フォト

« 2014/08/10沖縄 | トップページ | 今週の生け花(2014年8月第2週) »

2014年8月13日 (水)

「食あたり」と「食中毒」は違うのか

今日のFMレキオは先週に引き続き、夏場に多い食中毒の話をしました。
先日、「食あたり」と「食中毒」の違いは何ですかと言う質問を受けました。

何となく「食あたり」は軽症で「食中毒」は重症なニアンスを持つのではないでしょうか。 食中毒となると集団食中毒と同じ様に何か事件性でもあるような印象を受けます。 

Th_img_0779 ネットなど色々な所で、「食あたり」と「食中毒」は同じ意味ですと書いてあります
「食あたり」は医学用語ではありませので、厳密な定義では区別出来ないところろがありますが、食中毒が1番近いのは確かだと思います。

私なりの意見(間違いがあるのかもしれませんが)では、食あたりと食中毒は少し違う気がします。食中毒の方がより範囲が広いように捉えています。

食中毒の「中」とは「あたる」という意味です。 ですので食中毒とは「食べ物の毒にあたる」と言う言葉から派生したと思います。 昔は「毒」とひっくるめていたものが、細菌やウイルスの感染によるもの、この細菌が出す毒素であったり、キノコやフグなどの自然毒であったり、ヒ素や水銀などの化学物質によるものなど、色々な原因として判るようになりました。食中毒といっても原因も症状もかなり幅が広い定義になって来ています。

医学用語である「食中毒」も次第に細分化しされなければ実態が掴めない病態となっている気がします。

脳卒中という医学用語がありますが、それも「脳が卒(にわ)かに邪気に中(あたる)」ことから派生しましたが、今では大きく血管が詰まる脳梗塞、血管が破れて出血する脳出血に分類され、更に細かく原因が分かれるようになっているのと感じがにています。

色々な原因や病態が分かれるのを無理矢理「食中毒」と1つの範疇で捉えるには無理がありますが、逆に次第に色々な問題が出て来て細分化しすぎると、膨大な数になってしまい名前をつけるだけでも大変な作業になるかも知れません。

食中毒は口から入ってきたものにより起こす健康障害を言うので、細菌性(ウイルス性)の感染性食中毒、フグやキノコなどの自然毒による食中毒、化学物質(ヒ素など)による食中毒などがあるのです。

あれ、何の話なのか判らなくなりましたね。 「食あたり」と「食中毒」は近いとは思いますが、少なくともヒ素などの化学物質によるものは食中毒と呼んだとしても、食あたりとは言わないのではないでしょうか?(あまり医者らしくない意見ですがcoldsweats01

食中毒は医学用語で、食あたりは一般呼称。何度なく記号で書かけば
(食中毒)≧(食あたり)」のような気がします。

(2014/08/13FMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182349244

« 2014/08/10沖縄 | トップページ | 今週の生け花(2014年8月第2週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
食中毒。。。怖いですね~
世間で恐れられているO157。
私は数年前、山中で撮影していて持参した食料を手で直に食べたことがありました。
その後発熱と嘔吐、下痢を繰り返し撮影どころではなくなり下山したことがあります。
病院で検査の結果O152だと言われた記憶があります。
点滴と投薬で二日ぐらいで回復しましたが、ドクターから手づかみの食事はこの時期怖いよ~って言われました。
ちなみにO152?。。。いっぱい種類あるみたいですね。
O157でなくて良かったです。

こんばんは^^
中という意味に「あたる」という語源があるのは
たまたま今朝の新聞の記事の中にあり知りました。
「暑気当たり」の当が間違いで「暑気中り」と書くと。
「熱中症」「食中毒」の「中」は常用漢字表には「あた(る)」の読み方が無いので
新聞では「暑気あたり」と平仮名で表記するとのことでした。

私も話がそれちゃいましたが 子供の頃は母はよく言っていました。
スイカと油モノを一緒に食べると食あたりするから食べたら駄目よ!と。
昔は食あたりと言っていたんでしょうね。

先生 今日も沢山勉強しました。ありがとうございました o(_ _)oペコッ

EOSのパパさん、こんばんは。

食中毒怖いですよね。夏など屋外で頂く場合、常温で数時間経った食品を食べあたる場合もあります。 折角のバーベキューなどを楽しんだ後、食中毒となって大変な思いをする方も多くいらっしゃいます。

大腸菌と言うぐらいですので、大腸などには普通にいます。大腸菌は非常に種類が多くて、菌の抗体によってO型と H型に大きく分けます。 それぞれに発見された順に番号がついていますので、0(オー)-152とは、O型の抗体を持った大腸菌で152番目に発見された菌となります。

全ての大腸菌が悪さをするわけではありませんが、0-157はベロ毒素という毒素を産生するためにより重篤となる場合があり死亡者もこれまでに多数出ています。

はっきりはしませんが0-152はそれほど強力な株ではなかったような気がします。 いずれにしろ重症にならなくて良かったですね。

愛さん、こんばんは。

熱中症も脳卒中に使われる「中」はあたるという意味で使用されて、熱にあたるから熱中症。脳がにわかに(卒)に邪気にあたると言う意味で使われています。 

「命中する」「適中する」も同じような使い方ですね。

昔は食事の組み合わせが悪くて気分不調などを起こす場合に食あたりと言っていた記憶があります。

私は食中毒症状が出ても、いきなり食中毒とは断定しません。 患者さんにとっては食中毒となると外食などをしている場合すぐに保証や訴訟の問題に繋ぎ込まれないためで、食中毒が疑われる場合は検査を行い、保健所に相談しながら進めて行きます。

食あたりのほうが私的には穏やかな気がしますcoldsweats01

omoromchi様
いつもためになる話ありがとうございます。
「O-157」が出てから,学校給食では
生野菜のサラダがなくなりました。食中毒を
さけるための対策だと聞いています。

食あたりに気を付けて夏場を乗り切りたいと
思います。

nadoyamaさん、おはようございます。

0-157による食中毒は時々散見されていたのですが、平成に入って学校給食のサラダやユッケなどにより0-157のベロ毒素による死者がでたために、学校給食などは特に厳重となり生野菜のサラダを出しにくい状況となっていると思います。

食中毒菌による傷害は菌そのもによる場合と作り出された毒素によるものがあります。 人間の体も排出するために下痢を起こしている側面もありますので、食中毒の場合脱水に気をつけながらも下痢止めなどは使用しません。 下痢止めを使い菌を体内に封じ込める方がよりひどい状態となります。

学校など夏場の楽しい行事で食中毒は怖いのでやはりしっかり予防対策は取っていれ下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/60139630

この記事へのトラックバック一覧です: 「食あたり」と「食中毒」は違うのか:

« 2014/08/10沖縄 | トップページ | 今週の生け花(2014年8月第2週) »