フォト

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

世界を夢見て 5:アンカレッジ経由

昔から旅行をしていたか方々にとってはアンカレッジ経由の北回りのヨーロッパの旅は懐かしいのではないでしょうか?

そのようなことを思い出したのは、ウクライナ情勢でロシアと欧米各国が対立する中で、欧米各国の飛行機に対してロシア領の通過を認めないなどの駆け引 きが起きているニュースを聞いたからなのです。

Th_
日本からヨーロッパへ向かう時にロシア上空を欧米各国の飛行機が飛べなくなる場合、昔のようにアンカレッジを経由する路線になってしまうのでしょうか?

私が始めてヨーロッパに旅行に行ったのは昭和60年頃で、当時はまだ冷戦時代で西側各国がロシアや東欧の領空を通過できない時代でした。  給油の目的が大きかったでしょうが、北回りで初めてヨーロッパに出かける時にはアラスカ経由となり、行きも帰りもテッド・スティーブン・アンカレッジ国際空港に降りることになりました。 その当時のアンカレッジ国際空港は日本人の観光客のため、大変賑やかでした。 日本人向けのうどん屋があり、日本食も食べることが出来ました。

私は当時独身で、買物にも全く興味がありませんし、ブランド品も知りませんでした。行きも帰りも小さなスーツケースで、機内持ち込みも歯磨きと本だけでした。 当時はバブルが始まった時期で、日本人の購買意欲は凄いものがありました。 今思えば異常だったことがよくわかります

特に日本への帰国の際には、この給油地でのTh_dsc02806買い物は凄まじいものでした。まるで正月のバーゲンセールの光景のようでした。 すでにヨーロッパを発つ時に大きなスーツケースにぎっしり詰めて、手荷物も土産で一杯でしたので、機内の手荷物入れはこれ以上もう入らない状態となっています。 その状況下で最後のアンカレッジでまた多量の買物をする方もいましたので、日本に到着までの数時間は座席周囲は物で溢れていました。 

中国やアジアの国々がヨーロッパで根こそぎブランド品を買いあさる風景を見て、時々日本人は好ましくない様な印象を持つようですが、私としては昔の日本人を見ている気がします。

その後、無給油でヨーロッパや北米東海岸にも飛べるようになったり、1990年代の冷戦後、ソ連政府も外貨獲得のためシベリアルートを解放したため、アンカレッジは寂れてしまいました。最後にアンカレッジ経由をした時には本当に何もないような小さなターミナルになっていて寂しさを覚えました。いまでは貨物便のハブ空港として賑わっているようです。

ウクライナ情勢もこんな所にも影響があるのですね。上手く解決して欲しいものです。

(次回はモスクワ経由の話をしようかと思っています)

2014年9月27日 (土)

今週の生け花(2014年9月第4週)

早いもので今週で9月も最後の週となります。Th_dsc02835 この南国の沖縄でも朝晩の暑さが和らぎ、秋の気配を感じます。

先週、病院に不在で生け花を紹介出来ませんでした,今週はちゃんと撮影して来ました。

今週の生け花はやはり秋を感じさせてくれる花材を使っています。それぞれの色がハッキリしていて、それぞれの自己アピールが強いです。 それでいて良くまとめられているのは、生け花を飾ってくれた方々のセンスが光っているからでしょうか?

花器が岩のように重みがありそうで、その周囲を枯れつるが囲んでいて、重心を低くすることで、生け花全体の安定感を与えてくれています。 

Th_dsc02838色の透かし百合が存在感を発揮しています。 その黄色の色合いを引き出しているのが、レモンリーフの大きめな葉とその後面のソリダスターの小さなが葉が同系色で緑で統一されているからなのでしょう。 レモンリーフはその葉っぱの形がレモン似にているからつけられたそうです。 北米原産のツツジ科の低木ですが、その葉を花材としてよく使われているそうです。 カーネーションの赤も今回は透かし百合の引き立て役の様です。

クリの緑を青の色が季節感を出しています・・・・「小さい秋みつけた」でしょうか

透かし百合の蕾と花を見ていたら、何となく「ぷぁ〜と両手を太陽に向かって広げたい衝動に駆られてしまいました。

Th_
今日も最後にイメージを崩してしまいました・・・生け花クラブの皆様怒らないで下さいねhappy01

<花材:クリ、透かし百合、カーネーション、ソリダスター、レモンリーフ、枯れつる>

2014年9月24日 (水)

青カビが作り出した抗生物質

今日のFMレキオは「真菌症」について話をしました。{真菌症(水虫、爪白癬)については以前のブログに書きましたので、もしよろしければご覧下さい→http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-e079.html

 

今日のブログは青カビが作り出した人類初の抗生物質、ペニシリンについてです。 今では、医療界に取って抗生物質がないなんて想像出来ませんし、特に外科医にとっては抗生剤がなければ治療困難な症例が殆どかも知れません。

Th_ しかしこのペニシリンの発見も偶然だったのです。イギリス人の細菌学者のフレミング博士はシャーレの中でブドウ球菌の培養を行っていたのです。本来ならブドウ球菌の培養の皿に他の菌などが入ることは、コンタミネーション(contamination)といって実験の場における汚染ということで、実験そのものが成り立たない失敗例となります。  

ある時、このブドウ球菌の培養の中に青カビが混入してしまったのです。そしたらその青カビの周囲だけブドウ球菌が入り込まず、円形に抜けていることに気がつきました。 単に実験の失敗ではなくて、この青カビの周囲だけ菌が増殖しない何かがあるのだろうと、この原因を探ったわけです。

今度は青カビを培養して、その抽出液を取り出してブドウ球菌の培養液に垂らすと、その部分だけやはりブドウ球菌が生えなかったのです。 つまりこの中の物質に菌を増やさない何かがあることを理解したのです。フレミング先生は青カビに敬意を払い、その物質を青カビの学名に因んで「ペニシリン」と名付け、その後改良を重ね、人類初の抗生物質が出来たのです。

この発明により第二次世界大戦の時に多くの負傷兵を感染症から救うことが出来ました。その業績によりフレミング博士は1945年にノーベル生理学・医学賞を受賞なされてます。

偶然の、それも失敗だった実験からこの様な偉大な発見があったのです。「失敗は成功の基」のようなお話ですねhappy01

(2014/09/24のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182365231

2014年9月15日 (月)

老人よ、大志を抱け

以前ブログで親父が亡くなった時、沢山の知識を持った人が亡くなったことが残念であったと書きました。                Th_img_0999

日本は高齢化社会を迎え色々な問題が持ち上がって来ています。
今や、高齢者は隠居しての時代ではなくなっています。それは現実の問題として生活を支えるために働かなければならないこともあります。

日本を初め先進国において女性の社会進出と共に働きながら子供を育てる方策が模索されています。 しかし一番頼りにされているのはその親すなわちお婆ちゃんお爺ちゃん達なのです。 子供はエネルギーの塊のような存在ですのでその面倒を見るのは大変なことです。 

Photo しかし人間には自分の子孫を繁栄させようという要求があります。 他人の子供の面倒はみれなくても孫はみれると思います。 その意味では現代の日本の老年者には最高のベビーシッターとの役割があります。退職後おいそれとのんびり出来ないことも多いのです。

今社会が微妙にぶれ始めています。時代の語り部としての役割もあります。 これまでの様々な生きる知恵だったり、社会や政治のあり方が何かおかしいと長い経験から察知出来る力を身につけていると思います。

敬老の日に際し、自分の生きてきた経験を基に未来への夢を語って欲しいと希望します。 老人達よ!若者たちに格好いい生き方を見せてやって下さい(Boys,be ambitious like a old man.)

2014年9月13日 (土)

今週の生け花(2014年9月第2週)

中秋の名月を眺めながら、秋の気配を感じる今日この頃ではないでしょうか。 沖縄はまだまだ暑く、また晴れると夏のような日が差し戻ってきますが、それでも少しずつ秋の気配を感じます。Th_img_1073

今日も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆様が先生の指導の下に生け花を活けてくれていました(いつも有り難いことです)。

今回は小さなスペース全体を使った作品です。ゴムロの青々とした力強い枝葉が安定感のある空間にしています。枝ヤナギは丁度秋の風になびくような曲線を描いています。この細くしなやかな曲線のお陰で秋の気配を感じさせてくれます。

アスターは和名では「エゾギク」というそうで確かに菊のような花びらです。面白いのは,同じ茎から花の色が違いとても艶やかで賑やかです。中国北部の冷涼な乾燥地帯を故郷とするキク科の草花だそうです。日本では主に夏の切花、特に仏花Th_9 として多く利用されているそうですが、私の実家では仏壇でこの花を見たことがありません。 やはり寒い地方で咲くからなのでしょうか?

黄色のカーネーションリンドウ、このアスターもやはり秋を感じます。

現代社会は慌ただしくて、季節をゆっくりと楽しむことが少なくなったと思います。 しかし、自然を直に感じ取っていた昔の日本人は月を見ながら色々と感じとっていたのだろうと想像します。 秋の夜長、時には万葉の世界にも心を馳せてみましょうかheart

<花材:ゴムロ、枝やなぎ、アスター、カーネーション、リンドウ>

2014年9月10日 (水)

高尿酸血症・痛風について

2014年9月10日のFMレキオ「いきいきタイム」は高尿酸血症・痛風について話をしました。

最近テレビのニュースでビール各社がプリン体ゼロのビールを発売し、味だけでなく健康志向の方をどう取り込むかがヒットにつながると話をしていました。

糖質ゼロ、プリン体ゼロの文字がビールのラベルにも大きく載っています(ついでにアルコールゼロならもっといいのに?←ビールとは言えませんねcoldsweats01

高尿酸血症は血液の中の尿酸値が高くなる病態です。では尿酸は何処で作られるのでしょう。 尿酸の元になるのはプリン体という物質です。

人間の体は常に新陳代謝を繰り返しています。古い細胞が壊れる時に細胞の中の核酸が壊れ、プリン体ができますプリン体は分解されて尿酸になります。 プリン体が体内で発生する以外では食品(肉類や卵、ビールなどには多く含まれます)から入って来ます。

高尿酸血症に関しては、症状が激烈なため20130703 それによって起こる「痛風」が有名かも知れません。 しかし高尿酸血症は糖尿病と同様に生活習慣病の範疇に入り、血液の中の尿酸値が高くても症状に現 れにくい場合があります。 長年持続することで、動脈硬化を進行させて、狭心症や脳卒中などの原因、腎機能悪化や尿管結石の原因ともなり、合併症の病気と言われています(糖尿病も似た病態です)。

体に貯まった尿酸は腎臓から尿と共に排泄されます。尿酸が高くなるのはプリン体が必要以上に多くなるか、腎臓から排出されにくい場合です。

高尿酸血症においては、尿酸の濃度が高くなり、血液中に溶けなくなった尿酸の結晶が体中に出てきます(水に溶けた塩が水分が蒸発して濃くなると結晶 として出てくるようなものです)。 これが関節の中に出てくると、私達の体は異物とみなして白血球が攻撃をして、炎症を起こし関節が腫れ上がって痛みが出てき ます、これが痛風です。1番多いのは足の親指の関節です(他の関節にも起こります)。

Th_036 痛みは強く、風が当たっても痛いとのことで「痛風」という名前になっています。痛みが強いときは鎮痛薬と尿酸を下げる薬を使います。 何もしなくて も一週間程度で収まりますが、高尿酸血症を放っておくと6〜12ヶ月に1回程度再発し、次第に間隔も短くなり、関節も広範囲になっていきます。

痛風発作は殆どが男性で起こります。これは女性ホルモンが腎臓から尿酸を排出する作用があるからで、閉経後の女性は尿酸値が高くなる傾向となります。

戦前の日本人には少なかったのですが、高脂肪・高カロリー食となった日本では糖尿病と一緒に増加しています。

最後に、プリン体ゼロのビールは痛風(高尿酸血症)を防げるか?・・・・アルコールの分解の過程で尿酸値は上昇しますし、尿酸の排泄を遅延させます。ですので完全に防ぐことは出来ませんが、プリン体が含まれていない分だけ抑制されると考えられています。 まだ日本では長期的に尿酸値を抑制したかについてはまだ分かっていません・・・折角期待していた方にとっては余計な一言でしたでしょうかcoldsweats01

2014年9月 6日 (土)

今週の生け花(2014年9月第1週)

9月に入りましたのに、天気が安定しません。Th_img_1036 今日の沖縄は雨で、どんよりとした雲に覆われています。

外の天気は曇りですが、生け花の飾られている2階は秋晴れですhappy01

真っ白な花器にデンファレの華麗な紫が映えます。 小菊の黄色は華やかで、蕾の百合の何とも言えない淡い黄緑の蕾が美しいです。 花器の直線とマーニの葉が一体化し、その後方の千年木の存在が奥行きのある空間を作り出しています。

Th_ デンファレはハワイ(最近では沖縄でもでしょうか?)などでは歓迎の意味でのレイ(首飾り)などで使われていますので、比較的目にする洋ランのひとつです。

花の色もピンク、赤、黄、紫、白など沢山在るそうです。 正式名は「デンドロビューム・ファレノプシス」と言うそうです(憶えきれませんweep)。

デンドロビウムの名前の由来は、ギリシア語で「樹木」という意味のデンドロンと、「生命」「生活」という意味のビオスから来ていて、原種が他の木に着生して成長することから由来しています。花言葉は「わがままな美人」「お似合いの二人」「魅惑」「有能」だそうです。皆様はどちらを取りますでしょうか?                    Th__2

生け花が飾られていた日は百合が蕾でしたので、花が開いた時を待っていましたら、今日、開花しましたので写真に載せます。 恥じらいのある乙女のようです(←いかん!オジサン趣味になってしまっていますcoldsweats01

いつもながら花が開く力強さは生命に溢れていますheart01

<花材:マーニ、百合、千年木、デンファレ、小菊>

2014年9月 3日 (水)

デング熱について

今日のFMレキオは急遽デング熱について話をしました。
デング熱は世界中の熱帯地方を中心に毎年5千万人から1億人が罹るウイルス感染症です。

日本では多くの場合、渡航先(外国)で感染し帰国(入国)後に発症、あるいは感染した蚊が荷物などと一緒に入って来たことによる感染(確定は出来ていません)が殆どで、日本で毎年100〜250人の方が発症しています。
(実は戦中、戦後直ぐには南方戦線からの人や物資の移動にて日本でも20万人の方がデング熱に感染しています)

Photo 今回、そのような渡航先と関係の無い方が国内で感染したことが問題となっています。

世界中の熱帯地域を中心に多数の感染者がいます。 ウイルス性疾患ですので、デングウイルスは自分では増殖できず蚊や人間の生きた細胞の中で増殖して、繰り返し感染が起こります。 特殊な状況(感染者からの輸血など)を除いて、インフルエンザのように人から人に感染することはありません

感染者の血液を吸った蚊の中で4〜10日するとウイルスが増殖して、蚊の唾液腺の中にもウイルスが出現し、伝染する力を持ちます。 

ご存じの方も多いと思いますが、血液を吸うのはメスだけです。メスは卵巣を発育させるため血液の栄養分を必要とします。 蚊の多くは一ヶ月程度の寿命ですが、血を吸って1回に300個ぐらいの卵を産み付け、また血液を吸って産卵する・・・これを5回程度行い寿命が尽きます。 オスはとなると交尾後人知れず(coldsweats01)死んでしまいます。

蚊は血液を吸う時、痛みでばれたら私達に叩きつぶされてしまいます。そのため麻酔薬に似た作用のある蚊の唾液を注入し、皮膚を麻痺させて血を吸って行きます。 まんまと吸ったあと、私達は痒くなり刺されたことに気がつきます。痒くなるのは蚊の唾液に対するアレルギー反応なのです。

唾液にウイルスを持った蚊に刺されてから、3〜14日で発症します。感染しても50〜80%の方は無症状です。 症状は発熱(40度近くなります)、頭痛、目の奥の痛み、筋肉痛、関節痛が出ます。インフルエンザに似ますが違うのは、50〜80%の方に1〜2目に皮膚の紅斑が現れ、4〜7日目に全身に発疹が出現します。多くの方は7〜10日で改善して行きます。Photo_2  

日本国内で2006年から2010年の間にデング熱と診断された患者581名について調べた結果、重症(デング出血熱)となったのは24名(4.1%)で、死亡者はいませんでした。重症型のデング熱を放置した場合は10〜20%の致死率とされています。

デングウイルスは4種類のタイプの違いがあり、違うタイプを刺された時に重症化するのではないかと推測されています。

まだワクチンや抗ウイルス薬はありませんので、対症療法しかありません。 先ずは蚊に刺されないように予防が必要です。 媒介する種類の蚊の成虫は日本では10月頃にはいなくなります。それ以降の感染はなくなり、日本での大流行はないと考えられています

地球温暖化と共に熱帯地方の風土病といわれたデング熱も日本で今後常在化して行くことも予想されています。 現在感染地域の北限は台湾ですが、まもなく沖縄、日本でも普通の病気となってゆくのかも知れません。今後目の離せない疾患となると思われます。

早くワクチンや治療薬が開発されて欲しいものですhappy01

(2014/09/3FMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182357723

2014年9月 1日 (月)

初恋の人に似ている;トワ・エ・モア

8月も終わり、9月になりました。沖縄はまだまだ夏が続くと思いますが、本土にお住まいの方々から秋を感じさせる便りが届きます。

もう秋ですものね。 子供の頃より夏が終わり少しずつ日が落ちるのが早くなってくると、学校の帰り道でとても悲しく、寂しくなったことがありました。 

昨夜自宅で「もう秋だな〜」などと考えながら、ギターを弾いていました。 こんな秋を想い浮かべる曲の中にトワ・エ・モアさんが唄っていた「誰もいない海」がありました。近くの海岸を歩きながら、8月あんなに賑やかだった海が9月に入ると閑散としている風景がとても悲しかったことを思い出しましたweep

Th_ トワ・エ・モアさんの歌詞カードの次の曲に「初恋の人に似ている」というタイトルの曲があり、何十年ぶりにこの曲を唄ってみました。 最近はこんな歌詞を書く人は少なくなったと感じながら唄ってしまいました。 

昨夜、歌詞カードを見て、初めてこの曲の作詞・作曲が「北山修」さんと「加藤和彦」さんの名コンビの曲だったことを知りました。 以前ブログにも載せた「あの素晴らしい愛をもう一度」も北山さん加藤さんのコンビによる作品でした。

この歌はきっと誰もが心の中にしまっている大切な想いのひとつなのかも知れませんconfident。 それは少しの優しさと愛かも知れません。 それでも時々淡い初恋を思い出し、心がキュンとなるのです・・・

自宅で録音してみました。もしよろしければお聴き下さい。

">

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »