フォト

« 胸が痛む:脳か心臓か? | トップページ | 学ぶことは自信をつけること:マダム・イン・ニューヨーク »

2015年1月16日 (金)

今週の生け花(2015年1月第3週)

正月が開けて、初めての生け花クラブの活動開始です(私は美的感覚がありませんのでメンバーではありませんweep)。

年末から何もない空間になっていた2階のTh_img_3267曲がり角に、今年初の生け花が飾ってありました。 やはりその場所に生け花があるとホッとしますhappy01

今週のお花は花器のせいもあるのでしょうか、正月の喧噪が治まり心が落ち着いたような雰囲気を表しているようです。 

ピンク色のカーネーションや紫のパステルアスターも単体で見ると華やかですが、全体として見ると調和して穏やかに見えるのも不思議です。

素馨(ソケイ)の緑の葉や枝がすっと伸びて爽やかで、バンダランの葉も同系統で落ち着いた雰囲気となっています。 素馨(ソケイ)と言う名を初めて聞きました。モクセイ科ソケイ属の落葉性の低木だそうです。 難しいのですが英語で言うとジャスミン(jasmineだそうです。 

Th_20151 な〜んだもったいぶってと思ってしまいましたが・・・coldsweats01  この難しい名前の素馨の由来が書いてありましたのご紹介します。

かつて中国の高官の侍女に「素馨」という名の少女がいたそうです。彼女が亡くなり葬った場所から一本の木が育ち、その花はとても可憐でいつまでも美しい香りがしたとのことで、その少女の名をとって「素馨」と名付けたなんてありました・・・ちょっとロマンチックでしょうheart02。 インドではアーユルヴェーダの漢方薬として使われるそうです。

外科医の私がソケイとなると鼠径ヘルニア(脱腸)しか浮かびませんでした。 今日は医学的なことは考えずに、古代の中国の少女に思いを馳せたいものです。

<花材:カーネーション、パステルアスター、ソケイ、バンダラン>

« 胸が痛む:脳か心臓か? | トップページ | 学ぶことは自信をつけること:マダム・イン・ニューヨーク »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^^♪
こちらのページを開いた途端
落ち着きのある素敵な生け花・・と思いましたら、
omoromachiさんも同じ御感想でしたhappy01

ソケイはジャスミンの一種だったのですね。
ジャスミンには多くの種類があるようで、
恥ずかしながら学習させて頂きました。

ソケイ(素馨)の名の由来も頭に入れておきます。
ありがとうございますclover

はなのいろさん、こんにちは。

今年初めて生け花が2階の場所に飾られていました(正面の玄関や総合受付などにはお正月からお花は飾ってありましたが)。 この場所にお花があると嬉しかったです。

美的感覚の鋭いはなのいろさんと同じ感想なんて・・・私・・実に嬉しいですheart04

ソケイは今回はお花をつけていませんが、花が咲くとあのジャスミンの香りがするのでしょうか?

正月の喧噪を忘れさせてくれる生け花でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/60984016

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(2015年1月第3週):

« 胸が痛む:脳か心臓か? | トップページ | 学ぶことは自信をつけること:マダム・イン・ニューヨーク »