フォト

« 100年後1万年後の責任の取り方 | トップページ | 肛門のパッキング機能 »

2014年11月 3日 (月)

海は誰のもの

Th_dsc00076 子供の頃、近所の仲間と一緒に海にでかけ、小さな魚を捕ったり、干潟でカニを捕まえたりと、海は皆が自由に遊べる場所でした。 波の音、磯の香りも好きでした。 この海の向こうにある広い世界を夢みたものでした。

ニュースで何度も出てくる、辺野古の海について何かがおかしいと感じるのです。 沢山の沖縄の問題点が凝縮されています。 

気になったのは、辺野古の海は誰のものかということです。 辺野古に住んでいない自分が言うのは間違っているかも知れません。 辺野古に基地を造るために、漁民には保証金が支払われたそうです。 そのことを非難しようとはちっとも思っていません。国策に地域が分断されているのですから、迷惑料として国がくれると言うなら貰えばいいのだと思います。

 しかし、同じ辺野古の住民でも漁業に関わっていない人には何も出ないそうです。 商店などを営んでいても目の前には豊かな海が広がっています。それを子供の頃から見ながら、遊びながら育ったのだと想像します。

辺野古には美しい海が広がります。 Th_dsc00090 この海は今漁業をおこなっている人のものなのでしょうか? ましてや日本政府の、あるいは米国のものなのでしょうか? 

もしこの海に基地が造られたら、10年や20年後に基地が返還されても(そんなのはないでしょうが・・)、今の辺野古の環境は何十年、何百年も、あるいは永遠に元に戻ることはないのかも知れません。 辺野古の海が戻るまで、今お金をばらまいている方も(当然私もでしょうが)保証を受けた人々も誰も生きていないはずです。 

この豊かな海は過去から現在そして未来へと続きます。今のほんの僅かな期間、生きている人のものなのでしょうか? 沖縄で生まれ育った私は複雑な思いでこの豊かな海を眺めているのです。

« 100年後1万年後の責任の取り方 | トップページ | 肛門のパッキング機能 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

omoromachi様、こんばんは。

前回のブログ同様に、何時も長いスパンで
物事を考えていらっしゃるのだと感心致します。

目の前にある利益だけが気になってしまい
このようなブログの内容をみて、我に返り
反省することも沢山あるのです。

以前沖縄にはしばらく仕事で住んで居ましたが
それでも本土からきた私には理解しづらいこと
も多くありました。 少し離れて、このブログ
を読むようになって今沖縄の置かれている
立場が理解出来るようになりました

辺野古のあり方は地元の名護市や沖縄県民が
決めることだと思いますが、海の中の生き物にも
参政権があったらどう答えるのでしょうか

omoromachi様の複雑な気持ち分かる気がします
(勝手に決めつけて済みません)

いつも色々な事に気づかせて頂き有難うございます

ツクシンボさん、こんばんは。

いつも有難うございます。ツクシンボさんが沖縄に住んでいたのは15年程前だったでしょうか。 沖縄もハード面は色々と変わったと思いますが、構造的な問題は何も解決していないような気がします。 

原発も基地もないといけないとお思いの方でも、自分の所に誘致しようという方は殆どいないと思います。 東京から離れていて、財政が厳しくて、お金で解決しなければ最終的には無視出来る所が選ばれるのではないかと考えています。

普天間基地の危険の除去といいますが、基地の縮小は考えていません。 その為にはいつまでも仮想敵国が必要な訳で、あまり世界が平和になることを望んでいない人がいるのではないかとさえ考えてしまいます。

私はいつも、この地球でほんの一瞬を生きているのだと思っています。 出来るだけ今の環境を壊さずに、次の世代、次の地球に引き継ぐことが出来たらいいなと純粋に考えているのです。

こんにちは。

辺野古は、海岸に不粋に張られて
通せんぼをする金網の所まで
行ったことがあります。


辺野古はまだこれからですが、
(絶対やめてほしいですけど)
今までも、
基地を押しつける代わりに
これで辛抱しろと、
札束で頬をたたくので、
そのお金が、あちこちの
海岸を埋め立てるのに
使われているのだそうですね。

土地がないわけではないのに、
そこは使わせてもらえないので、
代わりに価値ある美しい海を
殺していく。

愚かですね。


うさぎさん、こんばんは。

辺野古に行かれてたことがあるのですね。美しい浜辺が広がる豊かな海があるところです。

普天間の危険の除去が先といいます。確かにそれもあります。 でもこんな小さな島にこれ以上基地はいらないのです。 
これまで沖縄の大きな面積を占める米軍基地は銃で脅されて接収された土地です。 しかし、もし普天間基地の危険の除去に辺野古を受け入れたら、県民が望んで基地を提供したことにならないか、平和を望んでいるのに自ら戦争に繋がる基地を受け入れることになるのではないかと自己矛盾を感じるのです。
米軍の展開力は凄いです。グアムでも何も問題ないのではないでしょうか? なぜここまで沖縄に固着するのでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/60586716

この記事へのトラックバック一覧です: 海は誰のもの:

« 100年後1万年後の責任の取り方 | トップページ | 肛門のパッキング機能 »