フォト

« 好きになれない「美しすぎる・・」の表現 | トップページ | 今週の生け花(2014年12月第1週) »

2014年12月 3日 (水)

新しい糖尿病治療薬

今日のFMレキオは門外漢の糖尿病の話をしました。

私達は食べて栄養を取らないと生きてゆけません。その栄養源として重要なのが三大栄養素(脂肪、蛋白質、炭水化物(糖質))です。

Th_dsc00872_2 食事を取ると、消化吸収され血液中の糖分(血糖)が増えます。 私達の細胞は血液中を糖分が流れていても自分で栄養となる糖分を利用できません。 この糖分を細胞の中に取り込むのが、膵臓で作られるインシュリンと呼ばれる物質です。

先天的、後天的な原因でインシュリンの分泌が失われたのがⅠ(いち)型糖尿病と呼ばれるもので、生活習慣病とは関係がなく、インシュリンの注射が絶対的に必要となります。                     

糖尿病の殆どは、過食などが持続したためにインシュリンの出が悪くなったり、インシュリンに対する反応が鈍ったため高血糖になる場合で、Ⅱ(に)型糖尿病と呼ばれています。 

人間は生命維持のために食べて血糖を確保します。腎臓は老廃物をオシッコに流し、必要なものは再吸収して無駄にしないようにしています。 わざわざ取った栄養を逃がしたくはありませんが、血液の中の糖分が必要以上に高くなると、腎臓での再吸収の能力を超え、尿に糖分が溢れ出てしまいます。 

昔から糖尿の患者さんの尿が甘いことが解っており、江戸時代は蜜尿病などとも呼ばれていました。この甘いものの正体がブドウ糖と分かっため、「糖尿病」と命名されました。

これまでⅡ型糖尿病の内服薬は大きく分けると ①インシュリン分泌促進薬 ②インシュリン抵抗性改善薬 ③糖吸収阻害薬 が主でした。 最近これに新たに④番目として、本来腎臓が糖分を再吸収する作用があるのを抑えて、尿中に糖分の排泄を促進する薬が許可を受け使用されるようになりました。

①②はインシュリンの働きを助ける作用。 ③④は食べ過ぎをコントロールできないためのやむを得ない薬となっています。2_2

④番手の薬が開発されることで、安易に薬が使われる可能性が出て来るかも知れません(日本で現時点ではありません)。 模造品が「やせ薬」などとして出回る危険性や「食べ過ぎた後に一錠」となると、本来の食事療法の意味がなくなってしまうのかも知れません。

新しい系統の薬が加わることは治療の選択肢が増えます。糖尿病は非常に増加しています。急速にその薬のシェアも伸びると予想されます。

これまで血糖をコントロールすることで尿糖も減少することがパラレルで起こっていました。 しかし今回の④の治療薬の場合は、尿糖が増えることが血糖値を下げることにもつながるという、逆の現象が起きることになります。

過食の時代となり、必要以上に取ったエネルギー(糖分)を、薬を使ってわざわざオシッコに流してしまう時代になったのでしょうか。 決して治療薬を否定しているわけではありません、ただもう一度食について考える必要があるのかなと肥満気味となった私は思うのですweep

切るのは得意でも糖尿病に関しては素人ですのであまり真剣に考えないで下さいねcoldsweats01 詳しいことは内科の先生方に聞いて下さい(私は聞かれても run run ますhappy01good

(今日の写真のコーヒーのサイフォン:糖尿病は英語でDiabetes Mellitus と言います。Diabetesはギリシャ語のサイフォン(通り過ぎる)を意味し、糖尿病患者さんの症状の1つの多飲多尿から、人間をサイフォンみたて水が通り過ぎることから、そしてMellitusは蜂蜜のことから由来しています)

2014/12/03のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182390998

« 好きになれない「美しすぎる・・」の表現 | トップページ | 今週の生け花(2014年12月第1週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

omoromachi様、こんばんは。

今回の検診で、軽度肝機能障害と指摘
されましたが血糖値は正常範囲でした

友人にも血糖値が高い方がいますので
同年代として気になるところです

今回初めて、糖尿病にも2種類あること
治療に関しても4系統あることなど知りました

このブログのお陰で普段知らないような医学の
ことが分かりやすく理解出来、賢くなった気分
なっていますcoldsweats02

いつもも為になるお話有難うございます
私の方は7度とやはり寒いです。

ツクシンボさん、おはようございます。
検診を受けたのですね。大きな異常はなく良かったですね。
戦後食生活の変化、運動量の低下で日本人において35倍以上、糖尿病患者は増えたと言われています。中年以降の3人に1人は糖尿病あるいは糖尿病予備群といわれます。

ブログに書くには細かすぎると思いましたが、新しい治療薬が急速にシェアを伸ばしそうなので、薬の効果、副作用以外の違う目線で解説してみました。

少しでもご理解できたら嬉しいです。いつもありがとうございます。

こんばんはmoon1
知人に糖尿病Ⅱ型の人がいて、
その人の話をを聞いていても、今一つ
糖尿病に対して理解できずにいましたが
先生の解説はとてもわかりやすく、ためになりましたhappy01

知人は、
若いころ忙しく働いていて、長年
缶コーヒーを飲んで空腹をとりあえず凌いでいたのが、
糖尿病の原因だと、本人は言っていましたが
好きなものが食べられないのが辛いらしく④の
薬はその人の希望の兆しになるのかと思います。
しかし、先生の言うとおり,
逆に低血糖を引き起こす恐れがあるというのは
一人の時や、外出時、車の運転中などもし、
その症状があらわれたら・・・と思うと、オソロシイですねsweat01


monnaさん、こんばんは。

元々粗食に耐えていた日本人にとって、戦後急激な高カロリー、低繊維食の普及に運動量の低下は、この50年で糖尿病患者さんを35倍以上に増やした原因になりました。

糖尿病は合併症の病気と言われ、通常高血糖が続いても症状もありませんし、忙しさもあって治療をしないことも多いのです。

④の薬はⅡ型糖尿病の治療薬として注目を集めています。良い薬と思いますが、他の糖尿病治療との併用は低血糖が問題となります。

私達の脳細胞はブドウ糖しか栄養源に出来ません。ですので低血糖に非常に弱く、薬などで強い低血糖状態が起きると直ぐに、気分不良、冷や汗や意識障害を起こしてしまうこともあり、注意が必要なのです。

車の運転などをする方は、日頃から低血糖症状に注意して、症状が出たら直ぐにブドウ糖を取れるようにして欲しいですね。

食習慣を見直すのは容易ではありませんが、日本人に合った食事に変える必要があるのかも知れませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/60744937

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい糖尿病治療薬:

« 好きになれない「美しすぎる・・」の表現 | トップページ | 今週の生け花(2014年12月第1週) »