フォト

« 我慢すること、許すこと | トップページ | ゆるキャラに群がる大人? »

2013年10月30日 (水)

大腸ポリープ

今日(2013/10/30)のFMレキオ「いきいきタイム」は大腸癌について話をしました。 日本で胃癌は減少傾向にありますが、大腸癌は食事の欧米化と共に戦後一貫して増加を辿っています。 今日は折角ですので大腸癌だけに絞らず胃と大腸のポリープについて書いてみました。

バリウム検査や内視鏡検査でポリープを発見することはよくあります。 ポリープを指摘された場合「いよいよ駄目か」とびっくりする方や「な〜んだポリープ」かと平気な方まで反応が様々です。

では「ポリープ」とはどのようなものでしょう?Th_  消化管や口や鼻あるいは女性の膣や子宮などの粘膜から発生する隆起性病変(盛り上がった病変)をポリープと呼んでいます。 胃や大腸のポリープ、子宮頸部ポリープ、鼻にできるポリープ(鼻茸)、声帯ポリープなどが有名でしょうか。 

ポリープの原因は大きく炎症性と腫瘍性に分かれ、問題となるのは腫瘍性のうち良性なのか悪性(癌)なのかということになります。

ポリープも範囲が大きいので今回は胃と大腸のポリープの絞って説明します。

胃や大腸のポリープを指摘されたことがある方は多いと思いますが、同じポリープでも癌化の発現率に違いがあります。一般的に胃のポリープは大腸と較べて癌化率は低いです。

胃ポリープ過形成性ポリープ胃底腺ポリープ腫瘍性ポリープがあります。①:胃過形成性ポリープはピロリ菌の感染や慢性の炎症のために粘膜が肥厚し隆起したもので大きさも形も様々です。大きくなって出血したり胃の出口を塞ぐようになると良性でもポリープの切除を勧めます。癌化率は1%程度です。 ②:胃底腺ポリープは胃底腺と呼ばれる組織が肥大化したもので、小さく多発するのが特徴で検診で最も多く指摘されますが、癌化することはなく大きくも殆どなりません。何もしなくてもよいポリープです。 ③:全体としては少ないですが粘膜が腫瘍化してできた腫瘍性ポリープは良性の腺腫が殆どですが癌のこともあり経過を充分行います。癌化率は10%程度ありますのでこの場合は胃のポリープの切除を早めに勧めています

Th_pcf260 大腸のポリープ過形成ポリープ腫瘍性ポリープに分かれます。①:過形成ポリープは腸の粘膜の炎症でポリープ様になったもので一般的に経過観察のみとなります。 ②:腫瘍性ポリープは良性(腺腫)と悪性(癌)との鑑別が重要になります。 大腸の場合、平坦な粘膜がいきなり癌になることは稀で、多くの場合はポリープが徐々に大きくなり癌化することが一般的です。 このことより大腸癌の予防のためにはこのポリープを見つけて早めに処置をすることが重要となります。
ポリープの大きさと癌化率は大きさ4mm以下では0.05〜0.1%5〜9mmで7〜8%10〜20mmで20〜30%20以上で30〜50%となっています。この殆どが粘膜内にとどまっている癌でポリープを切除するだけで根治が期待できます。30mmを越えると進行癌が多く内視鏡的切除の適応とならないのが殆どです。

今日この様なことを書きましたのは、患者さんから「ポリープをいわれたけど大丈夫でしょうか」とか「ポリープは癌にならないと聞いたけど本当」・・等の質問を受けることがありましたので書いてみました。 ポリープは癌にならないなどと極端なことを言う方も中にはいますが、正確な情報をもとに検査や治療をされたのがよいと思います。 極端な意見を発した方が注目されることはありますがその後の責任は負いません・・・不思議です。

今日のFMレキオはこちらから視聴出来ますdownhttp://www.stickam.jp/video/182164547

« 我慢すること、許すこと | トップページ | ゆるキャラに群がる大人? »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

気になっていたなどが解けました

人間ドックに入って検査をしたのですが、
胃のポリープは検査には出さず要観察
となり、大腸のポリープは組織検査を
追加になりました。結果が心配でしたが
良性とのことで安心しました。

大腸と胃では同じポリープでも癌になる
確率が違うのですね。この辺を説明して
もっていたら納得できたのにと思います

最後の「不思議です」でomoromachi様
が怒っていることが伝わってきます

今後も正確な情報をお願いします

ありがとうございました、ドックでの
謎が解けました。

ツクシンボ様、こんばんは。
胃にしても大腸にしてもポリープは検査をするとよく発見出来ます。胃の場合は萎縮性胃炎があって炎症性ポリープで有ればピロリ菌の除菌を行っています。女性でよく見かけられて胃底腺ポリープは癌化もなく経過観察のみで、腺腫性ポリープもある程度は見ただけで判定できますが、やはり病理検査まで行い切除の有無を決めます。

大腸は大きさと癌化率が関係しますので、過形成ポリープ以外は5mmを越えた場合は切除の対象としています。

病気を指摘されると不安になり本やネットで調べたりすると思います。 時々とんでもないようなことが書いてあったりします。未だ全ての癌を治せる訳ではないのですが、早期の治療で救える命を無駄に奪ってしまっていることが有ると考えるのです。その時に歯がゆさと悔しさ怒りを覚えるのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/58466673

この記事へのトラックバック一覧です: 大腸ポリープ:

« 我慢すること、許すこと | トップページ | ゆるキャラに群がる大人? »