フォト

« 老人よ、大志を抱け | トップページ | 今週の生け花(2014年9月第4週) »

2014年9月24日 (水)

青カビが作り出した抗生物質

今日のFMレキオは「真菌症」について話をしました。{真菌症(水虫、爪白癬)については以前のブログに書きましたので、もしよろしければご覧下さい→http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-e079.html

 

今日のブログは青カビが作り出した人類初の抗生物質、ペニシリンについてです。 今では、医療界に取って抗生物質がないなんて想像出来ませんし、特に外科医にとっては抗生剤がなければ治療困難な症例が殆どかも知れません。

Th_ しかしこのペニシリンの発見も偶然だったのです。イギリス人の細菌学者のフレミング博士はシャーレの中でブドウ球菌の培養を行っていたのです。本来ならブドウ球菌の培養の皿に他の菌などが入ることは、コンタミネーション(contamination)といって実験の場における汚染ということで、実験そのものが成り立たない失敗例となります。  

ある時、このブドウ球菌の培養の中に青カビが混入してしまったのです。そしたらその青カビの周囲だけブドウ球菌が入り込まず、円形に抜けていることに気がつきました。 単に実験の失敗ではなくて、この青カビの周囲だけ菌が増殖しない何かがあるのだろうと、この原因を探ったわけです。

今度は青カビを培養して、その抽出液を取り出してブドウ球菌の培養液に垂らすと、その部分だけやはりブドウ球菌が生えなかったのです。 つまりこの中の物質に菌を増やさない何かがあることを理解したのです。フレミング先生は青カビに敬意を払い、その物質を青カビの学名に因んで「ペニシリン」と名付け、その後改良を重ね、人類初の抗生物質が出来たのです。

この発明により第二次世界大戦の時に多くの負傷兵を感染症から救うことが出来ました。その業績によりフレミング博士は1945年にノーベル生理学・医学賞を受賞なされてます。

偶然の、それも失敗だった実験からこの様な偉大な発見があったのです。「失敗は成功の基」のようなお話ですねhappy01

(2014/09/24のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182365231

« 老人よ、大志を抱け | トップページ | 今週の生け花(2014年9月第4週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

丸に橘です。
omoromachiさん、お久しぶりです。
「偶然」から生まれた奇跡というのはけっこうありますよね。
それはおそらく、天が計画した「必然」なのだと、私は思っているのです。

丸に橘さん、こんばんは。

本当ですね。偶然と思っているだけで本当は色々な素地があるから繋がっているだけかも知れません。

自分の努力で成り上がっていると考えている方もいますが、実は周りの皆に助けられて今があることが殆どだと思います。

フレミング先生は自分の名前をつけるのではなくて、菌に感謝の気持ちを込めてネーミングしたのにも感激したことを思い出しました。

お久しぶりです。私このたび人生初の手術をすることになり今ビビってます。頭は別として体だけは、負けないとたかをくくってましたが、歳なのですね。5~6年前くらいから
膝の痛みを感じてましたが、それが6月に梅の収穫時に、激痛が走った時から
足を引きずるようになってしまい、hospitalでMRIを撮ったら、一週間位の入院が必要といわれ、その説明をきょう聴きに行ったら、なんと!人口関節にするから、一か月
必要といわれ「あんぐり」です。月曜日に家族と来るようにと、先生からいわれてます
高齢の義母は、いつ容態が変わってもおかしくない、といわれてるのに、どうしようと
思ってます。のんきな人生のうちの最大のピンチdangerここは腹をくくって先生のいうことを聴こうと思います。omoromachiさんの職業にかんするようなことをかいて申し訳ありません。でも言ってみたかったんです。スッキリしましたtulip

フレミング博士に感謝です。カビというと害があるというイメージがありますが、科学者はイメージや損得や害や益ということでなく、事実そのものを追求しようとするというところがいいなあと今日の話で思いました。(omoromachiさんの話したいことと違うかもしれませんが)
現象を見て、なぜかな、何かな、その原因はと事実に即して考えていくところに新しい発見があり、人類に貢献する新事実を知ることになるのですね。頭でっかちな人ほどこうしたすなおに事実を追求することができにくくなるのに、科学者は賢い博士でもこうして事実を素直に受け止めて追及できるところが素晴らしいですね。私たちもこんな科学の目をもちたいですね。私たちの目はかすんでいて、事実が見えないのではないかと思われる時がありますから。

フーミンさん、こんばんは。

膝を悪くしたのですね。膝の病気で1番多いのは変形性膝関節症ですが、フーミンさんもそうかも知れませんね。 長年使った膝の軟骨がすり減って、関節が変形し痛みや動く範囲が狭くなるようなります。

私は整形外科医ではありませんが、日本において股関節と膝関節の人工関節置換術は年間12万人の方がお受けのようです。

しっかりと説明を聞かれて、疑問点があれば主治医の先生に質問されて下さい。

術後もリハビリが続きますが、早く痛みが取れることをお祈りしていますね。 頑張って下さいねheart01

はるかさん、こんばんは。

事実をしっかりと見つめて追求することは、人が生きる上で重要だと思います。

私達は自分の都合のよいように物事を解釈して、現実や事実から目を背けてしまうことも多いと思います。

特に複雑になればなるほど、一つ一つを分解して、その事実を追求することで本質が見えてくることもあり、それをやれるように日頃から自分の目を鍛えておかないといけないかもしれません。

自分が偉いと勘違いをしてしまうと、人としての道を踏み外してしまうこともあるかも知れません。 フレミング先生のように「青カビ」のような弱い立場の人にも敬意を払いたいものですheart04

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/60368941

この記事へのトラックバック一覧です: 青カビが作り出した抗生物質:

« 老人よ、大志を抱け | トップページ | 今週の生け花(2014年9月第4週) »