フォト

« メジロの巣立ち | トップページ | 熱けいれんと熱性けいれんは違う »

2015年6月23日 (火)

沖縄戦から70年

今日は沖縄慰霊の日です。沖縄で約80日におよぶ、悲惨な地上戦の末、多くの民間人を巻き込み組織的戦争が終結した日になります。

Photo 戦争でおじいさん、二人の若いおじさんを亡くしました。私の子供の頃、おばあちゃんや両親は戦争のことをあまり話ませんでした。辛すぎた体験だからだったと思います。 それでも戦争を憎み、平和を願う気持ちは小さな私にも伝わっていました。

平和の大切さ、命の大切さはなかなか実感出来るものではないかも知れません。しかし失った時、こんなに大切なものは他にないとわかるのです。

そのことを知っている人にとっては、平和や命を維持する困難さも理解出来るはずです。 戦争を知らない私は自分の歩んだ幸せを次の世代にも引き継ぐ役目があると考えるのです。

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」・・・ユニセフ憲章の前文です。

今日は戦争で奪われた24万人の御霊に想いを寄せて、黙祷を捧げたいと思います。

« メジロの巣立ち | トップページ | 熱けいれんと熱性けいれんは違う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

omoromachi様、お久しぶりです。

今日色々なニュースで沖縄慰霊の日が取り上げられていました。
改めて沖縄が置かれてきた理不尽な問題がよく分かったように感じます
私も短い間、沖縄に住んで居た時に、なぜ沖縄の人達がこのように
考えるか正直理解出来ない所もありました。
しかし、やっと沖縄の問題が本当にわかるようになり、私達
本土の人間が無理解であったことを反省しています。

沖縄が起こっていることが、私の住んでいる所で起こったら
やはり、それは理不尽だと怒るとおもいます。

omoromachi様を通して新たに沖縄のことを知るきっかけになっています。
 もう沖縄への転勤はないと思いますが、もし今度
転勤があれば新たな視点で沖縄を理解出来るのではないかと考えております。

多忙と存じ上げますが、お体に気をつけてこれからも色々な情報を
教えて下さい。

ツクシンボさん、こんばんは。

今日は沖縄は慰霊の日で色々な場所でお祈りが捧げられていました。
色々な報道がありますが、沖縄のことを丁寧に説明している番組もあり、沖縄の基地の実情が少しずつ本土に住む皆様にも伝わっているように感じています。

沖縄に長らく住んで居る本土からの移住者に、「なぜ世界一危険な飛行場の周りに民家を建てるのか理解出来ない」言われたことがありました。 私が、「元々住民が住んでいる地区を強制的に排除し、拳銃を突きつけて基地を作りフェンスを作ったので、元々住んでいた人達はフェンスの向こうに家を建てざるを得なかった」と説明したらビックリしていました。

沖縄の現状を少しずつ理解してもらえるのであれば、沖縄が我が儘を言っているわけではないと感じて頂けると思っています。

どこに住んでいても皆が同じようであって欲しいと願っています。

こんばんは
ユネスコ憲章の前文、大切な言葉ですね。
しっかりと伝えていきたい考え方ですね。

nadoyamaさん、こんばんは。

ユネスコ憲章の前文は,大切な言葉が記されています。

平和は失って初めてその大切さに気がつくと思うのです。叔父さん達のことを考えるようになって、平和であり続ける意味を考えるようになりました。

私達は直接戦争被害者から話を聞いたり育てられていますので、戦争の怖さはなんとなく肌で感じているはずです。次の世代にもその大切さを伝えて行きたいですね。

新聞に沖縄戦についての記事が載っていました。
沖縄島民の、犠牲になられた数があまりにも多いのを、改めて知りました。
負われた心の傷の深さも改めて知りました。

十数年前、沖縄に会社の旅行で行ったのですが、平野の多くが米軍基地で、島民の方は山手の方に住まわれている事実を知りました。

本土の人間は、もっと沖縄の事を知らなければいけないな・・・と思った日でありました。

ナニワさん、こんばんは。

小さな沖縄に住んで居ますが、この島に住んでいると日本のこと、世界の事が色々と見えてきます。

戦争だけでなく、戦後のアメリカ軍の支配下で沢山の事件、事故が起こりましたが被害者の沖縄の人々はまともな裁判も受けることが出来ませんでした。民主主義の国と言われたアメリカが沖縄では違ったことを行っていました。その為民主主義という言葉の意味を深く考える様にもなりました。沖縄の多くの基地が突然金網で囲まれ、ブルとザーで平地にされて作られため、そこに住んでいる住民は自分の土地に家を建てることさえ出来なかったのです。

そのような経過もあり普天間基地を元の住民に帰すのは日米両政府にとってやらないといけない義務です。当たり前のことをしないで、世界一危険な飛行場といっています。自分達で世界一危険な飛行場を作っておきながら、代替案を沖縄に求めるのは筋が通らないことだと思うのです。

私が沖縄のことを話すのは沖縄出身者のエゴではないと思っています。沖縄を深く考えると日本で今どのようなこと起きようとしているのか察知出来る気がします

ナニワさん、少しでも沖縄に関心を持って頂きありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61781636

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄戦から70年:

« メジロの巣立ち | トップページ | 熱けいれんと熱性けいれんは違う »