フォト

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

桜と日本人

いよいよ三月も終わりです。

この時期は出会いと別れの時期でもあります。夢や希望、言い知れぬ不安、悲しみを感じながらも、そこに浸ることも許されず、時間が進んでいきます。 周りが慌ただしいだけに、声も上げることができず、一人だけ取り残されているような不安感を持つこともあると思います。

今、日本列島は一気に桜の時期を迎えKazuya_inohています。日本人の中で、やはり桜は特別な花として写るのです。

桜について私達日本人は、その花びらをみながら心の奥底にある情景を思い起こしている気がします。

この心の奥底にある思いとは何だろうと考えていました。その答えを捜している時に、テレビで花見をしている方々のインタビューをみました。「桜は日本人の心ですよ」「武士道と通じる美しさです」と答える方が多かったのには少しびっくりしました。 私自身は、武士道や日本人の心についてあまり理解出来ていません。

桜は武士といわれた少数階級の人々にとっては「散りゆく美」として、ある意味「死」と関連づけられて受け入れられたと思います。 四季のある環境の中で春を待ちわびた多くの日本人(農耕民族)にとって「桜」は「春の象徴」「耕作の時期の知らせ」であり、そこには「生」の喜びがあるのだと思います。 

Photo 散り際の美学を求め「桜」にこだわった少数派に対して、春に生きる喜びをみいだした多数派においては春の象徴は「桜」でも「梅」でも何でもよかったのかもしれないと想像します。 もしそれが逆の思想だったら、つまり農耕で生きる大多数の人々が潔く散ることを思想とすれば、飢饉や災害の時代を生き抜くことはできず日本は消滅していたかも知れないと勝手に考えてしまいます。泥臭くても生き抜く力がなければいけないと思うのです。

士農工商などの身分制度があった時代でも、狭い日本では袖を付き合わせて生きてきたはずです。お互いに影響しあい、春を心待ちにする気持ちはどの階級も一緒だったと思います。 そして現在の日本でも、家庭や会社、職種、地域による違いがあっても、皆が桜の木の下で、その枠を取り払って、楽しむことが出来る。 そのようにして「桜」は日本各地に植えられ、皆が納得する春のシンボルになったと考えるのです。

桜の花は「生」と「死」(あるいは「出会い」と「別れ」)の2つの感情が交差しながら、日本人の心の中に生き続けていくのかも知れません。

桜に春の暖かさを感じながら寂しさも併せ持つ感情は素敵だと思いますし、そのバランスを大切にすべきだと考えます。

久方の光のどけき春の日に しづこころなく花の散るらむ(日の光がこんなにものどかな春の日に、 どうして桜の花は、はらはらと落ち着いた気持ちもなく、散ってしまうのだろうか)〜古今和歌集:紀貫之〜

2014年3月26日 (水)

胃癌の原因について

今日(2014年3月26日)のFMレキオは「胃癌について」の説明をしました。

日本は世界的にみても胃癌の発生が多い国の1つです。

胃癌の診断や手術をする際に「どうして胃癌になったのでしょう」と質問を受けることがあります。今現在でも答えは簡単ではありません。

癌の一番の原因は・・・・「年齢です」・・・と答えるとある意味正しいのですが元も子もありません。 寅さん風に言うと「それを言っちゃあ、おしめいよ〜」となるわけですので、まじめに話をすすめます。Th_dsc02518

少し歴史を遡りますが、発がんのメカニズムについて、19世紀にはデンマークのフィビガー先生の提唱した「寄生虫発癌説」とドイツのウィルヒョウ先生が唱えた「癌刺激説」の二大論争が起こりました。
当時ヨーロッパで煙突掃除夫の間で陰嚢癌が多発しました。ススがズボンの中に入り、陰嚢の部分に貯まることが原因ではないかと考えられました。

それを実験で証明したのは、実は日本の病理学者の山極勝三郎先生と市川厚一先生でした。今のように日本人の科学者が正しく評価されていたら恐らく日本にノーベル医学賞があとひとつ生まれたのは確かです。この2人は来る日も来る日もウサギの耳にコールタールを塗ることを繰り返すことで、塗った部分から癌が発生したのです。世界で初めて実験で癌を作り出すことに成功し「癌刺激説」が優位となりました。 持続する刺激や炎症が発癌と関与すること示唆する重要な実験でありました。

B型やC型肝炎ウイルスの持続感染により慢性肝炎、肝硬変となり肝癌が発生することやパピローマウイルスの感染により子宮頸がんが発生することは皆様もマスコミ等でご存じと思います。

Th_ ここでやっと胃癌の話しに戻すことが出来ます。現在胃癌の発症のトピックはヘリコバクタ・ビロリ菌の感染との関わりです。胃の中には胃酸という強力な酸があり、胃の壁を住み家とするような菌はいないと誰でもが考えていました。

実際はピロリ菌はこの強力な胃酸から身を守りながら胃の壁に食い込むように生きていて、胃に慢性の炎症を引き起こします。慢性萎縮性胃炎とよばれ、胃癌の発生母地と考えられています。 胃に慢性の炎症を引き起こすことで胃癌になりやすい状態を作っていたのです。肝炎ウイルスの持続感染と似たメカニズムです。

日本人の50代以上の年齢ではピロリ菌をかっているのが70%を越えます。しかし皆が胃癌になるかというとそうでもありません。ただピロリ菌のいない人で胃癌になるのは稀でもあります。

ではピロリ菌だけが胃癌の発生と関与するのか? つい10〜20年前まで塩辛い食べ物を食べる地方で胃癌が多いため、塩分過剰摂取が胃癌発生に関与する最大の原因と言われていました。 今でも食塩濃度の高い食事の関与は明らかです。 その他に喫煙多量のアルコール緑黄色野菜不足食品添加物生活習慣病、加齢などなど・・・発癌と関与することが疫学的に分かっています。 さらに遺伝子の異常による関与も解明されつつあります。1つの因子だけでなく色々な原因が絡み合って癌が発症します。

この様に「なぜ癌になったのですか」の質問に一言で答えることは出来ないのです・・・・ここまで読ませておいて何も無しかよとお叱りを受けそうです。お許しをweep

(2014/3/26のFMレキオ「いきいきタイム」はこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182275166

2014年3月18日 (火)

なぜ旅に出たくなるのか

私は忙しければ忙しい程、仕事以外のことをしたくなります。例えばギターを弾いたり、映画のDVDをみたり、普段本を読まないのに、忙しいと本を買って読みたくなります。その結果、睡眠時間が削られ、体がきつくなることが判っていも、やはり仕事以外のことを10分でもいいからやりたくなってしまいます。皆様にもこのようなことがありますでしょうか?

ある意味、現実逃避なのでしょうか? Th_ 仕事が日常とすれば非日常を味わいたいのでしょうか? 私の場合その究極が旅に出ることだと思っています。

私は365日働いても平気なのですが、1〜2年に1度無性に旅に出たくなりますrunrun

人は何故旅に憧れ、出たくなるのでしょう?

人間は未知のものに触れてみたいと思う生きものなのかも知れません。新しい街を歩いてみたい、この先の角を曲がればまた自分の知らない世界が待っている気がして、ワクワクしてしまいます。早く角を曲がって、その先をみてみたい・・・heart04

Th__2 古代ローマの哲学者アウグスティヌスは「世界とは一冊の本であり、旅に出ない者は同じページだけ読んでいるのだ」と述べています。楽しければ楽しい程次のページが読みたくなりますbook

人の心には知識欲があるのだと思います。何か新しいことをしたい、新しい発見・出逢いを経験したいとね・・・・

旅が楽しくなるためにも、もう少し頑張って働こうっとpunch

2014年3月13日 (木)

現代人はビタミン欠乏になりやすい?

今日のFMレキオは先週に引き続きビタミンについて話をしました。

人が摂らなくてはならない栄養素としては、三大栄養素と言われる蛋白質、脂肪、炭水化物(糖質)があり、量的には微量ですがビタミン、ミネラルを加えたものを五大栄養素と呼んでいます。

Th_ これらを自動車に例えると、蛋白質は車体、炭水化物と脂質は燃料となるガソリン、ビタミンやミネラルは車がスムーズに動くための潤滑油と考えると分かりやすいかも知れません。

 ビタミンが不足すると化学反応が上手くいかず全身の機能が低下し、病気になります。車で言うとさび付いて、とうとう動かなくなってしまうのです。

現在ビタミンは13種類発見されています。それぞれ欠乏症が確認され,主な欠乏症の名前を上げてみます。ビタミンA欠乏では「夜盲症」ビタミンB1欠乏の「脚気」ビタミンC欠乏では「壊血病」ビタミンD欠乏では「くる病」「骨粗鬆症」などが代表でしょうか

ビタミンはストレスや喫煙などで消費され、過度の運動、ダイエット、偏食などもあり現代人は相対的にビタミン不足という方もいます。不足気味だからといってやみくもに摂っても意味がありません。

ビタミンは大きく脂肪分に蓄積される脂溶性ビタミン(A,D,E,K)と水に溶ける水溶性ビタミン(B群、C)があります。皆様もビタミン剤や栄養剤を飲んだ時におしっこの色や臭いが変わることを経験していると思います。 これは必要以上に摂った水溶性のビタミンが尿に出ていったからなのです。 健康やお肌にいいからと必要以上に摂っても単に尿に流れるだけで、お金の無駄遣いになるだけです。脂溶性ビタミンの場合は摂りすぎると体内に蓄積され過剰症ともなります。 

通常の食生活では不足になるとは思いませんが、不足分を適量だけサプリメントなどで補えば十分と思います。疾病予防や健康維持のためビタミンは必要ですが過度に期待しないことも重要です

2014年3月11日 (火)

ふるさと

3.11を迎えると「ふるさと」について考えます。故郷(ふるさと)の定義は個人個人で違い、捉え方も様々だと思います。 時間的感覚で言うと幼少時から多感な思春期までを過ごした場所が「ふるさと」と呼べる地だと考えます。 

この時期に災害や家庭の事情などで辛い時期を過ごした方の中には、子供の頃に過ごした場所が「ふるさと」とは呼びたくない方もいるかも知れません。何故この様なことを書いたのかといいますと、室生犀星の「ふるさとは遠きにありて思うもの/そしてかなしくうたふもの」という有名な詩句と一緒に高野辰之作詞の唱歌の「ふるさと」の詩も浮かんでくるからなのです。室生犀星の生い立ちは壮絶で哀れそのものでした。それでもなお、彼はふるさとを意識したのです。それ程、私達にとっては「ふるさと」は重要なのだと思うのです。

帰ることが出来なくなったり、失ったりした時、人はふるさとを意識するのではないでしょうか。 今では失われた光景や周りの人達、友との関係、初恋や恋愛、将来の夢や希望を語った場所だったのかも知れません。まぶたを閉じれば今でも浮かんでくる大切な場所思い出そのものが「ふるさと」かも知れません。

人間の中にも動物と同じように帰巣本能があるのでしょう。その捨てることのできない本能が「ふるさと」を作り上げているのかも知れません。

自然の力に対して私達人間は無力です。しかし人災の為に「ふるさと」に帰れない方々の無念を思うと苦しくなるのです

この時期になると唱歌の「ふるさと」を思い出します。この詩はずっと私の心の中にある唄なのです。初めて沖縄、親元を離れ、予備校生活の中で、成績が伸びず1人で苦しんでいた時に支えてくれた詩でした。

皆様にとりましても、いつの日か苦しさが昇華され、美しい「故郷」がよみがえることをお祈りします

今日自宅で「ふるさと」のギター弾き語りを録音してみました。よろしければ聴いて下さい。

">

(歌の中で「つつが無や」を「つつが無や」と唄ってしまいました。すみませんcoldsweats01

2014年3月 8日 (土)

口先に欺されてはいけない

あれから3年になろうとしています。遠く離れた沖縄であのテレビの映像を見ながら信じられないことが今起こっているのだと・・・・

どうにかしないといけないと思いながらも何も出来ない自分に、悔しさと申し訳ない思いが入り交じった気持ちで過ごしていました。それは終わったことではなく今も申し訳ない気持ちが続いています。

Th_ 震災後当院の看護部長を始め交代で5名の看護師がボランティアとして現地で活動をしてくれました。出て行けない私に「先生は病院を離れる訳にはいかないので私達が行ってきます」とまだ余震のある中で、福島県、宮城県に向けて出発しました。私は彼女らを送り出すだけで自分は何もしない、やる勇気もないことを恥じていました。

あの大地震のことや原発事故に対していかにも「精一杯の対応をしています」と見せかけている方々がいます(私もかも知れません)。 本気で原発事故のこと、福島の復興のことを考えているのでしょうか? 私達も人の「口先に欺されて」いないでしょうか? 言葉は重要です。しかし優しい言葉や力強い言葉が正しくないことだってあります。

一番大事なのは発した人の言葉そのものではありません。今私達に求められているのは、その人の行動や一瞬垣間見られる表情や言葉使いの中に、その人の本性を見抜く力を養うことだと思うのです。

どうか希望だけは失わないで欲しいと願うのです。

2014年3月 5日 (水)

ビタミンB1欠乏症:脚気について

今日のFMレキオはビタミンについての第1弾と言うことで話をしました。

ここではビタミンB1欠乏症の脚気について説明します。(非常におおざっぱな話ですので細かいところは違うのかも知れませんがご了承下さい)

Hl25_07 ビタミンについてはその存在が発見されてまだ100年しか経ちません。 脚気は日本人にとって結核と共に不治の病と言われていました。 当時ビタミンについては誰も知りませんでしたので、脚気による死亡者が莫大でも、その原因は不明のままでした。 有史以来あった病気でしょうが、皮肉にも脱穀技術が進んだ江戸時代以降急速に増え国民病とまで言われました。
当時の食生活は副食も殆どないのに、ビタミンを始め色々な栄養素を含んでいた糠の部分も精白し、白米にすることが出来る様になったため悲劇が起こったのです。

健康な人でもおかずを食べずに白米だけを食べていると脚気になります。ハトやネズミを白米だけで飼うと1ヶ月以内に痙攣を起こして死んでしまいます。

脚気は今では殆ど診られなくなりましたが、ビタミンB1が欠乏すると、手足のしびれ、動悸、むくみ、食欲不振が現れ、進行すると歩行困難となり最終的には心不全で死亡します。 脚気は明治から大正にかけて日本人の死因の上位を占め、特に日露戦争では戦闘による死者の10倍以上の兵士を脚気で失います

明治時代の軍隊において、海軍と陸軍では対応が異なり戦死者に差が出ました。 陸軍の軍医総監はドイツ留学から帰国した森鴎外で、鴎外は脚気の原因を細菌感染と考えて研究を進めました。それに対し海軍軍医総監の高木兼寛は、兵士の食料に注目し、疫学的に白米だけでなく麦などを食べる方が脚気が少ないと判断し、栄養学の点から改善を行います。 当時高木の考え方は医学界では受け入れませんでしたが、その対応の違いにより陸軍と海軍では脚気による死者の数で大きな開きが出たのです。

文壇でも有名で、最新のドイツ医学を学んだ森鴎外も、柔軟に対応する力を持っていれば脚気による死者を減らすことが出来たかも知れません。それから何十年かたった1912年に世界で初めてビタミンが発見されたのです。

脚気は昔のことと思われるかも知れませんが、インスタント食品など非常に偏った食生活の学生さんなどで脚気になる方もいますので、今でも気をつけなければならないのです。

2014年3月 2日 (日)

頑張っている方々へ感謝

電子カルテの導入がいよいよ3月1日よりスタートしました。私達が新しい電カル操作に不慣れで仕事が滞ることや、色々なサーバー同士のコネクションもまだまだ気になるところです。出来るだけ患者さんに迷惑にならなければいいのですが・・・・。

Photo_2 その導入にあたった色々な業種の方々には本当に敬意を表します。特にシステムを手がける方は何ヶ月も殆ど休みをとらず、この2〜3週間は病院に泊まり込みの状態で作業をしていました。こちらが無理をしないでと声をかけたくなる程です。

彼ら、彼女らの頑張りを見ていると嬉しいのです。泪がでる程嬉しいのです。まだまだ頑張る方がこの国には沢山いるのだと励まされます。 自分の病院だけではなく彼らの頑張りにも報いて、よいシステムを作りたいと思うのです。

私も殆ど病院にいる関係でブログを書く時間も少なくなったり、お花クラブの活動場所も電子カルテの作業のため提供したため、お花のアップも出来ません。あと1ヶ月程度は色々な追加作業があると思います。春が待ち遠しい気持ちです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »