フォト

« 世界を夢見て1 | トップページ | 世界を夢見て2 »

2013年9月12日 (木)

めまいについて(No.2)

平成25年9月11日のFMレキオ「いきいきタイム」は先週に引き続き「めまい」について話をしました。

「めまい」の種類は回転性、動揺性、眼前暗黒感Ami_2 などと違いがあり、嘔気や難聴、頭痛などの随伴症状の有無による違い、原因病巣も耳だったり、脳であったり、心臓だったりと様々なのです。 血糖値や血圧の変動に伴うこともありますし、最近では心因性のめまいも増えています。

実際に「めまい」が起こった時にどんな処置をした方がよいのか、救急車を呼ぶべきか迷うと思います。 

めまいの救急性の判断を難しくするひとつに、めまいの激しさと病気の重症度は必ずしも一致しないことです。 基本的にはめまいの時には救急車を呼んで良いと思います。 少なくとも初めてのめまいだったり、何時もと違うめまいなら家族が近くにいれば呼んでそれから救急車を呼ぶかどうか判断したら良いと思います。。

これまでめまいを経験したことがあったり治療を受けていたことのある方は、焦らないことです。 まず転倒の危険がありますので、めまいがしたら横や坐位になりましょう。よりめまいが少ない楽な姿勢をとり安静にします。 偏頭痛などによって起こるめまいは光の刺激で悪化しますので、室内の照明を落としたり、カーテンを使用します(家族がいればよいのですが・・)

Photo そして冷静に自分のめまいがどのようなものかを考えながら、手足に麻痺がないかどうか動かして確認します耳が聞こえているのか声は出るかどうかも確認したら良いでしょう・・そして大切なのは電話をかけることが出来るかどうかです。携帯電話など手元に持っているか、電話口まで行けるか判断します。 そうやっているうちに落ち着いて改善するようなら現在の時刻を確認しながら、少し休んだら良いかも知れません。 家族も居なく1人で心配なら電話で知人でもかかりつけ医でも救急隊でも良いですので電話をかけておく方が良いと思います。

めまいは症状の特徴からパニックになりやすく恐怖心が強くなります。めまいで医療機関へ救急要請するかどうかのマニュアルはありません。めまいが起こり心配ならまず、近くの人に声をかけるか、電話をかけることをお勧めします。

« 世界を夢見て1 | トップページ | 世界を夢見て2 »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^_^)
救急車を呼ぶほどのめまいは ありませんが
ここ最近 横になるとグルグルまわって(@_@;)
手持ちの薬が 残りわずかになってきてしまいましたsweat01
季節の変わり目に よくあるような気がします。

引越して来て 1年半経ちますが
近くに とても丁寧に診てくださる耳鼻科があり
今までと同じ薬も出していただけるので ホッとしました。
かかりつけの病院が近くにあるだけでも
とても 安心できますねconfident

モカラテさん、おはようございます(まだヨーロッパで朝の6時です)
めまいはみじかな病気で時々起こす方も多いですので
近くに自分に合った先生がいることは大切と思いますよ。
旅行最後の一日楽しんで来ます^_^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/58120196

この記事へのトラックバック一覧です: めまいについて(No.2):

« 世界を夢見て1 | トップページ | 世界を夢見て2 »