フォト

« 二枚舌 | トップページ |  今週の生け花(2015年3月3週) »

2015年3月18日 (水)

あれから4年

あの東日本大震災から4年が過ぎました。復興が進んでいる場所、帰還さえ困難な場所、仮設住宅での生活が長くなった方々、この4年で次第にふるさとが遠くなってしまった方など様々な想いが交差していることと思います。 あの時、その後の避難生活で多くの方がお亡くなりになりました。

Th_048 大規模な災害において、ひっくるめて数で示すことがあります。日航ジャンボ幾の墜落事故で520人、阪神淡路大震災で6434人以上、東日本大震災で15891人以上と・・・・その数は確かに規模や大きさを表し、100年後も記録に残るものかも知れません。

しかし家族の悲しみは亡くなった数では表すことは出来ません。 沢山の方が亡くなっても、家族にとってはその人が全てです。それぞれ1人1人に深い悲しみがあり、とても大切な家族の記憶があると思うのです。 

大きな規模の災害であればある程、亡くなった人数の1人1人があの時まで生きていたことを思い出しながら、彼らの分も生きて行かねばと考えるのです。

« 二枚舌 | トップページ |  今週の生け花(2015年3月3週) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

omoromachi様、おはようございます。

4年が過ぎて気になりまいますのは
復興の遅れです
テレビで避難生活が長くなれば
なるほど、帰還できなるなり
移った先で生活を初めてしまう
とのことでした
政府は復興をもっと強力に進めて
欲しいですね

私も,頑張って生きてゆきたいと思います
朝から頑張るぞ〜と(かけ声だけはいいririkaですcoldsweats01

なくなられた方の家族にとって、それがすべて
ですね。その人の分も大切に頑張って生きて
ほしいですね。私も今を精一杯生きていきたいと
思います。

rrikaさん、おはようございます。

私も東北で被害を会われた方々の地域の復興が遅れていることが気になりますし、その復興にも地域差があるような気がしています。 特に地震だけでなく人災の様相も強い原発の近くの方々は帰還のめどさえないと言うことのようです。

復興を急がねばならないのは、帰宅できずにいる期間が長ければ長い程、元住んでいた家は荒廃して修繕も困難に理ないますし、移設先で仕事や生活をしてゆくと戻る希望さえなくしてしまう方も多いと聞いています。 東京オリンピックもあり、建設業界も含めて首都圏に人も物も集中しすぎる様な気がします。 本当に政府は強力に東北の復興を進めて欲しいものです。

私もririkaさんのかけ声に元気を貰って、今日一日がんばるぞ〜happy01

nadoyamaさん、おはようございます。

私達は常々、小さいことへも愚痴をこぼしてしまいます。しかし地震などの予期しない災害で、希望に満ちた多くの方が無念にも命を絶たれた訳です。

そう思うと生き残った私達は、やはり彼らの分も頑張って生けてゆかねばらならいと考えます。

新しい1日に感謝しながら今日1日頑張りましょうshine

院長先生
こんにちは。
いつも有難うございます。

あれから4年、被害に遭われた方々、大切なご家族を亡くされた方々には
お辛い4年だったと思います。
これからもまだまだ続く復興・復旧に手を差しのべて、
一日も早い安心・安全を願わずにはいられません。

あの時、学んだこと、学ばなければいけなかったことを
これからの時代に生かしていかなければいけないですね。
そうすることが、亡くなった方達へのせめてもの供養です。
原発の恐ろしさ…。
そんな恐ろしいものを自分たちの住んでいるところでなく
地方にたくさん作って、当たり前のように電力を消費していたことに、
気づきもしなかった、関東に住んでいる私は本当に恥ずかしい。
偉そうなこと言って何もできていないのですが、
反対の声だけはあげ続けたいです。
どうやって新しい国を作っていくのか、前向きに前向きに考えたい。
復興、今まで通りにするのではなく、より良い形に変えていきたいですね。
日本中で考えなくては。

マコママさん、こんばんは。

何もない私にとっては4年間はあっという間でしたが、震災に遭った皆様にとっては、とても辛い4年目を迎えたのではないかと想像しています。

私も1日も早い東北の復興を願っています。そして大切なご家族を亡くされた皆様の心の傷が少しでも癒される日がくることを祈っています。

sakiさん、こんばんは。

本当ですね、私達は色々な失敗もします。しかしその失敗から学ばなければ何も進歩しません。
原発について、私の子供の頃より核の平和利用は未来に繋がるような教育を受けて来ました。核爆弾は駄目だけど核による発電はいいことだと思っていました。

しかし、絶対安全といわれた原発で制御不能な事故が起こったのです。ひとたび起これば取り返しのつかない事態となります。 私達は何も疑問に思わず、原発からの電気でこの世の春のように電気を使って来ました。 しかしあの原発事故から学ばなければならないのは、事故が起こった場合、事故が起こらなくても使うごと出る核のゴミも、自分達で管理処理できないという事実です。

自分の子や孫に負の遺産は継がせたくないと思うのが素直な親の気持ちと思うのですが・・・・

こんばんは。あれから4年。さすがにブルーシートはあまり見かけなくなりました。私の友達は、福島の富岡町。家は外見はなんでもないのに、原発の帰宅困難地で帰るたび涙がでる、と言ってました。もう一人の知り合いは陸前高田市。津波で何もかも、失いました。今は仮設住宅に住んでいます。私もあの時はスーパーの駐車場にいて
地面が波うち、地震とは知らず、目が回ったと思いました。しかしスーパーから人が
飛び出してきて、、目の前の壁が崩れるのをみたとき、大変なことが起きていると知りました。それから3日間停電、テレビでみたあの光景は、忘れません

フーミンさん、こんばんは。

フーミンさんの所もやはり、大きな被害を受けたのですね。

ブルーシートで覆われた場所が少なくなったことは喜ばしい事です。 フーミンさんのお友達にも自宅に帰れない方もいるのですね。まだまだ沢山の方が仮設住宅に住んでいます。少しでもふるさとの地に帰れることを祈っています。

あの日の画像を沖縄で見た時には一瞬凍り付いてしまいました。映画の一画面で夢であって欲しいと願ったほどでした。
災害を経験した国ですし、被害を被った私達もその記憶を次の世代に伝える必要があると感じました。

こんばんは。
先日、被災者の方が投稿されていた川柳 「五輪より 一輪の花を 被災地に」
を目にした時、申し訳ない気持ちで・・・涙が出ました。
20年前の阪神淡路大震災と違って原発事故がらみだから・・・は、復興の遅れの言い訳のように聞こえてなりません。
そのように思うのは私だけでしょうか? 
 

神戸のomoroおばさん、こんばんは。

「五輪より 一輪の花を 被災地に」・・・・本当にそう思います。 五輪の誘致のために、この国の首相は「福島原発事故は完全にコントロールされている」と訴えていました。

その時もビックリしたというか、怒りが込み上げて来ました。原発事故はますます収拾のめどが立たず、汚染水も知らぬ間に海に流されています。全力で復興と口では言っているのに、福島の復興より五輪特需を願っている方々です。

被災された方々、時に原発で帰るめどさえ絶たれた方々に同じ日本人として申し訳ない気持ちです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61273565

この記事へのトラックバック一覧です: あれから4年:

« 二枚舌 | トップページ |  今週の生け花(2015年3月3週) »