フォト

« 一度立ち止まってみては | トップページ | 今週の生け花(2015年6月2週) »

2015年6月10日 (水)

中性脂肪とコレステロール・糖の関係

今日のFMレキオは中性脂肪について話をしました。外来受診のついでにと、患者さんが健診や人電ドックを受けた結果の説明を求められることがあります。 「高脂血症とか高コレステロール血症」と書いてあるけど、「高脂血症と中性脂肪に関係」や「コレステロールで善玉とか悪玉」とか書いてあるし、「糖分にも気をつけて下さい」と書いてあるけど卵は食べていいのとか・・・・・・関わりが高いような高くないような雑多な質問が飛び交います。この様な質問を受けると、専門外ですが時間の許す範囲内で説明をします。

Th__2 三大栄養素と言われる、炭水化物(糖)、脂肪、蛋白質は食事をとると吸収合成され、体のエネルギーとして使用されます。また体の中でお互いが足りなくなると調整しあい、それぞれを補う形となっています。

食事に関して、それぞれの病態に応じて制限をかける必要はありますが、私自身は食事で極端な成分制限はかける必要はないと考えています。

糖分をとると血糖が高くなり、余った分は脂肪に変換されて蓄積されます。蛋白質も人間の体の材料になったり、余分なものは脂肪や糖分に変換されます。食事で入って来た糖分は吸収され血糖は上昇し、インシュリンの作用により脳細胞をはじめ、各細胞で消費されて血液の濃度は下がります。 

食事の時間が遅れたりあるいは次の日まで食べれなかったりすると、血糖低下が起こり今度は脂肪や蛋白質を分解し糖分を作って血糖を維持する仕組みがあります。体の中で色々な仕組みでセーフティネットが構築されていてどの成分も極端に減らないようにしてくれています。

高脂血症は昔は中性脂肪やコレステロールが高い場合の表現として使われていましたが、今は細分化されて、高中性脂肪や高コレステロールに分け、さらにはコレステロールもLDL(悪玉)コレステロールHDL(善玉)コレステロールに分けて考えたりします。 まずこの辺りから説明・・・

血液の中の脂肪成分を遠心分離器にかえて重さ(質量)で分けると、三層に分かれます。コレステロールが二層に分かれ重いものがHDL(High-Density Lipoprotein:高比重リポタンパク)コレステロール、軽いものがLDL(Low-Density Lipoprotein:低比重リポタンパク)コレステロールとなり、それ以外に中性脂肪の層が出来ます。

成人病やメタボリック症候群の概念はそれぞれが影響しあい、動脈硬化を進めることがポイントとなります。人間は動脈と共に老いていきます。加齢による動脈硬化の進行は止めることは出来ませんが、食事の内容によって動脈硬化が加速することが知られています。

さて話を少し戻します。コレステロールは私達の体の細胞膜や各種のホルモンの原料に使われ、主に肝臓で調整されています。 HDLコレステロールは血液の中から肝臓に運ばれ合成されるコレステロールで血液中のコレステロール値は低下します。一方LDLコレステロールは肝臓から血管に運ばれるコレステロールですので血管にコレステロールが蓄積します。 血管にコレステロールが蓄積すると、動脈硬化が進行します。 このことよりHDLコレステロールは善玉(動脈硬化が進みにくい)コレステロールLDLは悪玉(動脈硬化が進行しやすい)コレステロールと分けて考えるようになったのです。

コレステロールはLDLもHDLもなくてはならないものですが、両方含める総コレステロールの量も問題なりますが、その比率も問題となります。これをLH比として表す場合があります。LDLコレステロールをHDLコレステロールで割った値をいいます。要は悪玉を善玉で割った数字ですから、小さい数字が良いことになります。 LH比が1.5以下は健康状態。2.0以上はコレステロールの備蓄が増え動脈硬化の進行が疑われる状態。2.5以上は血栓が出来ている可能性があり、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まります。

脂肪の中の中性脂肪も食事から吸収され、主に備蓄用のエネルギーとして作用します。中性脂肪を取り込んだ組織が脂肪組織となります。皆様もご存じのように脂肪の蓄積部位も皮下脂肪と内臓脂肪に分かれます。その蓄積の場所も性差があり、同じ脂肪でも女性は皮下脂肪に貯まりやすく、男性は内臓の周りに貯まりやすい違いがあります。Th_img_3634  

これまでは脂肪は単にエネルギーを貯める組織と考えられていましたが、色々な活性物質を分泌することも分かるようになりました。そのような物質をアディポサイトカインと名付け、幾つかの種類があります。体に良いものもあれば悪いものもあります。 内臓脂肪が多いと悪玉のサイトカインが沢山出て、高血圧、糖尿病、高脂血症を悪化させます。 それにより動脈硬化が進むことになり注意が必要となるのです。 皮下脂肪からはこの様な悪玉のサイトカインは出ません。女性が長生きするのも判る気がしますcoldsweats02

人間の体はよくできています。極端な食事制限やサプリメントへの過度の期待よりも、食事に関しても万遍なく適量をとることが大切ではないかと専門外の外科医は考えているのです。

« 一度立ち止まってみては | トップページ | 今週の生け花(2015年6月2週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

いつも分かり易いお話が聴けてありがとうございます。
今回2回目のコメです。人間ドックで総コレステロールがやや高いも
HDLコレステロールが高いので心配ないでしょうと言われたことが
ずっと頭の中に引っ掛かっていました。

今回のブログを読んでやっと納得出来ました。
最初に書いてありますように、素人にとっては中性脂肪もコレステロールも
同じものとしか思えませんでしたし、区別がつきませんでした

疑問が解決しました・・スッキリshine

院長先生
今晩は。
いつも有難うございます。

昨日の先生のお写真拝見して「もう梅雨明けのようだな?」と
思ってましたらやはり今日、梅雨明けですね。
こちらはこれからが本番!鬱陶しい日々・・・。

コレステロール・中性脂肪も高いと言われてお薬を服用中ですが、
去年の12月、採血の結果は基準値内でした。
今月、外来の折「血液検査は?」とお伺いしたら「1年に1回でいい」と
仰ったのですよ。長いな~と思いましたが・・・。

Siromae-Kさん、こんばんは。

お久しぶりです、お元気でしたかhappy01

以前は全体のコレステロールの量を示す総コレステロールを基準としていましたが、それよりはもっと細分化したHDLとLDLの値の方が重要と考えられるようになっています。相対的にHDLが高くて総コレステロールの量を押し上げレいるのであれば問題ないですね。 Kさんもそのようだと思います。

私も時々勉強しないとこんがらがりそうになりますので、自分の記憶の整理のためにも書いてみました。

長年の疑問が取れたら書いて良かったと思います。これからもよろしくお願い致します。

マコママさん、こんばんは。

コレステロール・中性脂肪が高かったのですね。内服そして恐らくマコママ様も食事などに気を配ったせいかもしれませんね。

良くなったので、採血しなくなってよかったと思いますが、なんとなく時々は調べて欲しい気にもなります。 私の方は患者さんの様子をうかがいながら、正常範囲内でも通院中の患者さんは半年に1回は検査をするようにしています。

その方が患者さんも安心することが多いです。採血が苦手の人には1年に1回は最低行って下さいと説明しています。

沖縄は梅雨明けです。例年よりずいぶんと雨の量が少ない梅雨でしたので、早くも夏の断水が気になります。 人間って我が儘です。降りすぎるのも嫌だし、少ないと心配してしまいますしねcoldsweats01

ご無沙汰でした。梅の収穫がピークでした。やっとピークは過ぎましたが
まだ収穫はつづきます。1日250キロ位とりました。疲労困ぱい。
「見てくれ」はどうでも頑丈にできてる身体のようです。でも歳です
気をつけなければ・・・コルステロール、血圧などいまのところ正常です
ただ、睡眠に問題あり!でも昼間は元気なんでス。いままでは
総合病院の精神科医にかかってましたが、こんど近くの「心の医療センター」
に「睡眠科」ができ、今までの先生に紹介状を書いてもらいそこに15日に
いきます。でも自分の体の事なのに「開封厳禁」!なんででしょうね。
またつまらないこと言いながらお邪魔します。よろしくお願いします♪

今回のブログでコレステロールのこと、三大栄養素がお互いに融通しあっていること等がよく理解出来ました。
改めて自分の健康管理表(グラフにしています)でこの10年を眺めてみると、LDL、HDLの比率はほとんどが、1、5以下で決して悪いものではないということも。
これはもう10年近くリピトール10mgを処方されているお陰なのでしょうか? それ以前は2,0以上の事もしばしばありましたから。
私は血圧は高めなので(アジルバ20mgを服用)、それを考慮しての服用かも知れません。
「栄養をまんべんなく、カロリーの摂り過ぎに注意して」と言うことですね。

フーミンさん、こんばんは。

梅の収穫時期なのですね。「梅」と聞くだけで唾液が出て来てお腹が空いてきましたcoldsweats01

コレステロールや血圧など正常なのですね。
フーミンさんは不眠でお悩みでしたよね。実に多くの国民が不眠で悩んでいるとの統計がありました。昨日勉強会があってこの様な講演を聴きました。

紹介状ですか? 紹介状は基本的にはその本人(フーミンさん)のものだと考えますが、それは主治医がフーミンさんを信用して紹介先の先生に渡すようにと頂いたものでしょうから、ここはぐっと我慢して(笑)、開封せずに紹介先に渡して下さいね。

新しい病院でしょうから、新しいいい出会いがあると良いですね。

お黒さん、こんばんは。

以前は、総コレステロールの量で高い低いを判断していましたが、今はLH比が重要とされています。勿論極端はいけませんが。 お黒さんはその日が1.5以下なら優秀じゃないですか、私などは高くて健診センターの医師から注意を受けましたweep

血圧が高かったり糖尿病などがあると早めにコレステロールを正常値にさせる為に早期から治療薬を処方することがあります。 そのせいが、その為に生活習慣を気にするようになったのかも知れませんね。いずれせよ改善して良かったと思います。

栄養素はそれぞれがなくてはならない存在です。偏りすぎず万遍なくが、余り栄養学を知らない私の見解ですcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61722023

この記事へのトラックバック一覧です: 中性脂肪とコレステロール・糖の関係:

« 一度立ち止まってみては | トップページ | 今週の生け花(2015年6月2週) »