フォト

« 報道規制発言で思うこと | トップページ | 今週の生け花(2015年7月1週) »

2015年7月 1日 (水)

血液型O(オー)型は本当はC型、0(ゼロ)型だった

きょうのFMレキオは私達の血液型について話をしました。 外科医にとって血液型は輸血関連で気になるところですが、一般の皆様は血液型と性格診断などに興味はあるのではと思います。あるアンケート結果で日本人は血液型と性格は合っていると答える方が8割近くいるそうです。なんとなくA型は「几帳面」、O型は「大雑把」、B型は「自己中心的」、AB型は「気分屋」となるそうです・・・皆様方も如何でしょうか?

日本人は血液型の話題が大好きです。誰彼のプロフィールでも血液型が書いてあったり、日常会話の中でも「血液型はなに型?」と聞かれたります。外国で血液型を質問したら、恐らく怪訝そうな顔をされ「なんでこんなことを聞くの」と逆に質問されるはずです。 輸血を必要としていない時にわざわざ個人情報を表には出しませんcoldsweats02

私達日本人が血液型を話題にしやすいのは、四つの血液型がまあまあの割合で存在するからではないかと考えています。日本人でA,O,B,AB型がそれぞれ4:3:2:1の割合で存在します。外国ではその国で結構血液型が同じだったりします。例えば南米のある国では、国民の95%はO型です。では全員が大雑把と言う訳ではないでしょうから、この国ではきっと血液型診断なんて本が出たとしても売れないと思いますね。

さて本題に入りましょうかcoldsweats02

血液型を最初に発見したのはオーストリアの医学者カーン・ラントシュタイナー博士で、現在のように4つの血液型が確定したのは1910年です。まだ血液型が解って100年しか経っていないのです。

Th_136386 皆様もご存じのように違う血液型を輸血すると不適合輸血と言って体で異変が起こり、最悪の場合は死んでしまいます。 私達の血液を遠心分離機で赤い血球の部分(赤血球)と抗体などが入っている血漿の部分に分けることができます。

カーン博士は何人かの血液を採取して、この赤血球と血漿部分を違う人同士で組み合わせると、全く反応を起こさない場合と、血液が固まってしまう組み合わせがあることを発見します。そのため人間の赤血球には2種類の抗原があり、血漿成分にはそれに対する2種類の抗体があると考えたのです。 アルファベット順にそれをA抗原・B抗原に対して抗A抗体と抗B抗体としたのです。

その為、最初は「A抗原」を持ち、B抗原の血液を凝集させる「抗B抗体」を持つものをA型の血液と命名し、今度は「B抗原」をもち「抗A抗体」を持つものをB型の血液を名付けたのです。 その後調べたら、両方の抗原を持たない血液型があることが解ったため、その血液型をC型としたのです。

ここまでならよかったのですが、今度はAとBのどちらの抗原も持つ血液があることが判明します。血液型はとなるとD型ではなくて素直にAとBの抗原があることより「AB型」と命名するのです。 

そうなると先ほどのC型の名前をどうしようかとなるわけです。 この血液型はA抗原もB抗原も両方持っていないから「ゼロ型となり、アルファベットのO型と命名されるようになったのです。その為、人間の血液型はA型、B型、O型、AB型に分類されるようになったのです。

Th_ 理論上はA型への輸血はA型とO型が可能、B型への輸血はB型とO型、AB型への輸血はAB型とO型、O型への輸血はO型が可能となります。O型は何型でもよいのですが、AB型からの輸血はAでもBでも駄目でABだけです。その為O型の血液は何でも引き受けるおおらかな性格と結び付いて考えるようになったかも知れません。

これ以上長くなると読むのも大変でしょうから、手短に・・Rhプラスとマイナスも気になるのでしょうから・・・抗原のAとBから血液型を分けましたが、それ以外に人間の赤血球上には5つ抗原のがあります。そのうち輸血などで重要となるのはD抗原となります。D抗原を持っている人をRh(+)持っていない人をRh(−)と分けています。日本人ではRh(+)が95%、Rh(−)は5%となります。そのことより日本人でAB/Rh (−)は非常に少ないと言うことになるのです。

外科医の私からすると赤血球の抗原が人間の性格や行動を規定するとは考えにくいのですが・・・・これを言うと国民の8割から拒否されそうですので、血液型性格関連説もあっているかも知れないと・・・お茶の濁して逃げるとしますrunrunrun

« 報道規制発言で思うこと | トップページ | 今週の生け花(2015年7月1週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

高校の学校保健委員会で、まじめに発表がありました
○○先生は△型、だから・・・・
××先生は▽型なので・・・・
私は大型なので、ダイエットに励んでます・・・・・あまり受けませんでした

酒が好きさん、こんばんは。

学校保険委員会での一コマだったのですね。余りにまじめに捉えて過ぎて、O(オー)型をそのまま血液型と解釈してしまったのでしょうね。
腹を出したお酒の席なら、きっと受けたのかも知れませんが・・・coldsweats02
それではダイエットに励んで下さいねhappy01

こんばんは。

O型にはこんな歴史があったのですね!

以前、A型は他の血液型に比べ免疫力が低く、病気になりやすいため、
病気予防に対して注意を払うことが多いことから、
だんだんと、神経質・几帳面なタイプになっていった?と
どこかで聞いたことがあります。
(なるほどな~flairと思ったのを覚えています)

わたしは昔、「どこからみても典型的A型」性格と言われてましたが、
最近では、「どうみてもO型!」、「意外とB型?」など…いろいろ言われます coldsweats01
いろいろな抗原が、出来てきたのかしら・・・??(笑)

アケさん、こんばんは。

血液型に関して色々と憶測がなされていますが、どれもはっきりした根拠はありませんし、否定する根拠もないのです。信じる者は救われる的発想で、自分にとっていいものは信じたらいいのでしょうかcoldsweats01

アケさんの血液型は年齢と共に変化して行ったのですね。これからも進化を続け、A,B,O,AB型と違う新種の血液型に変わるかも知れませんねhappy01 私もアケさんの今後の変化を期待しながら見守りたいと思いますscissors

こんにちは。血液の話有難うございます。若い頃働いてた時
健康診断のときは、必ず献血車もいっしょについてきました。そこには
社長様がデンとかまえてて、献血をつよく勧め若い男の社員には
「1升くらいとってもらえ!男はよけいな勢いはないほうがいいsmile
とのたまわれてました。というわけで私も6回献血しました。この社長サマ
自分が大病をしたせいか、こういう事にはすごく熱心で臓器提供も
勧めてました。死んでしまったらどうせ燃やされるんだから役にたてるものは
役にたたせ!目の見えない子は網膜移植でみえるようになるんだと。
私も臓器提供の意志表示カードをもってますがもの歳で役に
たつのでしょうか?息子曰くもらった人迷惑だと・・・

こんにちは(^_^)
血液型のあれこれ…知っているようで なかなか詳しくは知りませんでした。
特に輸血の説明は とても解りやすくて…(今さらですが(^^ゞ)
O型は万能型なんですねgood
仕事先でも 時々血液型の話題がでますヨ。
やっぱりA型は几帳面で丁寧に…
O型は あまり細かいことにこだわらず
表記の材料がちゃんと入っていればいい…みたいな(笑)
なんとな~く あたっているようでみんなで笑っていますcoldsweats01

omuromachi 様
こんばんは 
血液型による性格判断についてですが、
実際にそうなることもおおいそうです。
私が大学院の心理学教授について
血液型と性格は関係ないですよねと
伺ったところ、関係があるそうです。
それは、血液型によって、ある性格だと
言われ思い当たる節があるという
強い動機付けが働き、それが強化されて
しまうそうです。医学的に関係なくても
人は思い込みで自分の性格を見極めて
安心するという傾向にあるようです。
 
思い込みはある意味、怖いですね。

フーミンさん、こんばんは。

昔ながらの怖い社長さんだったのですね。献血や臓器提供も善意で行うことで強制ではありませんね。 私達の病院の前でも年に1〜2回、移動献血車が回ってくることがあります。 職員に可能ならやって欲しいと言っていますが、強制はしません。 私も手術がない時に来たときにこれまで2回行いました。ただ生涯でもまだ5回程度です。 私も当初から臓器提供意思カードには記入しています。 もしもの時に誰かのお役に立てたらと思っています。

フーミンさんの息子さんの言葉笑えますね。いやいやきっとスパイダーマンの様に変化するかも知れませんよhappy01

モカラテさん、こんばんは。

ダイエット本と占い本は永遠です(笑)。 血液型と性格については気楽に話せるのと、4種類の血液型が周りには大体いますので、なんとなく論じやすい話題だと思います。

私もよく「先生・・型でしょう」と職員からも患者さんからも言われることがあります。 合っているような・合っていないような・・・そんな感じです。

O型の血液は基本的にはどの血液型にも大丈夫ですが、O型の中に僅かに抗A抗体を持っている方もいますので、わざわざ無理して使用する必要はないかと思います。私も30年間外科をしていますが、そのような使い方をしたことがないのです。 そのためにO型は皆に与えることができるため文字どおり大らかなのだと言われるのでしょうかhappy01

nadoyamaさん、こんばんは。

赤血球表面の抗原の違いで血液型を分類しますが、それが性格に繋がるとは医者としては違うのだろうと思っています。FMレキオでも話したのですが、nadoyamaさんが書いてありますように、これまでに皆が常識のように話している事に対して、言われ続けることによる刷り込み効果が強く作用していると考えています。

ある場面で「几帳面なところ」を捉えて、あなたA型でしょうと言われると、普段は大雑把な人でも、そうか俺ってA型だからと思い込んでしまうことってあると思うのです。

知らず知らずの思い込み、悪い意味では洗脳されることにもなるのでしょうか? まあ血液型では自分のことに関してでしょうから、洗脳されてもあまり怖くはありませんね。

血液型のお話、興味深く読ませていただきました。
O型がC型になり0(ゼロ)型になったなんて知りませんでしたし 面白かったです。
昔、医師の友人が「人間が4つの性格に分類できるわけ無い。科学的根拠は無い」ときっぱり言っていました。丁度血液型性格判断のブームでした。
「個々人の色々な性格のうち、いわゆる血液型性格と言われるものがライトアップして見えるから、当たっているように見えるだけ」との説明でした。
一緒にいた他の友人が「そういう説明こそがAB型(医師の血液型)よね。」と言っていたのを思い出します。

お黒ちゃんさん、こんばんは。

血液型性格判断になるのは、1970年代一時ブームとなり本やテレビでも盛んに放送されたようです。

私も医師の立場としては、赤血球の表面の抗原で人間の性格が判るとも思いませんが、後天的な刷り込みや思い込みによって形つくれると思っています。

しかし、では科学的に否定する根拠はあるかといえばこれもないのが現状でしょうから、話題として楽しめばいいのかと思っています。 私もAB型と言われないようにのらりくらりと返答しておきますcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61817482

この記事へのトラックバック一覧です: 血液型O(オー)型は本当はC型、0(ゼロ)型だった:

« 報道規制発言で思うこと | トップページ | 今週の生け花(2015年7月1週) »