フォト

« 今週の生け花(2014年1月第2週) | トップページ | ノロウイルス感染症 »

2014年1月21日 (火)

札束でつられても

沖縄県名護市長選挙であるお偉いさんが選挙応援中に、突然500億円の振興基金構想を表明したことにはまたかと嫌悪感すら覚えました。

Photo 辺野古への基地受け入れが、選挙の1番の焦点になっている状況で、受け入れたら500億円やる様な応援は公職選挙法には抵触しないのでしょうか? 選挙法など法的なことは知りませんが、もし私達がこの候補に投票したら100万円やるよと言われたら、これはおかしいと思うはずです。

選挙が終ってその候補が負けたから、今度はお金の話はなしよと言われても・・・

お金は大切です。札束を目の前にかざして意見を求められても、「仰せの通りです」と心から喜んで受け取る人は少ないと思います。 露骨なやり方でも喜んで貰えると勘違いしている感覚は私には理解出来ません。

昨夜、このブログを書きながら「黄金の花」と言う曲が浮かんで来ました。
外国から日本に出稼ぎに来た 労働者へ向けた歌だそうです。沖縄音楽の女性グループの「ネーネーズ」が1993年に初めて歌いだしたそうです(色々な方がカバーしていますが、私は夏川りみさんのCDで聴いています)

今、私はこの曲を聴きながら、外国ではなく二極化したこの日本の地方の叫びを聴いているような気がしています。

(CDやyou-tube等で「黄金の花」で検索して聞いて欲しい唄です)

黄金の花(作詞:岡本おさみ 作曲:知名定男)

1. 黄金の花が咲くという  
   噂で夢を描いたの 
   家族を故郷 故郷に
   置いて 泣き泣き 出てきたの  
   素朴で純情な人達よ
   きれいな目をした人たちよ
   黄金でその目を汚さないで
   黄金の花はいつか散る

2. 楽しく仕事をしてますか
   寿司や納豆食べてますか
   病気のお金はありますか
   悪い人には気をつけて
   素朴で純情な人達よ
   ことばの違う人たちよ
   黄金で心を汚さないで
   黄金の花はいつか散る

3. あなたの生まれたその国に
   どんな花が咲きますか
   神が与えた宝物
   それはお金じゃないはずよ
   素朴で純情な人達よ
   本当の花を咲かせてね
   黄金で心を捨てないで
   黄金の花はいつか散る

   素朴で純情な人達よ
   体だけはお大事に
   黄金で心を捨てないで
   黄金の花はいつか散る
   黄金で心を捨てないで
   本当の花を咲かせてね

« 今週の生け花(2014年1月第2週) | トップページ | ノロウイルス感染症 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

早速、YouTubeでチェックしました。
考えさせられます。
数年前辺野古へ行きましたが、素晴らしい海でした。

しげまる様、おはようございます。

「黄金の花」聴いて頂いたのですね。

沖縄は海が綺麗と言うことが観光の目玉になっていますが、多くの海岸が埋め立てられてしまい、綺麗な白い砂浜も赤土で汚れています。

1度自然を壊してしまうと、何百年と影響があり元には戻らないと思います。今生きている人がそれを決めてしまうと自らの子孫達に申し訳ないという思いがあるのだと思います。 

日本で起きている色々な問題がこの小さな地域で見え隠れします。

読ませて頂き・・・何かを書きたいと思いながらもなかなか書けません・・・弱い立場には「金」をばらまけばいいのでしょうか?人間の気持ちを傾けさせるために、「金」を・・・。政治はつまりは「金」なんでしょうね~わびしさを感じます。

俺たちの地域でも、九十九島という天然記念物の近くに道路の新設が出ています。景観を損なえばあとでは取り戻せないし、景観は後世の方にもつなぐという考えが大事だと思います。
政治のあり方を考えさせられました。

でんでん大将様、こんばんは。

私の意見が沖縄の意見では当然ありませんが、お金をやるから聞けみたいなのはやはり気持ちよく引き受けられません。 

いかにも「自分達が払ってやるよ」的に言っていますが、このお金は国民の税金からなのですよね。 何か不思議で、欺されたような気になってしまいます。

0moromachi様、こんにちは。
お久しぶりです。名護市長選の結果気にしていました。中でたくさんのお金が動くことは予想できました。お金は恐いです。東京都知事はお金で自分の責任と誇りを売ってしまいましたね。
黄金の花という曲をまだ聞いていませんが、その歌詞を見てビックリしました。今私は外国からきた人たちに日本語を教えるボランティアをしています。言葉が不自由では暮らしにくいだろうと少しでも役に立てばと始めたのですが、話をしたり、交流をしているうちに一人一人の事情が見えてきます。一生懸命日本語を教えても日本の文化について語っても、彼女たちにとって日本はどう映っているのでしょう。お金持ちの思い上がった国として見え、お金さえもらったらさっさとさらばする国になっていないでしょうか。今の日本は彼女たちの力を必要としながら、お金で利用しようとする根性の汚さを垣間見ます。私はこの歌を歌えるようになりたいです。

はるか様、こんばんは。

お元気そうでないよりです。今度の選挙ははるか様のご想像の通りでした。私は国の政策を押しつけられて、普段近くで一緒に暮らしている人々が分断されることが心配なのです。

本来は何も対立する必要のない仲間が国の政策の是非のため反対し合うのは良くないことだと思うのです。

それにしても、流石にはるか様です。 外国から来た方に日本語を教えるボランティアを続けていたのですね。

「黄金の花」はいい唄ですよ。この唄に対して、外国の方に対して余計なお世話だとか、偽善だとかと非難する方もいます。 でも私はいつも思うのです。 理想や優しさを放棄してはいけないと・・・・・ただ純粋にそう思いたいのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/58984414

この記事へのトラックバック一覧です: 札束でつられても:

« 今週の生け花(2014年1月第2週) | トップページ | ノロウイルス感染症 »