フォト

« 肛門のパッキング機能 | トップページ | ベルリンの壁崩壊後25年 »

2014年11月 8日 (土)

今週の生け花(2014年11月第1週)

11月に入ると日本列島が南北に長いことがよく分かるような気がします。北は雪の頼りで、沖縄はやっと半袖から長袖へ変わった感じで、今日の沖縄は最高気温27度で、最低気温は22度でした。Th_img_3089

先週は生け花クラブがお休みでしたので2週ぶりにいつもの2階の場所にお花が活けられていてホッとします。

今回の生け花はやはり深紅のガーベラが目立ちます。 ヒペリカムの紅葉した葉やマドカリアの白い花を見ると秋だと思うのですが、このガーベラのお陰で何故か季節が夏に戻るような気がしました。

写真を撮ってこのブログ用に編集し再度眺めてながら、この夏の印象は何故なのだろうと考えていました・・・・皆様のイメージと違うのかも知れませんが、私の中でヒマワリを連想してしまったのです。 黄色ではないけど深紅のヒマワリ、それもなんとなく「インカのヒマワリ(勝手に創り出していますcoldsweats01)」を想像してしまっていました。 アンデスの山々を眺める古代のインカ帝国の王様の姿がこの花のイメージと重なってしまいました(何故そうなのか自分でも説明出来ないのですが・・・)。

Th_201411 赤いガーベラの花言葉は「神秘」とか「燃える神秘の愛」だそうです。若い方にとってはこの花束を抱えて愛の告白もいいかもしれませんね。

マドカリアの白い小さな花びらは可愛らしいですね。よく見るとマーガレットに似たお花です。この小さいお花があるおかけでガーベラがより大きくみえてしまいます。

ニューサイランの葉をシャープに折り曲げてアクセントをつけると同時に、丸い花器との間に花を配置することで、全体がぎゅっと締まった印象を与えます。

季節の変わり目ですので皆様も体調管理には充分お気をつけて下さいねheart01

<花材:ニューサイラン、ヒペリカム、ガーベラ、マドカリア>

« 肛門のパッキング機能 | トップページ | ベルリンの壁崩壊後25年 »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
生け花を普段の生活の中で
みる機会はないのですが、
毎週 アップされる写真を
見ながら、生け花の世界に
親しんでおります。
 
生け花用の植物については
全く知らないことなので、
それを教えていただけること
感謝しています。

nadoyamaさん、こんにちは。 

今の那覇市は晴天で、病院に回診に行く車の中もクーラーをかけてしまう状態でした。

生け花クラブはずっと以前より活動していましたが、私の方が生け花をブログで紹介するようになり、お花の名前も教えて貰いながら記載しています。

野に咲く花々とまた違う趣が生け花には隠されています。
生け花クラブの皆様には怒られそうですが、まともな解説は出来ませんので、私の野生の感で感じたことを書いています。

生け花は本当に癒されますよheart04

はじめまして。

いつも、ぽちっと ありがとうございます。

こちら関東地方では、朝・夕はだいぶ冷えてくるようになり
紅葉もだんだんと進んでまいりました。


今回の生花の赤いお花からは特に元気をいただけます。
インカの赤いひまわり・・・冠をつけたインカの王様のイメージを想像してしまいました。

まだそちらは夏の気候なのですね。
ビューンと飛んでいきたいですairplane

こちらでも風邪が流行ってきたようです。
omoromachiさまもお体大切になさってくださいませ。

snufkinさん、こんばんは。

関東地方はだいぶ寒くなってきたのでしょうね。紅葉が見れるのは本当に羨ましいです。

生け花の知識はありませんので、お花を見ながら色々なことを想像して楽しんでいます。今回はガーベラの赤それも深い色の赤をみながら「冠をつけたインカの王様」がなぜか浮かんで来ました。snufkinさんに理解頂き、ほっとしております。

いつも有難うございます。寒くなっていますでしょうからお体気をつけて下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/60613438

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(2014年11月第1週):

« 肛門のパッキング機能 | トップページ | ベルリンの壁崩壊後25年 »