フォト

« 公と私の使い分け | トップページ | 頑張っている方々へ感謝 »

2014年2月26日 (水)

間歇性跛行(かんけつせいはこう)について

今日のFMレキオは間歇性跛行(かんけつせいはこう)について話をしました。

間歇とは一定の時間をおいて、物事か起こったり止んだりすることを示します。よく温泉地帯で一定の間隔をおいて蒸気が飛び上がるのを「間歇泉」などと呼んでいますが、この字と同じです。

跛行とは足を引きずって歩くという意味です。間歇性跛行とは歩き始めは普通に歩けるのですが、しばらく(一定の距離を)歩くと足が痛くなったり重くなったり、しびれや冷えが出現し歩けなくなってしまい、休憩するとまた歩ける状態を呼んでいます。

年をとったから長い時間歩けなくなったと感じている方に、実際は年齢のせいではなく病気のせいで歩きづらくなっただけの方もよく見かけます。 診断がついて治療をすると元のように長い距離を歩ける方もいますので、生活の質が向上します。 思い当たる方は一度病院を受診された方がよいかも知れません。

この症状を起こす二大原因として、動脈硬化が足の血管で起こる閉塞性動脈硬化症(ASO)と腰の神経が通る脊柱管という神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄症があります。閉塞性動脈硬化症は外科、特に血管外科で扱いますし、腰部脊柱管狭窄症は主に整形外科で扱う疾患になります。

Th_

 

寒くなると、足が冷える、しびれる、ある程度歩くと足が痛くなる等の症状を訴える方が増えます。

解りやすいように左にシェーマを書いてみました(クリックするといつものように大きくなります)閉塞性動脈硬化症では動脈硬化により血液の流れが悪くなるため、その領域の酸素不足が生じます。 運動すると筋肉の酸素消費量が増えるのですが、血管が細いと必要量の血液が流れず酸欠状態となり痛みを感じてしまいます。そこで休むと筋肉も次第に必要な分の酸素の供給が満たされ、また歩き出すことが出来るようになります。

同じ症状が起こるのが脊柱管狭窄です。しかし血管の病気ではありません。背骨の中の神経が通る場所(脊柱管)が元来狭かったり、圧迫骨折やヘルニアで神経が圧迫されるのが脊柱管狭窄です。歩行時には、脊柱管の中を通る神経に血液を送り込む血管も圧迫され、次第にこの神経を介して痛みがきます。横から人間の体を見ると背中の骨はS字に曲がり特に腰の骨は前方に傾斜しています。真っ直ぐな姿勢や逆の背屈の姿勢では神経が圧迫されやすくなり、症状が悪化します

ASOは姿勢で変化はしませんが、脊柱管狭窄の場合は前屈で神経の圧迫が少なくなり楽となります。これを利用してこの2つの疾患をある程度見分けることが出来ます。平地歩行はきついけど自転車(体が前屈みとなりますので)なら何処までもいけるのなら脊柱管狭窄症です。一般的には平地歩行より坂道の上りがきつく、下りは楽なことが殆どです。ASOは登りでより早くきつくなりますしかし脊柱管狭窄では登りは前屈姿勢となりますので普通の人と変わりなく、楽になるはずの下りで(後屈姿勢となるため)きつくなるのが特徴です。

もしも間歇跛行の症状があって、姿勢で変化があれば整形外科を受診され、自転車をこいでもきつくなるようなら血管外科を選択されたらよいかも知れません。

« 公と私の使い分け | トップページ | 頑張っている方々へ感謝 »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

私も間歇性跛行になっています。
何度かぎっくり腰を経験して、脊椎間狭窄症となっているようです
10分ほど歩くと左足が痺れてきます。
しかし、わんこのために休みながら散歩を続けていました。
すると、20分、30分と連続して歩けるようになりました。
今では我慢すれば1時間は散歩ができます。
痛いからと大事にしてばかりいてもだめみたいですね。
少しは無理をしても、体を動かした方が良いようです。
動けるようになったのはわんこのおかげかもしれません。

チビクロサンボ様、おはようございます。
脊柱管狭窄症を患っているのですね。

原因が判っていればそれに対する運動やストレッチ方法などがありますので、ネットなどで調べて行って下さいね。

チャコちゃんとの一緒の散歩で丁度良い運動になっているかも知れません。チャコちゃんは力が強そうですので急に引きずられて腰を痛めないように注意して下さいね。

「間歇性跛行」難しい漢字ですがブログの内容を見て理解出来ました。
同じ症状でも全くタイプが違う病気なのですね。私は以前ギックリ腰になったことはありますが、ウォーキングしても足の痛みは来ませんので動脈硬化も大丈夫そうで安心しました。
絵の方も解り易かったです。いつか解り易い医学の解説本でも書いてみたらいがかでしょう。期待しています。真っ先に買いますよhappy01

ツクシンボ様、こんばんは。
「間歇性跛行」難しい漢字です。私もワープロ変換なので打てますが書けといわれても書けませんcoldsweats01
間歇性跛行については専門外の医師の間でも区別が判らない方が多くいます。でも違いを理解出来たら忘れることはないと思います。
小学生向けの医学の本なら書けそうですが、絵を描いたら子供は容赦ないですから「へたくそー」といわれるのがおちですので、やはり辞めておきます。
いつもツクシンボ様は褒めすぎるぐらいですが、嬉しいです。有り難うございます。

この難しい病名は一度テレビの健康番組で見たことがあります。
しかし すっかり症状を忘れていましたwobbly
姿勢で閉塞性動脈硬化症(ASO)と脊柱管狭窄症の違いが判るのですねflair
う~ん 一度読んだだけでは整形外科受診か血管外科受診か迷います。
坂道の登りか下りで痛んだら先生に話せば病名診断がつくんですね!
今日のブログはコピーしてマイフォルダーに保存しておきますbook
ありがとうございましたhappy01

愛様、こんばんは。
医学用語は難しい単語が多くて、国語力のない私は大変ですcoldsweats02
この難しい病名の話をテレビで行っていたのですね。年のせいで長い距離が歩けなくなって、旅行などに行けなくなった方がいました。その後、治療することで元のように旅が出来るようになった患者さんがいました。
同じ症状でも2つの病気の起こり方が判れば理解しやすいのではないかと思います。ASOは動脈硬化の表れですので、心筋梗塞、脳卒中のリスクも高いことは気をつけなければならないと思います。
マイフォルダーに入れて頂き恐縮です。これからも応援よろしくお願い致しますheart01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/59119534

この記事へのトラックバック一覧です: 間歇性跛行(かんけつせいはこう)について:

« 公と私の使い分け | トップページ | 頑張っている方々へ感謝 »