フォト

« 貴方はお酒が強いですか? | トップページ | 「1つのパン」がつなぐ社会 »

2013年12月14日 (土)

今週の生け花(2013年12月第2週)

12月も中旬になりました。職場では忘年会が花盛りかも知れませんし、小さなお子様をお持ちの家庭ではクリスマスプレゼントをどうしようかと思案中かも知れませんね。いずこも慌ただしい12月だと思います。

今週も2階のいつものスペースに Th_img_0459お花が生けられています。 

今週の生け花は二段重ねで豪華です(幕の内弁当ではありません)。 豪華ですけど柔らかく穏やかです。時々、金ぴかの置物や沢山の高い花々をこれでもかと言うように飾ってある場所(家)があったりします。 今回の生け花はこの様な嫌みったらしい豪華さではなく、清楚で可憐です。こんな感じ大好きですlovely

葉が使われているメラレウカの使い方が上手いのです。右の手前に紅葉が入った少し濃い目の葉を密生するように飾って、その後ろを緑がかったメラレウカを1本の幹から葉の隙間を空けるように飾り付けています。そTh_122_2のことで左側が清々しくなります。光の濃淡さえ感じさせてくれます。そこに黄橙色の可愛らしいサンダーソニアが笑っているように私達を迎えてくれます。小菊(ボンボン)も愛らしいですhappy01

そして実を付けたブナが初登場です。沖縄はブナの木はありませんので、この様に飾られているのも初めて見ました。 今年はドングリ(ブナの実)はどうなのでしょう? ドングリが豊作なら森の熊も人里には降りて来ないと聞きました。森が豊かで実り多いことを願っています。 

ナラの木がない沖縄では子供の頃、唱歌の「どんぐりころころ」は唄っても実物はみたことがなく想像の世界でした。 皆様はちゃんと唄えますでしょうか? 「どんくりころころ ドンブリコ お池にはまってさあ大変・・・」なのですが 「どんぐりころころ ドンリコ」と間違って唄っていませんかshine 私は間違って唄っていましたが・・・coldsweats01

<花材:ブナ、千年木、メラレウカ、サンダーソニア、小菊>

« 貴方はお酒が強いですか? | トップページ | 「1つのパン」がつなぐ社会 »

」カテゴリの記事

コメント

幕の内弁当?ではありませんが2重がさねの大作ですねnote
いつもomoromachi様の解説読みながらうなずいている私がいます。

「どんぐりころころ」は私も「ドングリコ」と唄っていました。
ドンブリコが正しいのですね。このブログ見るまでは
わかりませんでした。少し知恵がつきました。

いつも素敵な写真と愉快な解説有難うございますheart04heart04

ririka様、こんばんは。

今週の生け花も素敵ですよね。小さなスペースに色々な要素が詰まって居る感じがします。 生け花クラブの皆さまは先生の指導もいいのでしょうが、やはりセンスがいいです。

「どんぐりころころ」の歌詞はドングリにつられてドングリコとなってしまいそうですよね。 私を始めririka様も間違えたいるので結構多くの方が間違って唄っているかも知れませんね・・・・少なくとも一人ではなかったことで安心しましたhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/58749612

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(2013年12月第2週):

« 貴方はお酒が強いですか? | トップページ | 「1つのパン」がつなぐ社会 »