フォト

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

今週の生け花(2013年11月第4週)

日本中が寒くなっているようです。南国沖縄も寒いです。私などは寒さに弱いので朝布団から出たくなります。Th_img_0402 なんで暖かい布団はこんなに気持ちいいのでしょうか? 不思議です。 まあこんなことより、今週も2階のいつものスペースにお花が生けられていました。 いつもその場所に近づくと飾られているか気になります。 今週も新しいお花がありました。誰にも判らないように心の中で「やった〜」と叫んで通り過ぎます。

今週はなんたって初登場の「ピンクッション」お花が目立っています。左右対称の配置はいわゆるシンメトリックな美を生み出しますが、この木イチゴの葉のように右上方に伸びていても、生け花の世界ではバランスが取れていて美しいです。 

この「ピンクッション」は初めTh_img_0406て見ました。ピンクっぽい花なのでそのような名前かと思ったのですが、ピンクッションは「Pincushion」の直訳で英語のPin(ピン=針、釘)Cushion(クッション)で裁縫をなされている方はご存じかも知れません針を刺している小さな硬いクッションの「針差し(やま)」のことです。 確かに裁縫で使う針山にたくさん針が刺さっているようにみえるのでそう呼んでいるのですね。

南アフリカ原産で7月から12月に花を咲かせるそうです。花言葉は「どこでも成功を」だそうです。ウゥ〜あやかってみたいものです。この花を持って年末宝くじでも買ったら当たりますでしょうか?

また余計なことを書きますが、よく見ると何かエイリアンのような地球外生物の口のようにみえたりします。Th_2_edited1 お花の真ん中に指を入れると咬まれそうですcoldsweats02  この花を見てなかなか思い出せそうで思い出さなかったのですが、やっと思い出しました。もう一つ私としてはどうもイソギンチャク(ウメボシイソギンチャク)にみえてしまします。 どうせならと言う事で、生け花クラブに対抗心を燃やして(?)、私は海の中に生けてみました。違和感がなければありがたいのですが・・・またもや生け花クラブに怒られそうですcoldsweats01

<花材:木イチゴ、ピンクッション、ストック、小菊>

2013年11月27日 (水)

認知症について

今日のFMレキオは認知症について話をしました。外科医が説明する認知症の話ですので間違いも多いと思いますがご了承下さい。

日本の65歳以上で認知症の有病率は推定12%で約300万人いるといわれています。

Th_ まず認知症と加齢に伴う物忘れとは違うことを認識下さい。 脳細胞は加齢と共に減少しますが、認知症の場合は通常より減少が速く確実に進行してゆきます。 認知症は物忘れを含む様々な知的能力の低下により、仕事や社会生活ができなくなった状態です。

認知症の主症状に「記憶障害」「見当識障害」「判断力の低下」があります。単なる物忘れは体験の一部を忘れるのに対し、全体を忘れるのが認知症です。例えば、単なる物忘れは朝食のメニューを思い出せなくても食べたことは判るはずです。認知症の場合は食べたこと自体を覚えていないことがあります。  見当識障害とは「今が何時なのか、ここは何処なのか」かがわからなくなる状態です。 判断力の低下とは「寒くても薄着のまま外に出たり、真夏でもセーターを着たり」と自分がどうすればよいのかを判断出来なくなります。 それ以外に、怒りっぽくなったり、不安なったり、異常行動が見られることもあります。

認知症に対して「本人はわからないからいいよね」と思っていらっしゃる方がいると思います。 しかし認知症の始まりは本人も何かおかしいことを気づいています。他人から間違いを指摘されると思い出すことが出来ずに焦ってしまいしばしば作話(場所あわせや話のつじつまを合わせる)が見られるのも特徴です。  認知症の患者さんを家族だけで支えるのは無理があります。医療や行政さらに地域と協力して増加する認知症患者を支えるシステムづくりが重要となってきています。

認知症を引き起こす病気のうち、もっとも多いのは、Th_209 脳の神経細胞がゆっくりと死んでいく「変性疾患」と呼ばれる病気です。アルツハイマー病前頭・側頭型認知症レビー小体病などがこの「変性疾患」にあたります。 続いて多いのが、脳梗塞、脳出血などで、脳の神経の細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れてしまうために起きる脳血管性認知症です。

新薬など治療薬が次々と開発されています。今後、変性疾患の病態の解明とともに特効薬が開発されるかも知れません。 現時点では早期診断、早期治療により進行を遅らせることが重要です

私達のささやかな抵抗として動脈硬化を防ぐ生活習慣を身につけたり、精神活動や社会活動を活発にしている方が脳神経細胞の減少を遅らせることが解っています。 ボランティアや趣味を持つのもよいかも知れませんね。

私は遅ればせながら50歳を過ぎてギターを始めましたが、脳細胞の減少に歯止めをかけてくれたらいいのですが・・・もう手遅れと医者からいわれたらどうしよう・・coldsweats01coldsweats02

(今日のFMレキオはこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182183964

2013年11月24日 (日)

あなたの未来予想図は

今日の沖縄はとても天気がよく、日中運転するとクーラーが必要となる程でした。寒さが厳しい本土とは違いますね。Th_img_0372 冬になると寒さに弱い私としては沖縄でよかったと思います。11月の那覇市内はトックリキワタの花が満開です。

久々に日曜日の昼間に自宅にいたので、ついついギターを弾いてしまいました。アコーステックギターは空気が乾燥する時期に音がよく鳴ってきます。湿気の高い沖縄でもこの時期はギターの音がよく聞こえます。しばらく弾いていて急に思い出してデジタルレコーダーに録音してみました。

Dreams Come True」の未来予想図Ⅱを録音してみました。 唄いながら、彼らのグループ名と曲名がリンクしていて、夢が未来への架け橋になるんだと感じてしまいました。 恋をして相手のことを想い、二人の未来を描けるなんて本当に素敵なことです。 年甲斐もなくこの曲を唄いながら考えてしまいました。

私達は過去、現在そして未来を信じて生きています。過去と現在は誰でも持つことが出来ますが、未来はわかりません。未来のことを語れるのは人間だけでしょうし、それも夢があるから出来るのだと思うのです。昨日のブログで労働歌について書きましたが、働く喜びや生きる喜びがあるから頑張れるのだと思うのです。 今、世界中で戦争や貧困、自然災害などで今日を生き抜くのがやっとの方々が沢山います。彼らにも将来の夢が描けるようになることを祈りたいと思います。

(今日は未来予想図を録音しようと思っていませんでしたので、後でDreams Come Trueが唄っているのを聴いてみると私の歌は結構音程が間違っています、ご了承下さい

">

2013年11月23日 (土)

労働歌

勤労感謝の日を迎えました。 働くとはどういうことなのでしょう?

私が子供の頃(1960年代)近所に住むPhoto_3 親戚の農家のお兄さん(当時まだ30前後)に畑に連れて行ってもらうことがよくありました。 農家ですので, 早朝から,ブタや牛の世話をしながら、 お昼休みをとって午後の4時頃から日没近くまで畑に出ます。 その時いつもリアカーを引いて行くのです。 そのリアカーに乗せてもらうのが好きだったことと、お兄さんが農作業している間、畑のバッタやトンボ、近くの溜池で魚やカエルなどと遊ぶのが好きでした。 お兄さんも1人では寂しかったのか判りませんが快く連れていってくれました。そして日が落ちかけて帰るのです。 帰りに荷物がなければまた乗せてもらい、芋などを積んでいると、後ろから押してあげるのがまた楽しかったのです。
帰りしな、時々お兄さんが唄っている曲の中で「星影のワルツ」「高校三年生」などの当時のポピュラーな曲に混ざって、いわゆる労働歌のような歌もありました。その中でも今も2つの曲は憶えています。

1つは「しあわせの歌」と言うタイトルで、フランキー堺さんと左幸子さんの主演映画「しあわせは俺いらのねがい」にもなったそうです(後日知りました)。私は1番の歌詞しか知りませんでしたが、調べたら3番までありました。
1 :しあわせはおいらの願い 仕事はとっても苦しいが
  流れる汗に未来を込めて 明るい社会を作ること
  みんなと歌おう しあわせの歌を
  ひびくこだまを 追って行こう
   (2番3番は省略します)

Ami 戦後すぐの日本は新しい日本をつくるためこの様な事を唄って頑張ったのかもしれません。

もう一つ憶えている曲は沖縄民謡の「汗水節」という曲です。これもお兄さんが唄っていて憶えた曲です(5番まであります)。

1:汗水ゆ流ち 働ちゅる人ぬ〈汗水流し働く人の〉
  心嬉しさや 他所ぬ知ゆみ〈その心の嬉しさは 働かない者は知ることがない〉
  他所ぬ知ゆみ ユイヤサーサー<働かない者は知ることがない:囃子> シュラヨ シュラ 働かな<囃子:さあ働こう>(2〜5番は省略)

黙々と日々仕事をしていたお兄さんやこの種の労働歌を思い出すと、改めて働くことは大変だけど大切なことで、それ以上の喜びをもたらしてくれることなのだと思いましたね。 働くことは主体的な行動であって、させられていることではないのだと考えさせれました。

汗水垂らして働くことを今の日本人は敬遠しがちで、馬鹿げたことのように思っているふしがあります。 戦後の日本は同じ仕事なら工夫して汗水垂らさず短時間で終えることを目標としてきたと思います。それは常に進化する社会のために必要な努力です。 勘違いしないで欲しいのは、汗水垂らして働く経験がなければ工夫も創意も生まれてこないと思うのです。

汗水垂らして働く尊さを知らなければ他人の働きにも尊敬の念を抱けないのではと考えます(オレオレ詐欺みないな輩はこの様な働き方を知らないのでしょう、不幸なことです)。

2013年11月21日 (木)

今週の生け花(2013年11月第3週)

11月も第3週になりました。南国の沖縄でも流石に半袖では暮らせなくなりました。真冬でも15度以下になることが少ないので少しでも寒く(涼しく?)なるとお洒落な若い人達は楽しそうです。 Th_img_0352 年から年中暑いと服装もワンパターンになりますで、重ね着が出来る季節はお洒落を楽しみめそうですhappy01

今週も2階のコーナーにお花が生けられていました。今回はサンゴ水木が後方1列に配置してあり、それだけを見ると水墨画の枯れ木をイメージします。寒くなり凛とした印象を受けます。

そして前方には鶏頭の赤と小菊の白、椿の萌葱色、雪柳の緑色を帯びた煉瓦色で華やかです。先週の生け花もサンゴ水木や椿が使われ、カーネーションの代わりに鶏頭の赤が使われているのですが花器の違いも加わり、飾り付けでこんなにもイメージが変わるのかと感心してしまいます。

Th_img_0359 今回気がついたのは、ブログに載せるために携帯で写真を撮り終えて、パソコンで拡大するとそれまで気がつかなかった花の特徴が見えてきます。

白い可愛らしい小菊をアップすると、白いお花の部分(花弁)の中心の部分(花芯)も菊によってそれぞれ違うようです。今回の白い小菊の中の部分(花序)は緑色の筒状花が集まって構成されています。大きく見るとシャーベットのようで美味しそうです。Th_img_0362

鶏頭は夏から秋にかけてよく見かけますが、これも写真として拡大してみますと、細かなビロード状の絨毯のようです。鶏頭の名前はその色や形からニワトリの鶏冠(トサカ)を思い浮かべることで名前がついたそうですが・・・もう少し可愛い名前にすれば良いのにと思ってしまいましたが、英語でもcockscomb(cock=雄鶏、comb=とさか)と呼ぶそうですので、西も東も「美より食」の方が重要だったのかも知れません。

話は変わりますが、私の好きなユーミン(荒井由実の時代が好きかな)が40周年を迎えたそうですshineflair  彼女の曲で平原綾香さんも歌った「晩夏」という素敵な曲があり、その中に夏の終わりを告げる「鶏頭」が出てきます。 「ゆく夏に名残る暑さは夕焼けを吸って燃え出す葉鶏頭・・・」その部分を初めて聴いた時「禿げ伊藤」と聞こえて何の意味か分からなかったことを思い出しました。やはり私の語彙力の無さに今更ながら苦笑していまいます。(ちなみに葉鶏頭と鶏頭は別種です)

いつも生け花クラブの皆さまありがとうございますheart01

<花材:サンゴ水木、椿、雪柳、鶏頭、小菊>

2013年11月18日 (月)

世界を夢見て3 (カナダ)

Photo 小さな島に生まれて、大きな世界は憧れでした。高校卒業まで小さな島を出たことのない私にとって、子供の頃にみた「野生の王国」と「世界の旅」は大きな世界をみてみたいという私の憧れを作った番組でした。当時は夢のまた夢の世界でした。

私を大学まで出してくれた両親には流石にTh_maligne_lake_in_jasper海外旅行の夢は話せませんでしたので、いつか自分でお金を貯めることが出来たら、絶対に海外に出かけようと、ずっと思い続けていました。

外科医となり、土日の一日も休まずそれこそ365日24時間ある意味病院で寝泊まりをしていましたし、おそらく1日平均18時間は勤務していました(今の研修医では考えられないかも知れません)。

やっと6日間の休みが貰えて、出て行ったのはカナダのロッキー山脈でした。ぎりぎりまで当直を行い、患者さんへの挨拶も済ませ、同僚への申し送りも済ませ、いざ海外旅行です。 もうそれこそ、天にも昇るような気持ちです。

パスポートを見てはにやり、那覇空港→羽田空港→リムジンバス→成田空港→・・・・・バンクーバー空港・・・何もかもが嬉しいのです。空港のアナウンスを聴いてニヤリ、飛行機に乗ってはニヤリ、バスに乗ってもニヤリ、パスポートを提出の窓口のいかめしい審査官に対しても、やはり蔓延の笑顔、 恐らく第三者が見たら、少し近寄りたくないような状況だったのではないかと今では冷静に分析できますけど・・・とにかく嬉しいのです。 24時間つながれていたポケベルも、もう電波は届きません。夜中から呼び出されることもないのです。

Th_peyto_lake 大きな山があり、大河が流れ、青い大きな湖がそこにはあり、ヘラジカや鹿、リスなどが生息し、熊やオオカミやピューマが住んでいるであろう大自然があったからです。子供頃から憧れていた「野生の王国」のバーキンス教授が解説したのと同じ景色、シートン動物記のロッキー羊、ピューマ、オオカミの物語りがそこで待っていたのです。

<28年前の写真をスキャーナーで取り込んでみました。両方ともロッキー山脈の有名な観光スポットです。今でもその美しさが目に焼き付いています。上段:Maligne Lake in Jasper、下段:Peyto Lake>

世界は美しさに満ち溢れています

2013年11月16日 (土)

今週の生け花(2013年11月第2週)

11月も中旬になりました。季節が一気に変わってTh_img_0320_2しまう時期に入りました。ニュースを見ていましたら各地で紅葉が見所を迎えるようで萌えるよな鮮やかな色彩を楽しむことが出来そうです。羨ましいです。沖縄はこの様な紅葉をあまり楽しめません。しかし今週も病院の2階の角に生け花が生けられています。ここには季節を感じさせる素敵な空間があります。

今週の生け花は大柄な青い花瓶とサンゴ水木の枝が上方空間と花瓶の前方の床面まで伸びることよりこの2階のスペース全体を使い表現されています。サンゴ水木の赤と花器の青そして椿の葉の深い青が見る目を楽しませてくれています。それぞれが深く濃い色合いですのでお互いが邪魔せずすんなりと色が移行しています。

Th_img_0317 全体の花材を深い色合いにすることよりストックの淡いピンクの花が浮かび上がってきます。ストック(Stock)は南ヨーロッパが原産で元々は春のお花のようですが改良して秋から冬にかけて花を咲かせるようになっているようです。花を、伸ばした花茎に房状に咲かせ僅かに甘い香りがします。今回飾ってあるストックの花の色は何とも言えず上品な淡いピンクのです。花言葉は「愛の絆、豊かな愛」「永遠の恋」「見つめる未来、平和、思いやり」なんとも気高いのです。

 

英名は、スキーの「ストック」と同じ語源だそうで、「茎」「幹」を意味し、このお花がしっかりとした茎をもっていることからつけられたそうなのです。そう書いてあるのですが「Stock」はドイツ語の「杖」と同じですのでドイツ語からきたのでしょうか? 英語なら「stick」になりそうです。 言葉の話ではなくてお花の美しさを楽しみましょうかshine

前回は飛躍しすぎましたの今回は反省して少しまともに解説してみましたcoldsweats01・・・・カーネーションの花はやはりフラメンコの衣装を思い出してしまいますが・・・http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-2507.html

<花材:サンゴ水木、ストック、椿、カーネーション>

2013年11月13日 (水)

糖尿病の原因とメカニズム

今日(2013/11/13)のFMレキオ「いきいきタイム」は糖尿病について話しました。

日本人の糖尿病患者さんは急激に増加し糖尿病を疑われる患者さんは900万人を越え、この50年間に35倍以上に増加しています。いまや40歳以上の3人に1人が糖尿病または糖尿病予備軍です。日本人の体質がこんなに急激に変われるわけはないのですから食生活を含めた生活習慣の変化が糖尿病急増の原因なのです。

食事(炭水化物riceballbreadnoodle、砂糖cake) を摂ると消化・吸収され、血液中にブドウ糖として供給され血糖になります。血液の中の糖分は、全身の細胞のエネルギー源とし て使われ、筋肉や臓器、頭を働かせる源になるのです。 しかしブドウ糖が単独で細胞に入り込むことはできません。その為には、膵臓から分泌されている「インスリン」というホルモンの働きを借りて、細胞の中に取り込まれます。

Th_ 私達が必要以上に食事を取りすぎると血糖を下げるため、インスリンを沢山作り出さないといけなくなります。こんな状態が続くと膵臓も次第に疲れはててangry、インスリンを出す能力が低下します。 次第にインスリンに対する反応が鈍くなるのもですから、細胞も糖を上手く取り込むことが出来なくなり、ついには高血糖の状態となるのです。これが糖尿病(Ⅱ型糖尿病)の発症のメカニズムです。

上図を見て戦後日本人が急速に糖尿病が増えた原因が分かるのではないでしょうか・・・

血液中の糖分が高い状態が糖尿病なのですが、血液の中の糖が増えたからっといって通常の値では体に感じる症状は出ません。

無症状だからといって糖尿病を治療せずにいると、高血糖状態は私達の血管(特に微少な血管)を傷め続け「合併症」と呼ばれる様々な病気を起こしてしまいます。糖尿病は別名“合併症の病気と呼ばれるほどです。 

糖尿病は極端な話をすると、「血管をボロボロにしてしまう病気」と言えます。

 全身の小さな血管がボロボロになると、目の網膜が障害されて視力が低下する「糖尿病性網膜症」(日本人において中途失明の原因の2位)、次に腎臓の働きが低下する「糖尿病性腎症」(人工透析を受けている患者さんの原因の第1位)、それに末梢神経の障害で(手足のしびれ、知覚異常低下、血管閉塞)そのため下肢の潰瘍や切断の原因となります。

 糖尿病のため動脈硬化が進み、大きな血管がやられると、心筋梗塞脳梗塞閉塞性下肢動脈症など病気が起こって来ます。

健康診断などで血糖値の異常を指摘されていたり、既に糖尿病といわれてる方にとって合併症を如何に防ぐかが最大の目標となります。 図の原因を眺めながら、それにならない生活習慣を付けることが必要ですね。

食欲の秋ですが過食には注意が必要ですねhappy01

今日のFMレキオはこちら視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182174006

2013年11月11日 (月)

薬のネット販売

経済界のことはわかりませんが、政府の会議の委員を務める方が自分の主張が通らず辞める辞めないの話が出ているようです。

このニュースをみて、聞き捨てならないのは「医師の処方した薬は安全だから医師が処方するのだと」・・・その様な発言がありました。これには看過できず反応してしまいました。

A1180_007518 私は日々医療を行っていて薬の効果や副作用、多剤併用による薬の相互作用など難しくて分からないことが多いと感じているのです。  添付文書などで副作用や相互作用を読んで薬を処方するのですが、生身の人間を扱う訳ですから薬疹や肝機能、腎機能障害などあらゆることが起こる可能性があります。 ですから新しくお薬を出す時など飲んでいて気分や体調が悪くなったらいつでも来院して下さいと話をしています。

薬には効果と副作用が常に存在しているのです(当然薬効の方が副作用をはるかに上回っているから薬として成り立つのですが・・)。 劇薬などはネットだけのやりとりだけでは流通経路に不備があった場合直ぐはチェック機能が働かず闇から闇へ売買される可能性も否定出来ません(後で間違っていても既に流通して服用していることが高いのです)。

企業経営では素晴らしい方と思いますが、薬については何も知らない素人です。 私から見たら国民の健康のためではなくて自身のビジネス拡大のチャンスを阻まれたための発言としか思えません。

それともうひとつ気になることがあるのです。それは、どのような人であっても、いちど役職を引き受けたら、自分にとって不利益で納得できないことがあったとしても、自身も会議のメンバーの1人でしかないことを承知しないといけないのではないかと思うのです。 Th_128 自身の会社以外でも自分がトップで独断で決定できると勘違いしてしまっているのではないかと心配です。 自分の意見が取り入れられないなら「や〜める」では子供と一緒です。

自分の意見を持つことは必要ですが、皆を説得できるまでは譲ることもこの世には必要ではないでしょうか? 特に自分の専門以外ではその専門家の意見を拝聴し自分の意見を考え直す心の広さが必要でなないかと・・・心の狭い私の反省も込めて考えてしまったのです。

2013年11月 9日 (土)

今週の生け花(2013年11月第1週)

さあ11月に入りました、今年も残りわずかとなりこれからは一気に忘年会、クリスマス、正月に突入してゆきます。Th_img_0309_2 先週は生け花クラブがお休みでだったようですが今週は2階のいつもの場所に生け花が飾られています。

今週の生け花は団扇を広げたようなクバの葉が特徴です。見ようによっては孔雀の羽のようにも見えます。クバは沖縄で日常でよく見かける植物で、その葉を利用して団扇(クバオージ)を作ったり、帽子(クバガーサ)を作ったりと色々と使われています。以前にも紹介したことのあるサンゴ水木と花器が同色でシンクロして全体を引き締めています。

全体が大柄な感じの中で真ん中の小菊が可愛らしく咲き誇っています。小菊も秋の風物詩でしょうか

もう一つストレリチアが咲いています。クバの葉は合わせると孔雀の頭にもみえるのですが・・・・・(ここまでは私も少しは常識人でしょうか・・・これから先は)

Photo これから先は生け花クラブの皆様怒らないで下さい・・・怒りを通り越して寝込んでしまわないかと心配です・・・・ このストレリチアを見た瞬間に思い出したのはな〜んと「鳴呼!! 花の応援団」の青田の「くえ〜」と発した時の口に見えてしまったのです。こんな美しい花を見ながら、よりによって私の頭の中に浮かんだのは何十年ぶりに「くえ〜」と発する青田さんでありましたcoldsweats02

凄い漫画を思い出してしまいました。決して推薦図書ではありません・・・pigpig 今週も生け花クラブの皆さまお許し下さい。

<花材:クバ、サンゴ水木、ストレリチア、小菊>

2013年11月 6日 (水)

貧血について

今日(2013/11/6)のFMレキオは貧血について話をしました。

貧血についてはネットや本に沢山書いてありますのでちょっと違う視点で血液のことを書いてみます。

長い間外科医をしていますとホラー映画などで赤い血が飛び出しても怖くなくて、ナイフなどで刺されたりする残虐シーンがあっても、傷の具合からどのようにすれば助けることができるかとか、これは助からないなとかを考えてしまい、全くもってホラーにならないのです。

でも多くの方は赤い血が吹き出るとビックリすると思うのです。赤い色は人間とって危険な出血を意味し敏感に反応するのです。

Photo さて本題に戻って、この赤い血液(赤血球)にはヘモグロビンという赤色色素が含まれています。このヘモグロビンが酸素の受け渡しに重要な役割を果たしています。ヘモグロビンは鉄を含むヘムという赤い色素と、グロビンというタンパク質からできています。このヘムのために私達の血液は赤いのです。

赤血球が少なくなるが貧血です。その多くは(女性では生理を含めた出血や偏食などで)鉄が足りない鉄欠乏性貧血症ですので、貧血の方は鉄分を取るように勧められるのはその為です。

動物の血液は赤い色以外に青い色があるのはご存じでしょうか? 

タコやイカ、カニ、エビなどは銅を材料に血液を作って2_2いるので青い血液(ヘモシアニン)となるのです。 鉄が酸化して赤くなるように銅の色は10円玉(銅が95%)を思い浮かべたらいいのかも知れませんが銅は酸化すると青色になります。ただし漁師さんはよく知っているかもしれませんが、タコやイカを料理しても青い血液を見たことはないはずです。 死んでしまい酸素と結合しなくなったヘモシアニンは無色に変化しますので料理の時には血液が流れても分からないのです。

では青い血液と赤い血液で何が違うのでしょう?

実は酸素を運ぶ力に大きな差があって銅は鉄の10分の1しか酸素の運搬量がありません。 私達ほ乳類などは脳を進化させたため多量の酸素を必要とします。人間の血液は鉄を材料としたため効率よく酸素を取り入れ脳機能を発達させることが可能となったのです。もし人間の血液の材料が銅なら進化はあり得なかったと思われます。

人間の血液の赤さにも意味があったわけです。赤は血の色から生命や情熱、躍動感を感じさせ目立つ色彩です。外傷などで赤い血を見ると一大事ですので赤い色をみるとビックリするのです。

2013年11月 4日 (月)

西山事件と特定秘密保護法案

「特定秘密保護法案」なるものが審議入りしそうな状況となっています。
国の対外交渉の中で秘密がないのはおかしなことです。

交渉中であったりあるいは後で国として明らかに不利益になるものは、ある期間は秘密でもよいと思うのです。 ただしどんなことはあっても議事録は正確に残すべきことです。 それは誰が何時どのように話をしたかまで正確に記すべきことだと思うのです。 

Photo 秘密保持と正確な記録はセットなのです。 もしもその時々で不都合な事実も記録がなくなれば永久に葬り去られてしまいます。時の権力者には都合のよいことになります。

西山事件においては沖縄と関わりがあり以前記事を読んだこともありました。 この秘密保護法に関連して森担当相はじめ多くの閣僚から、罰則を科す取材活動に関し「西山事件に匹敵するような行為と考える」と何度も何度も西山事件のことを引き合いにだしています。

西山事件において最高裁は当時毎日新聞の記者であった西山さんの取材方法とりわけ外務省の女性との関係を利用して情報を入手したとのことで有罪にしました。

私は女性との関係など個人のシモネタに興味などありません。この様なしょうもないことより国家の責任者が国会の場でも国民を欺していたことが何十倍も重要だと思うのです。 

今回の秘密法に関して西山事件を引き合いに出した方の中に、政府が国民にウソをついたことへの懺悔や反省が聞かれないのはどうしてなのでしょう。大事な要点をすり替えている気がします

2013年11月 2日 (土)

ゆるキャラに群がる大人?

ハロウィンも終わりました。可愛い子供達のコスチュームに思わず微笑んでしまいます。 ただハロウィンだけでなくコスチュームや着ぐるみをつけている方をよく見かけます。マラソン大会などでもよく見かけます。最近特に目立つのは地方地方をキャンペーンするためのキャラクター(ゆるキャラ)ではないでしょうか?

(次のようなことを書くと頑張っている人に申し訳なく思うので、先に謝っておきます

Photo_3 日本各地でご当地キャラクターが人気を集め、我が街のゆるキャラが1番だと競い合っています。 色々な会場でキャラクターが出現したら多くの大人達が一斉にかけ寄りスマホで写真を撮っている光景を見ると違和感を覚え、私の場合はその場から逃げたい衝動に駆られてしまいます。

「皆さん大人ですよね」って呼びかけたくなります。キャラクターを見て純粋に可愛いと思える場合やそれを介してその地方の食材や文化を感じる以外、ぬいぐるみは子供を対象にしたキャラクターだと思えるのです。

子供の頃純粋にぬいぐるみは可愛い存在で夢を与えてくれました。次第に現実を知るようになり、今度は着ぐるみを身につけて頑張っている方のことを考えるように変化しました。 「暑い中大変だろうな〜」など・・

大人が幼稚化したのか、わざと幼稚のように見せかけているか判りませんが、子供はぬいぐるみに憧れ、若者はコスプレに熱狂し、中高年はゆるキャラに群がるようでは日本全体が着ぐるみ大国になってしまいそうです。

そうはいっても、ゆるキャラによって 地方が元気に 日本が元気に なれれば1番です。 きっと多くの方はゆるキャラを通して日本を応援しているのでしょうね。 私の様な偏屈者はゆるキャラと一緒に「がんばろう〜」エィエィオーと叫んでもやはり恥ずかしくて拳は肩の高さ止まりですcoldsweats01 coldsweats01

 

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »