フォト

« 成人式:若さの特権 | トップページ | 今週の生け花(2015年1月第3週) »

2015年1月14日 (水)

胸が痛む:脳か心臓か?

今日のFMレキオは「不整脈について」話をしまいした。 不整脈に関しては以前のブログhttp://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/20130626fm-5a8b.htmlにも書きましたの興味のある方は見て下さいね。

不整脈で本当に胸がドキドキすることもありますが、驚いたり、好きな人の前になるとドキドキすることはありませんか? この様に感情の動きは本当は脳が処理しているはずですが、胸(心臓)の動きとして表現することがあります。

心臓の動きは自律神経(不随意神経)の支配下にあります。自律神経は神経自体が自律して調整できる神経ですので、私達が望むよう(随意)に動かすことは出来ません。 例えば手足などは随意神経ですので、コップを取ろうと思えば動かして取りに行けます。意のままに動かすことが可能です。しかし心臓を速くしようと思っても出来ませんcoldsweats02

ところがびっくりしたり、あるいは走ったりすPhotoると、心臓は速く動いて、体の血液の量を自分でコントロールしてくれます。 この様にびっくりしたり、人前で発表したり、恋人の前に出ると、心臓がドキドキして、今にも飛び出してしまいそう・・・と感じるわけです。

本当は脳が全てそうさせているのですが、心の動き(脳)が心臓の鼓動と共に連動して感じてしまうのです。

この様なことから、古今東西を問わず、心臓の動きが心(考え)の動きと同調することにより、心臓(胸)が心や考える場所となって捉えていたのです。

胸が躍る、胸が熱くなる、胸が痛む、胸が一杯になる、胸が裂ける、胸に刻む、胸が潰れる、胸に手を当てる、胸に秘める、胸につかえる・・・・

沢山の胸が出て来ますが、直接的に胸(心臓)についての表現もありますが、やはり胸(心臓)は心の動きが反映されると皆が考えていたのでしょうね。 またイタリア語やラテン語、英語などでも心臓は記憶する場所としても考えられていました。日本語でも「心にとどめる」「心に残る」と言う表現もありますね。

医学が進み、心の動きは大脳が処理した結果だとわかる様になりました。だからといって胸の痛むことや胸が躍ることがあっても、「頭に手を当てたら」・・・・「熱でもあるの」言われるのがおちです。 やはり素直に胸に手を当てて考えたいものですhappy01

(2015/01/14のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182401981

« 成人式:若さの特権 | トップページ | 今週の生け花(2015年1月第3週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

omoromachi様、こんにちは

いつも為になる話と面白い話題
ありがとうございます

私はやはり脳で考えれる人間では
なさそうです

早く胸キュンになりたいですshine

ririkaさん、こんばんは。

医学的に人間を理解しているように思えても、殆どは謎のままかもしれません。 医学的な知識としては、ビックリしたり、恋をして、胸がキュンとなるのは、大脳が反応して色々な物質を出すからだとは理解出来ても、やはり心がときめくのです。

ririkaさんにもこれから沢山の「胸キュン」が訪れますよ。そしたらこっそり報告し下さいねhappy01

初めまして・・・。
私は2010年の12月から「心房細動」による不整脈を患っています。
外科的な事は出来ない体ですので専らお薬を服用中です。
お薬が合うまで?ちょっと大変でした。
発作の回数も少しづつ改善はしていますが、
何せストレスに弱い?ものですから、すぐに発作が・・・。

ワーファリンを服用中は様々な制約がありましたが、
昨年2月より「エリキュース」に代わり少し楽になりました。
上手く付き合っていくより仕方なし!です。
遠出も出来なくなって残念ですが・・・。

長々と失礼しました。お許しくださいませ。

マコママさん、初めまして。

そうでしたか、心房細動になってしまったのですね。心房細動は比較的多い不整脈の1つですが、発作性に脈が速くなったりするのはとても辛いと思いますし、不安になる場合も多いと思います。

心房細動はやはり血栓が出来ることが心配ですので抗凝固療法が必要となります。 ワーファリンは長きに渡って使われていて膨大なデーターも揃っています。 しかしながら食事の制限や体調などでも効果の出方に差が出ますのでコントロールが難しいことも多いですね。

新しい心房細動の治療薬としてお飲みになっている薬などが新薬として認められる様になって、飲み方が解り易くなったと思います。

マコママさんの大好きな海外旅行などもやりにくくなったのでしょうか? 残念ですが、焦らずに御治療して下さいね。

コメント頂きありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/60957131

この記事へのトラックバック一覧です: 胸が痛む:脳か心臓か?:

« 成人式:若さの特権 | トップページ | 今週の生け花(2015年1月第3週) »