フォト

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

今週の生け花(2015年5月4週)

5月も最後の週となりました。沖縄は梅雨入りし、すっきりしない天気が続いています。 本土の方では早くも夏日を観測して暑い時期が始まったようです。 急に気温が上昇する時や湿度が高く発汗が上手く行かない時には熱中症が増加しますので注意が必要となります。

今週も生け花クラブの皆さんが、2階の角のTh_img_3604 スペースに生け花をいけてくれていました。 
今回の生け花はホウロクイチゴの深緑の大きな葉っぱが目立っています。これだけなら梅雨のうっとうしさを助長してしまうのですが、同じ葉でもシャープなマーニ(クロツグ)を配置することで少し涼しげになります。更にシャクヤクのピンクの大きな花とスプレーカーネーションの黄色の花もホウロクイチゴの葉のお陰で、色の突出が抑えられて、全体としての調和を保っています。 

ホウロクイチゴは子供の頃、野山で遊んだ時によく見かけました。木など巻き付くように自生していて、小さなトゲもあり葉が美しいとは感じませんでした。 大きな葉の割には小さな赤い実をつけます。子供の頃はこの小さな赤い実を見つけては、よく食べたものでした。余り美味しい感じはありませんが一応食べれますhappy01 名前の由来は、果実を果床からはずして逆さにすると焙烙( 素焼きの、平たい土鍋 )に似ていることによるそうです。

Th_201554 マーニはクロツグの沖縄方言名です。本島初め先島でもよく見かけるヤシ科の常緑低木で、その線維は水にも強くて、綱などを作り、昔は漁港などでサバニを係留するロープなどに使われていました。葉はカゴや民芸品としても使われています。

シャクヤクも以前より漢方などのお薬として使われた有用な植物です。牡丹(ボタン)と対比されることが多いようですが、花に関しては牡丹の花が「花王」と呼ばるに対して、シャクヤクの花は花の宰相「花相」と呼んでいるようです。 ただしシャクヤクは多年「草」ですが、ボタンは「木」となります。
シャクヤクの根は、消炎・鎮痛・抗菌・止血・抗けいれん作用などがあり、現在使われている漢方薬にも沢山使われています。

最後に大きな葉や花に隠れてアクセントをつけてくれいるのはスプレーカーネーションですね。ちゃんと忘れず紹介出来ましたhappy01

さあ梅雨にも負けず心はカラッと頑張って行きましょうscissors


<花材:マーニ(クロツグ)、ホウロクイチゴ、シャクヤク、スプレーカーネーション>

2015年5月27日 (水)

貼り薬も色々

今日のFMレキオは手指の関節のトラブルについて話をしました。身近な突き指、バネ指、腱鞘炎、難治性の関節リュウマチなどがあります。

以前突き指については記しましたので(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-878d.html )、今日は、関節や筋肉の痛みに使う湿布薬それと近い剤形の貼付剤や経皮吸収型製剤について書いてみます。

Th_ 肌に直接貼って使うお薬で思い浮かべるのは、湿布薬だと思います。老若男女を問わず使用した経験はお持ちだと考えます。 湿布薬にも大きく分けて冷湿布温湿布があるのをご存じでしょうか。 有効成分には大きな違いはありません。ではその使い分けはどのようにするのでしょうか?

打撲や突き指など急性期の痛みは炎症のため熱を持っているので、冷やすことが必要となります。その場合に冷湿布を使用すると効果があります。 慢性的な痛みで血行をよくすることで改善するような腰痛などの場合は温湿布を使用すると、痛みだけでなく血液循環を促し、治りを促進します。 ギックリ腰などは初めに冷湿布を使用し、4〜5日たったら温湿布に変えて使用します。 

多くの方が貼り薬と言えば、痛みを取る湿布薬が思い浮かべると思いますが、今では様々な薬品が貼り薬をして使用されています。 私があえて「貼り薬」と書いているのは、日本の薬局方では「貼付剤」は湿布薬などの「局所作用型外用剤」に限定されています。同じ様に皮膚に貼るお薬でも、皮膚から吸収されて全身に薬効を発揮する薬は「経皮吸収型製剤」と分類されているからなのです。               Th_img_3600_2

最近では「経皮吸収型製剤」は色々な薬効の薬が製品化されています。 これまで全身に効果を表すとなれば、内服薬や注射、座薬などでした。

貼り薬にすることで、口内炎や吐き気が強い場合、認知症で内服の管理が難しい場合、その他内服が困難な場合には非常に有効な剤形となっています。

その種類も次第に増えてきています。狭心症に使用する血管拡張薬、喘息などの気管支拡張薬、様々なホルモンの調整薬、認知症の治療薬、癌を含めた強い痛みに対する麻薬鎮痛薬、禁煙補助薬などがあります。 様々な特徴もありますし、貼った部位のかぶれやお湯に浸かる場合の注意などもありますが、内服が難しいなどの場合は優れた剤形のお薬だと思います。 皮膚に貼る薬は今や湿布薬だけではないのですね。

今後、更に色々な薬効のお薬も出て患者さんが負担が少ないような治療薬が臨床現場で使われるようになるかもしれません、有り難いことですheart04

(2015年5月27日のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182440483

2015年5月24日 (日)

世界を夢見て11:ウインナーコーヒー

オーストリアの首都ウィーンの観光で、体験したかったのがカフェでした。
コーヒー党の私としては(決してコーヒーの味の違いが分かるようなレベルではなくて、単によく飲むという程度です)、やはりウィーンならコーヒーでしょうと言うわけです。

Th_20155_2 私の数少ない日本の経験で、ウィンナー・コーヒーは濃く入れたコーヒーにホップクリームが浮かんでいるものと思っていました。このクリームを口の周りにつけずにどう飲むかに迷っている程度の知識レベルですcoldsweats01

本場のウィーンで飲むウィンナー・コーヒーはきっとヨーロッパの味(←意味不明)がする美味しいコーヒーだろうと期待をしていたわけです。わざわざ沖縄の片田舎からヨーロッパまで来たのです。それはそれはきっと凄いコーヒーなのだろうと鼻を膨らませて・・・いや胸を膨らまして、ガイドブックに載っている老舗(Cafe Mozart)に入ったのでした。 

少し暗めの室内のため外から入ると一瞬室内の雰囲気が解りづらく感じました。 目がなじむにつれて高い天井に吊されたガラスケースで被われた電球、壁も濃い茶色の木を彫り込んであり、マホガニーの丸いテーブル、その周囲に三脚ほどのワイン色のフワフワな椅子が置いてあります。当時20代だった若造が座る感じではなく大人の世界ですcoldsweats01 1人で座るのを躊躇しながらも、この心地よい椅子に腰掛けるのです。

さあ、コーヒーを注文するぞ〜と・・・マックやスタバのような感じではなくて、高級レストランのような深い重厚な椅子でやや薄暗い店内で、装飾には落ち着いた絵が飾られていた店です。 すでに気持ちはびびってしまっています。

Entschuldigung. Bitte eine Tasse Kaffee(すみません〜。コーヒー一杯下さい)。 そしたらウエイターがHaben Sie irgendeine Art von Kaffee möchten(どの種類のコーヒーにしますか)?  まっていました。勿論ウィンナー・コーヒーですよ(Wiener Kaffee,bitte.)と答えたのですが、すみませんそのようなコーヒーはおいていませんと・・・・・コーヒーにクリームが上に乗っているようなものと説明したら・・・ 

それらしきのを持ってきてくれました(後で調べたら、エスプレッソにミルクを加えたものにミルクの泡をのせたメランジュ(?)でした。 まあ何となくカプチーノに更に泡を加えたような感じでした(全然違うのかもしれませんが、私にはそんな感じでした)。 

一人で少し緊張しながら、口の周りに泡をつけながら真剣な面持ちでヨーロッパで初めてのコーヒーを味わったのです。 もう30年近く前なので,味は忘れましたが、きっと美味しかったはずです・・・

私は当時知りませんでしたが、ウィンナー・コーヒーと言うコーヒーはないそうで、日本でしか通じないようです。 Wiener Kaffeeとはウィーン風コーヒーという意味に解釈でき、ウィーンで飲んだら皆ウィンナー・コーヒーになるとのことでしょうか? 時には一杯のコーヒーを緊張しながら飲むのもいいかもしれませんheart04

2015年5月22日 (金)

今週の生け花(2015年5月3週)

沖縄も梅雨入りし、しばらくうっとうしい天気が続くと思います。今年は梅雨入りも遅れ、雨も少なめだとのことです。 沖縄は大きな山もないため梅雨時期に雨が少ないと夏の水不足が心配となります。 まあこれから雨の季節に入るのに夏の水不足を心配しても「早過ぎ!」と思わず自分に苦笑いしていましましたweep            Th_img_3578_2

さて、いつもの2階の場所に生け花クラブの皆様がお花を活けて飾ってくれていました。外の梅雨空と対照的に、こちらはカラッとしたいい天気です。

今週の生け花は、涼しげで凛としています。太井(フトイ)の直線的な茎を使用してシャープさを表しています。 そしてやはり今回の主役はアガパンサスでしょうか。 その枝は太井の直線と合わせたかのように真っ直ぐに上を向いています。 その茎先に薄紫の散形花序(茎先からたくさん枝がでて、その先に1個ずつ花がつく花序)を出します。沢山の花が僅かな時間差をもって次々と放射線状に花を咲かせますのでとても優雅です。

Th_201553 アガパンサスは南アフリカ原産で10〜20種類あるそうです。その名前の由来はギリシャ語のアガベ(愛)アンサス(花)から来ていて「愛の花」と言うことになります。なんて素敵な名前だと思うのです。

そう言えば井上陽水さんの「愛は君」という曲は「愛は空 愛は海 愛は鳥 愛は花 愛は星 愛は風 愛は僕 愛は君」とういフレーズで始まります。 このブログをお読みの女性の方(男性も?)は「愛は君」なんて言われてみたいでしょうか・・・又余計なことを書いてしまいました、生け花クラブの皆さん怒らないでねcoldsweats01

花器の上にソリダスターの小さな花々を密生して咲きほこり、その間から葉を落とした小菊のピンクの小さな花が顔を覗かしていて、とても可愛いのです。

いつもiPhoneでの撮影ですので画質はよくないのですが、太井の先に稲穂のような花が咲いています。太井の花は初めてみました。余り目立たず慎ましい花はなんとなく好感が持てます(ごく私的な意見ですが・・coldsweats01

今日も綺麗な花を見て、鬱陶しい梅雨を乗り切るぞってか・・happy01

<花材:太井、アガパンサス、ソリダスター、小菊>

2015年5月18日 (月)

ニュースは重要なテーマから伝えて欲しい

私自身はテレビをみる機会が少ないのですが、それでも今日1日の重要な出来事を知りたいと思いニュース番組をみることがあります。

Th_dsc03108 最近そのニュースが変化してきたと感じることがあります。 一部の人にとっては重要かも知れませんが、トップニュースにあげなくても良いと思えるニュースが冒頭の大切な時間帯で流れたりします。 
何が重要かどうかは、その番組が決めることですし、嫌ならみなければよいことかも知れません。

しかし少なくともバラエティー番組やスポーツ番組ではないわけですので、今の日本や世界で大切な情報をリアルタイムで教えて欲しいと考えるのです。
昨日、沖縄県では重要な県民大会がありました。 おそらく県民だけでなく多くの方々の関心もあることと思っていました。 そのことが全国ニュースでどのように伝えられるのかも知りたくてニュースをみたのです。 しかしこのニュース番組では全く言及しませんでした。

どのようなことをトップニュースとして取り上げるのかで報道番組としての意義や姿勢が問われるのかも知れません。

2015年5月15日 (金)

今週の生け花(2015年5月2週)

今年はゴールデンウィークを過ぎたかと思ったら台風が来たり、例年ならゴールデンウィーク終了後に梅雨入りする沖縄で、ずっと天気がいい日が続いていますsun。 すこし例年と違う感じです。Th_img_3561_1_2

4月の後半と5月の初めは生け花クラブは休みだったようで、いつもの2階の場所にはお花がなく寂しい状態でした。

今週はちゃんと2階のいつもの場所にお花が飾られていましたgood  外来や検査に行く途中で生け花を見つけると嬉しく感じます。

今日の生け花も、とても爽やかです。5月の爽やかな天気のように心地より風が通り抜けています。

Th_201552 カーネーションの深紅の色が在ることで、グラジオラスの淡いピンクの色が更に上品に感じられます。素朴な色合いの花器も花々を引き立てているようなです。 

ナナカマドの葉形がとても涼しげです。葉が上方に向かって広がる形で、途中が密生せずに空間ができてことで涼しげなのです。 よく見ると、葉先に咲く小さな白い花もとても可愛いのです。

ナナカマドはどちらかと言うと北の国や高山で見かける印象が在りますので、恐らく沖縄では自生しないと思います。 ナナカマドは学生時代(←いったい何時よと突っ込まれそうですがcoldsweats01)に確か黒部渓谷で真っ赤な紅葉を見たことが初めてだったと記憶しています。 今回の青い葉や花は初めて見たのかもしれません。 この時期に山に登ったらナナカマドの花が咲き始めているのでしょうか? もう長い間、山のヒンヤリとする空気を吸っていません。 もう少しで沖縄も梅雨入りですが、今日の生け花に癒されながら気持ちもカラット晴れていたいですhappy01

<花材:ナナカマド、グラジオラス、カーネーション>

2015年5月13日 (水)

消化性潰瘍の治療の変遷

今日のFMレキオは消化性潰瘍について話をしました。

このブログでは消化性潰瘍の治療の変遷について書きたいと思います。

歴史上、消化性潰瘍と思われる症状や治療の記載は、ヒポクラテス(Hippocrates:紀元前460年)の時代と言われています。 近代的な治療は1700年代後半からで、1800年代には消化性潰瘍の原因として胃液の研究が進み、塩酸やペプシンなどの過剰によるもの、胃の粘膜の血流障害Th_ 説、迷走神経や自律神経失調などのストレス説など、現代に医療と結び付く説が学会で議論されるようになりました。

1963年に様々な意見を集約した形で攻撃因子と防御因子の破綻が潰瘍の原因とした説が認められ、現代まで支持されています。消化性潰瘍の原因を天秤にかけた状態でバランスが取れていたら潰瘍にならないが、何らかの原因で攻撃因子側に天秤が振れたときに潰瘍になるというモデルで、解り易いため現在でも説明に利用されています。

胃酸の産生を直接抑制する治療薬が出るまで、潰瘍の治療は酸を中和する制酸剤と胃の動き等を抑える抗コリン剤が中心で、大きな潰瘍に関しては効果が少なく、長期入院や手術が必要でした。

1982年に開発された潰瘍治療薬のH2受容体拮抗薬が開発され、これはそれまでの薬と比べ画期的な効果をもたらすことになります。この薬が一般的に普及した1980年代後半からは、潰瘍による手術症例は激減し、今では出血、穿孔、狭窄の場合で内視鏡的な治療が効果がないと判断した場合に手術がおこなれています。 私より上の世代(70歳以上)の外科医は私達や更に若い世代よりも何十倍も胃・十二指腸潰瘍の手術を経験されています。 最近では更に胃酸の産生抑制効果の強い薬が臨床で使われるようになり、大きな潰瘍も外来で治療可能となっています。

更に潰瘍と関係が深いピロリ菌の発見により、除菌療法も新たな治療として加わってきました。私がたかだか30年外科をやっているだけで潰瘍の治療も劇的に変化してきています(勿論その他の治療も劇的に変化してきていますが・・)。 医療が今後も進歩することで、様々な治療法が出てきたらいいなと願っています。 それでもやはり医療の中心は人です。 これからも禿げたオヤジ(←私ですweep)はオヤジなりに頑張っていこうと思うのですheart01

(2015年5月13日のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴できますdownhttp://www.stickam.jp/video/182436261

2015年5月10日 (日)

よりそって二人

「よりそって二人」ハイ・ファイ・セットの名曲です。なぜこの曲かと言うと、2〜3日前にふとした切っ掛けでこの曲を聴いたのです。私にとって35年ぶりに聴く曲で懐かしく、嬉しい気持ちになりました。

私は高校卒業まで、小さな沖縄から出たことはありませんでした。音楽のコンサートなるものも聴く機会は少なかったのですが、生涯においてもコンサートらしいコンサートは高校時代に那覇市民会館(実にローカルですcoldsweats01)で行われた「井上陽水」と「ハイ・ファイ・セット」でした。

それ以来、陽水さん、ハイ・ファイ・セット(山本潤子さん)、ハイ・ファイ・セットに楽曲を提供していた荒井由実さんが好きでよく聴いていました。高卒後は医学部入学のため上京し予備校へ、そして大学、外科医となり音楽を聴く機会もありませんでした。 ふとした切っ掛けで52歳の時に初めて自分のギターを買って歌い出しましたが、やはり陽水さんや潤子さん、ユーミンの曲が多かったです。 今では数曲うたって眠りにつくことが日課となりました。

Th_ 「よりそって二人」は当時、大好きな曲の一つだったはずなのに・・・なぜかこの曲は買え足したCDにも入っていなかったのです。 3日前に聴い時に歌詞もメドリーも頭が覚えてくれていました。音の記憶は凄いもので、一瞬で色々なことが蘇って来ました。

この歌詞、このメロリーやはり最高です。フォークグループの「赤い鳥」が解散して、そのメンバーだった3人が1974年にハイ・ファイ・セットとしてデビューします。赤い鳥のも一つは「紙ふうせん」になっています。

高校時代の垢抜けない少年にとっては「ハイ・ファイ・セット」の洗練された歌声やスタイル、山本潤子さんの美しさは心ときめく夢のような世界でした。

この詩の優しさ、この切なさ、そして思いやり・・・歌詞の最後に出てくるように「あなたが夢につまづいて ひとり明日を悩むとき いつも私そばにいる 忘れないで」 そんな人になりたいなheart02

"> 

(風邪気味でまだ喉が痛く、声が出ませんでした、お聞き苦しいかも知れませんがご了承下さい)

2015年5月 8日 (金)

政治の世界に女性の参加が必要

私を含めて世の男性達は、余程の友人以外では人付き合いが苦手かもしれません。 
私の場合はこれまで病院と自宅の往復の日々でしたからあまり社会的な感覚がないのかもしれません。 女性の方が仲間と一緒に食事をしながら「・・・うちの主人は・・・」「うちの子供は・・・で」とか「・・で疲れるのよね」・・・などとたわいのない事(←怒らないで下さいね。重要なことなのかもしれません)でも皆打ち解け、相手を否定することなく「うちも・・・なのよね」などと会話を楽しんでいるようなのです。

Th_th__3 それに比べ世の男性は、仲間との会話でもたわいのない話題は長続きしないし、それを語る事態が躊躇してしまいがちです。挙げ句の果てはお酒の力を借りないと会話もできないし、その話も「自分の場合は・・・」「それは自分の経験からすると可笑しいのではないか」 などと相手の意見よりも自分の主義主張が正しいと言い争ったりしますcoldsweats01 

そのような男女間の差をみると、好戦的と平穏的な考えの違いがみえてきます(勿論、そんなことはないのは多いですし、私自身もある集団をひっくめて論じたりするのは嫌いですが・・・)。 

そのようなことを考えると、日本だけでなく世界中の国々で政治の世界も半分は女性で占めた方が世の中は安定するのではないかと考えてしまいます。 人口の半分は女性なのですから、普通の女性が政治に参加できる仕組み作りが大切で、私達の生活に密着する政治の世界は男女同数にする方がいいのではと思えるのです。

そんなことを書くと逆男女差別だと言われそうです。妊娠・出産・子育てはやはり女性の負担が大きいです。恐らくそのような時期は会社でも1番色々なことを学ばなければならないでしょうし、その後のいわゆる出世街道だけでなく、キャリア自体も断念しないといけなくなることも多いと思うのです。 結婚と関係なくても、今の日本では賃金を始め男女格差が多いのも事実です。

逆男女差別だと言う前に、その差が解消されるまでは、法律などで女性の登用や働き易い環境をつくったらいいと思います。それで男女間の差が縮まったら法律を徐々に解消したらいいだけだと思うのです・・・・皆様方は如何でしょう?

こんな偉そうなことを書いたのですが、男性社会にどっぷりと浸かって甘えている自分への、自己反省でもありますweep 

(以前のルーヴル美術館の写真をスキャナーで取り込んで見ました。人の頭が入ってしまい残念weep)

2015年5月 5日 (火)

子供に日に思うこと : 子供の減少について

今日は子供の日で行楽地では子供さん達の賑やかな笑い声が聞こえていると思います。 

日本では毎年子供の数が減少しています。様々な原因が挙げられていますが、子供の減少は日本の消滅にも繋がる深刻な事態です。

子供の減少が30年以上減少し続けているのはやはり根本的な問題があると考えています。

結婚する・しない、子供を作るかどうかはあくまで個人の問題で、そのことに私達がなにかコメントするのはおかしいことです。

Th_ しかし、子供を安心して産み育てる環境は私達みんなで作ることは可能で、必要なことだと思うのです。 国も政策を施しているといっていますが、減少し続けているのですから、次元の違う(←日銀みたいな表現ですcoldsweats01)思い切ったことをしないと解決にならないと考えます。 

例えば「子供の医療や教育は18歳になるまで無料で、大学へ進学したいのであればそれも殆ど無料にする」これぐらいしないといけないと思います。 子供を育てるのには莫大なお金と忍耐が必要です。 核家族化した現在において常に親(特にお母さん)は孤独です。周りが気を配って支えてゆかなければならないと思うのです。

それに関して最近心を痛めているのが、子供を大人が守ってくれないことにあります。 子供ははしゃぎ回り、道義的なことも分かりません。 子供を育てる環境で、保育所などは絶対的に必要です。 しかし保育所をつくると騒音とのことで住民から苦情がくるそうです。 それと同じように小学校の運動会などでも、うるさいと苦情がよせられるそうです。

気持ちは分かります。子供の騒ぎ声がうるさくないとは言えませんが、しかし子供の声に苦情を言っている大人も「このような子供の時」があったはずです。 自分の胸に手を当てて、自分の子供の時は周りの人に迷惑をかけたことはなく、自分1人で生きてきたのか自問して欲しいのです。

このようなことが特殊ではなくて全国で当たり前の様に起こったなら、誰が希望を持って子供を産み育てることができるのでしょうか? 

騒音をできるだけ減らすように親も保育園を含めた学校、周りの住民、行政も防音施設の建設や、声が大きくなる屋外での活動時間の調整などを皆で話し合う必要があると思います。 そしてその前提は親が子供達を育て易い環境、子供達が安心して生活できる場の提供するためにはどうしたらいいかだと思います。 決して子供の声が騒音という前提で子供の行動を萎縮させる目的ではいけないと考えます。

子供のいる人もいない人も、この減少し続ける子供達のお世話になるのです。 子供は皆の宝です。子供はこの国の希望なのです。

2015年5月 3日 (日)

憲法記念日に思うこと

今回、私達の国の代表は、自国の議会で論議もしない提案を他国の議会で演説しました。 内容は米国の議会で話すのですから、その国に気を遣った文面であることは理解できます。

日本は戦後復興に関して米国なしには考えられませんし、米国も東西冷戦下では日本を積極的に味方にしないと共産圏からの防衛と言う意味でも重要だったはずです。

Th_201553 今日は憲法記念日です。日本は戦前の反省を元に国民主権、基本的人権の尊重、平和主義としての三大原則で国を作って行きました。 

米国追従の方々の多くが、憲法は外国(米国)に押しつけられたものだと主張しています。よく「戦後レジーム(戦後体制)からの脱却」と叫んでいますが、戦前に回帰したいのでしょうか?  時代にそぐわないから改憲だと言っていますが、法令の追加でも対応が充分のような気もします。 GHQの命令で2週間で作ったと非難する方もいますが、日本国憲法を改めて読んでみて、非の打ち所がない格調高い文章だと思います。

改憲論者は何を変えたいのでしょうか。基本的人権のもと個人主義がはびこったため国が駄目になったと考えているのでしょうか? 知る権利や自由がはびこったため国家の秘密を他国に流してしまうからなのでしょうか? 中国が攻めてくるから軍隊をもって対抗しないと日本が消滅するという恐怖心なのでしょうか? 国際政治の舞台で世界各地の紛争で血を流していないから認められてないと物怖じしている政治家にとっては、積極的平和主義という誤魔化しの言葉で世界中の何処ででも国民の血を流す覚悟があると認めて欲しいのでしょうか? 

イラク戦争で多量破壊兵器があるとのことで、日本は米国を後方支援しました。そのような兵器が無かった事に対して日本の正義はどのように説明したらいいのでしょうか。 その後の中東の混乱はここから始まったのかも知れないと思うと心が痛みます。 

日本国憲法の前文の最初にこの様に記されています。「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者(国会議員)通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」

今回の米議会での演説内容について言及しませんが、日本の国会でも議論していないことを外国の議会で発言する(=公約する)のは日本国憲法の前文を読んだことがないのかも知れないと疑ってしまいます。

日本がどのような国になるのかは自国の国会での論戦を通して国民の理解を得なければいけないことだと思います。 まだ改憲したわけではありませんので、政治家は現憲法の下で活動しなければ憲法違反だと考えるのです。憲法は政治(家)を縛る法律であって、国民を縛る法律ではないと思うのです。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »