フォト

« 今週の生け花(2015年4月4週) | トップページ | なぜ極寒の地で人類は生き延びられたのか »

2015年4月26日 (日)

危険は空からやってくる?

空を自由に飛びたい。そんなことを考えたことのある方は多いと思います。 子供の頃、無線飛行機を操縦している方がいてそれを眺めながら「いいな〜、格好いいな〜、自分もやってみたいな〜」と憧れて眺めていました。 当時はそのような余裕もないし親も与えてくれませんでした。

次第に小型化し、操縦も安定してきた無線飛行機や無線ヘリコプターも登場しました。 進歩したとはいえやはり操作は難しく安定飛行するにはかなりの経験が必要となっていたと思います。 

ここに複数のプロペラとジャイロ機構やコンピュータ管理で安定飛行できるドローンが登場しました。 小型カメラを搭載でき、災害時や原発事故などで人が近づけない場所を撮影できるなどこれからの活用方法が検討されています。 しかし3年程まえにこのドローンをネットで見たときに、私は恐怖を感じてしまいました。 絶対に悪用する方が出てくると想像したからです。

Th_ 人間の目は上下左右の視野の確認は出来ますが、頭上の確認は出来ません。 それは有史以来人間が頭上から襲われることがなかったからだと思うのです。 それと自分の敷地内などは人が侵入しない限り大丈夫な領域(地上権も含め)を確保出来ていたため、家にいると心が休まるのだと思います。

規制がなければ、プライバシー侵害の領域まで簡単にドローンは入り込むはずです。 殆ど気づかれずに1日中監視されるようになるかもしれません。
またストーカー行為に利用されるかも知れませんし、おいそれと露天風呂spaも楽しむことが出来ないかもしれません。 

飛ばす人のモラルの問題といっても、観光地でのドローンによる撮影や人混みの中での撮影などを行っている方は、ドローンが操縦不能になったり、バッテリー切れになって落ちる場合の危険性を考えていないと思います。 中には規制がないから今のうちに飛ばしていると言う方もいらっしゃるようです。 

この急速な普及に対して、その危険性への対応や法整備が追いついていないと、多くの方が以前から指摘していました。それでも政治家は動きませんでした。 しかし今回、勿論いいことではありませんが、首相官邸にドローンが落下したことを受けて、急遽対策に乗り出したようです。 自分に危険が及ぶようになると政治家は直ぐに動くのだなと、ある意味感心しながらニュースをみていました。(自分達に都合の悪い議員定数減少などには重い腰は上がりませんが・・・)

空は無限に広がり自由の象徴であって欲しいと願うのですが、同時に皆の共有空間でもあることを念頭に早急なルール作りや法整備を進めて欲しいと願います。新しい技術はいつも明と暗の両方を持って発展します。その都度、人間としてのモラルが試されるのです。

« 今週の生け花(2015年4月4週) | トップページ | なぜ極寒の地で人類は生き延びられたのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まったくそうですね。人が乗っていても落ちるかも知れないのに、無人なわけですから、それだけ真剣さも薄いのが人情。
普段でさえ、上空からはカラスの糞が落ちてくる可能性があるのに。(笑)

omoromachさん こんばんは

ここ1~2年でドローンと言う言葉をよく耳にするようになりました。以前の無線操縦ヘリコプター等とは比べものにならないくらい飛行が安定していて、空撮などに良く使われているようですね。

でも、便利で良く使われるようになった故に、人の上に墜落したらとか、悪い人に悪用されるのではとか心配になってしまいます。使い方によっては便利な面と怖い面が有りそうですね。法律も未整備のようですし、野放しでは怖いので法律の整備やルール作りを急いで欲しいものですね。

omoromachi様こんばんはです

今話題のドローンですね
私も同意見です
これまでもマスコミで誰でも
ドローンを購入操作できることや
文化財の上を飛んだりすることの
憂慮がなされていて
これは法律で運用を規制しないと
飛んでもないことになるのでは
ないかと考えていました。

どうして、早急に法律を整備しないかと
疑問に思っていました。
omoromachi様が仰るように
首相官邸でそのようなことが起きたら
本当に議員の動きは速いです。

日本の中枢の防御が甘いという
こともありますが、それより人が怪我を
することが予想されているのに
法律をつくらない日本の国会って
今まで何をしていたのでしょうか

この辺りも我が国は政治家は
自分のことしか考えていないようです

丸に橘さん、こんばんは。

機械ですので、自分の操作が熟練していても、事故があると考えます。その時のことも考えて自分の視野の範囲で下に人がいないことが最低条件で飛行するべきだと思います。
また文化財などもぶつかったりしたら大変ですので、やはりルール作りを含めた法整備を急いで欲しいと思います。

本当です、いつ鳥の糞が頭に落ちてくるかも知れませんし・・・怖いことですcoldsweats01

いちろさん、こんばんは。

以前の無線の飛行機やヘリコプターなどは操縦そのものが熟練を要し、行う人もそれなりに安全性を確保しながら行っていたと思います。

ドローンは本当に安定し操作も簡単のようです。それだからこそ安易に購入し使用しているようです。確かに空撮などはこれまでは大規模な装置が必要でしたし、映画の世界のような感じもありました。 それが気楽に撮れるとしたら楽しいと思います。

しかし相手は機械です。機械は壊れるものです。無線障害や、無線に範囲外に出てしまったり、バッテリーや翼の障害が出た時は操作を行っている人の技術はなにも通用しません。 落ちたらどうなるか使う前に法整備をすべきだったのでしょうね。

この問題では法律は後手後手ですね。

ツクシンボさん、こんばんは。

最近話題のドローンですが、2〜3年前からこのようなことが起きることは米国などでは議論されていました。

ドローンに関しては政治家より私達庶民の方がその運用の問題点を感じているように思います。 今回やっと重い腰を上げたようですので、しっかりと問題点を洗い出して迅速に法案を通して欲しいと思います。

もちろん多くのドローンを使用している方は常識を持って楽しんでいると思いますが、法律ができる前に色々なことをやっておこうとの動きもあるようです。 早くルール作りや法律による規制をかけて欲しいと思います。

今回の事件を踏まえると、もしもこれがテロに使われ、原発などの上や東京などの人が密集するような場所、サッカーなどの国際試合などで爆弾などが投下されたら本当に怖いことです。

業者は大変と思いますが、まず野放し状態から個々の機械に対して登録制にすべきだと考えます。

omoromachi様
 
おはようございます。危険は空からやって
くるとあったので、何かなぁと思いました。
ドローンという飛行物が簡単に手に入り、
その人のモラルでいいようにも悪いようにも
使われてしまう。
モラルの試験があって、それに合格しても
実際に行動できるかは別問題なので、
困りますね。
しっかりとモラルを持った人になりたいです。

nadoyamaさん、おはようございます。

これまで軍の施設でなければ空からの監視や注意は必要なかったと思うのですが、ドローンのような誰でも簡単に手に入れるようになれば、色々な使用法が出て来てくると思います。 
新しい状態になるといつも人間のモラルが問われる事態となると思います。 早く大きな事故が起きる前に運用ルールや法整備を進めて欲しいと思っています。

おはようございます。
最近は鉄道撮影にも結構、このドローンが使われています。
初めて見たのは、去年の夏でした。
クマンバチが飛んでいるような音がして。。。ん?って思ったら自分の頭上にいました。
結構事故もあるようで、列車にぶつからないように注意しているとは言っていましたが何度も操縦不能になっているようです。
人や車や列車にぶつけたら大変ですよね。

EOSのパパさん、こんばんは。

そうでしたか、身近でドローンを見たのですね。鉄道なども上空から撮したら素敵だろうと思います。 でもやはりそれはやってはいけないことだと思います。

所詮機械です、不具合もでるし、急に風が吹いたりと屋外では天候にも左右されます。いくら操作が上手いといっても、もしも電車にでもぶつかったら大惨事になる場合もあると思います。

そのようなことは起こらないよと考えるより、もしも起こったらと考えて、誘惑に駆られないようにしないといけませんね。

EOSのパパさんのお写真は空撮でなくても、とても素敵で暖かい作品ですので、それだけで充分満足です。 これからも人の温もりのある作品を提供下さいね。

こんにちはsun

20年以上前、夫がラジコンヘリにはまっていました。

その当時は小人数のマニアが
集って、広大な原っぱで遊んでいたようですが、
操縦が難しく、しかも値段が高いので
(すぐに落として壊すmoneybagcrying)夫は1,2年で
辞めてしまいました。

しばらくしてラジコンヘリで
農家の方が農薬をまくようになり、
技術の進歩に感心していましたが、
いつのまにか安価で、操縦のしやすいドローンの登場。
せっかくの便利に使えるすばらしい技術も
必ず悪用しようとする人がいるのは残念なかぎりです。

発明した人はこんな事に使われるとは思って
いなかったのかも知れませんね。
農薬を撒けるようなものですから、思えば本当に危険ですね。
やはりomoromachiさんの言うとおり、
早急に登録制にした方が良いのかもしれませんね。

monnaさん、こんばんは。

ご主人、かつてラジコンにはまり込んでいたのですね。大空ってなんとなく男のロマンのようなものがあり、私もラジコンには憧れていました。 子供の頃でしたので親には買って貰えず、遠くで憧れの飛行機を見ているだけでした。

無線飛行機は農薬の散布など、それに最近では地震や人が近づけない場所への情報収集活動にも活躍できるようになっています。 モラルのない一部の方のせいでドローンも悪い面がクローズアップされていますね。

やはりそのようなことも考えてmonnaさんが書いて在るように登録制にしたほうがいいと思います。 登録制にしたからって使えない訳ではありませんので利用者としてもそれ程困らないのではないでしょうから。

新しいものには法律が追いつきませんね。事故が起きる前に対策を立てて欲しいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61490774

この記事へのトラックバック一覧です: 危険は空からやってくる?:

« 今週の生け花(2015年4月4週) | トップページ | なぜ極寒の地で人類は生き延びられたのか »