フォト

« 3日前に食べた食事で食中毒? | トップページ | 尊敬得る人に »

2015年8月15日 (土)

今週の生け花(2015年8月2週)

暑い日が続いています。本土の方ではお盆の最中でしょうか。東京などの都会で少し人が少なくなって、地方では久々に子供達の歓声が多く聞こえているのでしょうか

今週も素敵な生け花が飾ってありました。Th_img_3796  今回の生け花を見たときには砂漠(荒れ野)のオアシスを思い浮かべてしまいました。

雲竜柳の枝が乾燥した荒れ野を思い浮かべ、そこに生命感溢れるヒマワリが笑いながれ私達を迎えてくれているようです。 ピペリカムの実は砂漠の中での食べ物を連想させてくれました(実際は赤い実は美味しそうですがまずいそうですweep)。

もう一つの紫のリンドウも命と結び付いてしまうのです。以前にも書いたと思うのですが、「りんどう」は沖縄にはなくて北の寒い所で咲いているイメージです。 私が初めて「りんどう」を知ったのは、小学生の時に読んだマンガの「カムイ外伝」でした。 白土三平さんのマンガで抜け忍のカムイの一生を描いた作品でした。その中で「りんどう」という話がありました。

Th_20150813 掟の厳しい忍者の世界を脱会し、追われるカムイと一緒に暮らす抜け忍犬の「あか」がいました。二人(?)は一緒に助け合いながれ暮らしていたのです。 追われる最中にカムイが砂地獄に落ちてしまいます。その時あかに綱を持ってくるようにカムイは促すのですが、持ってきてくれないのです。通常ならあかには簡単のことですが、その時あかはカムイの背後に近づく追っ手を次々と倒していたのです。 カムイの体は首から下は砂地獄に徐々に落ちて行き、更に沈みかけて、この世で見る最後の花が「りんどう」なのだと死を覚悟します。カムイが自然の美しさに気がつくシーンがあるのです。

どうも「りんどう」の名前を聞いたり見るだけでこのシーンが浮かんでくるのです。人間だけが持つ美しさへの憧憬、儚さがその物語にはありました。

今日は70年目の終戦記念日です。命ほど大切なものはありません。亡くなった多くの方々に黙祷を捧げ、そしてその方々のお陰で平和であることに感謝したいと思います。

<花材:雲竜柳、ピペリカム、ひまわり、リンドウ>

« 3日前に食べた食事で食中毒? | トップページ | 尊敬得る人に »

」カテゴリの記事

コメント

「カムイ外伝」のリンドウの花の話ありがとうございます。カムイ伝は読んだ記憶があるのですが、覚えていません。私のリンドウの印象は山に咲く素朴で深い思いを凝縮したような青紫の花の美しさです。自然の美しさの象徴として使われていい花だと思います。終戦記念日の今日、全国民がもう二度と戦争はしませんと誓ったのではないでしょうか。そう願っています。戦争は近づいてくるものではありません。戦争に無理やり引っ張っていく人がいるのです。その手を振り払って戦争から逃げましょう。人が人を殺してはいけないのです。花の美しさを忘れてしまってはいけないのです。

はるかさん、こんばんは。

カムイ外伝は兄が買ってきた漫画で、沢山読んだと思うのですが、一番思い出されるのがこのりんどうの話の部分でした。 なぜかこの部分はよく覚えていて、りんどうの花は生け花と言うより、北の国の自然の中で凛として咲いているイメージが私には出来上がってしまいました。

人の心は美しいもに憧れると思います。しかし戦争はそのような心を踏みにじってしまいます。 戦争は政治の失敗の結果おこります。 今の政治家は過去の過ちから学ぼうとしていない方が増えてしまったと感じています。 

戦争以上に醜いもの悲惨なものはありません。平和を維持するのは戦争をする以上に難しいと感じています。 小さなほころびから戦争が始まってしまいます。 終戦の日に、平和を祈るのです。

こんにちはsun
カムイ外伝懐かしいですねshine
りんどうの花と聞くと、実は私もカムイ外伝を思いだしてしまいます。
死の間際に見るものが美しいりんどう、というのが
何とも子供心にロマンチックでした。
(結局足が付くのに気付いて助かるんでしたっけ?)

昨日は戦争関係の番組をずっと見ていたので、今日はまだ
それが抜け切れていません。
戦禍で亡くなられた人たちが最後に見たものは
何だったのかと思うと、胸がつぶれる思いがします。
戦争は絶対にしてはいけませんね。

こんにちは。いつも綺麗に活けられてますがこれは生け花の先生の
作品ですか?毎回見事なのでふと思いました。りんどうの花、昔は
そこかそこに生えてましたがいまは、めっきり少なくなりました。山が
手入れされず、荒れてるからです。種類があるのかも知れませんが
私の知ってる野性のりんどうは、こんなに鮮やかなむらさきではありません
もちろんこれは園芸種でしょうが・・花やさんで最近季節を問わずよくみかけます
このむらさき、私の大好きな色ですheart02

monnaさん、こんにちは。

monnaさんはカムイご存じだったのですね。北海道の雄大な景色が出てきますし、絵を描くにも参考になったのでは無いでしょうか?

その漫画の「りんどう」の話は子供心に印象に残っていました。monnaさんも同感でよかったです。そうですね、最後は固い地面に足が届いて助かるのですが、その最後がまたよかったですね。最後にあかがりんどうの花を踏みつぶしてカムイを追いかけたのですよね。 それはやはり人間と動物の違いを白土さんは訴えたかったのだと思います。

夏は戦争のことを考える季節ですね。戦争体験者でない私達もきちんと戦争の惨さを後世に伝えないといけませんね。

フーミンさん、こんにちは。

いつも生け花クラブの皆さんが飾ってくれたお花に感謝しています。本当にセンスがありますよね。

沖縄ではりんどうはみませんでした。フーミンさんの所では野生のりんどうが咲いていたのですね。生け花用に栽培されたりんどうの色は鮮やかなのが好まれるのでしょう。自然の中に咲くりんどうは逞しく感じます。

フーミンさんは紫の色がお好きなのでしょうか? 私は薄い青色(ティファニーカラー)が好きです。昔、カナダに行った時に見た湖の色がそうでした。

花の色は色々ありますが、どれもみな輝いていますねheart04

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/62081898

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(2015年8月2週):

« 3日前に食べた食事で食中毒? | トップページ | 尊敬得る人に »