フォト

« 裸の王様はどこに行くのか | トップページ | 今週の生け花(2015年7月3週) »

2015年7月16日 (木)

立憲国家の崩壊

私達は戦争という沢山の犠牲の上で、立憲主義に基づく民主主義国家としてそして世界に冠たる平和国家として歩んで来たと思います。

ある政治家の集団は立憲国家を否定し、無法国家として歩み出すという決意表明を行いました。 国の最高法規である憲法違反の法律が白昼堂々と通るとなればもう立憲国家ではありません。数が揃えば意味不明な難癖をつければどんな法律でも通すことが可能となりました。

Th_ よく「相手が日本に攻めて来たら反撃もしないで服従するのか」のような子供じみた例を出す人がいますが、日本に攻めてきたら当たり前反撃します。自衛権があるのは当然です。これは集団的自衛権とは別の話です。 

日本から幾つもの国をまたぎ、幾つも海峡を通過しないとたどり着けないホルムズ海峡なるとこまで、他国の後ろをペコペコとついて行って、国民の命を賭ける必要はないのです。 以前、多量破壊兵器があるとのことでイラク戦争に派遣したのに、なにも見つからなかったのです。この総括もまだ行われていません。

ホルムズ海峡が日本の生命線というのなら、それ以外から石油を運ぶルートを確保し、そこがだめになってもリカバリーが出来るようにするのが国の勤めだと思います。 我が国のトップは自分が他国の議会で演説できると舞い上がり、国内でも決めていないことを表明してしまった。自分が嘘つきと言われないため、自分のプライドが傷つかない為に自国民がどうなろうが、憲法がどうだろうが構わないと思っているのか知れません。

戦前ナチス党が選挙で用いたスローガンはTh__2 「落ち込んだ経済を回復し、ドイツ民族の尊厳を回復し、国益や国民の安全を守り、公の秩序を回復させ、強い ドイツを取り戻す」と言うことでした・・・その結果どうなったのだろう。このスローガン、誰かと似ています。 「日本国憲法」よりも「我が闘争」が愛読書ではないかと勘ぐりたくなってしまいます。 

経済が落ち込んだ時、強いプロパガンダの発信に、私達国民もうまく乗せられたと思うのです。しかし思い込みは正しい判断を妨ぐことになることを歴史は証明しています。

もう一度なにが正しいのか,熟考したいと思うのです。いま私達が感じている「何かおかしいのでは」「なんかいやだよね」・・という感覚をずっと持ち続けなければ相手の思うつぼです。 

この安保法案の採決から目をそらすように、今まで出来ないと言っていた、新国立競技場の見直しを表明しているようです。見直しには大賛成ですが、強行採決後の表明にはうさん臭さを感じてしまうのです。きっと強行採決をした方々も「私達だって国民の意見には耳を傾けていますよ」と言いたいのでしょうか?

« 裸の王様はどこに行くのか | トップページ | 今週の生け花(2015年7月3週) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

採決、どうなるのか気がかりだったのですが、仕事中でどうにもならず、
帰宅して夕刊で知りました。
恐れていた結果ですが予想通りでした。
民主主義のとんでもない履き違えですね。
そして、国立競技場の見直しを持ち出すあたりに、
目をそらそうとする胡散臭さを感じます。
おっしゃる通り、「おかしい」という感覚を失わないようにしないと、
目をそらさせ、事実を隠し、美辞麗句でごまかされて
何が正しいのかわからなくなってしまう。
どうにもならなかったとしても、NOを言い続けられるように頑張らなくてはなりませんね。

sakiさん、こんばんは。

元々与党は審議を深めるつもりはなく、成立するまでの時間を逆算して進めていますので、予想通りで驚きはしませんでした。しかし、違憲と言われる法律を立法府が成立するのは異常で、これが成立することは立憲政治を否定する瞬間でもあるわけです。その意味で注視していました。

10もの法案をまとめて審議していますので、何がどの法案かさえ当事者も判らなかったのではないでしょうかね。

次の選挙までは国民がなにも出来ないこと、次の選挙までには今回のことは忘れてしまうことを期待しているようです。 私が嫌いな正義感のない人が多すぎる政権です。
今度は目をそらさせるために、首相自ら新国立競技場の見直しを図ると述べたようです。 同じ国民に反対が多い法案はごり押しして通しておきながら、そのようなことを述べるのが嫌いなのです。

ナチス党と近い考えのような気がして心配です。
今日のことをしっかりと覚えておきたいと思います。

omoromchi様、こんばんは。

既定路線のように決まりましね
国民の意見や野党の意見など
必要としていない現政権では
当たり前の採決ですね。

自民党のなかでも反対の
人がいると思うのにその声も
上げませんし、特に公明党は
平和の党なんて言っておきながら
平和憲法が違憲といっている
法律に賛成・・・ありえないでしょpout

この政権の暴走は止まりそうも
ありませんが、連立を支える
宗教団体に所属している人は
これでいいとお考えなのでしょうか

最後の新国立競技場の件
いかにも現政権がやりそうな
腹黒い感じがしますね
今更、何を信じろというのでしょうか

すみません。私も頭に来て冷静さを
かいているようですweep

ツクシンボさん、こんばんは。

昔の自民党は党内に多様な意見があり、それはそれでバランスをとっていたと思いますが、今は誰も声を上げません。もう思考能力が子供以下です。政治家としての信念を持っているのなら、これが間違っていないならせめて国民から理解されるまでは通さないと思います。

自分で違憲な法律を作り、強行採決しておきながら歴史が判断するとはどういうことでしょう。 理解してもらう努力を放棄しています。 政治というのは数が多いほうが少ない意見をどのように反映させるかで成熟度が判ると思います。 

ツクシンボさんが仰るように、平和の党と仰るのであれば今回のことは言い訳がききませんし、それを支持する宗教団体も自分の身が恥ずかしいと感じるのではないでしょうか。

その方々の良識を期待したいと思います。私のブログで何度も書いていますが、戦争をするのは簡単です。如何に戦争をしないようにするかが難しくそれを行うのが政治家の勤めです。

国会議員、それを支える人々(国民)の正義を信じたいと思います。

数を頼んで、こんな大事な法案を国民の理解を得ないままゴリ押しする。
誰の為の政治なのか!
決めたあとで説明しても・・・
こんな政府、与党、本当にがっかりです。
恐怖政治の始まりのような気がするのは私だけでしょうか?

お黒ちゃんさん、こんばんは。

お黒ちゃんさんが書いてあること、今の日本の多くの国民が感じていることだとおもいます。

私は何でも反対ではありませんし、必要なら嫌でもやらないといけないと考えています。しかしこの法案は最初から数で押し切るつもりで10もの法案、それもそれぞれが国民の命に関わる重要法案をひっくるめて審議したのです。 ですから何が何らか国民も議論している政府も判らないのではないでしょうか。

この政府は全く理論的ではありません。論点をはぐらかしてしか説明出来ません。そもそも憲法違反の法律が議論されることさえおかしな話なのです。 

ヒトラーのスローガンは今の安部首相の考え方とだぶってしまいます。ドイツを日本に置き換えたら安部首相の演説そのものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61895554

この記事へのトラックバック一覧です: 立憲国家の崩壊:

« 裸の王様はどこに行くのか | トップページ | 今週の生け花(2015年7月3週) »