フォト

« 貼り薬も色々 | トップページ | 腎臓の働きと注意点 »

2015年5月30日 (土)

今週の生け花(2015年5月4週)

5月も最後の週となりました。沖縄は梅雨入りし、すっきりしない天気が続いています。 本土の方では早くも夏日を観測して暑い時期が始まったようです。 急に気温が上昇する時や湿度が高く発汗が上手く行かない時には熱中症が増加しますので注意が必要となります。

今週も生け花クラブの皆さんが、2階の角のTh_img_3604 スペースに生け花をいけてくれていました。 
今回の生け花はホウロクイチゴの深緑の大きな葉っぱが目立っています。これだけなら梅雨のうっとうしさを助長してしまうのですが、同じ葉でもシャープなマーニ(クロツグ)を配置することで少し涼しげになります。更にシャクヤクのピンクの大きな花とスプレーカーネーションの黄色の花もホウロクイチゴの葉のお陰で、色の突出が抑えられて、全体としての調和を保っています。 

ホウロクイチゴは子供の頃、野山で遊んだ時によく見かけました。木など巻き付くように自生していて、小さなトゲもあり葉が美しいとは感じませんでした。 大きな葉の割には小さな赤い実をつけます。子供の頃はこの小さな赤い実を見つけては、よく食べたものでした。余り美味しい感じはありませんが一応食べれますhappy01 名前の由来は、果実を果床からはずして逆さにすると焙烙( 素焼きの、平たい土鍋 )に似ていることによるそうです。

Th_201554 マーニはクロツグの沖縄方言名です。本島初め先島でもよく見かけるヤシ科の常緑低木で、その線維は水にも強くて、綱などを作り、昔は漁港などでサバニを係留するロープなどに使われていました。葉はカゴや民芸品としても使われています。

シャクヤクも以前より漢方などのお薬として使われた有用な植物です。牡丹(ボタン)と対比されることが多いようですが、花に関しては牡丹の花が「花王」と呼ばるに対して、シャクヤクの花は花の宰相「花相」と呼んでいるようです。 ただしシャクヤクは多年「草」ですが、ボタンは「木」となります。
シャクヤクの根は、消炎・鎮痛・抗菌・止血・抗けいれん作用などがあり、現在使われている漢方薬にも沢山使われています。

最後に大きな葉や花に隠れてアクセントをつけてくれいるのはスプレーカーネーションですね。ちゃんと忘れず紹介出来ましたhappy01

さあ梅雨にも負けず心はカラッと頑張って行きましょうscissors


<花材:マーニ(クロツグ)、ホウロクイチゴ、シャクヤク、スプレーカーネーション>

« 貼り薬も色々 | トップページ | 腎臓の働きと注意点 »

」カテゴリの記事

コメント

omoromachiさん、お医者様で畑違いなのに花にくわしいですね。
私は花の名前は詳しくありません。でも昔生け花を習ったことがあります
花を家に持ち帰ると生けさせられるので、途中バスの窓から山に向かって
投げ棄てたことがたびたびsmileけっして裕福でもないのに月謝を
はらってくれた両親に罰当たりなことをしました。なので嫁に来るとき
持ってきた「花器や剣山」など日の目をみたこともありませんでした。でも
omoromachiさんの写真を見て、まねして時々活けてます。でも遠い
沖縄の花など見たこともないのも多く、チンケな生け花になってますcoldsweats01

フーミンさん、こんにちは

返事遅れてすみませんでした。
子供頃に生花をならっていらしたのですね。今なら親の気持ちも分かるかも知れませんが子供には難しかったのかもしれませんね
私は殆ど花の名前は知りませんので、いつも教えてもらっていましす。
色々な南国らしい花が飾られ、私も楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61659902

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(2015年5月4週):

« 貼り薬も色々 | トップページ | 腎臓の働きと注意点 »