フォト

« 正義の名の下での戦争 | トップページ | 笑顔は最高の贈り物 »

2015年2月11日 (水)

肩こり

今日のFMレキオは首の痛みについて話をしました。

多くの方が、肩こりを経験されていると思います。肩や首が凝る、肩が張るなどと表現され、痛いと言うよりも不快感を伴うこわばった感じ、重苦しい感じ、イライラしてしまい抑鬱な気分にさえ感じてしまうこともあると思います。

私達の首回り(頸椎や筋肉)は色々な動きが出来ると同時に、頭という重い荷物をかかえています。頭は5〜7Kgの重量があり常にそれを支えていますし、首周りは肩を吊り上げたり上肢の運動も支えていて大きな負担と強いられています。

頸骨の変形やヘルニアによる神経的な痛みもありますが、今日は首回りの筋肉(特に僧帽筋など)の凝りについて私なりに説明したいと思います(結構いい加減かも知れませんので、詳しいことはネットで調べて下さいねcoldsweats01

Th_ 長時間同じ姿勢でいると首や肩が凝るのを経験すると思います。同じ姿勢でいると常に同じ筋肉が同じ緊張状態を強いられます。 

筋肉の緊張状態が続くと、血液の流れもわるくなり、筋肉内に疲労物質である乳酸やピルビル酸といった痛みを起こす物質が溜まってきます。(走ると足の筋肉が酸欠状態となるだけでなく、乳酸やピルビル酸が溜まって痛くなりこれ以上走れなくなるのと同じです)。

簡単な図を書いて見ました。 首周りの筋肉で一番大きいのが僧帽筋ですが、その下に右側に書いた色々な筋肉があります。同じ姿勢で首や肩、手を支えていると常にこれらの筋肉には疲労物質が蓄積し、その筋肉にある神経を介して痛みを感じます。この痛みは刺されたような鋭い痛みではなく、筋肉の鈍い痛みと感じます。これがいわゆる凝りとなります。

凝った所を指で押したりすると、同じ筋肉でも痛みが強かったり痛みが鈍かったりする場所の違いがあることに気が付きませんか? 筋肉が付着する肩甲骨や背骨などの近くには神経が多く、筋肉の中央部には神経の密度は減って少なくなります。 同じ筋肉内でもその神経の分布の差により、凝りによる痛み方にも違いが出てしまいます。

ワープロ仕事などで同じ姿勢は首周りの筋肉の緊張状態を強いますので、時々首や肩を回したりストレッチをするといいでしょうし、眠る時も首の負担を減らすような枕を選ばれたらいいのかも知れませんね。パソコンなどでモニターを見上げるような姿勢(頭を反らす姿勢)はよくありません。背筋を伸ばして、少しアゴを引くぐらいが肩こり予防にいいと思います。

なで肩の女性などは僧帽筋の量も少ないことが多いため、筋肉を鍛える必要があるかも知れません。 なんたって毎日ボーリングボールのような重い頭を支えて、両腕や肩甲骨を吊り上げ動かしている生活をやっているのですから首周りを労って上げましょうheart04

(2015/02/11FMレキオ「いきいいタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182409720

« 正義の名の下での戦争 | トップページ | 笑顔は最高の贈り物 »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

先生
今晩は。いつも有難うございます。
「肩こり」誰しも経験する痛みの一つと思います。
私も元々「肩こり」はあり、凝り過ぎて痛みが分からい状態でした。

現在は心臓からの「放散痛」だと思います。
いつも痛いわけではなく「不整脈」が出る前とかによく痛みます。
厄介です!

マコママさん、こんばんは。

肩こりはありふれた症状だと思いますが、日常的に持っている方も多いと思います。

首や肩は重い頭を支え両手を根本から支えていますのでいつでも力が入った状態ですので、筋肉が緊張した状態が続いています。出来るだけ姿勢を良くして負担が少ないようにしないといけないですね。

不整脈がでる前の放散痛も気にはなりますが、心臓を栄養する冠動脈に狭窄がなければいいのですが。 抗凝固薬なども内服さているようですので、無理をなさらず経過を見て下さいね。 痛みが持続するようなら医療機関を受診して下さいね。

omoromachi様、
おはようございます。

私も凄い肩こり症です
やはり姿勢が悪いのが
原因でしょうか?

マッサージしてもらって
とても痛いところと
痛くないところの違い
判りましたscissors

いつも為になります
ありがとうございますnotes

おはようございます(^_^)
「僧帽筋」初めて聞きました。
首回りの筋肉が こんなにたくさんあるのも知らなかったです(^_^;)
仕事も趣味も 下を向いて ずっと同じ姿勢でいることが多いので
夜には 肩がガチガチで 冷た~く感じることもありますcoldsweats01
病気ではないし まあ仕方ないわ…と思っていましたが
頭と身体をつなぐ大事なところですから
なるべく負担をかけないようにしないといけませんねconfident
特に寒いと動かなくなるもので…(^^ゞ

ririkaさん、こんばんは。

ririkaさんは肩こり症だったのですね。肩こりは老若男女を問わず持っている方が多いです。

ririkaさんのような若い方で貧血や低血圧の方もなりやすいですし、仕事上あまり動けなかったり、同じ作業を続けていると肩こりになりやすいといわれています。

ネットで見たら肩こり体操などもありますので、仕事の合間にストレッチが出来たらいいのですが・・・

私こそいつもコメント頂きありがとうございます。

モカラテさん、こんばんは。

お返事遅れてすみません。先ほど手術が終わり部屋に戻ってきたところでした。 僧帽筋は結構大きな筋肉で台形のような形をしています。 映画などで出てくる中世のカトリックの修道士が被っているフードに似ていることより、「僧帽」と言う名前になったようです。

人間の体は色々な筋肉があり、沢山在ることで細かな運動が出来ています。

頭はボーリングボールと同じぐらいの重さがあります。それを前屈の姿勢で支えるとなるとやはり大変だと思いますよね。 そのためにも時々は首のストレッチも重要になると思いますよ。 仕事の合間に時々体を動かして下さいね。その方が結局は仕事がはかどると思います。

寒いと血流も悪くなりますので、ゆっくりとお風呂に入るのもいいかもしれませんねspa

こんばんは。いつも体のこと解りやすくかいてくれて有難うございます。
お医者様ならではですね。そして解説のための「絵」すごいですね。
あんなに細かくよくできますね。さ、さ、さと書いてしまうんですか?
メスを持つ手がキーボードから生えてたりしてcoldsweats01
失礼しました。またお邪魔させてもらいます。

フーミンさん、こんばんは。

お元気でしたかhappy01。 
私は余り絵が得意ではありませんが、外科医は手術をすると手術録なるものを書きます。どのような手順で手術をしたのか、腫瘍はどんなところにありそのような状況であったか、摘出後にどんなつなぎ方をしたかなど、文書でも書くのですが、それに加えて手術のシェーマ(絵)も同時に書きます。

その為、人の体を書いたりするのは上手くはありませんが描くことは苦にならないのです。 ブログでも絵があれば分かりやすいかと思って書いています(単に文書力のなさを補うためなのですが・・coldsweats01

いつかはコンピューター制御の機械が手術をする時代になるかも知れません。そうなったら私は失業ですねweep

それまでは今のままで人知れずコツコツとやってゆきますbleah

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61119006

この記事へのトラックバック一覧です: 肩こり:

« 正義の名の下での戦争 | トップページ | 笑顔は最高の贈り物 »