フォト

« 世界を夢見て12:ウィーン包囲網 | トップページ | 今週の生け花(2015年7月4週) »

2015年7月22日 (水)

灯りの変遷:紫外線を利用した蛍光灯

今日のFMレキオは夏の特集として、紫外線と皮膚疾患について話をしました。以前ブログにも書いていますのでここを参照して頂けたら嬉しいです(太陽光線と褐色の肌:http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-3e35.html 、日光が体に与える影響:http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-abe2.html

光というのは波(波長)を持った光粒子のことです。太陽光線のうち私達の目で見える範囲を可視光線と呼び、波長が長い順番で赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の色として確認出来ます。それより長い波も短い波もありますが、私達の目のセンサーでは色として捉えることが出来ませんので、赤い色より更に波長の長い波を赤外線、今度は紫より短い波長の光を紫外線と呼んで区別しています。赤外線は熱として感じますが、人体には殆ど影響しませんが、紫外線は細胞レベルで反応を及ぼし、日焼けや、シミ、皮膚癌や目の白内障、翼状片などの疾患を惹起します。Photo

このようなことを考えながら、なぜか子供の頃のことを思い出していました。今回は医療とは関係のない話題になってしまいます。

私達は日常の光源としては、昔は蝋燭やランプなど直接火を燃やして得ていたのが、電気が発明されると白熱球が開発され、更にそれが蛍光灯にかわり今ではLEDに変化しました。 この蛍光灯は紫外線を利用しているのはご存じでしょうか?

家庭で使う光の変遷を経験されたた方は次第に少なくなってきたと思います。 私は沖縄の田舎の出身で、私の生まれる少し前にやっと電気が通った地域に住んでいました。子供の頃、以前使用された沢山のランプが自宅に置いてあり、時々台風の停電時に活躍していました。 私が覚えている照明は白熱電球でした。白熱電球は電球の中央にフィラメントと呼ばれる螺旋状に捲かれた部分に、電気が流れることによって原子の振動が起こり、これにより熱と電磁波(これが光ります)が発生します。ですから白熱電球は熱くなるのです。

Th_ 蛍光灯は直接フィラメントを電気が流れるのではなくて、放電現象を起こすことで、蛍光灯の中にある薄い水銀ガスに電子がぶつかり、紫外線が発生します。 紫外線は目に見えないし有害です。蛍光灯のガラス管には白い蛍光塗料が塗られています。それが内部で発生した紫外線を吸収し、可視光線に変換して光っているのです。

子供の頃は白熱電球で育ったので、この光の強さが当たり前だと思っていたのです。その後、小学生の頃に蛍光灯が私の家にも備え付けられることになりました。

白熱球から蛍光灯に変わった瞬間、家の中が「昼になった」と叫んだことを今でもはっきりと覚えています。それほど衝撃的な明るさの違いでしたshine

今の若い方には蛍光灯がLEDに変わっても消費電力が変化したことは理解しても光量そのものへの感動は少ないかも知れません。

これからも科学は進んでゆくと思います。このような楽しい変化が私達の未来にも待ち受けて欲しいと願っています。

ラジオでは紫外線と皮膚疾患について話しましたが、ブログの内容は昭和レトロの話しになってしまいました。来週はまじめに健康について書く予定です。お許しをcoldsweats01 

« 世界を夢見て12:ウィーン包囲網 | トップページ | 今週の生け花(2015年7月4週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。ご無沙汰しておりま〜す

以前の太陽光線に関するブログ参考になりました
夏や屋外での生活が好きな私にとっても
日焼け対策は気をつけたいと思います
一応お肌の曲がり角にさしかかっていますのでhappy01

家の照明が変わると雰囲気も変わりますよね
omoromachi様の子供の頃に感じたこと
判るような気がします。小さな時から感受性が
豊かだったのでしょうね。羨ましいですheart04

私もギター練習していますよ。近くでしたら
一緒に弾き語りしたいですscissors

いえいえomoromachiさん、昭和レトロの話、私も共感できます。白熱灯から
蛍光灯になった時、私も感動しましたよ。ところできょう心の医療センターで、いつも通り
眠剤をもらいにいきました。その先生の言葉にカチリ。眠剤の副作用で
ボケないか?と聞いたら「大丈夫、ボケたらボケの好い薬があります。たくさん
薬をのんでください。赤字病院では助かります。私は処方箋を書くだけで
いいんですから」ですって。先生は叱咤激励のつもりだったかもしれませんが
私にはカチーン。来月はどうやって丁々発止をやろうかいまから、案をねってますsmile

shiroyama.Kさん、こんばんは。

お元気でしたか。
shiroyama.Kは夏大好き女でしたかhappy01
昔は無防備に紫外線を浴びていた時期もありましたが、今はしっかりと対策をして夏をエンジョイして下さいね。

Kさんはお若いので、白熱球の思い出はないでしょうが、屋内の照明により雰囲気ががらりと変わりますよね。いまは個性に優れた照明がありますので、それを選ぶのも楽しみですよね。

以前音楽をやっている話を聞いたことがありました。何処かでお会いすることがあれば,一緒にハモってみたいですね。昔の曲しか知りませんが、その時はよろしくお願いしますheart01

フーミンさん、こんばんは。

白熱電球から蛍光灯への変更の時の事、私と同じ驚きだったのですね。私も同様な方がいてホッとしていますhappy01

そうでしたか、今日は先生の言葉にカチッときたのですね。ジョークのつもりだったのかも知れませんが、言葉は選んで使わないといけませんね。

私だったら、「眠剤でボケは進行しませんが、年相応にぼけるかも知れません・・・その時はご一緒させてもらってお互いにボケ合いましょう」って答えますかね・・・(←フーミンさんからもっと怒られたりしてrun

来月の外来、大荒れになりそうですね。もしもボケていたら覚えてないはずですので、それはそれで良しとしましょうか(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61923398

この記事へのトラックバック一覧です: 灯りの変遷:紫外線を利用した蛍光灯:

« 世界を夢見て12:ウィーン包囲網 | トップページ | 今週の生け花(2015年7月4週) »