フォト

« 甲状腺の病気について | トップページ | 琉球王国と進貢貿易 »

2014年7月12日 (土)

今週の生け花(2014年7月第2週)

台風8号が日本列島に大きな被害を与えました。まだ雨の影響が残る地域も多いことと思います。  沖縄は夏空が戻ってきました。 今週末は台風で壊れたり、倒れたりしたものの後片付けが残っている方もいらっしゃると思います。                     Th_img_0895

今週も2階のいつもの場所にお花が飾られていました(生け花クラブの皆さん感謝ですheart04)。

今週の生け花を見た瞬間「丸と直線」からなる構造だと感じました。 以前アントニ・ガウディーの作品群を見たいために、バルセロナに行ったことがありました。 本の中で眺めるガウディーの建築群はどれも奇抜で圧倒的な存在感があるにもかかわらず、実際にバルセロナを訪ねると周りの建物や街の景色を排除しないのはどうしてだろうと考えてしまいました。

ガウディーが生涯愛読し、彼の建築の根幹をなしているのが、ゲーテの「自然論」だそうです。その中で「生命体の曲線は最も合理的で美しく、自然に直線は存在しない」と詠っています。

Th_20140711 そのような観点で彼の作品を眺めると確かにそうだと思えたのです。 ただ大きな見方で見ると、1本の線を引いた様な景色はないのかも知れませんが、ニューサイランなどの葉の文様など直線的なものは自然の中に沢山あるのかも知れないと考えてしまうのです。

生け花と違う話題になってしまいましたが、今日の生け花は花器とニューサイランが直線的で、カーネーションるり玉アザミが丸い形をしていて「直線と丸」の印象が強かったのです。そして涼しげにソリダスターが小さな黄色の花を咲かせています。

「生け花」の中には、人間の意志で直線化する要素を加えることで、花々をより鮮明に映し出すことを期待していけているのではないかとも感じてしまいました。 

皆様もゲーテの自然論・・・どう思われるのでしょう?

<花材:ニューサイラン、カーネーション、ソリダスター、ルリ玉アザミ>

« 甲状腺の病気について | トップページ | 琉球王国と進貢貿易 »

」カテゴリの記事

コメント

この時期の台風は梅雨前線に重なって稀なる豪雨をもたらしますね。
これも異常気象の現れでしょうか。
今日のお花のニューサイランの使い方に驚いています。
花器との類似性を持たせた活け方でしょうか。
今日の花たちの発する心は
囲まれたのもからの脱出!でしょうかwink
どんなに囲まれても私は自由を求めて行くのrun
そのように感じています^^
生け花はそのときの心境が見えるようです^^

愛さん、こんにちは。

福岡のお天気はどうだったのでしょうか? 台風が最初の予想より南側を通りましたので直撃は避けたと思いますが・・・

愛さんが仰せの通り、ニューサイランの使い方上手いですよねgood
「囲まれたのもからの脱出!」凄く的確な表現のように感じました。 直線的な檻の中から、お花たちが空に向かって飛び出す様ですね。

自分の心の持ちようで、いつでも心は自由ですよねhappy01

台風の影響はいろいろあったようですが、大きな被害はありませんでしたか。沖縄は一番初めに台風の通り道になっていて、いつも心配ですね。風で木が折れているニュースを見ながら、omoromachiさんところは大丈夫かなあって思ってました。
生け花の表現もこうして解説していただくとおもしろものですね。私はどっちかというと直線より曲線の生け花の方が好きです。意識してみてみると自然の物は曲線が多いです。木でも直線のように見えるけどゆっくりとした曲線になってますね。葉でもススキのように直線に見えても、風が吹くと曲線になります。私のお花の先生は「花は野にあるように活けなさい」と言われます。野にあるように水盤の中に表すことは難しいです。人は作ってしまいますから。
omoromachiさんとこの生け花クラブの皆さんのお花は色どりがいつもあざやかできれいだなあってみています。

はるかさん、こんばんは。

今回の台風はやはり大きかったのですが、那覇市の方は幾分台風が西寄りを通過したため、病院の方も余り被害は出ませんでした。それより雨の方が大変だったようです。

生け花クラブの皆さんは、やはり生け方が上手いなと素人ながら感心しています。

人間の目で見る自然界はゲーテが言っているように直線は存在しないのかも知れません。 いつも同じ風が吹いているわけでもありませんので、何処かに押し流されそうになるのを必死にこらえて真っ直ぐになろうとはしているのかも知れませんが・・・

「花を野にあるように活ける」ですか・・・とても難しいそうですが、生け花にはその様に自然を小さな空間に表現する力があるのかも知れませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/59971261

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(2014年7月第2週):

« 甲状腺の病気について | トップページ | 琉球王国と進貢貿易 »