フォト

« 世界を夢見て3 (カナダ) | トップページ | 労働歌 »

2013年11月21日 (木)

今週の生け花(2013年11月第3週)

11月も第3週になりました。南国の沖縄でも流石に半袖では暮らせなくなりました。真冬でも15度以下になることが少ないので少しでも寒く(涼しく?)なるとお洒落な若い人達は楽しそうです。 Th_img_0352 年から年中暑いと服装もワンパターンになりますで、重ね着が出来る季節はお洒落を楽しみめそうですhappy01

今週も2階のコーナーにお花が生けられていました。今回はサンゴ水木が後方1列に配置してあり、それだけを見ると水墨画の枯れ木をイメージします。寒くなり凛とした印象を受けます。

そして前方には鶏頭の赤と小菊の白、椿の萌葱色、雪柳の緑色を帯びた煉瓦色で華やかです。先週の生け花もサンゴ水木や椿が使われ、カーネーションの代わりに鶏頭の赤が使われているのですが花器の違いも加わり、飾り付けでこんなにもイメージが変わるのかと感心してしまいます。

Th_img_0359 今回気がついたのは、ブログに載せるために携帯で写真を撮り終えて、パソコンで拡大するとそれまで気がつかなかった花の特徴が見えてきます。

白い可愛らしい小菊をアップすると、白いお花の部分(花弁)の中心の部分(花芯)も菊によってそれぞれ違うようです。今回の白い小菊の中の部分(花序)は緑色の筒状花が集まって構成されています。大きく見るとシャーベットのようで美味しそうです。Th_img_0362

鶏頭は夏から秋にかけてよく見かけますが、これも写真として拡大してみますと、細かなビロード状の絨毯のようです。鶏頭の名前はその色や形からニワトリの鶏冠(トサカ)を思い浮かべることで名前がついたそうですが・・・もう少し可愛い名前にすれば良いのにと思ってしまいましたが、英語でもcockscomb(cock=雄鶏、comb=とさか)と呼ぶそうですので、西も東も「美より食」の方が重要だったのかも知れません。

話は変わりますが、私の好きなユーミン(荒井由実の時代が好きかな)が40周年を迎えたそうですshineflair  彼女の曲で平原綾香さんも歌った「晩夏」という素敵な曲があり、その中に夏の終わりを告げる「鶏頭」が出てきます。 「ゆく夏に名残る暑さは夕焼けを吸って燃え出す葉鶏頭・・・」その部分を初めて聴いた時「禿げ伊藤」と聞こえて何の意味か分からなかったことを思い出しました。やはり私の語彙力の無さに今更ながら苦笑していまいます。(ちなみに葉鶏頭と鶏頭は別種です)

いつも生け花クラブの皆さまありがとうございますheart01

<花材:サンゴ水木、椿、雪柳、鶏頭、小菊>

« 世界を夢見て3 (カナダ) | トップページ | 労働歌 »

」カテゴリの記事

コメント

最後の話が変わってから思わず、ぷっと吹き出してしまいました。そういう思い違いってありますね。この鶏頭のことを小さい子が「脳味噌みたいな花」って説明した話を最近聞いたところです。それも当たりまますね。いろんな創造力と結びつくんですね。omoromachi様も想像力豊かでいらっしゃいます。想像力って人間の特権ですからね。

はるか様、こんばんは。

ユーミンの「晩夏」の歌詞はとても言葉や色の表現方法に深みがあって、短歌や詩が好きなはるか様にとってもおそらく気に入る歌詞だと思います。

私の方はこんな素敵な曲ですのに今でも「この部分」は「禿げ伊藤」に聞こえてしまうのです。 そんなはずじゃないと何度聞いてもやはり「禿げ伊藤」にしか聞き取れないのです。

はるか様もきっと次ぎからこの曲を聴くと「禿げ伊藤」と聞こえてくるはずです・・・・1人仲間を増やしました・・悪友ですbleah

鶏頭のアップ写真を見ると「うぶげ」が綺麗ですねshine
子供の頃 母が花を育てるのが好きで 
鶏頭も庭に咲いていましたよnotes
葉鶏頭は 私 プランターで育てえいましたが・・・
禿げ伊藤・・・思わず( ´艸`)プププsmile
omoromachi先生らしいなぁ~(・∀・)ニヤニヤ

愛様、こんばんは。

鶏頭って言葉もそうですが、個性的な花ですよね。プランターで植えていらしたのですね。

ユーミンの「晩夏」が発表された時、「鶏頭」は知っていましたが「葉鶏頭」は知りませんでした。 知っていれば・・・人生が変わったかも(大げさですが)です。 私もまっとうな人間に育っていたかも知りません。 少なくとも「禿げ伊藤」は浮かんで来なかったと思いますcoldsweats01

次から愛様も「禿げ伊藤」に聞こえて来るはずです。また1人仲間を増やしました。 やった〜!heart04

こちらにも お邪魔したくなってしまいまして…(^^ゞ
冬の木立の風景を そのまま写真に収めたような素敵な生け花ですね(^^*)
そして今回も 院長先生の「期待をうらぎらない解説」にクスクスと笑いながら
楽しく読ませていただきましたhappy01
ユーミンさんの『晩夏』という曲は 初めて聴いたのですが
詞もメロディーも すごく素敵な曲ですねnote
院長先生にピッタリ!と思いましたヨwink
あ その… どう聴こえるか。。sweat02 というところではなくて。。coldsweats01sweat01
いい曲を教えていただきましたnote
ありがとうございますconfident

モカラテ様、おはようございます。

ユーミンが40周年目だそうです。私は大学入る前はよく音楽を聴いていたので荒井由実時代の曲が好きなのです。

その後50歳を越えるまで殆ど音楽を聴かなくなってしまいました。 

松任谷由実の「晩夏」はその言葉の使いや色の表現が凄いと思います。由実さんが美術大の卒業だけに色彩感覚も凄いのだと感じましたね。

今晩ありは私もギター片手に「晩夏」を唄ったみたいと思います。「葉鶏頭」の部分を上手く乗り切らねばなりませんhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/58618600

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の生け花(2013年11月第3週):

« 世界を夢見て3 (カナダ) | トップページ | 労働歌 »