フォト

« 時間は無いのではなく作るもの | トップページ | 今週の生け花(2015年2月4週) »

2015年2月25日 (水)

肺炎球菌ワクチンについて

きょうのFM レキオは肺炎について話をしました。(肺炎については以前のブログにも書きましたので「http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-4ac8.html」 を見て下さい)

Th_hl11_24_2 今日は昨年から65歳以上の高齢者で肺炎球菌ワクチンの接種が定期接種となり、各自治体で補助が出ていると思います。

私は厚労省や製薬会社の回し者ではありませんが(笑)、今回は肺炎球菌ワクチンについて説明します。

肺炎による死亡はまだ高い状態でがん、心疾患に次いで3番目に多い死亡原因です。 肺炎を含めて色々な感染症に対して、私達は体の免疫力によって撃退しています。

この免疫力は生後急速に発達しますが、5歳以下(特に2歳以下)はまで免疫が未熟であること、65歳以上は年齢と共に免疫力が急激に衰えて行きます。 

高齢化社会を迎える日本では、65歳以上で肺炎のリスクが高くなる年齢層が今後増加すること、肺炎を起こす一番多い原因菌(30〜40%)は肺炎球菌であること、さらには肺炎球菌が抗生剤などを使うことで次第に抗生剤が効きにくい菌(薬剤耐性菌)が増加していることで、今後如何に高齢者の肺炎を防ぐかが課題として出て来ました。

そのための対策としては、一番リスクの高い肺炎球菌による肺炎を予防をするのが手っ取り早いと考えられた訳なのです。    Th_

人間が罹る感染症には沢山あるのですが、全部にワクチンがあるわけでもありません。現在ワクチンで防げる病気として、結核、麻疹、風疹、百日咳、破傷風、ジフテリア、インフルエンザ、B型肝炎、日本脳炎、それに肺炎球菌があります。 海外の渡航先によっては渡航前に受ける必要あるワクチン(トラベラーズワクチン)にはA型肝炎、狂犬病、黄熱などがあります。

実は肺炎球菌と言っても100種類以上あります。そのうち人間に罹りやすい上位の10〜20種類をカバーできるようにワクチンは製造されています。 ワクチンにも免疫力の継続作用時間があります。子供の頃に打つワクチンはおおよそ終生免疫が付きますが、インフルエンザなどは6ヶ月程度ですので、毎年流行時期の前にワクチン接種する必要があります。 この肺炎球菌ワクチンはおおよそ4年以上効果が持続するため5年に一度の接種が奨励されているのです。

ワクチンを打つことで感染症に罹らなくても、その感染症に免疫が出来、もし病原菌が体に入ってきても発症しなかったり軽度ですみます。社会的にはそれによって周りに伝染させないという効果もあるのです。

(2015/02/25のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182413978

« 時間は無いのではなく作るもの | トップページ | 今週の生け花(2015年2月4週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは いつもためになるお話
ありがとうございます。
肺炎球菌ワクチンのCMを見たことが
あります。5年ごとに打つ必要がある
のですね。65歳まで時間がありますが
その年齢になったら、しっかりと
予防したいと思います。

院長先生
今晩は。
3月末までと盛んにTVでも報じていますね。
私は6年前に「肺炎球菌」ワクチンを接種して頂きました。
6年経ったのでまた接種して頂こうと思い
説明は受けて参りましたがまだです。
私のような「心疾患」持ちは特に必要ですね。

nadoyamaさん、こんばんは。

最近CMなどでも流れているようですね。国の助成がついたのが昨年末からで、補助が受けられるのは丁度65歳から5歳毎の年齢です。その間の人は心配なら任意となります。

nadoyamaさんもまだまだ助成の対象にはなりませんので、それまでは自分の体を鍛えておくしかありませんかねcoldsweats01

お互いに規則正しい生活でもやって予防しましょう

マコママさん、こんばんは。

一度は肺炎球菌ワクチンを打たれたのですね。ワクチンの効果は4〜6年ありますので、打った後五年経ってからしか次のワクチンは打たないようにしています。 それは余り短い期間に打つと副作用の方が作用より多くなるからだと言われているからです。

心疾患や糖尿病、元々の呼吸器疾患を持っているような方の場合は、ワクチン接種を薦めています。

防げるのは防いだ方がいいと思うのです。 沢山の病気がありますが、やれることはしっかりやって後は運に任せるだけです(笑;医者らしかなぬ意見ですね、反省coldsweats01)。

真面目に頑張って、人生を楽しみましょう

院長先生 分かり易いお話、有り難うございます。
こちらよりも早い春、桃と菜の花。懐かしの唱歌も
蕪村さんの句も嬉しくて、思わずハミングしましたlovely

nekozizouさん、おはようございます。

こちらこそ、コメントを頂き嬉しいです。
沖縄はこの2,3日温かくなって来ました。もうすぐ桃の節句ですものね、全国的にも次第に春らしくなってくるのでしょう。 また新しい季節が巡って来るのですねheart04

桃と菜の花はやはり春、それも早春をイメージさせてくれますね。小鳥たちのさえずりもあっちこっちで聞こえて来るのでしょうか。

今後ともよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/61188932

この記事へのトラックバック一覧です: 肺炎球菌ワクチンについて:

« 時間は無いのではなく作るもの | トップページ | 今週の生け花(2015年2月4週) »