フォト

« 「試したかった」の延長上の恐怖 | トップページ | 今週の生け花(2014年10月第4週) »

2014年10月22日 (水)

めまいと水難事故

きょうのFMレキオはめまいについての第1談としてその症状や原因について話をしました。

めまいは多くの方が経験する症状です。めまいは脳などの中枢神経の異常で起こると思っていることが多いと考えますが、頻度からすると耳の中の内耳の傷害で起こることが多いのです。

Th_ 色々な分け方がありますが、めまいの原因により中枢性と末梢性に分ける分類があります。 末梢性めまいは回転性、発作性、反復性で、発作性頭位性めまい、メニエール病や突発性難聴、内耳炎など、内耳の変化でおこります。 これに対して中枢性めまいは、非回転性、持続性で、小脳の疾患、脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、頭部外傷などでおこります。

今ではMRIやCTなどの画像検査や平衡感覚を調べる諸検査があり、必要に応じて行われます。

めまいやふらつきなどの平衡障害では特徴的な目の動きがあり、眼震と呼んでいます。一般的には目の動きを観察すると、左右にゆっくりと眼球が動いた後、急速に動きが出るような一連の動きがリズミカルに起こります。その動きは平衡感覚を司る内耳の障害で起きることが多いとされます。 

正常な方でも10回ぐらい同じ位置でぐるぐる回って、急に止まったときめまいが起こります。 その時の目の動きを観察すると同様な動きが見られます。 目の動きが上下の縦に動くときには中枢性のめまいが多いと言われています。

色々な検査がありますが、医療器機があまりない時代から行われていためまいの検査に、温度刺激検査というのがあります。 耳の中に冷水を入れる検査で、耳の中に急に温度差のある液体が入ると内耳の中のリンパ流の異常が起こり平衡感覚機能がおかしくなり、めまいが起きてしまいます(通常2分程度で消失します)。 もし内耳に異常がある場合は、元々が異常があるので冷水が入ってきてもめまいは正常な方より弱いか,あるいはめまいを起こさないことがあり、内耳の障害の検査として利用されていました。

今ではあまり行われなくなった検査かも知れません(耳鼻科が専門ではありませんので判りませんが・・・)。  Th__2

わざわざ耳に冷水を入れることはありませんが、水難事故などで起こることがあります。 泳ぎが得意だったり、ダイビングが得意な方が、あまり溺れそうもない状況で水難事故で亡くなるケースがあります。 

冷たい海などに急に投げ出された場合、内耳のリンパ液が影響を受け、水中でめまいが起きてしまう場合があります。ベテランの方でも前後左右、上下の区別が判らなくなり、水面に浮上することが出来ず溺死することもあるのです。

泳ぎが得意でも、これからの季節、海でのレジャーや釣りなどの際は、しっかりとライフジャケットと着けて楽しんで下さいね。

(2014/10/22のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182376648

« 「試したかった」の延長上の恐怖 | トップページ | 今週の生け花(2014年10月第4週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

omoromachi様、こんばんは。

「めまいと水難事故」のタイトルを呼んで
初めはどんな関連なのだろうかと考えて
おりました

確かに海難事故などで泳ぎの達者な
方がなぜ簡単に溺れてしまったのか
解らなかった謎が解けてような気がします

心臓発作なのだとこれまでは考えていましたが
このようなメカニズムでめまいが起こることが
あるのですね

私もこのブログを読んで何となく
賢くなった感じです。為になるお話
いつもありがとうございます。

ツクシンボさん、こんばんは。

めまいは色々な病態で起こりますが、内耳にはリンパ液があり、外的な刺激(温度など)でその性状に変化が出ると蝸牛や三半規管の異常が生じてめまいの原因になるようです。

普通でもめまいの時には殆ど自分では動くことも困難になるので、これが水中で起きたらパニックになるだろうと想像出来ます。 泳ぎが得意でも水面がどこにあるのかも解らなくなると溺れすこともあるのだろうと考えます。 勿論、寒冷刺激で心臓の発作や脳卒中が起きて死亡することもあると思います。

こちらこそ、いつもありがとうございます。

おはようございます(^_^)
めまいとは もう20年近く付き合っていますcoldsweats01
「発作性頭位性めまい」と診断されましたが
症状によっては 脳の重大な病気であることも わかるのですね。
めまいの症状がある時は ただ薬が効くのを待つだけですが
それが水中で起こることなど 想像もしていませんでした。
考えるだけでも 恐ろしいですbearing
どんなに泳ぎの得意な方でも 油断はできませんね(^_^;)
また1つ勉強させていただきました(^^*)
ありがとうございますmaple

モカラテさん、おはようございます。

めまいの20〜40%はモカラテさんと同じ良性発作性頭位性めまいで、めまいの原因としては最も多い疾患です。

耳の内耳には耳石という顕微鏡単位の小さな有毛細胞の先に石が付いていて、私達の回転や運動などを感じ取ることが出来ます。この小さな石が何らかの原因ではげ落ちて体のバランスと司る三半規管に入り込んでめまいを起こすと言われています。

めまいは結構辛いので、それが水中に落ちら瞬間に起こったらやはり大変だと思いますね。

ものすごく参考になりました
絶対に知っておいた方がいいことですよねー

なっちゃんさん、こんばんは。

外科医が書いた文書ですので、余り参考にはならないかも知れませんが、そう言って頂き嬉しいです。

冷水に落ちたから直ぐに耳の中に流れ込むこともないと思いますが、運悪く耳から冷水が入って来ると、温度刺激検査と同じ状態になると考えられますので、泳ぎが得意、不得意に関わらずめまいが生じてしまいます。 やはり危険だと思います。

これからの季節釣りなどを楽しむ方もライフジャケットは必要ですね。 

コメントありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

なっちゃんさんへ、その後のコメント、了解しました。

なっちゃんさんにもそんなことがあるのだと、また身近に感じてしまいましたhappy01

おはようございます。
いつもためになる話題をありがとうございます。
眩暈にはほとほと悩まされていますから。。。
鏡をみての眩暈は、自分の老化へのショックのあまりに眩暈が。。。(笑い)
イタリアの風景、素敵ですね。
沖縄の海とも全然違う色ですね。

EOSのパパさん、こんばんは。

そうですよね。私がパパさんのブログを拝見した時もめまいについて書いてありましたよね。 

私の場合は鏡を見て自分の髪の毛のないことにめまいを感じてしまっています。以前よりだいぶ朝の洗顔の面積が増えて石けんの消費量が増えたような気がしますcrying

イタリアの海はやはり沖縄と違う色でした。この海は世界中何処にでも広がっています。気仙沼にはまた違った海の光景が広がっていると思います。 海は広くていいですよねscissors 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/60522506

この記事へのトラックバック一覧です: めまいと水難事故:

« 「試したかった」の延長上の恐怖 | トップページ | 今週の生け花(2014年10月第4週) »