フォト

« 知らぬ間に危機が訪れる | トップページ | 今週の生け花(2015年3月2週) »

2015年3月11日 (水)

骨粗鬆症と宇宙飛行士

今日のFMレキオは先週に引き続き私達の骨について話をしました。骨は蛋白質の繊維の構造にカルシウムが沈着して形成されます。骨を含め血液や細胞のカルシウムの維持には色々な物質やホルモンが影響を与えあいながら絶妙な量でバランスを保ち生命を維持しています。

体のカルシウムの均衡が崩れるのが、妊娠や授乳期に胎児へのカルシウムの移行、更年期になり女性ホルモンが急激に減少するための骨からのカルシウム融解があります。前者に関しては以前の低栄養で多産の時代ではありませんのであまり心配ないかと思います。 

骨粗鬆症とは骨の量が減って骨が弱くなり骨折しやすくなる病気ですが、高齢化社会を迎え、日本では約1000万人の患者さんがいると言われています。 高齢者の寝たきりの原因の15%程度が骨折、特に大腿骨骨折が最大の原因です。それを防ぐために、日頃からの運動や食事療法、薬物療法などで骨粗鬆を防いでいると思います。 ジム通いをしないと骨が鍛えられないのでしょうか? 

私達の骨には負荷をかけると骨を強くする作用があります。・・だからジムに通っていると仰る方も多いと思います。

でもずぼらな私(達coldsweats02)も、立ったり座ったりするだけで一応は骨が鍛えらています。座っているだけで筋トレしているのです? ?

どうしてって思われるかも知れませんが、Th__5 地球上に生きている以上この地球から1Gという重力の負荷を受けながら毎日活動することで骨は鍛えられているのです。 

宇宙飛行士の研究から骨に関しても様々なことが分かるようになりなっています。 宇宙飛行士は宇宙に滞在中、秒単位のスケジュールをこなしています。それでも1日2〜3時間の筋肉トレーニングを行っています。 

地球を眺めながらなんと優雅に過ごしているのか・・・ではありません。やらないといけないのです。 宇宙空間では重力がないため骨に負荷がかからず、なにもしなければ10日間で3.2%の骨のカルシウムが溶け出して骨が脆くなってしまいます。 宇宙ステーションで半年とか1年滞在し、地球に戻ってきたどれ程危険な状態になっているかが想像出来ると思います。

Th__4 宇宙では骨だけでなく筋肉も萎縮し、内臓なども退縮します。骨や筋肉やその他の臓器の退化を避けるためにも、宇宙空間で日に2〜3時間の加圧トレーニングを含めた運動を行っているのです。

ずぼらな私も地球で生きているために、重力を相手に日々筋力トレーニングを行っているのですscissors。 まあ自慢にはなりませんので、少しは運動をしないといけないなと思いますcoldsweats01

地球での生命誕生は35億年以前で、人類の起源は200万年から500万年と言われています。 これから先、人類が無重力の宇宙に適応するには様々な変化が必要かも知れません。私の子供の頃なぜか火星人はタコみたいな姿でした。あながち将来の人間の姿なのかも知れませんねhappy01

(2015/03/11のFMレキオ「いきいきタイム」の動画と一日遅れで追加しました。よろしければこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182417654

(今日で東日本大震災から4年が経ちました。経験をされた皆様方には沢山の悲しく辛いことがありましたでしょう。遠く離れた沖縄でもあの日の状況を理解し、その後の厳しい道のりにも思いを寄せております。あの日を生き残った皆様の心に希望という光が灯りますことをお祈りしています)

« 知らぬ間に危機が訪れる | トップページ | 今週の生け花(2015年3月2週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
重力の恩恵のお話 身にしみています^^;
大動脈乖離した時、4ヶ月寝たきりになりました。
食事のときは起こされるのですが、体がふにゃふにゃで
座ることもできなかった辛さを思い出しました。
なぜ?どうして私が大病を?と人生を絶望していましたが
今元気になったので、歩く運動をしようと思います(ノ∀`)
宇宙飛行士さんたちが宇宙船内で運動している姿をTBで見ました。
そんなに骨や筋肉や内臓が怖い状態になるんですねshock
3・11で生き残った方々も人生に絶望されたことと思いますが
生きていれば何とかなる!のお気持ちで生き抜いて欲しいものですshine

愛さん、こんばんは。

本当に大病を経験され、それを克服した愛さんには頭が下がります。 病気のために寝たきりになると座ることさえ困難になることがありますね。 宇宙飛行士の話は当たり前と思っていることが実は当たり前でなくて大変なことだと言いたかったのです。

生きることは大変です。生きにくい世の中かも知れません。自分だけがこんなに不遇だと思い、何かに当たりたくなることがあるかも知れません。

でも理不尽に命を奪われた方が周りには沢山いるのです。私の場合は写真でしか見たことのない叔父さんやお祖父さん・・・生きていれば・・と思います。

震災に遭われ辛い思いをされた方が、どうして自分だけ生き残ったのだろうかと負い目を感じることもあると聴いています。 辛いと思いますが、なくなった皆の分も生き抜いて欲しいと願っています。

私はなにも出来ませんが、東北の復興を祈っています。

omoromachi様、こんにちは

宇宙で生活するのは大変ですね
火星まで人類はたどり着けるの
でしょうか?  進化することで火星
では人間はタコみたいな形に
変化してしますのでしょうかshock

ラジオ番組視聴しましたよheart04
先生の「ふるさと」のギター弾き語りを挟んで
いましたね。先生の人間性が表れる
ような優しい唄声ですlovely

あれから4年ですね
私も東北の復興を祈っています

ririkaさん、こんばんは。

宇宙飛行士の研究から、人間の体で起こる変化も少しずつ解明されるようになっています。骨形成や融解に関しても色々なことが判るようになっているようです。

ラジオ放送聴いて頂きありがとうございました。3月11日の番組でしたので選曲に悩みましたが、かけた曲は「花が咲く」「ふるさと」「希望という名の光」「JUMP」の4曲です。「ふるさと」は私自身に関しても外せない曲で、他の方が歌っている曲を最後まで探してみたのですが、皆さんの御迷惑を顧みず、以前「you-tube」にアップした私自身のギター弾き語りを使ってしまいました。

あれから4年ですね。昨日復興のテレビを見ながら涙が止まらなくなりました。道半ばで死んだ人達の分も頑張って生き抜かねばならないと思いました。

ririkaさんのような若い方々が震災の記憶を引き継いで欲しいと願っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61260943

この記事へのトラックバック一覧です: 骨粗鬆症と宇宙飛行士:

« 知らぬ間に危機が訪れる | トップページ | 今週の生け花(2015年3月2週) »