フォト

« 今週の生け花(2015年5月4週) | トップページ | 今週の生け花(2015年6月1週) »

2015年6月 3日 (水)

腎臓の働きと注意点

今日のFMレキオは腎機能のついて話をしました。

私達の腎臓は左右2個、お腹の後面(後腹膜)にあるそら豆の形をした臓器です。片方の重さが120g程度で拳より少し大きい程度です。その中には私達の尿を作る基本単位の「レフロン」が100万個以上ぎっしと集まっています。

Th_ 腎臓は何をするのと言えば、恐らく「オシッコ」を作り出す所と思い浮かべると考えます。 では尿の原料はとなると・・・・・よく考えれば当たり前ですが、私達の血液です。 腎動脈を介して腎臓に流れた血液は、目にみえないような網目状のネフロンを通りながら、何度も濾過と再吸収を繰り返して、最終的には99%は再吸収されて、尿として排出される量は1日1〜1.5リットルとなります(1日100〜200リットルの血液を濾過していることになります)。 

体の中には様々な代謝物、老廃物、有害物質が作り出されるため、腎臓からは色々な物質が尿として排出されます。しかし、元は人間の血液ですので、尿そのものには細菌はいないのです。尿は唾液や便と比べたらはるかに綺麗な訳です。

でもよく膀胱炎とかで病院に行ったら「尿の中にバイ菌が出ています」と言われることがありませんか。 尿道は女性で短いため、外からの菌が膀胱に入り込み膀胱炎などの尿路感染症を起こし易くなります。ですので尿路感染症は圧倒的に女性が多いのです。

不要な物質の除去と共に水分の調整をしてくれるのも腎臓です。腎臓が正常なら多く水分をとると沢山尿が出ますし、少ないと濃縮した尿となります。私達は正常な腎臓のお陰で、今日の水分量は○○mlと計算しなくても自由に飲める訳なのですね。

それ以外の腎臓の役割は、呼吸と連動して体の酸塩基平衡(PH:ペーハー)やNaやKなどの電解質を調整してくれます。 また腎臓はエリスロポエチンというホルモンを分泌し、これは血液を作る骨髄に作用して赤血球の産生を調整します。そのため腎臓が悪いと貧血になってしまいます。 

腎臓の入り口には血圧を監視するモニターがあって血圧を調整するレニンと言うホルモンを出して血圧をコントロールしているのです(血圧を管理するホルモンは他にもあります)。

大切な臓器ですが、ひどくなるまで症状には出ません。健診などで指摘されることが多いと思いますが、糖尿病と高血圧が腎機能悪化の原因として多いですからその疾患を持っている人は日頃から気をつけた方がいいと思います。

腎機能が低下していると指摘された方々にとって気をつけることは脱水を避けること、食事に関しては、蛋白質と塩分の過剰摂取を避けることにあります。 栄養素に関しては炭水化物(糖分)と脂肪は体内で消費されると後に残るのは二酸化炭素と水分となり腎臓そのものには負担をかけません(勿論糖尿病の方は血糖値のコントロールが必要ですが)。 三大栄養素の一つの蛋白質は体内で燃焼すると尿素窒素や尿酸などの有害な代謝産物が出現し、その分解処理を行うのが腎臓となります。また塩分の排泄も腎臓が行う為、腎臓の負担が増えてしまうのです。

大切な腎臓ですので日頃からいたわって下さいねheart04

« 今週の生け花(2015年5月4週) | トップページ | 今週の生け花(2015年6月1週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

omoromachi 様
腎臓は血液をこして、不要になっているものを
集め、膀胱にたまるものであると理解していました。
腎臓が持っているいろいろな機能が、スムーズに
動かないと大変になりますね。健康に気をつけて
過ごしたいと思いました。
いつも、ありがとうございます。

こんばんは。
今日も、身につまされる記事をありがとうございます。
私も持病を抱えながら、生活していますが。。。今はやはり癌が怖いですね。
自分の細胞が自分を攻撃して、最後には自分自身を滅ぼしてしまうなんて。
人体の神秘にはほんとにいつも驚かされますが、癌が撲滅される日が来てほしいです。
父も癌で亡くし、今度は叔父が入院しました。

nadoyamaさん、こんばんは。

私達は何となく腎臓はオシッコを出す器官としか捕らえていませんが、それ以外にも様々なことを行っています。

現在日本における透析患者さんの数は30万人を超えて、おおよそ500人に1人の割となっています。悪化するまで気が付かない臓器ですが、健診などで引っかかった場合は検査を受けるようにして下さいね。

EOSのパパさん、こんばんは。

病気は好きでかかる訳ではありませんが、用心するに越したことはありませんね。持病をもたれているのであればなおさらでしょうか?

いつか癌が撲滅される日が来ると信じています。それと同時に人間の寿命の限界もしらなればいけないのでしょうね? 医療が神の領域まで踏み込んではいけないかも知れません。

暗くなっても仕方がありませんので、癌の撲滅は現時点では早期発見が一番確実な方法ですので、時々検査を追加して下さいね。

omoromachi先生、まるきり医学に疎い私ですが、分かり易い御教えを
愉しみながら健康を保持しております。受診後、脂質異常症に注意マーク
ありました。老齢なのに肉料理が好きなせいでしょうか? 野菜類は煮物や
サラダでたくさん摂るようにしております。

院長先生
こんにちは。
いつも有難うございます。

今回の「腎臓」のお話は身につまされました。
夫が2013年10月に右腎臓がんで摘出手術を受けました。
もう片方しか残っていませんのでいつも心配になりますが、
本人は相変わらずsmokingがやめられず・・・なのですよ。
でも人間の体って本当にうまく出来ているのですね。
片方でも腎臓はちゃんと働いてくれているのですもの・・・。
大切にして貰いたいものです。

nekozizouさん、こんばんは。

お返事遅れて済みませんでした。脂質異常を指摘されたことがあったのですね。
お肉=高脂血症ではないでしょうが、やはり現代人は食事の内容で脂肪が占める割合が高くなっていると言われていますので、1日で考えて脂肪のとりすぎにならないように注意が必要かもしれませんね。
野菜類は色々なビタミンやミネラル、繊維質を含んでいますので、胃腸にも優しく、生活習慣病の予防にもなりますでしょうか。
頑張って健康を維持して下さいね。

マコママさん、こんばんは。

そうでしたか、ご主人は右腎の摘出を受けたのですね。一つだけで頑張っていますので、いたわってやらないといけませんね。

タバコは百害あって一利なしですので、やめられるのならやめて欲しいです。
腎臓に関しては定期的にチェックをして貰ったいるでしょうが、高血圧や糖尿病があれば更に注意が必要ですね。
塩分過多や高蛋白食は腎臓に負担をかける場合もありますので、栄養士さんと相談して献立を考えてみるのも一つだと思います。

ご主人さんの腎機能はこまめにチェックしてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61685077

この記事へのトラックバック一覧です: 腎臓の働きと注意点:

« 今週の生け花(2015年5月4週) | トップページ | 今週の生け花(2015年6月1週) »