フォト

« 今週の生け花(2014年6月第4週) | トップページ | 夏カゼについて »

2014年6月30日 (月)

東京都議会のヤジの根深さ

東京都議会でのあのような発言、今時こんなことを言ったら普通の企業ではすぐに停職になるはずです。

本来言葉を選んで話すのが政治家の努めだと思うのです。 恐らく単純な思考過程(セクハラの意味さえ理解していない)の中でのヤジだと思います。何でも野次ればいいものではありません。Th_img_0662_2

セクシャル・ハラスメントが違法で、間違いであることは半世紀以上前からアメリカ・ヨーロッパ社会では当たり前だったでしょうし、人権侵害であることも当然と認識されていたと思います。 日本は性的な嫌がらせに対して、非常に鈍感で未だに、セクハラが人権侵害ではなく、女の人(異性)をからかった程度に扱われています。

この様な土壌で育った日本企業が外国で仕事をする場合に、セクハラ事件として沢山訴えらたことも納得出来ます。 私の記憶に残っているだけでも1996年の米国での三菱自動車や2006年の北米トヨタでの事例がありました。

しかし既に1989年(平成元年)に「西船橋駅転落事件」の判決があり、その年の新語・流行語大賞の中に「セクシャル・ハラスメント」があったのです。 その時日本人全体が真摯に学び社会を変革していれば、上記のアメリカでの訴訟もなかったのかも知れません。

セクハラは単に女性をからかった程度の問題ではありません。この根底を流れているのは、他人の痛みを理解しようとしない方々の心の問題なのです。

今回の東京都議会の件は魔女狩りで終わって欲しくないです。 私達日本人が全体主義に走らず、それぞれの個人において、自分の目線だけで物事を決めるのはなくて、相手の立場でものを考え、言葉にしろ、行動にしろ、あるいは視覚的な掲示物にしても、相手が嫌がることはないかと常に考えることが大切だと思うのです。 セクハラは人権侵害です。 慰安婦問題にしても諸外国と日本の政治家の人権侵害に対する認識の重さに違いがあります。 

もっともっと、相手(男性でも女性でもその中間でも)に対して心を配る必要が私達日本人に求められているような気がします。 日本ではまだまだ女性の立場が弱いと考えます。 これを機に男性社会の政治の世界にも風穴を開けて欲しいと思います。 私達がセクハラに敏感になることができれば、これまで鈍感だった政治家も次の選挙のこともあり、自分の発する言動に注意がゆくと思います。 もっと品位のある議会、政治の世界になって欲しいです。 

これから先、私も含め多くの日本人が人権に敏感にならなければいけないと思います。 他人を批判する前に自分(←私自身のことです)を律せねばならないですね。

« 今週の生け花(2014年6月第4週) | トップページ | 夏カゼについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私も、仰る通りだと思います。
簡単なことが出来ないのが、今の政治家だと思います。
どっか間違ってます。

EOSのパパ様、こんばんは。

私達医療人も世間の常識を知らないと揶揄されますが、セクハラ発言に関しては政治の世界では、世間より半世紀も遅れた人権に疎い方でもやって行ける様です。

憲法や法律を遵守しなくても政治家になれるのも可笑しい気がしますが・・・

なにかが間違っていても当選すれば威張れる世界なのかも知れませんね。

それでも世界が日本の政治を見ていますので、日本人として恥ずかしくないようにして欲しいと願います。

こんばんは
omoromachi様の伝えたいことを
今の目の前にいる子どもたちに
しっかりと伝えたいと思います。
実際に教育の現場でそれを
意識して行っていますが、その
背景にいる家庭の価値観が
あるので、うまい具合に伝わる
ところと、難しいところがあります。
 
がんばりたいと思います

nadoayana様、こんばんは。

私は難しいことは解りませんが、相手がいて私達の社会は成り立っていると思うのです。 それを円滑にするためには、いつも相手のことを考えて行動することが大切だと思うのです。

男性、女性の性的な違いはあるかも知れませんが、その前に1人の人間として尊敬さえないといけないと思います。

子供達が大人になる過程で、自分だけの世界から相手を想う世界へ成長出来ればいいですね。

お早うございます。
今回の都議会のヤジの件、本当に残念なことでした。ヤジは相手を貶したり、罵倒するようなものでは本来ないものでしょう。ただし、日本人はヤジとはそのようなものだと思い違いをしてきたのではないでしょうか。今回も深く意識していないことから、案外軽い気持ちから出たのでしょう。だから、根本から違うんだと思います。単にヤジるでは品位もなく、その人の人間としての本質を現すものでしょう。
いつも政治は自分たちのためにある、というような傲慢な気持ちが今回出たとしか思われません。

でんでん大将様、おはようございます。
今回のヤジの件、残念ですが、氷山の一角にすぎないと考えます。
日頃からこの様な事を意識しないで政治の世界に入った方々は、殆ど無意識にこの種の発言をしていたのだろうと想像します。
今の政治は言葉遊びに終始し、実際の人の命や地方の叫びを実感としては感じていないと思います。 大将さんも仰る通り、国民は自分たちに従え的な傲慢さが垣間見られます。
もう少し、一般国民の目線で政治を行って欲しいと思います。

こんばんは。私も一言言いたいな。なぜこんなことがいつまでもなくならないのでしょうか。批判され、反省し、何がいいのかわかってきたと思ったら、また同じようなことを繰り返す。全然わかってない。もぐらたたきのようなものなのかな。身分制度がなくなり、男女同権になっても、権力を持った者は誰かを下に見て人権なんて考えない。権力者を擁護する土壌があるのでしょうね。いじめを認めている社会、我慢を強いる社会でもありますね。間違っていることを一つ一つ正していくことからしかよくならないのかな。虐げられたものが声を上げていくことからしかよくならないのかな。特に政治家には権力を与えすぎていますよ。そして日本は政治家の給料が高すぎますよ。すみませんだんだん話が離れていってしまいました。

はるかさん、こんばんは。
はるかさんが言いたいことはよくわかる気がします。 なぜ私達が常識と思っていることが通用しない世界なのでしょう。
本来上に立つものは、責任感や使命を持って民のために努めるのが仕事だと思います。 自分が権力をいかようにも行使出来るようにするためではなくて、自分が横暴にならないように律するのが本来の人間のあり方だと思うのです。

今の政治は自分が厳守しないといけないことさえ、自分の都合の良い解釈で変えることが出来ると勘違いするようになっています。 暴走を防ぐために憲法はあるのです。

私も段々と話が離れてしまいましたでしょうか? 今日はそんな気持ちです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/59893335

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都議会のヤジの根深さ:

« 今週の生け花(2014年6月第4週) | トップページ | 夏カゼについて »