帝国が西へ勢力を伸ばし、ウィーンを囲んだ攻防戦が起きてしまいます。当時のウィーンは強固の要塞都市でオスマントルコ軍と猛攻をうけていて、援軍が必要だったのです。しかし周囲を30万人のトルコ軍に囲まれているため、トルコ兵士に気づかれないように援軍を要請するのは困難は状況でした。 

その中で一人の男(コルシツキー)が手を挙げます。彼はトルコ人と生活を共にした経験があり、彼らの言葉や習慣に詳しかったのです。コルシツキーはトルコ風の衣装に身を包んで、ウィーンから脱出し、ポーランド軍への連絡に成功します。その後 ポーランド軍は、ウィーンを脱出していた皇帝の軍と合流し、トルコ軍への攻撃を開始することになります。ウィーンの城壁の外と内からトルコ軍を挟み撃ちする総攻撃を仕掛け、トルコ軍は敗走し、ウィーンは解放されることになります。

トルコ軍は一目散に逃げ去ったため、さまざまな物資が残されていました。その戦利品は功績のあった者から分配されることになったのです。

金品から先に分けられ、当時のウイーンの人々が見たことのない「奇妙な豆」だけは最後まで残ってしまいました。それがコーヒー豆だったのです。その価値を知っていたコルシツキーはこの多量の豆を貰い受けることになったのです。

彼はこの戦利品のコーヒー豆を使って、ウィーンに初めてのトルコ風のコーヒーハウスをオープンしました。 その後、瞬く間に西洋人にもコーヒーを飲む文化が定着します。

ウィーンの街並みには沢山のカフェが並んでいます。私が30年前に初めて旅行したヨーロッパはウィーンでした。そのウィーンでの初めてのカフェは、老舗のカフェ・モーツァルトでした。重厚な店内で緊張して味は忘れましたが、その雰囲気は今でも良く覚えています。

Th_dsc00520 その後3回ほどウィーンに行ったことがありますが、コーヒーの味を知らない私もカフェには立ち寄ることにしています。

余り格調が高いと緊張してしまいますので、感じが良くて入りやすいのは、美術史美術館内のレストラン(Cafe Kunsthistorisches Museum)でした。 ここは「世界で最も美しいカフェ」とも言われています。 王宮のような豪華な建物の中でコーヒーが飲めるのはとても有難いことですし、値段もリーズナブルです。皆様もウィーンに行く機会があればコーヒーを味わってみて下さいね。

勿論、美術史美術館のコレクションも素晴らしいですよ。個人的にはブリューゲルの「バベルの塔」もあります。子供の頃、大好きだった横山光輝さんの「バビル2世」のマンガのせいで「バビルの塔」は1度みたい絵画でした。なんたってバビル2世の三しもべ「ロデム」「ロプロス」「ポセイドン」が格好良かったですhappy01

2015年8月26日 (水)

夏バテ

今日のFMレキオは「夏バテ」に関してお話をしました。
夏バテは本来は夏が終わる秋口に、夏の疲れを引き続いで起こる体調の不良をさしています。

同じ夏の暑さにより引き起こされる熱中症と夏バテの違いは、ボクシングの試合を例にとると、暑いという強烈なKOパンチを浴びたのが熱中症で、ボディブローのように少しずつダメージを受けて最後にダウンするような感じが夏バテと言えますでしょうか? 

夏バテの正確な医学用語はないのですが、強いて言うなら慢性の暑熱性障害(慢性熱中症)や熱衰弱に近い病態となります。

夏の終わり頃に次第に体調が悪くなるのが夏バテですが、「全身の疲労感」「体がだるい」「熱っぽい」「立ちくらみ、めまい、ふらつく」「むくみ」「食欲不振」「無気力になる」「イライラする」「下痢、便秘の胃腸障害」・・・・など多彩な症状、なんとなくスッキリせず体が重く感じるのが夏バテの症状となります。

Th__2 何故そのようになるのかを、左の図にまとめてみました。

日本の夏は暑く湿度も高い状態が続きます。多量の汗をかいたり体温を維持するために私達は多量のカロリーを使ってしまいます。さらに暑さのため食欲不振も続き、体が慢性的なカロリー(ビタミン、ミネラル)不足となってしまい、次第に疲れが貯まってしまうのです。 

2番目の原因としては、夏の暑さのためクーラーを使用するのですが、その内外の温度差が大きいと、暑い屋外と寒い室内を1日何回もいったいきたりしたら、私達の体は夏なのか冬なのか判らなくなり、体温や発汗などを調整する自律神経が疲弊してしまいます。 いわゆる自律神経失調状態(熱っぽい、イライラする、無気力、胃腸障害など)となってしまうのです。 

さらに夏は暑さのため、睡眠不足、熟眠障害がおこり疲れが蓄積してしまうのです。

この様に夏の長い暑さで少しずつ、ダメージを受けた体は秋口にはとうとう悲鳴を上げてしまい、夏バテの症状が出現してしまうのです。

症状も徐々に蓄積しますので、対策は①、②、③の病態を考えて、しっかりと食事を取ってカロリー、ビタミン、ミネラルを補充する。クーラーは外気温と5度以内を目標に設定する。昼が長くなってもしっかり睡眠時間を確保して、暑さ対策をして熟眠ができる環境を整える。

この様なことに気をつけて、残り少ない夏を乗り切って下さいねscissors

2015年8月22日 (土)

今週の生け花(2015年8月3週)

夏の甲子園も終わり、本土ではお盆も終えたこの時期からはチラホラと秋の気配を感じるのではないでしょうか? 沖縄は旧暦でお盆を行いますので、来週の水・木・金がお盆となります。Th_img_3815 そして まだまだ沖縄は暑い夏が続いていきます。

それにしてもまた台風がやって来ます。月曜日の予定をどうするかを悩んでしまいます。こんな鬱陶しいことを考えているより、2階のいつもの場所でお花に癒された方がいいと思い早速写真を撮ってきました。

外が台風になろうが真夏の灼熱だろうが、ここは違います。すでに秋の風を感じてしまいます。 やはりそう感じてしまうのは、ススキの穂のようなパンパグラスによるものかも知れません。ススキをみると秋を風情を思い浮かべ、秋の訪れを感じてしまうのです(私はパブロフの条件反射の犬に似ているのでしょうか:ススキ→秋coldsweats01 と連想してしまいます)

パンパグラスは一見ススキのように見えますが、ススキよりもだいぶ大きな穂を持っていて、丈も2メートル程度になるそうです。その葉っぱの縁がギザギザで刈るときには手を切らないために手袋は必需品だそうです。

Th_20158 「パンパ」は昔地理の勉強で覚えたような名前です。パンパとはアルゼンチン中部に広がる広大な牧草地帯の名前で、「パンパ地方に生えているグラス(芝)」と言うことで命名されたそうです。あの有名な牧草地帯からきていたのですね(あの大草原を馬で駆け回ってみたいですhappy01)。

淡いピンクのと紫に中心が黄色のアスターの花もスッキリしています。花を知らない私からみると菊もアスターも同じ菊に見えて区別がつきませんweep

台風が近づく中でも、このお花たちを見ながら、私はサトウハチローの童謡の「ちいさい秋みつけた」の歌詞を思い出しています。これから街を歩いたり、ふとした瞬間に秋をみつけることも多くなるのでしょうね。また季節が巡ってきますheart04

<花材:パンパグラス、菊、アスター、千年木>

2015年8月19日 (水)

甲子園は野球部全員で勝ち取ったもの

甲子園もいよいよ明日が決勝戦でしょうか。今年は高校野球100周年と言うことで、その歴史についても色々と語られていました。Th_30ec7d55228037a159f28cd46e8449_2

夏の甲子園、最後に頂点にたつのは・・・・地方大会から1回も負けないのは1校しかないのですね。多くの高校球児が白球を追いかけて敗れて行きます。 私達も1回に賭ける試合の重みを感じながら彼らの一生懸命さを応援をするのですsun

私は甲子園が大好きですが、最近殆ど見たことがありません。地元沖縄のチームが出る試合は見たいのですが、熱が入りすぎて、はらはらどきどきがひどくなりますので、なるべく気持ちを抑えるようにはしていますが・・・やはり大きな声で応援したくなってしまいます。

これは、報道する側の問題かも知れませんが、高校野球で突出した子供をヒーローのように報じるのはどうかと感じます。 野球のチームより選手の名前が先に報道されることもあります。

084619_2 どんなに優秀な選手がいても、チームがあるから 甲子園へ行けるのです。野球は9名で行いますが、それを支えているベンチの選手、さらに試合には直接参加出来なかった多くの野球部員全員が戦っているのです。 甲子園はみんなが頑張っている姿が見れるので、私は感激するのです。秀でた選手はプロのスカウトが評価すればいいと思いますし、その後プロの道を進めばそこで個人を応援すればいいと考えるのです。

甲子園は一人の選手にスポットを当てるのではなくて、全ての選手に同じ様に光を当てて欲しいと思うのです。甲子園の檜舞台に立てたのは野球部全員で勝ち取ったのだということを、甲子園ファンとしては改めて感じて声援を送りたいのです。

明日は決勝戦ですね。みんな溌剌と頑張って、甲子園の決勝という最高の舞台を楽しんで欲しいです。ファイト!

2015年8月17日 (月)

尊敬得る人に

人との付き合いの中で、その人の地位や年齢や性別をあまり意識したことがありません。 社会的常識の中で相手を敬うことは当たり前だと思うのです。

人は不思議です。学問を修めたから知恵があるとは限りませんし、ある企業のトップであっても人心がない方もいます。 

Th__2 若い頃に、日本でも著名な医師から全く見当違いのことで怒られた(罵倒された)ことがありました。頭が地べたに付く程謝ったことがありました。 その後、これがお偉い先生の単純な間違いであったことが判明しました。その直後に私の方は自身に問題は何もなく相手方の単純な連絡ミスであることが解り、私自身はホッとしました。 

しかしその方と2〜3日後にまた廊下ですれ違うことになりましたが、一言も謝ることがありませんでした。 20代の若い私はこの大先生を心の中で「哀れ」と感じたのでした。 どんなに偉くてももう私の中では「人間として眼中にない存在」となったのです。 偉くなることは威張ることではなく、他者への配慮や弱い立場への慈しみが出てくるものです。 

あの当時、怒りと悲しみを覚えたのですが、今では沢山学ばせて貰ったことに感謝しています。 「年を重ねてもあの様にはならない」という生き方を教えて頂いたと思うのです。

2015年8月15日 (土)

今週の生け花(2015年8月2週)

暑い日が続いています。本土の方ではお盆の最中でしょうか。東京などの都会で少し人が少なくなって、地方では久々に子供達の歓声が多く聞こえているのでしょうか

今週も素敵な生け花が飾ってありました。Th_img_3796  今回の生け花を見たときには砂漠(荒れ野)のオアシスを思い浮かべてしまいました。

雲竜柳の枝が乾燥した荒れ野を思い浮かべ、そこに生命感溢れるヒマワリが笑いながれ私達を迎えてくれているようです。 ピペリカムの実は砂漠の中での食べ物を連想させてくれました(実際は赤い実は美味しそうですがまずいそうですweep)。

もう一つの紫のリンドウも命と結び付いてしまうのです。以前にも書いたと思うのですが、「りんどう」は沖縄にはなくて北の寒い所で咲いているイメージです。 私が初めて「りんどう」を知ったのは、小学生の時に読んだマンガの「カムイ外伝」でした。 白土三平さんのマンガで抜け忍のカムイの一生を描いた作品でした。その中で「りんどう」という話がありました。

Th_20150813 掟の厳しい忍者の世界を脱会し、追われるカムイと一緒に暮らす抜け忍犬の「あか」がいました。二人(?)は一緒に助け合いながれ暮らしていたのです。 追われる最中にカムイが砂地獄に落ちてしまいます。その時あかに綱を持ってくるようにカムイは促すのですが、持ってきてくれないのです。通常ならあかには簡単のことですが、その時あかはカムイの背後に近づく追っ手を次々と倒していたのです。 カムイの体は首から下は砂地獄に徐々に落ちて行き、更に沈みかけて、この世で見る最後の花が「りんどう」なのだと死を覚悟します。カムイが自然の美しさに気がつくシーンがあるのです。

どうも「りんどう」の名前を聞いたり見るだけでこのシーンが浮かんでくるのです。人間だけが持つ美しさへの憧憬、儚さがその物語にはありました。

今日は70年目の終戦記念日です。命ほど大切なものはありません。亡くなった多くの方々に黙祷を捧げ、そしてその方々のお陰で平和であることに感謝したいと思います。

<花材:雲竜柳、ピペリカム、ひまわり、リンドウ>

2015年8月12日 (水)

3日前に食べた食事で食中毒?

今日のFMレキオは先週に引き続き、夏場に多い食中毒について話をしました。

夏場に多い細菌性食中毒は起こす菌によって、症状や発症するまでの時間的な差が結構あるのです。 食中毒を起こす菌を食べて食中毒になるのですが、その食中毒菌のタイプも大きく二つに分けて考える場合があります。

その菌が持っている毒素によって症状が引き起こされる場合と、その細菌が増殖して腸に炎症を及ぼす場合があり、前者を毒素型食中毒、後者を感染型食中毒と呼んでいます。

Th_ 菌が作り出す毒素の場合は比較的早くて1時間から1日程度で症状が出ます。菌が増殖して腸に辿り着いて症状を起こすタイプは菌が増殖するまで時間がかかりますので、症状が出るまで1日から4日かかることがあります。 

私達が食中毒の原因を考える場合、吐き気や下痢が起こった時点から、近い時間帯の食事が原因ではないか考えるのが普通と思うのです。例えば夕方に下痢したら「昼の弁当がよくなかったか」など昼の弁当の食材を考えると思うのです。

しかし2〜3日前に食べた食事が下痢の原因だったとしたら、皆様方は思い出すことが可能でしょうか? 私の場合は無理ですweep 断言出来るぐらい無理ですcrying。 

夏場は風邪などでも消化器症状をきたすことも多くありますし、暴飲暴食や疲れから来る体調不良によるものも多いと思います。しかしその中で集団で発生することを除くと食中毒と確定診断されるケースは少ないと思われます。 医師にとっても集団的な発生や食品関係などに勤めている人を除いて、わざわざ検便の検査を行って確定診断をする機会は余り多くはありません。 症状を緩和するための対処療法をすることで改善することが殆どですので、良くなった時点で治療終了となることも多いのです。

さて皆様方は3日前に自分が食べた食材を思い出すことが出来ますでしょうか? これからも暑い日が続くと思いますが、皆様方もご無理をなさらず体調管理を行って下さいねheart01

2015年8月 9日 (日)

戦争を繰り返してはならない。

戦争はしたくない、平和が一番・・・皆そう答えるのでしょう。今日は長崎に原爆が投下されて、70年目になります。Th_  
あの大戦を経験した人皆が、「二度と戦争をしてはいけない」と口を揃えて言います。

地球上で本能より理性(知性)を選んで進化したのは人類です。人類の歴史の中で戦争は最も非理性的な行為です。それを回避する唯一の方法は戦争を自分のものとして考えて(想像して)理性に訴えることしかありません。

戦争を下した政治家(軍人)、戦争で利益を得ようとしている一部を除き、戦争を経験させられた全ての人間が戦争を否定するはずです。しかし何故なくならないのでしょうか?

戦争は国と国の政治家(軍人)達が繰り広げる政治的な駆け引きの延長でしかありません。彼らが国を支配しやすくするため、あるいは国際社会において、自国の軍事力の影響を自慢し合う政治家にとっては、世界の安定のために「自国民が沢山血を流している」ことがステータスとなるのです。

国際会議の表舞台で「どうか私も一流の政治家として仲間に入れて」と言いたいために国民に血を流して欲しいのです。世界中でインフラの整備や教育、医療などの地道な活動を通して粘り強く平和を追求し、世界に貢献をするより、経済的・軍事的な力のバランスの方が重要となる政治集団なのです。

Th_173513 戦争は「戦争という看板」を抱えてやってくるものではありません。仮想敵国をつくり、国際社会の一員として分相応の貢献をするのが人間の義務として、徐々に巧妙に制度を変えていくのです。本当に徐々にです。「戦争をするための法案ではありません」と説明します。確かにそうです。「この文面からは戦争できない」と欺されるような文書です。 しかしその次があります、解釈の変更も容易になります。

私達国民を欺くような法案の向こうに、気がつけば、反対できない、言葉も発せない、拒否できない状況にいつでもなり得るのです。 私達はマッチョな単細胞の方に付き合う必要はありません。

先日ある議員が、デモを行った学生に対して「自分中心、極端な利己的な考え」で「戦後教育の誤り」とツイッターで述べたとか・・・それは逆です。ある意味戦後教育が正しかったから、デモが起き、政治家の支配下に置かれないように敏感に感じて行動しているのです。

戦後70年経ち、日本国憲法は政治家を縛る法律であり、国民を縛る法律ではないことを政治家は謙虚に学ばなければいけないのです。政治の失敗が戦争であることを学ばないといけないのです。

私は沢山の犠牲の上で戦後の平和な時代を生きています。戦争で死んだお祖父さんや若い叔父さん達のためにも「貧しいながらも平穏に暮らしていた人々が何故、国策のために死んで行ったのか」を考えないといけないと思うのです。

原爆投下から70年目の今日です。改めて不戦を誓いたいのです。

2015年8月 7日 (金)

今週の生け花(2015年8月1週)

暑い日が続いていますね。那覇市は台風13号の影響も少なく過ごせています(風は強いですが)。          Th_img_3780_2

今日も生け花のクラブの皆さんが2階のいつものスペースに生け花を飾ってくれています。今週の生け花は比較的多くの花材を使っていますが、それでいてゴチャゴチャせずにまとめ上げています。  

赤い花器を使用していますが、緑色の葉系統が中央部にまとまって使用されることより統一感があり、咲いている花々がそれと対比してうまく存在します。

カヤとなるとススキなどに近い屋根を葺くカヤを思い浮かべるのですが、今日の花材に使われているカヤは花火カヤ(はっきりしませんがcoldsweats01)といって枝から先がいくつかの穂に分かれたような(杉にようなイメージ)草です。それと重なるように葉形が涼しげなソケイが混ざって活けてあります。

Th_201581 フトイの直線的な茎と合わせるかのように透かし百合の茎が真っ直ぐに伸びてその先に橙色の花を咲かせています。百合の花は単体で目立つ花ですが、この色は周りと調和しています。

下方には花びらがシャープなスプレー菊(洋菊)がありますが、その黄色も突出した色になっていません。紫色のアスター(蝦夷菊)も優しげに花を添えています。 写真を撮るまでは分からなかったのですが、スプレー菊の後方に小さな白い小菊も咲いているようです。生け花クラブの芸の細かいことには驚かされしまいますhappy01

日本列島、まだまだ暑い日が続くと思いますが、体調管理をなされて夏を乗り切ってくださいねheart04

<花材;花火カヤ、すかし百合、アスター、スプレー菊、小菊、フトイ>

2015年8月 5日 (水)

食中毒は何故減らないのでしょう

今日のFMレキオは食中毒について話をしました。何度か書いたので今日は直接的な話ではなくて、食中毒がなぜ減らないのかについて考えてみたい思います(専門外ですので間違っているかも知れませんが・・・)

食中毒は口から入って来た有害・有毒物質により、下痢や嘔吐、発熱などをきたす疾患の総称です。 ですので食中毒といっても ①細菌性食中毒(微生物が原因で一番多い)②ウイルス性食中毒(冬場のノロウイルスなど)③化学性食中毒(ヒ素、水銀など)④自然毒食中毒(キノコ、フグなど)⑤その他 に分類されます。

Th_058521 食中毒は何か傷んだ物を不完全な衛生状態で食べたから起こったと勘違いしているかも知れません。勿論、腐れかけて、悪臭がするのを食べる人はいないと思ますし、戦後急速に冷蔵庫の普及や物流状況の改善で、新鮮な食品が手に入れることが多くなってきていることより、食中毒は単純に少なくなったと考えると思います。

しかし日本の食中毒の発生件数は毎年2万件前後で余り変わっていないのです。何故でしょう?

人類は地球上で色々な種類の食べ物を食する生き物だと考えられています。多種多様な食べ物を食するため、私達の先祖達は試行錯誤を続け、中には食中毒で死んでしまった方もいたかも知れません。しかしその経験を学んで、次々とこれまで口にしなかった食べ物も食するようになったと考えます。

動物には本能として食べてはいけない物を識別するセンサーを持っていると言われています。 動物を飼っていると分かると思うのですが、トウガラシなどが付いた肉などは食べてくれません。動物達は何か異常と考えているからなのです。

しかし人間は、腐った物や舌がヒリヒリするようなものでも、経験を積んで美味しいと感じるように、大脳が学んでしまうのです。本能である味覚の感覚よりも大脳が支配する経験が加わって、複雑な食べ物も手にするようになってしまったのです。

例えば、「納豆」「ヨーグルト」などの発酵食品は,一つ間違えば「腐れたもの」とある意味同じです。初めて食した人間は勇気がいったかも知れません。コーヒーやアルコールなども初めて飲んだ時は「まずい」と思ったことが殆どでしょうが、次第にこれが美味しいと大脳が学習して覚えてゆくのです。

この様にして大脳が発達した人類は、味覚や嗅覚の本能が次第に失われたかも知れませんし、新しい食べ物を食べたい欲求に惑わされたのかも知れません。

昔,日本の肝っ玉母さんなどは、賞味期限も気にせず、味見をして大丈夫なら「よし」として料理を作っていたかも知れませんcoldsweats02

しかし、食中毒を起こす多くの食べ物は、特に味覚変化は起きていません。食中毒菌が付いていても卵は卵の味、肉は肉の味がして美味しいのです。

日本は衛生状態がよく、冷蔵庫などが普及したため、Th_068425 食は全て安全と思い過ごしをしているのかも知れません。

これから夏は屋外などで楽しむ機会が増え、細菌性食中毒が発生しやすい時期ともなります。食肉を介して感染しやすいカンピロバクター菌、魚介類を介することの多い腸炎ビブリオ、卵や卵製品介して起こしやすいサルモネラ菌があり、夏場の食中毒の多くを占めます。

食中毒も色々です。食中毒予防の基本は、1.菌をつけない(清潔・水洗い) 2.菌を増やさない(迅速・冷却・乾燥) 3.菌をやっつける(加熱)です。 日本列島猛暑の夏が続きます、沢山食べて夏を乗り切っていきましょうheart04

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »