フォト

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

今週の生け花(2014年8月第5週)

もう8月も終わりですね。 沖縄はまだまだ暑い日が続くと思うのですが、何故が8月が終わるとなると妙に寂しい気持ちになるのです。 子供の頃の楽しかった夏休みが終わる寂しさは、何十年経ってもトラウマ(?)として私に残っていますcoldsweats01                      Th_img_1021

そのような気分を吹き飛ばして、軽やかにしてくれる生け花がいつもの2階のスペースに飾られていました。

今週の花材はバラと小菊だけです。正確にはバラの花と実と小菊となります。それでもこれまでの組み合わせで最少単位です。

お花を眺める様になって初めてバラは咲いた後の実も花材として使うTh_2014084 のだと感心したのを思い出しました。 きっと生け花クラブの皆さんに教えて頂かなければ「このつぶつぶはこれらからどんな花を咲かせるのですか?」と質問していたかも知れませんcoldsweats02

バラの実の緑色の可愛らしいつぶつぶのお陰で、秋の乾燥した空気感が漂っています。 うっとうしくありませんlovely

情熱的で夏の赤いバラから、清々しい純情な秋の小菊に季節も移り変わって行くのでしょうか?

来週から9月です。皆様にとって9月はいいことがありますようにheart04

<花材:バラ(花、実)、小菊>

2014年8月27日 (水)

永遠の手術ビルロート法

今日のFMレキオは胃癌について話をしました。

現在においても(固形)がんの治療の第一は手術をして病巣を摘出することにあります。 摘出を基本にするのですが、消化器に関しては摘出後に消化管の再建という一連の操作が残っています

例えば肺がん、乳がん、甲状腺がん、子宮がん、腎がんなど多くは摘出をすれば終わりですが、消化器は食べ物が通る臓器ですので、つなぎ直さなければ食事がとれないわけです。

Th_ 1881年(明治41年)に胃癌手術で胃を部分的の取って、再建を行う手術で初めて成功した先生はオーストリアの外科医師ビルロート(テオドール・ビルロートChristian Albert Theodor Billroth)でした。 

この手術は胃の十二指腸側を切除し、残った胃と十二指腸をつなぐ手術方法で、彼の名前を取ってビルロートⅠ法と呼ばれています。
残った胃と十二指腸との距離があって直接つなげない時に十二指腸の奥の小腸(空腸)を持ち上げて、胃と空腸をつなぐ術式もビルトート先生が考案し成功したため、ビルトートⅡ法と呼ばれいます。

21世紀の今でも19世紀の手術法が胃の手術の主流です。 色々な手術方法が編み出されていますが、この術式を越えるスタンダードな手術はありません。

もう一つの胃のスタンダードな手術として、Th__2 胃を全部取った時に、一旦空腸を切り離して、切った奥の小腸(空腸)を持ち上げて、食道と空腸をつないで、下の方で切り端の空腸を空腸とつなぐ方法をRoux-Y(ルーワイ)法と呼んでいます。ビルロートⅠとⅡとRoux-Y法が胃の外科の永遠のスタンダードな術式なのです。

昔の先人達は凄いです(100年過ぎても輝いている術式ですhappy01)。

胃の役割として、食事を貯める、胃液などを出して食べ物を消化し、お粥状に撹拌し、3〜5時間かけて十二指腸に送り込んで、小腸での消化吸収を助けます。更にビタミン吸収に必要な内因子を出すなどがあります。

手術で胃が小さくあるいは全部なくなると、食べ物の貯留能が低下しますので、1度の食事で沢山とれません。 そのためにはゆっくり食べて、少量を何回かに分けて食べる必要がありますし、一気に食べると小腸が刺激されて腹痛や冷や汗などを起こしてしまいます。 人間の体は実に巧妙に出来ています。

(2014/08/27のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182354861

2014年8月23日 (土)

今週の生け花(2014年8月第4週)

2014年8月の第4週も日本、世界で沢山のことが起きました。 広島での土砂災害では沢山の方が犠牲となり未だに不明者も多いと聞いています。犠牲者のご冥福を祈ると共に少しでも復旧が進むことを願っています。                  Th_img_0996    

今週も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました(いつも有り難いことです)。 

今週の生け花は華があります。 強弱がついていて色もはっきりしています。 からっとした夏の空をイメージさせてくれます。

花器と三つ叉がすっきりとした感じを与えてくれますし、赤と緑の唐辛子もラインが鮮明で、全体としてスパッと切り抜くことが出来ています。

唐辛子は本当に鮮やかな色彩ですね。唐辛子は南米原産ですが、今では世界中で香辛料として使用されています。 辛いのが苦手な私としては激辛などを食べると走って逃げたくなるぐらいですcrying 

Th_81 唐辛子の辛味主成分はカプサイシンと言う物質で、胃や腸などにもこのカプサイシンに対する受容体というのが存在します。 唐辛子を食べるとこの受容体が刺激されて、胃粘膜血流が増加、胃粘液の分泌を促進し、胃酸の分泌が抑制されて胃粘膜が保護します。 なんとなく胃薬みたいな作用ですね。 

確かにその作用を利用した胃薬もあるのです。 ただし過剰に摂取すると胃痛、腹痛を起こし消化器の粘膜の障害が発症しますので、何事もほどほどがよいようです。

辛くないのですがピーマンやシシトウなども唐辛子と同じ仲間だそうです。確かに見た目は似ています。

生け花と違う方向に話が進んでしまいました。お許しを

<花材:三つ叉、トウガラシ、リンドウ、小菊>

2014年8月18日 (月)

戦争を知らないおじさん達

昔、「戦争を知らない子供たち」という曲がありました。中年以降の方にはなじみの曲かも知れません。

戦後69年経ち、戦争を知らない子供達もおじさん、おばさんになったと思います。

Th_ あの大戦直後、世界中の人々(戦争に勝った国も負けた国も)がもう2度とあの悲惨な戦争をしたくないと思ったと考えます。

戦争は勝つ方も負ける方も辛い思いをします。戦争で嬉しいのは武器商人か愚かな政治家(軍部)だけなはずです。

今世界中、日本もでしょう。戦争の記憶が薄れ、バカなメンツに支配されようとしています。

寡黙の父親が言った言葉がいつも思い出されます。 オヤジがある日ポツリと言ったのです。「勉強が出来るのがどんなに素晴らしいことかお前は分からないいけない。自分の青春は戦争に奪われた」と

戦争について話すことがないオヤジからこのことを聞いて、辛い受験勉強を乗り越えることが出来たような気がしています。 人を殺すことに青春を捧げるより命を救う方に青春を捧げる方がどんなに素晴らしいことなのか、どんなに幸せなのかと・・・・

日本が戦争を行った中国や朝鮮半島などの人々に関して、戦争を指揮した人間達を除いて、戦争の犠牲者なのです。本当は犠牲者同士なはずなのに、訳の分からない国のメンツを代弁する側に回っていてお互い敵対しあっています。

私は戦後生まれで、一番良い時代を生きてきたかも知れません。戦後69年経って、自分はぬくぬくと生きてきたのに、子や孫の時代に戦争が出来るようになりつつあるのではないかと考えると辛いのです。

世界のリーダー達は全力で戦争のない世界をつくろうとしていません。それより自分だけは負けないようにと軍拡を計っているのです。世界中の人々もその様な一部の人に付き合う必要はないのです。 「戦争をしたければ何処かの無人島でどうぞ」と言いたくなるのです。

自宅で「戦争を知らない子供たち」を唄ってみました。作詞が北山修さんで作曲が杉田二郎さんです。「若すぎるから・・・髪の毛が長いと・・・」と唄っていた当時の子供(私)も今や髪の毛もなくなったおじさんに変貌してしまっています。時代は流れていますが、風化させてはいけないものもまだまだ沢山あります。

">

2014年8月16日 (土)

今週の生け花(2014年8月第2週)

台風が通過後も雨の日が多く、沖縄らしい青空が広がっていません。今日も雨です。 皆様の所は如何でしょう?
Th_img_0967
今週も生け花クラブの皆様が2階のいつもの場所に生け花を活けてくれていました。 

外来や内視鏡検査にゆく前にその角を通るのですが、今でも新しい生け花が飾られていると、心の中で「やったね!」とガッツポーズを取りながら通り過ぎて行きますhappy01

今回の生け花は太井(フトイ)の直線的な枝を上手に使い、花器と共に全体の輪郭を整えています。
太井と同じ様な使い方に砥石の枝があるのですが、これはやはり節があって男性的なのですが、それと較べると太井は節もなく細く柔らかい感じが女性的です。                  2014816

左側にヘリコニア雪柳小菊を真っ直ぐ、高めに配置し、右側は高さを一段低くして同じ様にトーチジンジャー雪柳、小菊を配置しています。

ヘリコニアトーチジンジャーは紅色で、ともに大柄で、真夏にもへこたれないような力強さを感じさせるお花です。 そのお陰で涼しげに揺れる柳と菊を飾っても安定感がありますね。

Th_ 食い意地がはっているせいでしょうか? トーチジンジャーがお祭りの屋台などで見かける、アメリカンドッグや飴に見えてしましますし、焼きトウモロコシにも見えて・・・・次第に美味しそうに見えて来ましたcoldsweats01

どうせなら2階の小さなスペースで「盆踊りでもしようか」と考えながらイラストを配置して見ましたshine 

また今回も生け花クラブの皆様怒らないで下さいね。 夏だ!、祭りだ!、花火だ!・・・夏休み楽しんで下さいね

<花材:ヘリコニア、太井、トーチジィンジャー、雪柳、小菊>

2014年8月13日 (水)

「食あたり」と「食中毒」は違うのか

今日のFMレキオは先週に引き続き、夏場に多い食中毒の話をしました。
先日、「食あたり」と「食中毒」の違いは何ですかと言う質問を受けました。

何となく「食あたり」は軽症で「食中毒」は重症なニアンスを持つのではないでしょうか。 食中毒となると集団食中毒と同じ様に何か事件性でもあるような印象を受けます。 

Th_img_0779 ネットなど色々な所で、「食あたり」と「食中毒」は同じ意味ですと書いてあります
「食あたり」は医学用語ではありませので、厳密な定義では区別出来ないところろがありますが、食中毒が1番近いのは確かだと思います。

私なりの意見(間違いがあるのかもしれませんが)では、食あたりと食中毒は少し違う気がします。食中毒の方がより範囲が広いように捉えています。

食中毒の「中」とは「あたる」という意味です。 ですので食中毒とは「食べ物の毒にあたる」と言う言葉から派生したと思います。 昔は「毒」とひっくるめていたものが、細菌やウイルスの感染によるもの、この細菌が出す毒素であったり、キノコやフグなどの自然毒であったり、ヒ素や水銀などの化学物質によるものなど、色々な原因として判るようになりました。食中毒といっても原因も症状もかなり幅が広い定義になって来ています。

医学用語である「食中毒」も次第に細分化しされなければ実態が掴めない病態となっている気がします。

脳卒中という医学用語がありますが、それも「脳が卒(にわ)かに邪気に中(あたる)」ことから派生しましたが、今では大きく血管が詰まる脳梗塞、血管が破れて出血する脳出血に分類され、更に細かく原因が分かれるようになっているのと感じがにています。

色々な原因や病態が分かれるのを無理矢理「食中毒」と1つの範疇で捉えるには無理がありますが、逆に次第に色々な問題が出て来て細分化しすぎると、膨大な数になってしまい名前をつけるだけでも大変な作業になるかも知れません。

食中毒は口から入ってきたものにより起こす健康障害を言うので、細菌性(ウイルス性)の感染性食中毒、フグやキノコなどの自然毒による食中毒、化学物質(ヒ素など)による食中毒などがあるのです。

あれ、何の話なのか判らなくなりましたね。 「食あたり」と「食中毒」は近いとは思いますが、少なくともヒ素などの化学物質によるものは食中毒と呼んだとしても、食あたりとは言わないのではないでしょうか?(あまり医者らしくない意見ですがcoldsweats01

食中毒は医学用語で、食あたりは一般呼称。何度なく記号で書かけば
(食中毒)≧(食あたり)」のような気がします。

(2014/08/13FMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182349244

2014年8月11日 (月)

2014/08/10沖縄

沖縄のお盆は旧暦で行いますので、8月8日が盆入り(ウンケー)、8月9日が中日(ナカヌヒー)、8月10日が最後の日(ウークイ)となり、沖縄各地ではエイサーを始め多くのお盆のイベントがありました。

Th_20140810 いつもは新暦のお盆(8月13〜15日)より後になることが多いのですが今年は沖縄のお盆の方が先でした。

午前中にさっと回診も済ませ、久しぶりに少し遠出をして海をみてきました。

沖縄に住んで居ながら夏の沖縄の海をみるのは10年ぶり以上です。 海が青く、この色は沖縄だと思いましたし、やはり暑い! 沖縄の空がこんなだったことを久しぶりに思い出しました。

それから実家に寄ってお盆のお供えをして帰る時には空がいつもより明るく、見上げたら、まあ満月の美しいこと!

日本列島台風の被害もあり、大変だったと思います。 8月10日沖縄: 暑いし、青いし、明るいし、美しいし・・・自然は色々な表情を見せてくれましたheart01

2014年8月 9日 (土)

今週の生け花(2014年8月第1週)

今週の日本列島、「暑いや大雨やら落雷やら、更に台風」と目まぐるしい一週間です。

Th_img_0947 先週は生け花クラブがお休みで、生け花をご紹介出来ませんでしたが、今週は生け花クラブ部の皆様が2階の小さなスペースに生け花を活けてくれていました(感謝感謝ですheart01)。

今週は、絶妙な位置関係でバランスが良く保たれています。 今週の生け花の花材はそれぞれが個性があり形も色も違う感じのお花や葉で構成されています。

小さな黄色の花が可愛らしい小菊、大きくてTh_20148 太陽に伸びるピンクのクルクマ、慎ましげに咲く紫のリンドウ、青々とした葉が眩しい椿、茶色い異次元のようなハスの実

どれも個性派揃いです。これらを小さなスペースに違和感なく詰め込むのはやはり生け花クラブのセンスの良いところなのでしょう。私の様な美的感覚のない者には出来ません。

Th_2 写真をこの様に紹介しながら、目についたのはハスです。 よく見るとハチの巣のようにも見えて来ます。 小菊もあるしリンドウも咲いているし虫たちが寄りつきそうだと想像しながら、前回と同じ様に夏休み特集としてお花の周りに虫たちを加えてみました

今回の2階のスペースはお花畑と虫たちになりました。 さあ皆様も虫かごを抱えて野山に散歩にお出かけしませんかhappy01

<花材:ハス、クルクマ、椿、リンドウ、小菊>

2014年8月 6日 (水)

食中毒は見分けられるのか

今週のレキオは「食中毒について」話をしました。

夏場は菌が繁殖しやすく、腐敗が進みやすく食中毒にかかることがあります。

腐れたものをあえて食べないと思いますが、私達の味覚はその腐れたものをかぎ分ける力があるのでしょうか?  戦後の日本は冷蔵庫や電子レンジなど電子器機に囲まれた生活になりましたし、食べ物の流通も非常に衛生的に管理されるようになって来ました。

しかし、日本における食中毒の件数はあまり減っていないのです

流通が複雑で広範囲にとなり、1つの施設で起こった食中毒の原因となる食品が一気に全国や多人数の口に届くことも上げられます。

賞味期限さえ守っていれば安全と思い、不完全な処理や調理法が取られていることもあるかも知れません。 肝っ玉母さんのように、味見をすれば腐っているなんて判ると思っている方もまだ多いのです。

皆様方も、「腐っているかどうかぐらいはそりゃ判るさ」と思っていませんか? 

Th_食べ物を何もせずに置いておくと雑菌がついて増殖分解して行きます。いわゆる腐れてゆく訳です。 では間違って乳酸菌などが付着して腐っていったらどうなりますでしょうか? バターやチーズは腐ったものでしょうか? 納豆や味噌なども腐っていて食べられないものなのでしょうか?

一方は腐敗で片方は発酵と言っていますね。 ではその違いは何なのでしょう?  食べ物の殆どはブドウ糖(炭水化物)、蛋白質(アミノ酸)、脂肪などの三大栄養素を持っています。 一般的に、糖類が分解されて乳酸やアルコールに変わるものが発酵といいますし、蛋白質や脂質が分解されて硫化水素やアンモニアを発生させる場合が腐敗と呼んでいます。

微生物に取っては単に栄養を分解して生き延びているだけですが、人間に取って有用なのもは発酵で、嫌われ者は腐敗となります(チョッと人間の身勝手なような気もしますが・・・coldsweats01

本来は腐敗も発酵も微生物が食物を時間をかけて分解する過程で起きる現象で、新鮮ではありませんので、本来人間の味覚や嗅覚でかぎ分けることが出来たのかも知れません。 

しかし人間は脳が発達し、本能よりも知識・経験が上回ったために納豆もチーズもビールも美味しくて、危険なものでないと学習し、食べられるようになったのです。

違う方向に進みましたが、人間の今の能力では食中毒を含んだ食品を見分けることは困難です。ですから出来るだけ新鮮なものを選んで正しく調理して食中毒を防ぎましょうscissors

(2014/08/06のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182346562

2014年8月 2日 (土)

信を得るには

色々と理屈をこねる人がいます。ああ言えばこう言う方が結構います。 会議とかで口は立っても皆が賛同しません。 それは何故か?  自分の行動を正しく分析できていないのです。他人の評価が鋭いことに気がついていないです。

Th_ もし人から賛同を得たいのであれば、自分の行動を持って示すべきです。それは時間がかかり、簡単なことではありません。 何も言わずに、愚直に自分のやるべきことを行うのです。人はそれを評価するのです。

自分の考えが正しいと力説する前に、自分が信頼されるに値する行動を取ってきたかを顧みるのです。 それでも自分が正しいと思うのなら、貴方(私自身かも知れません)は根本的に間違っているのです。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »