フォト

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

今週の生け花(2015年2月4週)

2015年2月も最後の週となりました。 沖縄で春期キャンプを行っていた球団も最終キャンプ地での調整に移ると思います。

Th_img_3371

今週も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆さんが花を飾ってくれていましたlovely

今週の生け花は見た瞬間に、力強いと感じました。菜の花の幹が太く葉も青々とし、桃の枝も直線的で、ストックも直線的な飾り付けをしています。これなら春の嵐が来ようがへっちゃらって言う気になります。

もうすぐ3月です。この生け花からも春の息吹を感じます。 沖縄は避寒櫻(寒緋桜)もそろそろ終わり頃ですが、本土の方では染井吉野の開花にはまだ速いですね。 しかし梅はそろそろ咲き出しているのではないでしょうか。 梅の花の下での花見もいいかもしれませんね。 桜もいいですが、折角綺麗な梅の花を楽しまない手はないと思いますが・・・皆様方は如何でしょう?

菜の花で思い出すのは、やはり唱歌の Th_24_2 「おぼろ月夜」です。 高野辰之、岡野貞一さんの名コンビが生みだした大正時代の名曲です。この歌詞が素晴らしいです。あの時代にしか書けない詩かもしれません。
「おぼろ月夜」作詞:高野辰之、作曲:岡野貞一

菜の花畑に 入日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし 春風そよ吹く 空を見れば 夕月かかりて 匂い淡し

  里わの火影も 森の色も 田中の小径を たどる人も 蛙の鳴くねも 鐘の音も さながら霞める 朧月夜

一年前のブログに書いた「ふるさと:故郷(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-8db5.html )」もこの2人によるものです。彼らは他にも「春がきた」「紅葉」「春の小川」といった名曲を生み出しています。

私達の病院からは慶良間諸島がよく見えます。この春の時期はホエールウォッチングの時期となり多くの観光客が訪れています。 菜の花と鯨で思い出したのは与謝蕪村の鯨の句があります。「菜の花や  鯨もよらず   海暮る」 この句と今の観光とは全く違うのですが、菜の花も鯨もやはり春の季節だったのでしょうshine
Th_
ここまでしんみりと書いておいて、菜の花や梅ならウグイス(春告鳥)かなとも思いながら生け花を見ていましたら、鳥たちを配置したくなってしまいました。

最近、メジロの甲高く可愛らしい声が毎朝聞こえて来ます。その声を聴きながらチョッといい気分で出勤しますhappy01  

こんなに色々な鳥を配置したら、生け花クラブには怒られそうですので、病院に来たら逃げる準備をしておきます。それではrunrun

<花材:菜の花、桃、ストック、千年木>

2015年2月25日 (水)

肺炎球菌ワクチンについて

きょうのFM レキオは肺炎について話をしました。(肺炎については以前のブログにも書きましたので「http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-4ac8.html」 を見て下さい)

Th_hl11_24_2 今日は昨年から65歳以上の高齢者で肺炎球菌ワクチンの接種が定期接種となり、各自治体で補助が出ていると思います。

私は厚労省や製薬会社の回し者ではありませんが(笑)、今回は肺炎球菌ワクチンについて説明します。

肺炎による死亡はまだ高い状態でがん、心疾患に次いで3番目に多い死亡原因です。 肺炎を含めて色々な感染症に対して、私達は体の免疫力によって撃退しています。

この免疫力は生後急速に発達しますが、5歳以下(特に2歳以下)はまで免疫が未熟であること、65歳以上は年齢と共に免疫力が急激に衰えて行きます。 

高齢化社会を迎える日本では、65歳以上で肺炎のリスクが高くなる年齢層が今後増加すること、肺炎を起こす一番多い原因菌(30〜40%)は肺炎球菌であること、さらには肺炎球菌が抗生剤などを使うことで次第に抗生剤が効きにくい菌(薬剤耐性菌)が増加していることで、今後如何に高齢者の肺炎を防ぐかが課題として出て来ました。

そのための対策としては、一番リスクの高い肺炎球菌による肺炎を予防をするのが手っ取り早いと考えられた訳なのです。    Th_

人間が罹る感染症には沢山あるのですが、全部にワクチンがあるわけでもありません。現在ワクチンで防げる病気として、結核、麻疹、風疹、百日咳、破傷風、ジフテリア、インフルエンザ、B型肝炎、日本脳炎、それに肺炎球菌があります。 海外の渡航先によっては渡航前に受ける必要あるワクチン(トラベラーズワクチン)にはA型肝炎、狂犬病、黄熱などがあります。

実は肺炎球菌と言っても100種類以上あります。そのうち人間に罹りやすい上位の10〜20種類をカバーできるようにワクチンは製造されています。 ワクチンにも免疫力の継続作用時間があります。子供の頃に打つワクチンはおおよそ終生免疫が付きますが、インフルエンザなどは6ヶ月程度ですので、毎年流行時期の前にワクチン接種する必要があります。 この肺炎球菌ワクチンはおおよそ4年以上効果が持続するため5年に一度の接種が奨励されているのです。

ワクチンを打つことで感染症に罹らなくても、その感染症に免疫が出来、もし病原菌が体に入ってきても発症しなかったり軽度ですみます。社会的にはそれによって周りに伝染させないという効果もあるのです。

(2015/02/25のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182413978

2015年2月22日 (日)

時間は無いのではなく作るもの

Th_

期限が決まっていて、やるべき事も決まっている場合は大抵のことをやることが出来る。

でも理想を唱え夢を実現させようとすると、今は時間が無いと逃げてしまう。逃げては夢は実現しない。分かっているから言い逃れをしたくなる。

やれないのではなくて時間が無いのだとね。 

いつまでも時間を言い訳にしていると本当にタイムリミットになってしまう。時間には限りがあり、自分の為にそして他人の為に時間は自分で作るものなのです。

2015年2月20日 (金)

今週の生け花(2015年2月3週)

早いもので2月も後半へと移ります。沖縄の北から南へと下りてきた桜前線(寒緋桜)も那覇の方でも満開となりました。

先週は生け花クラブがお休みで生け花が飾ってTh_img_3339 なかったのですが、今週はいつもの場所に生け花が活けられていました。

今週の生け花は少し落ち着いた質素な感じがします。かすみ草の小さな白い花が加わるとこの様な感じになるのでしょうか? 金魚草も目立つお花ですが、色彩が淡いピンクのせいか派手さを感じません。 普段なら膨張色の黄色は鮮やかで目だつんのですが、黄色の小菊も金属製の花器の直ぐ上に飾られることより色が打ち消されているように感じ、サンゴ水木の直線的な枝を使うことより、花器とのバランスも保たれています。

201523 今回初登場の金魚草です。オオバコ科キンギョソウ属の多年草。南ヨーロッパ、及び北アフリカを原産地とするそうです。 金魚に似た花をつけることからその名がつけられたとのこと・・。花言葉は清純な心・騒々しさ・でしゃばり・おせっかい・仮定・推測ではやはりい嫌です・欲望・負けない・快活」 となるそうです。 

この花言葉に統一性がありません「いったい誰がつけたのよ」と突っ込みを入れたくなるぐらいです。 金魚草を女性に贈って花言葉を添えたら殴られそうですcrying

「かすみ草」・・・あまり花のことを知らない私ですが、この花結構好きなのです。 あまり出しゃばらないけど、この花が添えられるだけでチョッと嬉しくなるのです。 霞草(カスミソウ)は、細かく分かれた沢山の枝先に小さな白い花をつける姿が、春霧のように見えることに由来します(いい感じconfident)。かすみ草の花言葉は「清らかな心」「無邪気」「親切」「幸福」だそうです(これもいい感じlovely)。

Th__2 でも金魚草の初めの花言葉の「清純な心」とかすみ草の「清らかな心」って結局同じじゃないのって・・・やはり突っ込みを入れたくなります。

金魚草は金魚から由来しているとのことですので、金魚なら水の中でなくっちゃと言うことで、水槽ならぬ「金魚槽」に見立てて,金魚を泳がしてみました。 また生け花クラブの皆様からひんしゅくを買いそうです(いつもお騒がせをしております、お許しをrun

<花材;金魚草、サンゴ水木、小菊、かすみ草>

2015年2月18日 (水)

世界を夢見て9:花の都ウィーン

30年前、初めてのヨーロッパの地がウィーンでした。

空が青く,広い。 建物が大きいし、綺麗。 Th_ どの区画も広く、1つの建物を過ぎるにも長いのです。 建物の端から端まで走ったら途中で倒れてしまいそうながぐらいに長いのです。 人が多いのにスペースがあり、そのためか街歩きに余裕がでて、ゆっくりと周りを見渡せるのもウイーンの特徴なのかな・・・・歩道が広いせいかもしれないと思えたのです。 確かに車道に近い広さの歩道が整備されています(また街路樹の木陰か涼しいのです)

ウイーンの巨大な建物群にはやはり感激しました。 日本で見たことがない風景なのだろうと考えながら歩いていました。教会、博物館、美術館、市庁舎などを見ながら建物の大きさ、その1階ごとの天井の高さ、ひとつひとつの彫刻に感動した。 

Th__2 歩きながら、ふと「何がそんなに違うの」という疑問が頭をよぎる。  途中でその違いは建物の材質、日本の木による建造物と ウィーンの石で出来た建物と違いから来ているのではないかと思えたのです。

初めてのヨーロッパの街、ハプスブルグ王朝の中心ウイーンです。 8月の後半ですのに、ジメジメしていなく風が心地よいのです。 この気候が石の文化を創ったのかと思えて来ました。 少し考えなら歩いていると、歩く歩道も殆ど石畳かアスファルトです。 日本の気候がジメジメしていて雨も多く、国土の殆どを山野がしめます。 木が手に入りやすいし、木造で畳の生活です。 日本の多くの道はかつて舗装されていなかったと思うのです。外に出ると足元もぬかるんでいて、土が付いて来るはずです。 ですから私達は家に上がる時、靴を脱いで上がるのだろうと・・

Th_ 時々、外国の方が日本の家庭に招待され、土足で上がる失敗をしたと聞いたことがありました。 「そうなんだよな〜」建物も道も石で出来ていて、雨もあまり降らないし、乾燥しているのであれば、土足のまま家の出入りをしても困らないし、このまま居間に布団を引いて眠る必要もなく、寝るときには備え付けのベットで寝るときだけ靴を脱いでも構わないのだと・・・妙な所で疑問が解けて、土足で建物への出入りをしたのでした。

ウイーンの中心ではるか東の島国から来た男(私ですweep)は短い足と短い手を目一杯空に広げて「これがヨーロッパだ!」と叫んだのでしたhappy01

2015年2月16日 (月)

21世紀の資本:暴かれたくない数値

私達の周りで格差は広がり、富めるものは更に富み、貧しいものはいつまでも這い上がれない。勿論例外はあるがそのような事は経済学を知らない私でも実際にあると肌で感じている。

トマ・ピケティ氏は300年間の経済の動きを科学的に分析し、私達が肌で感じていた現実を数値で示してくれた。 やはりそうだったのかとね

Th_ 科学的なデーターを分析して、格差社会の出現や格差の広がりについて非常に簡潔に「利益率>成長率」という短い公式にまとめたことが凄いのだと思うのです。

恐らく慌てているのが、世界を牛耳ってきた人々だろうと思います。米国をはじめ日本でも経済政策は富めるものに焦点を当て、まず富めるものを豊かにし、そのおこぼれを庶民、地方にまわして、何となく経済全体がよくなったと錯覚させたかったと思うのです。 日本でも○○○ミクスで一般庶民の所得も僅かに上がるかもしれません。その何倍も富めるものが更に富み、儲けたお金の多くは内部留保になるはずです。

「個人の努力次第で富を得ることが出来る」という流布のもとに安泰していた人々にとっては「詮索されたくない事実」がピケティ氏の分析結果によって明らかにされたと思うのです。

分厚い経済書であるピケティ氏の本が売れるのは、一般庶民が今の経済状況に疑問を持ち、なぜ自分達には富が回ってこないのかといった素朴な疑問に答えたからだと思うのです。

私自身は経済成長や競争を否定するつもりはありません。しかし「努力しないから金持ちになれない」という意見には反対です。子供の時から教育を含めた社会環境に格差があり、同じスタート地点からの勝負ではないのも事実です。

人間の能力なんてよっぽどの天才以外は差がないと思うのです。 ですから米国(日本も近づきつつありますが)のように、一般庶民が一生かけて稼ぐ額が一日分の給料なんてあり得ないことだと思うし、嫌悪感を抱いてしまうのです。

ピケティ氏の本がこれほど売れたので、今後は彼の持論に色々な反論も出てくると思います。 ただこのままでは、格差が広がってゆくことを庶民も分かってしまったのですから、これを是正する努力をしないと世界中が不安定な状況になるのは確かです。 

それを解消するための一助になる経済書であればと考えます。


2015年2月15日 (日)

顔を上げよう

私自身あるいは仕事上で嫌なことがあったり、ニュースの事件、事故などで悲惨なことがあったり、求めていたものが得られなかったりと 笑顔で過ごせないことは日々の暮らしで沢山あふれています。

そして知らず知らず下を向いて歩いている自分がいます。次第に周りが見えなくなり、暗い廊下を見つめて歩くしかなくなります。

朝起きて気持ちも体も重いのです。もう布団から起き上がりたくないと思うのです。 やっと起き上がり、顔を洗い、鏡の前の自分を見つめるのです。ずいぶんしょぼくれているじゃないかとね・・・

でも本当かい、辛いのか? 思い出せよ、沢山の辛いことも乗り越えてきたじゃないかと。 蛇口を開けば水が出て、綺麗なタオルで顔をふいているお前がいるじゃないか。 それで幸せでないのかい。 お前はどんな幸せを求めているのかい・・・

そうだ、1日が明けたんだ。心の中を空っぽにしたら幸せな朝の始まりなのだと気が付いたりするのです。

そして顔を上がるのです。 青い空が広がっているいることを思い出すのです。この空は何処までも繋がっていて希望の光で溢れていることを

2015年2月14日 (土)

笑顔は最高の贈り物

時々、仕事の帰りに飲み物などを買うために立ち寄るスーパーがあるのですが、買い物を済ませ何列かあるレジの前で自分の来る順をまっているわけです。

Lizhi 2〜3人前になるとそのレジで会計をしている方のお顔が見えてきます。
その方がとてもにこやかに対応しているのです。 40代(?)の女性の方なのですが、ずっとにこやかに笑顔で対応していて実に嬉しそうで、見ていてこちらも嬉しくなるぐらい。 そして私の番になり、やはりとても素敵な笑顔で対応してくました。 買い物を済ませてもなんかいい気分ですheart02 誰もみてなかったらステップを踏みたくなるぐらいlovely

人の笑顔は私達を幸せにしてくれるのですね。きっと心からの笑顔は万国共通なのでしょう。 笑顔は魔法の言葉のようにこちらに幸せを運んでくれます。 

その次も買い物をしたら、その方がいらっしゃっていて、当然私はその列に並んだのでした(決してストーカーではありませんがcoldsweats02)。

笑顔は人間のDNAに組み込まれた神様からのプレゼントなのかも知れませんpresent

2015年2月11日 (水)

肩こり

今日のFMレキオは首の痛みについて話をしました。

多くの方が、肩こりを経験されていると思います。肩や首が凝る、肩が張るなどと表現され、痛いと言うよりも不快感を伴うこわばった感じ、重苦しい感じ、イライラしてしまい抑鬱な気分にさえ感じてしまうこともあると思います。

私達の首回り(頸椎や筋肉)は色々な動きが出来ると同時に、頭という重い荷物をかかえています。頭は5〜7Kgの重量があり常にそれを支えていますし、首周りは肩を吊り上げたり上肢の運動も支えていて大きな負担と強いられています。

頸骨の変形やヘルニアによる神経的な痛みもありますが、今日は首回りの筋肉(特に僧帽筋など)の凝りについて私なりに説明したいと思います(結構いい加減かも知れませんので、詳しいことはネットで調べて下さいねcoldsweats01

Th_ 長時間同じ姿勢でいると首や肩が凝るのを経験すると思います。同じ姿勢でいると常に同じ筋肉が同じ緊張状態を強いられます。 

筋肉の緊張状態が続くと、血液の流れもわるくなり、筋肉内に疲労物質である乳酸やピルビル酸といった痛みを起こす物質が溜まってきます。(走ると足の筋肉が酸欠状態となるだけでなく、乳酸やピルビル酸が溜まって痛くなりこれ以上走れなくなるのと同じです)。

簡単な図を書いて見ました。 首周りの筋肉で一番大きいのが僧帽筋ですが、その下に右側に書いた色々な筋肉があります。同じ姿勢で首や肩、手を支えていると常にこれらの筋肉には疲労物質が蓄積し、その筋肉にある神経を介して痛みを感じます。この痛みは刺されたような鋭い痛みではなく、筋肉の鈍い痛みと感じます。これがいわゆる凝りとなります。

凝った所を指で押したりすると、同じ筋肉でも痛みが強かったり痛みが鈍かったりする場所の違いがあることに気が付きませんか? 筋肉が付着する肩甲骨や背骨などの近くには神経が多く、筋肉の中央部には神経の密度は減って少なくなります。 同じ筋肉内でもその神経の分布の差により、凝りによる痛み方にも違いが出てしまいます。

ワープロ仕事などで同じ姿勢は首周りの筋肉の緊張状態を強いますので、時々首や肩を回したりストレッチをするといいでしょうし、眠る時も首の負担を減らすような枕を選ばれたらいいのかも知れませんね。パソコンなどでモニターを見上げるような姿勢(頭を反らす姿勢)はよくありません。背筋を伸ばして、少しアゴを引くぐらいが肩こり予防にいいと思います。

なで肩の女性などは僧帽筋の量も少ないことが多いため、筋肉を鍛える必要があるかも知れません。 なんたって毎日ボーリングボールのような重い頭を支えて、両腕や肩甲骨を吊り上げ動かしている生活をやっているのですから首周りを労って上げましょうheart04

(2015/02/11FMレキオ「いきいいタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182409720

2015年2月 8日 (日)

正義の名の下での戦争

捕虜になったパイロットが焼殺されたという嫌なニュースがありました。私は画像も見たくありません。恐らく吐き気がするほど嫌な映像だと想像します。

Th_ このような事に対して多くの方が憎悪を感じているはずです。こんな行為ができる人間は自分とは違う、許し難い人間だと思う方も大勢いらっしゃると考えます。しかしこれは一部の国だけ、一部の人のみが犯すことなのでしょうか?

私はそれが戦争の実態だと思うのです。戦争は人を狂人にします。

チャップリンの映画の台詞を思い出しています「一人を殺せば殺人者だが、百万人を殺せば英雄だ。沢山殺した方が勝ちなのか」と

沖縄戦のフイルムを観たことがあります。 壕から出られない民間人がいるのかも知れないのに、沖縄に上陸した米軍は火炎放射器で壕を焼き払ったのです。 ベトナム戦争では沖縄から飛び立ったB52爆撃機が無差別にナバーム爆弾を投下し、地上の全てを焼き払ったのでです。 世界各地の戦争(紛争)ではそのようなことが今も行われているのです。

戦争が嫌です。私達の心の中で意識し平和を求め続けなければ、殺す手段がどうであれ殺したことに歓喜する自分が出来上がってしまうかもしれないのです。 

戦争は直ぐにはやって来ません。しかし悪の連鎖が重なり、「正義」の名の下で憎しみを許諾するうちに悪に手を染めてしまうのです。

2015年2月 6日 (金)

今週の生け花(2015年2月1週)

2月に入りました。沖縄では2月からは各地でプロ野球のキャンプも開始となり、まさしく球春の始まりとなります。しかしこの「球春」と言う言葉は造語でしょうが何となく野球好きの方にはたまらない響きかもしれませんね。 しっかりと体つぐり、フォームづくりをして,長いシーズンに備えて欲しいですね。

Th_img_3314 さて今週も病院の2階に生け花クラブの皆さんがお花を飾ってくれていました。華やかさがあり、一瞬正月に戻ったかのような気がしました。何となく遠くから琴の音でも聞こえそうなそんな雰囲気の生け花ですnote

どっしりと構えた花器に、両サイドに伸びる枝先に黄色の花が美しいさんしゅゆに同じく黄色の小菊があり、シャープな葉先のヒバが落ち着きを出しています。その上に細く伸びた花びらが、バレリーナの衣装のような洋菊のアナスタシアは華やかな気分にさせてくれます。 どの部分を切り取って眺めても絵になりそうなそんな気が致します。

さんしゅゆ」の名前を初めて耳にしました。Th_201521 中国や朝鮮半島を原産地にする落葉小高木で、江戸時代に日本に入ってきたと書いて在りました。その実からは生薬が作られ「サンシュユ」と日本薬局方にも収録され、強精、止血、解熱作用があり、日常使用されている漢方薬の中にも含まれています。秋にグミのような赤い実がなり、珊瑚にたとえて「アキサンゴ」と呼んだり、早春に葉が付く前に、今日の生け花のような黄色の花を一面に咲かせることから「ハルコバネバナ」とも呼ばれるようです。

紫の大輪で存在感のある洋菊のアナスタシア(Anastasia)とは、ヨーロッパ圏にみられる女性名で、原義はギリシア語で「目覚めた/復活した女」という意味があるそうです。 私的にはロシア皇女の名前の「アナスタシア」を思い出しました。この花のように綺麗な方だったかもしれませんね。

生け花クラブの皆さん、今週もありがとうございました。

<花材:さんしゅゆ、菊(アナスタシア)、小菊、ヒバ>

2015年2月 4日 (水)

インフルエンザの流行

今週のFMレキオは冬場に増える疾患について話をしました。インフルエンザを初めとする感染性疾患、脳出血・狭心症などの循環器疾患、転倒・骨折などの整形外科領域などが冬場に増える疾患です。

今日のブログは全国的に大流行しているインフルエンザに関してお話をします。いま流行している殆どはインフルエンザA型です。その辺りから解説してみたいと思います(外科医の説明ですので間違いもあるかも知れませんがお許しをcoldsweats01)。

太古からインフルエンザの大流行に人類は悩まされていたはずです。そのことはこの名前の由来をみたら判ります。インフルエンザの「インフル」とは古代ラテン語の「影響する」から来ています。周りの人と影響し合う病気、すなわち感染力の高い病気であると知っていたのです。(英語でも影響のことをInfluenceと言いますね、同じ語源です)Akino_ann

インフルエンザは少しずつ形を変えて私達の免疫力から逃れようとします。時々大きく異なる変異株が出現しそれが世界的大流行となり多数の死者を出すようなことがあります(パンデミックと呼んでいます)。

近代でみても、1918年から1919年に流行ったスペイン風邪は全世界の1/3が罹り、死者数は4000万人(日本だけでも38万人)に、1957〜1958年のアジアインフルエンザでは死者数は2000万人以上、1968〜1969年の香港インフルエンザでは死者数は100万人とされています。

いずれもA型インフルエンザによるものです。インフルエンザウイルスはその内部の蛋白質によってA型、B型、C型に大きく分けます。世界的な大流行はA型が殆どで、毎年の様に流行を繰り返すも中規模に止まるのがB型です。C型は稀に小児に感染することはありますが流行を起こすことはありません。そのため一般的にインフルエンザと言えばA型とB型を指し、ワクチンもA型とB型に対応して作られますし、病院などでインフルエンザを調べるキットもAとBを判別できますがC型には対応していません(ほぼ必要ないためです)。

少し細かになりますが、A型が世界的に流行を起こす理由や宿主についても説明します。インフルエンザA型(H1N1)と言う表現みたことありませんか?

同じA型でも細かく分けるため「H1N1」などと表記する訳なのですが、A型インフルエンザの表面の抗原にはヘマグルチニン(H)ノイラミニダーゼ(N)の2種類あり、それぞれ15種類(H1〜H15)、9種類(N1〜N9)が判っています。 HとNの型番の違いは15×9で135の組み合わせが可能です。A型インフルエンザは違うタイプに変わり易いことと、増殖速度もB型やC型と比べても速いため、大流行を起こすのです。

ちなみにスペインかぜ は「 H1N1型」、香港かぜは「 H3N2型」、今年の流行の型の「H3N2型」となります。香港インフルエンザと同じ型ですが、人類がすでに経験しているタイプですし、予防注射にも想定範囲ですので1968年の大流行は起きないと考えられます。 しかしこれらの組み合わせが人類が経験したことのないような組成になるとパンデミックになる危険はいつでもあるのです。

B型は毎年発症はするのですが、数年に一度その型が変異するため、数年に一度は中規模な流行を引き起こします。

流行に関して、時々「鳥インフルエンザ」が発症したため養鶏場の鳥を全部殺傷処分にするお話を聞いたことがあると思います。
それは、鳥のインフルエンザが人にも感染する可能性があるからですし、鳥の感染を防いでおかなければ、鳥同士の感染を繰り返しているうちに新型のインフルエンザウイルスに変化し流行することを恐れているからなのです。

Th_hl24_04_2 現時点でB型インフルエンザは人しか媒体しませんが、A型インフルエンザは人以外に「トリ類(ニワトリ・アヒル・カモ・カモメなど)・ブタ・ウマ・クジラ・アザラシ・ミンク・イヌ・アライグマ」などで確認されています。 そのことからもA型インフルエンザは家畜や渡り鳥などにも注意が必要となっているのです。 

ワクチン以外の予防は手洗い、うがい、マスクの着用、流行期に人混みを避けるなどの一般的な対策しかありませんし、それを徹底することが重要となります。皆様方も今流行していますので、実行なされて下さいねscissors

(2015/02/04のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182407768


2015年2月 1日 (日)

改めて冷静になるために:ユネスコ憲章

今日朝から気が重く辛いです。残念でなりません。怒りや虚しさや悔しさが心の中で循環しています。

テロに屈するわけにはいけません。当然です。同胞が捕らえられている以上は何遍も推敲に推敲を重ねて、言葉を発しないといけないと思うのです。配慮に配慮、熟考に熟考を重ねて行動しないといけないと思うのです。残念で残念で仕方ありません。

私達もここで冷静になる必要があると思います。テロに屈しないことと戦争をする事は一緒でないこと、殺されたから殺してやるではないはずです。悔しくても冷静にならなければならないと思います。

私自身も冷静になるため、以前読んだことのあるユネスコ憲章を思い出して読んでいます。

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」はユネスコ憲章の前文の一節です。 そして「人間の尊厳・平等・相互の尊重という民主主義の原理を否認し、これらの原理の代りに、無知と偏見を通じて人種の不平等という教養を広めることによって可能にされた戦争であった」と述べています。

Th_img_0587 ユネスコ憲章:前文

この憲章の当事国政府は、この国民に代わって次のとおり宣言する。
戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。
相互の風習と生活を知らないことは、人類の歴史を通じて世界の諸人民の間に疑惑と不信を起こした共通の原因であり、この疑惑と不信の為に、諸人民の不一致があまりにもしばしば戦争となった。
ここに終わりを告げた恐るべき大戦争は、人間の尊厳・平等・相互の尊重という民主主義の原理を否認し、これらの原理の代りに、無知と偏見を通じて人種の不平等という教養を広めることによって可能にされた戦争であった。
文化の広い普及と正義・自由・平和のための人類の教育とは、人間の尊厳に欠くことのできないものであり、 かつ、すべての国民が相互の援助及び相互の関心の精神を持って、果たさなければならない神聖な義務である。
政府の政治的及び経済的取り決めのみに基づく平和は、世界の諸人民の、一致した、しかも永続する誠実な支持を確保できる平和ではない。よって、平和が失われないためには、人類の知的及び精神的連帯の上に築かれなければならない。
これらの理由によって、この憲章の当事国は、すべての人に教育の十分で平和な機会が与えられ、客観的真理が拘束を受けずに研究され、かつ、思想と知識が自由に交換されるべきことを信じて、その国民の間における伝達の方法を用いることに一致し及び決意している。
その結果、当事国は、世界の諸人民の教育、科学及び文化上の関係を通じて、国際連合の設立の目的であり、かつ、その憲章が宣言している国際平和と人類の共通の福祉という目的を促進するために、ここに国際連合教育科学文化機関を創設する。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »