フォト

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

今週の生け花(2014年11月第4週)

いよいよ11月も最後の週となりました。 師走に入っていませんが、何となく年末に向け慌ただしくなってくる時期ですね。 

Th_img_3147 気持ちが落ち着かなくなるのですが、生け花のお陰で一瞬ホッとする気持ちになれますheart04  

今週も2階のいつもの場所に、生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれています。 余り目立たない場所なので角を曲がって,お花を見つけると、心の中でガッツポーズを取って外来に向かいます。

今日の生け花は、全体のバランスがいいです。 丸い花器に横に伸びる丸い葉形を持ったユーカリ、直線的に伸びたスチールグラスそして、中央にある黄色のガーベラ、その横にある深紅のアルストロメリアを配置。 シンプルな色合いですが、今日のガーベラが、3週前の深紅のガーベラなら色が埋もれてしまいます。やはり今回は黄色の色でないといけないのかと感じてしまいます。 美的感性のない私では評価は無理ですcoldsweats01                              Th_2014114

丸い花器から真っ直ぐに伸びたスチールグラスと小さな丸い葉をつけたユーカリの枝で、生け花の骨格をつくっています。同色の色ですが、それぞれ形に存在感がありますね。 

アルストロメリアは舌を噛むような名前ですが、元々は南米原産の球根植物で、寒さや乾燥に強いそうですが、日本では改良されて暑さにも強くなり育てやすくなってきているそうです。

インカの百合とも呼ばれ、花言葉は「未来への憧れ」「エキゾチック」「機敏」「持続」「援助」「幸福な日々」だそうです。ありすぎて的を絞りきれませんcoldsweats01

Th_ アルストロメリアの名前はスウェーデンの植物学者アルストロメールに由来するとのことです・・・・・・しかし・・・・生け花クラブの皆様「怒らない」で下さいね。

 私の心の中のアルストロメリアの名前は、ウルトラマンの中に出てくるバルカン星人のような宇宙の怪獣の名前のように聞こえてしまいました。 アルストロメリア・・・そなたに宇宙を感じてしまいますheart01

また今週も余計なことを書いてしまいました。生け花クラブの職員を見たら一目散にrun  run (逃げます)

<花材:ユーカリ、スチールグラス、ガーベラ、アルストロメリア>

2014年11月26日 (水)

赤血球の不思議

今日のFMレキオは貧血について話をしました。

今日は赤血球の不思議について話をしたいと思います(貧血については以前のブログに書いていますhttp://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-1253.html )。 赤血球の最大の役割は肺から取り入れた酸素をくまなく全身の細胞に届け、発生した二酸化炭素を肺から放出するという、酸素と二酸化炭素の運搬役です。

当然、血液の中を通って行きますが、Th_ 血管は段々小さくなって最後の細胞にまで酸素を運ぶには、赤血球が大きければ詰まってしまいます。 これからが赤血球の不思議です。

赤血球を顕微鏡で見ると中央部が凹んだ円盤状の形をしています。他の細胞と較べて、この円盤はとても小さくそして柔軟性(変形性)があります。自分より小さい血管を通る時にこの円盤は折りたたまれるように通過することが出来るため、赤血球の大きさよりも小さい血管と通ることができるため、最後の最後の細胞まで酸素を供給できるのです。

変形しても大きければ小さな血管を通るのは無理なため、赤血球は自ら小さくなることを選択しました。 小さくするために細胞内の余計な成分を取り外していったのです。

Th__2 皆様方も細胞には核(DNAなど)がある事はご存じだと思います。赤血球は自分の体を小さくするために、大切な核だけでなく、他にも普通の細胞が持つミトコントリア、リボゾーム、ゴルジ装置、小胞体なども削りとって、酸素を運ぶだけに特化した珍しい細胞になったのです。

この様に小さくスリムな体型になったため、赤血球の数は成人の男性で1mm平方メートル(1mmの小さな箱)に450〜530万個、女性で100〜480万個の膨大な数を確保出来たのです。一人の人間の赤血球数は20兆にもなるのです。

これは本当に多くの数なのです。 私達の体は沢山の細胞の集合体で200種類以上、約30〜60兆個の細胞から成り立っています。  ということは私達の細胞の1/3から1/2近くは1種類の赤血球から成り立っていることになるのです。 

赤血球は鉄を原料に酸素を運ぶのに特化した細胞に変化しました。これは取りも直さず、私達が進化して行く過程で、平温動物としてエネルギー産生の増加に多量の酸素が必要になったこと、肥大化していった人間の脳細胞にも沢山の酸素が必要となった必然的な進化でもあるのです。

貧血のある方はこの進化の恩恵に預かれないのかも知れませんので注意して下さいね(←冗談ですからね。ちゃんと進化していますから心配しないで下さいhappy01

(今日(2014/11/26)FMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182388625

2014年11月24日 (月)

世界を夢見て7:乗り継ぎのハプニング?

私にとっての初ヨーロッパはウイーンそしてロンドンでした。

Th_ 日本からアンカレッジ経由で、まずはロンドンで乗り換えとなりました。英語が苦手で、ドイツ語の方が聞き取りが良かったので、ドイツ語が公用語のオーストリアを選ぶことにしました。 語学ができにないのに、一人旅となると緊張し、機内のアナウンスが流れるたびに聞き耳を立てることに・・・緊張して眠れなかったですweep

こんなに緊張している割には日本での確認を怠ったために、乗り継ぎのロンドンで冷や汗となってしまうのでした。 沖縄の旅行会社からは飛行機の便や滞在先のウィーンのホテルと帰りに立ち寄るロンドンのホテルは前持って手配して貰っていました。 「着いたら現地係員が空港でプラカードを持っていますからその人を見つけて、案内してもらって下さい」 ・・・ その時はハイハイ簡単だねっと思ったのでした。 それが冷や冷やの始まり・・・

「ロンドンで乗り継ぎ」となるのですが、今考えたら分かるのですが、適当に聞いていた私は、ロンドンの乗り継ぎの所に現地係員がいると思い込んでしまっていました。

さあ、アンカレジ経由でやっと着いた、ロンドン・・・ちょっと心配ながらも心はウキウキheart04  スーツケースはウィーンまで運んでゆくとのことは理解scissors。 

さて飛行機を降りた所でプラカードを持っている人を捜そうかな〜・・・などと悠長に考えていましたが、誰もいません。 エッ! そんな〜、現地係員がいるんじゃなかったの? もう頭は混乱です。 今のように携帯電話やメールがあるわけでもなし、24時間対応の旅行社でもなく、電話番号は控えていても意味なし・・・

広い空港内で私の現地係員・・係員様・・・・最後は神様・係員様! と心で叫びながら捜すのです。 拙い英語で近くの航空会社のデスクに問うのです「私の現地係員を見ませんでしたか」と・・・当然分かるわけないのです・・・・いるとしたら空港を出た所よと・・・・

更に頭はパニック。 経由時間は4時間、既に1時間半経過・・・でも空港を出ると言うことはイギリスに入国して、現地係員に会って、再出国してウィーン行きの飛行機に乗り込む? ・・・あり得ない・・・しばし考え込む。

でも私は成田→ロンドンその後のロンドン→ウィーンのチケットは持っている。 イギリスで待っている現地係員も私を捜しているかも知れない。 「でも許して、私はひとりウィーンに行くの〜weep」と決死の覚悟で決めたのでした。

ウィーン行きの搭乗時刻まで30分。チケットと同じ航空会社のデスクを見つけて「ウィーン」行きは何番ですかと? ウィーン?? なにウィーン知らないの? オーストリアの首都ですよ! 天下のウィーンですよと口を尖らせながら質問? 時間も近いしこれはまずい。 仕方なくメモに「Wien (←ドイツ語でウィーンではなくてヴィーン); The capital of Austria(何故か英語)」と書いて示すと、 あっさり「Vienna(ウ”ィエナ)?のこと」と英語で答えられ、既に搭乗が始まっている反対側を指さされ、ダンケなのかテンキューと言ったのかは定かではないのですが、無事飛行機に乗り込んだのでした(ロンドンで待っている現地係員さんにはすまんと思いながら・・・)

2014年11月22日 (土)

今週の生け花(2014年11月第3週)

2014年も11月下旬となって来ました。 沖縄も涼しくなり、流石に長袖となっています。 少し毛布から出たくなくなり、寝やすい季節になってきました。
                         Th_img_3125
今週も2階のいつもの場所に、生け花クラブの皆様が花を活けてくれていました。 晩秋を飾る季節感のあるお花たちです。

紫、赤、黄色、緑・・・色々な色が入っているのですが、どれも皆控えめで淡い色のお花たちです。 大輪で目立つ色彩の花も存在感があっていいのですが、この様な淡い柔らかい色彩も好きですheart04

左右に伸びた枝に緑のつぶつぶが付いのは「青文字」です。この緑のつぶつぶは蕾です。勿論可愛らしい小さな白いお花を咲かせます。 青文字は生け花の花材以外に、枝をアレンジしてブーケにしたりするようです。

ストックの紫の花々が咲きほこり、その横に小さなカーネーションが可愛らしく添えてあります。 ストックは地中海原産で古くはギリシャ時代から栽培され、古代ローマ帝国では薬草として利用されたようです(・・・これだけで私の頭の中はローマに飛んでいます。すでに旅行に行った気分になっていますconfident
Th_113_2

椿のような赤い小さな花をつけたのが「サザンカ」です。サザンカは本州、九州、四国を中心によく植えられているツバキ科の常緑広葉樹で、多くの自治体の木や花として制定されているようです。 

私は「ザザンカ」と聞くと童謡の「たき火」の2番を思い出します。 それでは皆様も御一緒にどうぞhappy01 「さざんか さざんか さいたみち たきびだ たきびだ おちばたき あたろうか あたろうよ しもやけおててが もうかゆい」 ・・・歌えましたでしょうか? 懐かしいです。 あれ今週の生け花では無くて歌の紹介になってしまいました? 今週も生け花クラブの皆様怒らないで下さいね。

お花を見ながら秋の深まりを感じた11月の第3週でしたheart01

<花材:青文字、サザンカ、ストック、カーネーション>

2014年11月20日 (木)

誰が儲けているのか

経済について素人の私の疑問です。

金融緩和で市場にお金が流れて、株価が上がってなにか日本が豊かになった錯覚を覚えてしまいます。 市場にお金を出すといっても、黒田総裁や安倍首相のポケットマネーから出した訳ではなく、単に国民の財産を市場に供給しただけです。

Th_ これだけお金を出せば、株価は上がるはずですし、物価も上がるはずです。

でも頭の悪い私は理解出来ないのです。 これだけ国の税金を出して、いったい誰が儲けているかということです? 日本の株を持っている人がその恩恵を吸い上げていて、お金持ちはまたお金持ちになる。

労働することでお金が生まれてきたのはもう古い考えなのかも知れません。 今はお金がお金を産み出し、労働力と収益は等価ではなくなり、大きな解離が出てきた気がします。 

税金を投入することで株価が上がり、国の資産も増え国民が潤うというのですが、増えや分は株などを購入した方々の儲けに消え、物価は上昇し相対的に国民1人1人の財産は逆に目減りして、国民は疲弊して行く・・・なんかそんな構造がみえてしまいます(実際は違うのかも知れませんがTh_img_0075 )。

日本国民は老後のことが心配で、銀行にお金を預けています。少しでも目減りする年金の補完としてです。 一般国民の景気がよくならないのに、物価や日常生活用品が高くなっています。 殆どの人は株など持っていません。 物価が上がると、銀行に預けているお金の値打ちは下がります。一方では生活するための経費も上がり、一般国民は二重に苦しい状況におかれるはずです。 

今の経済政策で、国民の財産を投資に回すことにより誰がどれぐらい儲けたのかを調べて公表する時期が来たのではないでしょうか? もしかしたら国民のお金が一部の偏った人々だったり外国の投資家に沢山流れているのかも知れませんしね・・・

増税は誰も嫌だけど、国民1人当たりの借金が800万円を超え、毎年借金が増え続けています。 待ったなしの緊急課題なのに、誰も正面切ってその問題に取り組もうとしていません。不思議です。

経済のことは判りませんが、素人としての素朴な疑問です。

2014年11月18日 (火)

てぃんさぐの花

人は自分の生まれ育った場所や環境、教育から学んで育ってゆきます。それを基に自分の経験を通して、それが正しいことなのかどうかを熟考し成長してゆきます。 沖縄の知事選が終わりました。Th_2 沖縄の民意は出ました。 沖縄の問題は一筋縄では解決出来ないはずです。どなたがなっても沖縄の知事になる方は大変な苦労をすると思います。

子供頃、おばあちゃんなどがよく唄っていた沖縄民謡(教訓歌)があります。長いけど載せてみます。もう一度自分を見つめ直すために必要なことが書いてある気がします。

てぃんさぐぬ花 :沖縄民謡 :作詞作曲:不詳〜

1:てぃんさぐぬ花や  爪先(ちみさち)に染(す)みてぃ   親(うや)ぬゆし事(ぐとぅ)や  肝(ちむ)に染(す)みり 

{てぃんさぐぬ花(ホウセンカの花)は爪の先に染めて親のいう事は心に染めなさい (昔、ホウセンカの花は爪の先にマニキュアのように染めて魔除けとしも使用してた)}

2:天(てぃん)ぬ群星(むりぶし)や 読(ゆ)みば読(ゆ)まりしが  親(うや)ぬゆし言(ぐとぅ)や 読(ゆ)みやならん  

{天に輝くたくさんの星は数えようと思えば数えられるけど、親の教えは数えきれないほど多くの事を教えてくれているよ}

3:夜(ゆる)走(は)らす舟(ふに)や 子(に)ぬ方星(ふぁぶし)見当(みあ)てぃ  我(わ)ん生(な)ちぇる親(うや)や  我(わ)んどぅ見当(みあ)てぃ  

{夜に沖に出る船は北極星を見守られ航行でき、私を生んでくれた親は私を見守ってくれている}

4:宝玉(たからだま)やてぃん  磨(みが)かにば錆(さび)す   朝夕(あさゆ)肝(ちむ)磨(みが)ち 浮世(うちゆ)渡(わた)ら 

Th_impatiensbalsamina_2 {宝物と言えども磨かないと錆びてしまう。朝夕と心を磨いて日々を生きて行こう}

5:誠(まくとぅ)する人(ひとぅ)や 後(あとぅ)や何時(いち)迄(までぃ)ん  思事(うむくとぅ)ん叶(かな)てぃ 千代(ちゆ)ぬ栄(さか)い 

{誠実に生きている人は 後はいつまでも願い事も叶い 永遠に栄えるだろう}

6:なしば何事(なんぐとぅ)ん なゆる事(くとぅ)やしが  なさぬ故(ゆい)からどぅ ならぬ定(さだ)み 

{成せば何事もなる事ではあるが、為さぬことは何時までも成らないだろう}

7:行(い)ち足(た)らん事(くとぅ)や  一人(ちゅい)足(た)れい足(だ)れい 互(たげ)に補(うじな)てぃどぅ  年(とぅし)や寄(ゆ)ゆる 

{一人で出来ないことは一人でやらずに助け合いなさい。お互いに補ってこそ 世の中は成り立っているのだ}

8:あてぃん喜ぶな  失なてぃん泣くな 人のよしあしや  後ど知ゆる

 {有っても喜ぶな 失っても嘆くな それが良いことか悪いことかは後々にわかることだ}

9:栄てぃゆく中に  慎しまななゆみ  ゆかるほど稲や  あぶし枕ぃ 

{栄えていくなかにも 謙虚でなくてはいけない。 稲も実るほどに  あぜ道を枕にして、腰を低くするではないか}

10:朝夕寄せ言や  他所(よそ)の上も見ちょてぃ 老いのい言葉の  余りと思な 

{老人の朝夕の言には 真摯に耳を傾けなさい 老い先短い者の与太話などと 侮るべきではない}

沖縄知事選に絡み沖縄のことを色々と考える機会ともなりました。 そして先人が教えた知恵から、人として生きる道を考えてみたいのです。

2014年11月15日 (土)

今週の生け花(2014年11月第2週)

11月も第2週になりました。 沖縄は最低気温でも20度を切っていませんので、とても過ごしやすい日を送っています。

今日も2階のいつもの場所に生け花がTh_img_3100 飾られていました。週に1回の生け花クラブがある時にこの場所にも飾ってくれるようになりました(外来や総合受付では以前より飾っていました)。 この場所は余り目立つ場所ではありませんので、このブログで紹介させて頂いています。

生け花のある風景は私達を癒してくれます。 今回の生け花はローゼルの赤い萼(がく)を沢山着けた枝が空間を狭そうに広がっています。花器を中心部に下方に月桃アンスリウムが密集し、上方と左にローゼンの枝が葉を落としてすっきりと伸びています。

ローゼルを初めて見たような気がします。この赤い部分は萼(がく)呼ばれ花冠(花弁:花びら)の外側の部分を呼びます。この萼が開いてお花が咲いていきますが、そのお花を支える役割があるようです。 ネットで調べると、このローゼルの萼を乾燥させてつくるのが「ハイビスカスティー」となるそうです。 ハイビスカス?・・ハイビスカスは沖縄で何度も見ているのに・・・「ローゼル」と「ハイビスカス」がどうも結びつきませんでした。 ネットで「ローゼルの花」と検索をすると・・・な〜んだ「ハイビスカスの花」じゃないのと納得しますcoldsweats01

Th_201411 このローゼルは11〜12月に開花となりますので、ご存じの方は晩秋の気配を感じるのかも知れません。 花言葉は「華やか」「常に新しい美」「新しい恋」となっていて、毎朝新しく綺麗な花を咲かせてくれることからつけられているようです。 このブログをご覧の女性の皆様もローゼルの様に毎日輝いて下さいねhappy01

中央のスプレー菊は黄色でおおらかに開花しています。アンスリウムはまだ淡い色合いですが、これから少しずつ色が付くのでしょうか? 月桃の葉も生き生きとしています。こらから冬に向かって葉が伸びて行きます。

2階の空間には秋から冬に向かう気配が漂っています。これから寒くなると思いますが、皆様も体には気をつけて下さいねheart04

<花材:ローゼル、アンスリウム、スプレー菊、月桃>

2014年11月12日 (水)

乳がんのリスクファクター

今日のFMレキオは乳がんについて話をしました。

乳がんは戦後日本でも増加している癌の1つで、今や罹患率(生涯でがんになる確率)は女性12人に1人と最もかかる確率が高い癌となっています。 しかしながら手術や化学療法、ホルモン療法、放射線療法に反応しやすいため、日本人女性の癌による死亡率では第5位となっています(大腸癌、肺癌、胃癌、膵臓癌、乳癌の順)。

Th_dsc00139 これまで乳がん発症の色々なリスクファクターが検討されています。 よく知られている状態として 初経年齢が早い 閉経年齢が遅い(55歳以上) 出産経験がない 高齢初産(30歳以上) 長期間のホルモン補充療法 肥満・・・・・この様な文面を見たことがないでしょうか?

乳腺は二次成長期になり急速に発育します。 これには卵巣で主につくられるエストロゲンが関与します。 

乳房内には乳汁をつくり出す「乳腺組織」を含んだ小葉と乳汁を乳頭に運ぶ「乳管」があり、その周りを脂肪組織などが被い丸みを帯びた形になっています。 乳癌の90%は乳管から発症し、5〜10%が小葉から発症します。 

月経がある場合、生理に合わせて増減を繰り返しますがエストロゲンが比較的高い状態で経過します。また乳腺が発達する若い時期は、エストロゲンに対する反応が高いと考えられています。 妊娠や授乳中はこのエストロゲンは低下します(このため妊娠期間のない女性は高エストロゲンの期間が長くなることを意味します)。  

エストロゲンは乳癌の発症や増殖に関与します。そのためエストロゲンに曝される期間が長かったり、若い時期には感受性も高まっていますのでこの時期の高エストロゲン状態は乳癌のリスクを高めます。 またエストロゲンは卵巣のみならず副腎皮質や脂肪細胞からも合成されます                         Th_

このことを押さえて再度、リスクファクターをご覧下さい。 ①、②、③は高エストロゲン状態の期間が長いこと、①、④は乳腺のエストロゲン感受性が高い期間が長い、⑤は更年期障害などでエストロゲン製剤を補充したり、⑥の場合は肥満細胞が作り出すエストロゲンが増えます。 

この様な状況を踏まえて、乳癌検診などの問診で、生理や妊娠・出産回数などプライバシーに関わる質問事項もあるのです(怒らないで質問事項に答えて下さいね)。

その他としては、血のつながりのある家族に乳癌になった人がいる場合はいない人と較べ2倍程度、癌のリスクが高くなります。これには研究段階も含めて複数の乳癌発症遺伝子が関与しています。

乳癌は自分で気づくとこもありますので、自己検診をして下さい。 他の癌と較べ予後のよい癌です。5年生存率も90%を越えています。 しかしまだまだ欧米と較べ、乳癌検診の受診者が少ないのが日本です。 特に一番家庭の中心となっている30代〜50代の女性で検診が必要です。どうか家族のためにも乳癌検診を受けて下さいねheart04

(2014/11/12FMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182384341

2014年11月 9日 (日)

ベルリンの壁崩壊後25年

2014年11月9日はベルリンの壁崩壊後25周年となったとニュースで報道されていました。

Th_dsc02871 私はベルリンが155Km高さが3メートルの壁で分断されたていた1980年代前半と壁が壊された翌年の1990年にドイツを訪問したことがあります。

最初のドイツの旅行では壁のある西ベルリンとロマンチック街道と言われるドイツの有名観光ルートを旅しながら、日本よりもっと第二次大戦で国土が破壊されたにもかかわらず復興をなしえたドイツの凄さを目のあたりにしました。 その時は壁の向こうで色々な問題が生じていることが東側からポツポツと聞こえて来た時代でした。

1989年11月9日大衆が押し寄せ、壁の一部が壊されるニュース報道を食い入る様に見たのを思い出します。 分断されたドイツが歓喜の渦のなかで統一を果たすことに、世界の希望を見いだした気がしました。 この状況を見てみたいと翌年にドイツを旅しました。 その時は旧東ドイツも回ることが出来、建物を見たり人々の生活を見るにつけて東西の格差を感じたものでした。

1年後に訪ねた時も、まだドイツ国内も興奮状態と現実の東ドイツの経済の立て直しの難しさに直面する混沌とした状況だったと思われました。 それでも希望で皆が輝いていることを旅行者の私も感じました。 あれから25年経ってもまだ旧西ドイツと東ドイツの格差の解消には至っていないようです。 沖縄で生まれ育った私にとって戦争、その後のアメリカの占領、復帰を成し得ても未だに簡単には格差が解消されないことを身をもって経験しています。そのことから少しは今のドイツの現状を理解出来るのです。                      Th__2_2

あれから25年世界は自由で豊かになったのでしょうか? ソビエトが崩壊し、いわゆる冷戦の時代は終わったかと思ったのですが、ウクライナ問題などでまだまだ豊かで歴史のあるヨーロッパ社会も色々な問題が台頭してきています。 

明日からAPEC会議が北京で開かれるようです。グローバル社会となり、自国だけのことでは世界は成り立たないのは、私達庶民の方がよく知っています。 世界のリーダー達はメンツや自己権利欲だけでなく、世界の人々さらには世界に住む生き物たちにに対しても配慮をして欲しいと願います。 やろうと思えば出来るはずです。それが人間なのです。

(上の写真はベルリンの壁のお土産です。まだ私の部屋にありましたので、今日写真を撮ってみました。今でもこの壁の一部はお土産にされているのでしょうか? 下の写真は1990年の写真をスキャナーで取り込みました。ベルリン壁のアート作品で有名なのが東ドイツの国家評議会議長ホーネッカと、ソ連最高指導者ブレジネフの熱いキスです。結構衝撃的でした・・色々な意味でcoldsweats02

2014年11月 8日 (土)

今週の生け花(2014年11月第1週)

11月に入ると日本列島が南北に長いことがよく分かるような気がします。北は雪の頼りで、沖縄はやっと半袖から長袖へ変わった感じで、今日の沖縄は最高気温27度で、最低気温は22度でした。Th_img_3089

先週は生け花クラブがお休みでしたので2週ぶりにいつもの2階の場所にお花が活けられていてホッとします。

今回の生け花はやはり深紅のガーベラが目立ちます。 ヒペリカムの紅葉した葉やマドカリアの白い花を見ると秋だと思うのですが、このガーベラのお陰で何故か季節が夏に戻るような気がしました。

写真を撮ってこのブログ用に編集し再度眺めてながら、この夏の印象は何故なのだろうと考えていました・・・・皆様のイメージと違うのかも知れませんが、私の中でヒマワリを連想してしまったのです。 黄色ではないけど深紅のヒマワリ、それもなんとなく「インカのヒマワリ(勝手に創り出していますcoldsweats01)」を想像してしまっていました。 アンデスの山々を眺める古代のインカ帝国の王様の姿がこの花のイメージと重なってしまいました(何故そうなのか自分でも説明出来ないのですが・・・)。

Th_201411 赤いガーベラの花言葉は「神秘」とか「燃える神秘の愛」だそうです。若い方にとってはこの花束を抱えて愛の告白もいいかもしれませんね。

マドカリアの白い小さな花びらは可愛らしいですね。よく見るとマーガレットに似たお花です。この小さいお花があるおかけでガーベラがより大きくみえてしまいます。

ニューサイランの葉をシャープに折り曲げてアクセントをつけると同時に、丸い花器との間に花を配置することで、全体がぎゅっと締まった印象を与えます。

季節の変わり目ですので皆様も体調管理には充分お気をつけて下さいねheart01

<花材:ニューサイラン、ヒペリカム、ガーベラ、マドカリア>

2014年11月 5日 (水)

肛門のパッキング機能

今日のFMレキオは痔について話をしました。 以前にもブログに痔の三大疾患のことは書きましたhttp://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-30cc.htmlので、今日は私達がお尻を締め続けなくても便やおならが漏れないわけを真面目(coldsweats02)にお話ししますscissors

私達の食べたものは1〜2日かけて便となって体外に排出されます。食物は、蠕動運動と言って私達が意識的にはコントロール出来ない運動によって消化・吸収を繰り返して直腸まで運ばれます。 直腸に達した後も意識下でコントロール出来ないと大変なことになります(あまり想像したくありませんが・・・)。

直腸内に便が入り込み拡張すると便意を感じて、トイレに入り外肛門括約筋を緩めて排便を促すわけです。 この肛門を締めている肛門括約筋にも2種類あり、内肛門括約筋は無意識下に排便のコントロール作用があります。外肛門括約筋は私達が意識下で肛門を締める筋肉です。 

Th__3 しかし、この筋肉だけで便が漏れない程、ましてやガスや水様な下痢便を止めることは不可能に近いのです。筋肉だけで漏れないようにすると筋肉が疲労困憊してしまいます。

やっとここで痔の疾患とも関係のある話しに移れます。 肛門の粘膜下の部分には血管や神経、支持組織が多く集まりクッションの役割をしています。 このクッションのお陰でおならや下痢便も漏れずにコントロール出来るのです。

このことを水道の蛇口にたとえるとわかりやすいです(これは私が言ったことではなくて色々な方が述べています)。 水道の蛇口にはゴムのクッションがあります。そのお陰で蛇口を軽く閉めても、水が止まります。金属同士なら目一杯締めないと水が漏れるはずです。 

このゴムのパッキングと同じ役割をしているのが、肛門の入り口の粘膜下のクッション機能なのです。 この部分は静脈が発達して鬱血が強くなると、必要以上に腫れ上がりイボ痔となります。クッションの支持組織が断裂したりすると脱肛や便漏れの原因になったりします。

私達のお尻の周りにも素晴らしい機能が備えられていて、人知れず(?)日々活躍しているのですhappy01

(2014/11/05のFMれきお「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182381643

2014年11月 3日 (月)

海は誰のもの

Th_dsc00076 子供の頃、近所の仲間と一緒に海にでかけ、小さな魚を捕ったり、干潟でカニを捕まえたりと、海は皆が自由に遊べる場所でした。 波の音、磯の香りも好きでした。 この海の向こうにある広い世界を夢みたものでした。

ニュースで何度も出てくる、辺野古の海について何かがおかしいと感じるのです。 沢山の沖縄の問題点が凝縮されています。 

気になったのは、辺野古の海は誰のものかということです。 辺野古に住んでいない自分が言うのは間違っているかも知れません。 辺野古に基地を造るために、漁民には保証金が支払われたそうです。 そのことを非難しようとはちっとも思っていません。国策に地域が分断されているのですから、迷惑料として国がくれると言うなら貰えばいいのだと思います。

 しかし、同じ辺野古の住民でも漁業に関わっていない人には何も出ないそうです。 商店などを営んでいても目の前には豊かな海が広がっています。それを子供の頃から見ながら、遊びながら育ったのだと想像します。

辺野古には美しい海が広がります。 Th_dsc00090 この海は今漁業をおこなっている人のものなのでしょうか? ましてや日本政府の、あるいは米国のものなのでしょうか? 

もしこの海に基地が造られたら、10年や20年後に基地が返還されても(そんなのはないでしょうが・・)、今の辺野古の環境は何十年、何百年も、あるいは永遠に元に戻ることはないのかも知れません。 辺野古の海が戻るまで、今お金をばらまいている方も(当然私もでしょうが)保証を受けた人々も誰も生きていないはずです。 

この豊かな海は過去から現在そして未来へと続きます。今のほんの僅かな期間、生きている人のものなのでしょうか? 沖縄で生まれ育った私は複雑な思いでこの豊かな海を眺めているのです。

2014年11月 1日 (土)

100年後1万年後の責任の取り方

豊かさの追求だけではなく、未来のこの国の子供達のために残せるものを考える必要があるのではないでしょうか。

戦後の日本は過去の反省も総括もせず曖昧にし、ある意味嫌なところは蓋をして、美味しいところだけを食べ尽くすことだけを考えているような気がしてしまいます。

核兵器は悪で、原子力の平和利用は安全で全て良いものだと私達は教え込まれて来ました。 福島の原発事故が起きてやっと原発に安全はないことも判るようになって来ました。 世界一安全な日本の原発と言われています。 しかし世界一安全でも事故が起こり得ること、ひとたび起きれば莫大で永遠の被害ももたらすことが判るようになりました。

Th_dsc00303 原発再稼働の理由として政府のお偉いさんは、火力発電用の燃料輸入増による貿易赤字拡大を挙げ、「これ以上電気料金が上がると、経営が立ち行かない中小零細企業がたくさんあるはずだ」とも指摘したそうです。 

しかし、それは単に電力供給のコストのみから火力発電と原子力発電を比較しただけです。 原発の事故処理、使用後の核の廃棄物に関するコストは含まれていないのです。 今日本は原発を再稼働させようとしています。 核のゴミの始末について何一つ解決出来ないのに、自分たちの世代が豊かになることしか考えていないのです。 それどころが福島の原発事故の処理さえ何一つ出来ていないレベルなのです。

原発の付けは私達の子供や孫、いやこんな短期間では済まず、今後日本に住み続ける人々に永遠に被害を与え続ける可能性を残しているのです。 未来の人が解決してくれるはずでは済まないと思います。 10年後あるいは100年後、いや10000年後、未来の日本人からこんな負の遺産はいらない「自分で制御出来ない厄介なのを作りやがって」と言われることを考えないといけないと思うのです。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »