フォト

« なぜ極寒の地で人類は生き延びられたのか | トップページ | 子供に日に思うこと : 子供の減少について »

2015年5月 3日 (日)

憲法記念日に思うこと

今回、私達の国の代表は、自国の議会で論議もしない提案を他国の議会で演説しました。 内容は米国の議会で話すのですから、その国に気を遣った文面であることは理解できます。

日本は戦後復興に関して米国なしには考えられませんし、米国も東西冷戦下では日本を積極的に味方にしないと共産圏からの防衛と言う意味でも重要だったはずです。

Th_201553 今日は憲法記念日です。日本は戦前の反省を元に国民主権、基本的人権の尊重、平和主義としての三大原則で国を作って行きました。 

米国追従の方々の多くが、憲法は外国(米国)に押しつけられたものだと主張しています。よく「戦後レジーム(戦後体制)からの脱却」と叫んでいますが、戦前に回帰したいのでしょうか?  時代にそぐわないから改憲だと言っていますが、法令の追加でも対応が充分のような気もします。 GHQの命令で2週間で作ったと非難する方もいますが、日本国憲法を改めて読んでみて、非の打ち所がない格調高い文章だと思います。

改憲論者は何を変えたいのでしょうか。基本的人権のもと個人主義がはびこったため国が駄目になったと考えているのでしょうか? 知る権利や自由がはびこったため国家の秘密を他国に流してしまうからなのでしょうか? 中国が攻めてくるから軍隊をもって対抗しないと日本が消滅するという恐怖心なのでしょうか? 国際政治の舞台で世界各地の紛争で血を流していないから認められてないと物怖じしている政治家にとっては、積極的平和主義という誤魔化しの言葉で世界中の何処ででも国民の血を流す覚悟があると認めて欲しいのでしょうか? 

イラク戦争で多量破壊兵器があるとのことで、日本は米国を後方支援しました。そのような兵器が無かった事に対して日本の正義はどのように説明したらいいのでしょうか。 その後の中東の混乱はここから始まったのかも知れないと思うと心が痛みます。 

日本国憲法の前文の最初にこの様に記されています。「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者(国会議員)通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」

今回の米議会での演説内容について言及しませんが、日本の国会でも議論していないことを外国の議会で発言する(=公約する)のは日本国憲法の前文を読んだことがないのかも知れないと疑ってしまいます。

日本がどのような国になるのかは自国の国会での論戦を通して国民の理解を得なければいけないことだと思います。 まだ改憲したわけではありませんので、政治家は現憲法の下で活動しなければ憲法違反だと考えるのです。憲法は政治(家)を縛る法律であって、国民を縛る法律ではないと思うのです。

« なぜ極寒の地で人類は生き延びられたのか | トップページ | 子供に日に思うこと : 子供の減少について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんにちは。いつも有難うございます。
「憲法改正」詳しくは分かりませんが、
今朝の日本経済新聞の社説に「憲法のどこが不備か国民に説明せよ」と
載っていました。私も分からないながらもその通りと感じた次第です。

omoromachi様、こんにちは

今日は子供も友人と出かけ家でごろごろとしています
改憲の問題がクローズアップされていますね
以前も書かれていたと思いますが、改憲するなら
何処をどのようにしたいのかを具体的に示して
欲しいですよね。政治家はいつも玉虫色の
どうにでも解釈出来るような法律をつくって
後でどのようにでもできるようにしたいのでしょうが

アメリカでの議会の演説となって首相も舞い上がって
国会議論より先にアメリカで報告したかったのでしょうね
もう少し日本国内で論戦を深めて欲しいとおもいますよね

シビアな話ですが、私達1人1人の問題ですよね
いつもこのブログは考えさせるヒントを与えてくれます
ありがとうございます

こんにちは、
中国など近隣の国は特に、
うまく折り合いをつけるよう、
話し合うなど
細心の調整をする事が
政治の力ではないでしょうか。
血が流れれば
さらに遺恨が残ります。
血を流さないことこそ、お互いの利益になる
と思います。

自民党が出している憲法案は、ことば巧みに国民を縛るものになっています。
腹がたつのは、「公益」ということばで、自由を縛ろうとする文が多いこと。
「公益」って何? その時代の政治家の利益でしょうか。
なんとかして、今の憲法を守りたいと思います。
本当の「積極的平和主義」は、今の憲法にのっとって、
どこの国とも戦争をしないこと、紛争がなくなるよう尽力することだと思うのです。
世界中のどこにも紛争や戦争がない状態って、絶対可能だと思う。
世界中が日本の憲法を見習ったらいい。

マコママさん、こんばんは。

憲法は私達の生活の取り決めを決めている様々の法律や政令の元になるものでしょうから、日本国憲法の下で私達は生活しているはずですね。

憲法に関して護憲、改憲、加憲などで大まかに別れると思います。 医者の世界と同じで専門用語を並べられても一般の方が理解できないのと同じで、憲法に関しても変えたいのであれば、国民が分かるように具体的に提示をして論争して欲しいと思います。

政治家は国民に具体例を示し、それに対する賛成・反対の意見も公表し、さらにこのことが国民が分かるように文章にして欲しいと願います。

日本経済新聞の社説の通り、国会議員は国民への説明責任があると思います。

ツクシンボさん、こんばんは。

今日は少しのんびりできたのでしょうか。 子供達が手を離れると一抹の寂しさもあるのでしょうか? 

改憲論議の前に、憲法も沢山の条文があります。どの部分をどのような理由で、どのように変えたいのか、変えることでその後の国民の生活はどのように変わるのかを示して欲しいです。

ツクシンボさんが仰っているように、どうにでも解釈できるようなものではなくて、どうにでも解釈出来ない、誰がどのようにみても、これしか解釈のしようのない文面にして欲しいです。 

日本は米国の下請けではありませんので、主権国家として自国で決まったことを公表すればいいことだと思います。 米国の議会で日本のトップが演説するのですからリップサービスの領域ではなく公約と同じ重さがあると考えます。

もう少し、日本国民や日本の国会に目を向けて欲しいです。

monnaさん、こんばんは。

日本と中国、韓国を含めアジア諸国と文化的には長い歴史があるわけですので、もう少し歩み寄って欲しいです。

政治家はお互いに対立して緊張状態の方が、実は都合がいいのです。 相手の脅威論を高めれば、国防予算を含め自由に使えるお金が増えますし、歴史的に見ても政治家は国民をその方向に導くことで自らの支持を高めようとします。
ノーベル平和賞を貰ったマララさんはこう述べています。「どうして「強い」といわれる国々は戦争を生み出す力はとてもあるのに、平和をもたらすにはとても非力なの? なぜ銃を与えるのはとても簡単なのに、本を与えるのはとても難しいの? 戦車を造るのはとても簡単で、学校を建てるのがとても難しいのはなぜ?」

世界のトップの人々に取っては戦争より平和を維持するのが実は難しく、タフな交渉が求められるのです。

戦争で血を流すのはこれから未来のある若者達です。政治家は戦争が始まれば安全なシェルターの中で過ごせるのです。

sakiさん、こんばんは。

先ほどのコメントでも書いたのですが、政治家に取っては「戦争より平和を維持するのが実は難しく、タフな交渉が求められる」と思います。

憲法は実は政治の暴走を防ぐための最後の守り神です。それは政治から国民を守ってくれるにほかなりません。それぞれの国のトップは近隣諸国の脅威論を出しておけば、お互いの国民同士も緊張状態となり、世論を誘導できます。

私は実の叔父さんを16歳、18歳で沖縄戦で亡くしました。本来守ってやらないといけない子供です。しかし戦争では砲弾の飛び散る中を伝令係をして一番死亡率の高い任務を強要されたのです。 自分の子が叔父さん達の年齢になった時に初めて戦争を二度とやってはいけないと思ったのです。こんな子供を殺したら駄目なのです。

どのようにしたら戦争をしないで国益を守るかの議論がおろそかで、お互いに脅威論を振りかざして軍備増強を図ろうとしています。

何度も言うように憲法は政治の暴走を止める最後の砦です。簡単に抜け穴を通したら駄目なのだと思うのです。

こんにちは。
私も同感です。
いったい日本の主権は国民でないのでしょうか?
おととい遠野の山中に分け入って、撮影場所をさがしていたら。。。
がさがさ、、、クマだと思ったら結構なご老人が山仕事していました。
88歳だそうです。
色々お話を伺ってみて、最後は東条英機は先の戦争責任者ということだが大きい目でみればアメリカと戦って敗れたからこそ今の日本があると言っていました。
今となっては、もしはあり得ないでしょうが当時アメリカと同盟国で立場が全然違っていたら。。。。今の日本は軍事国家になっていたでしょう。
いろんな考え方や、賛否両論はもちろんあるでしょうが山中でご老人が切々と私に話してくれた内容は思想や宗教を超えた平和論を聞いたような気がしました。
今の日本は平和ボケと時々話題になりますが、平和ボケを維持できるような政治を
もっともっとしてほしいです。
今回自衛隊の活動場所は地球規模に拡大されました。
自衛隊は軍隊ではないと、言いますがどこをどう見ても軍隊にしか見えませんがね。

EOSのパパさん、こんばんは。

山中で思わぬ良い体験ができたのですね。
おそらくこのご老人は、実際の戦争体験をもとに肌で感じた「思想や宗教を超えた平和論」をお話になったのだと思います。

私はおばあちゃん子でした。そのおばあちゃんはあの凄惨な沖縄戦を体験しただけでなく、夫や子供達を戦争でなくしました。私の父は満州で終戦、捕虜となり戦後しばらくして帰国しました。その時、おばあちゃんは掘っ建て小屋みたいな家に住んでいて、次男の父が帰ってきたことに驚き泣き崩れたそうです。

私は当然戦争を経験していませんが、お婆ちゃんや両親をみながら育ちましたので、ある意味肌で戦争の悲惨さを感じて生きてきました。 その為におじさん達の供養のためにも戦争に繋がることはしたくないと思っています。 

自衛隊の装備から見たら軍隊と同じと思います。しかしそれを軍隊と言わないのは、あくまで日本が攻撃された時に国を守るためある組織だからなのです。 その名を外さないことで海外で戦争をする軍隊とは違う事を理解しないといけないと考えるのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61526015

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法記念日に思うこと:

« なぜ極寒の地で人類は生き延びられたのか | トップページ | 子供に日に思うこと : 子供の減少について »