フォト

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

2013年健康フェスタ無事終了

Photo_2 当院では毎年地域の皆さまの健康づくりの支援として健康フェスタを開催しています。今年は9月28日に病院の1階で健康フェスタを開催しました。移転当初は私も色々と関わっていましたが今では委員会が全ての計画を立てて進めます。皆が成長し頼もしい限りです。

 ①相談コーナーでは「生活習慣・栄養」「禁煙・タバコ」の相談を栄養士や薬剤師などが行いました。大人だけでなく子供にもわかりやすく説明していました。子供の頃からタバコの害について知識を持っていた方がいいと思いました

②体験コーナーでは「AEDの使い方・一次救命処置の実践方法」について救急委員会のメンバーが実践指導を行い、多くの方が初めてAEDの使い方などを学んでいました。「百聞は一見にしかず」ですので今日の体験をもしもの時に生かすことができたらいいですね。

③健康測定コーナーでは「身長・体重・BMI・血圧測定」を行いながら生活習慣の指導を行いました。沖縄は全国一のメタボ県です、長寿復活は若年・中年層のメタボ対策の普及にかかっています。

④展示コーナーでは職員家族(子供達)による絵画や作文の展示があり、「生け花クラブ」による生け花が沢山飾らていました。私のブログで紹介しているクラブの皆さまの豪華そろい踏みでの生け花の展示です。患者さんやご家族、健康フェスタ参加の皆さまの目も楽しませてくれていました。

心身にハンディを負った方々の就労支援施設で作られたTh_dsc_0891 パンの販売コーナー(⑤)もあり、1000個頼んだパンは午前中であっという間に完売となりました。全品病院で購入で格安の販売となりましたが、この売り上げは「あしなが基金」に寄付予定となっています。ご購入頂いた皆様有り難うございました。

それ以外に⑥栄養課のコーナーでは栄養相談をはじめ低カロリーアイス、ドレシッング、雑穀米などの試食・配布もあり、盛りだくさんでした。相談を聞いていると健康は食からと改めて思いましたね。

そして14時からは全盲で県内外で活躍する大城友弥さんによるコンサートがありました。エレクトンや三線の弾き語りで入院中の方や外来患者さん近隣の方も見に来てくれ大盛り上がりでした。 私も彼と三曲ほど一緒にコラボすることができ、楽しいひとときを過ごすことができましたhappy01。 大城友弥さん本当にありがとうございましたnotesnote(大城友弥さんのブログはこちらからご覧になれますdown

ご来院頂きました皆さまありがとうございました。職員の皆さんもご苦労様でした。

2013年9月28日 (土)

東北に関して良かったこと

東北に関して嬉しかったことが2つありありました。1つは2年ぶりに福島県広野町でお米が収穫でき全袋検査で200袋全ての放射線量が基準以下であったこと、そして東北の大震災の時にも皆を励ましてくれた東北楽天ゴールデンイーグルスが優勝出来たこと。

自然による震災と人的災害の両方の被害でPhoto お米を作ることが出来なかった農家のお米が収穫できて、放射線値が標準以下で安全に出荷出来ることを本当に嬉しく思います(風評被害は心配ですが・・)。 

現状の広野町でお米を作ろうとしている方はきっと熱意や意志そして責任を感じて農業を再開したのだと思います。お百姓さんは心血注いで田んぼを切り拓いて少しでも良いお米をつろうと努力しているはずなのですね。 私は放射能という自分の力ではどうしようもない誘因で農業が出来なくなった方々に対して心を痛めていました。 今回作付け農家さんだけでなく地域の期待や希望も込めた小麦色に実ったお米です。 黄金に輝いた田圃は誇らしげで不屈で倍返しで私達に恵みをもたらしたのですね。

Photo そしてゴールデンイーグルの優勝です。球団設立当初はお荷物球団と揶揄されていました。 そして少しずつ補強と実力をつけて来ての、2011年3月11日の大災害です。 震災の時に皆が1つになれ、励ましとなった地域の球団としてその存在は大きかったと思います。 私は特に応戦する球団もいませんが今回は特別ひいきで「イーグルスおめでとう」と拍手を送りたいと思います。 そこには一緒に震災を乗り越えて行ったファンの想いをのせた「がんばろう東北」があるからです。 よかったですhappy01heart04

2013年9月25日 (水)

真菌症(爪白癬)について

今週(平成25年9月25日)のFMレキオでは真菌症について話をしました。

真菌症とはカビ類が起こす感染症ですが、 Smi_2 深部真菌症のように重篤な合併症もありますが、一般的には表在性真菌症が身近だと思います。

皮膚の1番表面の角質層に感染して起こす皮膚真菌症を白癬と呼んでいます。足に発生するのを俗に水虫、外陰部に感染するのは「インキンタムシ」、手足以外の胴体・腕などに感染するのを「タムシ」「ゼニタムシ」、頭に出来るのは「シラクモ」と呼んでいますが、場所は違えど白癬菌による症状です。日本人の10人に1人がかかるポピュラーな疾患です。

表面ついた真菌によるものですので抗真菌薬の軟膏・スプレーを塗り続ければ基本的に治って行きます。 しかしながら爪の中に白癬菌が入り込んだ爪白癬は外用薬ではなかなか退治出来ません。その理由を説明します(外科医が説明するので皮膚科のように専門的ではありません)

真菌は通常の細菌では栄養として吸収出来ないセルロース、リグニンといった高分子成分を様々な酵素を使用して炭素、窒素、リンなどの低分子化合物に分解出来る性質を持っています。

人間の皮膚の最表面の角質層は生きた細胞の核を失いケラチンなどの物質で構成され、垢やふけとなり体から剥げ落ちて行きます。角質は細菌の栄養にならず菌も住み着きませんが、白癬菌は角質を栄養源に出来るため住み着くことが可能なのです。

Th_img_0180_3 爪は皮膚が変化したもので硬質のケラチンやコラーゲンなどから出来ています。硬くて指の先端を守っています。ケラチンなどが煉瓦を積み重ねた様な頑丈な要塞の作りとなっています。

白癬菌もすぐに爪の中に侵入しませんが周囲の指が長らく水虫に感染していると次第に爪の中に菌が入り込むことがあります。また外傷などで爪がひび割れした場所からは入り込み易くなります。

強固な要塞の様な爪ですが、1度入ってしまえば、爪は伸びてくるため白癬菌にとって終わりのない食料庫となり、守りも堅いので籠城するには最適となります。白癬菌に感染した爪は白く濁ったり黄褐色に変色し、厚くなり変形してしまいます。痒みなどはありません。 爪の表面を水洗いしても、軟膏を塗っても内部に浸透せず爪白癬を撃退することは容易ではないのです。

この様な理由で爪白癬の治療は主に内服薬でおこないます。一ヶ月に2〜7日間、抗真菌薬を飲んで、効果があれば爪が生えてくる部分から良くなって来ます。正常な爪に生え替わるまで、手の爪で3〜5ヶ月、足の爪で5〜8ヶ月間内服を続ける必要があります。飲み薬ですので肝機能などが悪くならないかどうかなどのチェックも必要となります。皮膚科の先生に御相談された上治療計画を立てた方がよいと思います。

最後は真菌の名誉回復のため、有益な真菌類を紹介:真菌の仲間の酵母はブドウ糖、ショ糖をエタノールに発酵し、お酒、チーズ、醤油、味噌などを造ってくれます。秋の味覚の椎茸、松茸なども真菌類です。青カビからは人類初の抗生物質ペニシリンがつくられました。凄い奴らですhappy01

真菌がいなければお酒で乾杯も出来ないのですwinewine

2013年9月22日 (日)

不言実行

不言実行」という言葉があります。最近このことが気になることが多くなりました。  
今まで色々な物事に対して、自分の基本的Th_photo1_22な姿勢は不言実行を善しとして考え、行動してきたつもりでいます(実際はほど遠いのかも知れませんが)。 当然ながら仕事である医療に対しても「不言実行」でいきたいと思ってやって来ました。

自分が選んだ道で、与えられた使命だと考えていましたし、なにより医療が好きで人と関わりたいと思っていました。 それが少しずつ役職が変わると、発言しなければならない状況が出てきました。

否応なしに、「不言実行」を「有言実行」に変えざるを得ない場合も出てきたのです。ただ言葉に出して言うには実行できる可能性がある時に限るのだろうと考えています。言葉はそれなりの重みを持っているものだと思うからです。

オリンピックが東京に決まりました。それはとても素晴らしいことで、是非成功して欲しいと願います。

しかし、以前このブログで福島原発の汚染水について少し書いた事があります。残念ながら次第に私が描いた最悪の状況になってきています。直感的にこれは大変な事態になってきたなと思っています。

しかしなんとオリンピックの最終選考のスピーチで、日本のトップは福島の汚染水はコントロール下にあり、国が全責任を持って処理に当たると述べました。 私は椅子から落ちるぐらいびっくりしました。 

何を根拠にこの様な発言をしたのでしょうか? コントロール出来ているというのはどういうことなんでしょう? 何一つ解決していないのに・・・bearing

Th_photo1_75 次第に会社でも地域社会でも、あるいは政治の世界でも自分がやりたいことを通すために平気でウソをつく、そのようなタイプが幅を利かせているような気がします。 言ったもの勝ち的な・・・「取り合えず主張しなければだめだ」と日本人の価値観も変わりつつあるのかと思えるのです。 

言うなら実行しなさい、努力しなさい。出来ることを言葉にしなさい、そうでなければ言うなと言いたくもなるのです。

不言実行を善しと書いておきながら、他人の行動を批判する自分の姿勢にも歪みが出て来たのかと嘆くのでありますshock

時々、自分の心が「不言実行」に戻りたいと叫んでしまいます。

9月も中旬になりました。これから最も過ごしやすく実りの秋を迎えます。 ブログを書きながら自分の未熟さを認識出来ました。落ち込んでも仕方ありませんので、気持ちを切り替えて豊かな秋を満喫しようと思います。 皆様にも素敵な秋が訪れますように祈っていますflair

私もまたコツコツと頑張りますscissors

2013年9月19日 (木)

今週の生け花(2013年9月第3週)

台風18号は沢山の被害を出しましたが、全国的に秋への移り変わりを加速したように思えます。沖縄の南方海上には台風19号がまだありますが、南国の沖縄でも暑さのピークが過ぎたのを肌で感じてしまいます。                                   Th_img_0224

先週旅行のため、病院のお花を紹介出来ませんでした。今週も2階の角に生け花が飾られていました。 今週はやはり秋を感じさせる花材で、秋を上手に演出しています。

秋の代表的なススキがありそれだけで秋を感じてしまいます。 そう思っていても8月第5週の生け花で「パンパスグラス」にだまされた私は今回は簡単には「ススキ」を信じませんscissors

その様な訳で8月5週の生け花を見ると、全くもって「パンパスグラス」と「ススキ」似ておりません。 パンパスグラスは南米産で大柄な多年草です。

パンパスグラスコパカバーナ海岸で大胆な水着姿でバレーボールに興ずる女性達ですが、ススキ畳間で生け花を生けている着物姿の女性をイメージします。それ程違いのあるのに疑うとは実に情けないと反省しておりますcoldsweats01

ススキの横にある先のとがった青い葉は「ススキの葉」と思いきや「たかの葉(アイリスの葉)」だそうで、また簡単に騙されてしまう私なのです。 生け花は奥が深い・・花材の組み合わせはひと捻りもふた捻りしないといけないようです。騙される私が悪いのか騙す貴方が上手なのか・・と演歌調の愚痴をこぼしそうになります・・・

Th_img_0225 生け花の下段には秋を感じさせてくれる紫花(シオン)が飾られています。北米原産の菊科の花で「友禅菊」とも呼ばれるようです。

花言葉は「追憶・君を忘れない」だそうです。夏のあの子を忘れられない貴方にも、季節は秋に移って行きます。 いつまでも夏を懐かしまないで、前を向いて秋を楽しみそして冬を迎えましょう・・・意味不明ですcoldsweats02

今週も変な説明となりましたが、生け花クラブの皆様怒らないで下さいね。

<花材:たかの葉、ススキ、鶏頭、紫花(シオン)、ソリダスター>

2013年9月16日 (月)

世界を夢見て2

Photo_2

(スロヴェニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、モンテネグロの旅から帰ってきました。皆様の所は台風の影響がございませんでしたでしょうか・心配です)

小さな島で生まれた私にとっては大きな世界は憧れでした。

子供の頃世界への憧れを教えてくれた、テレビ番組がありました。ひとつはパーキンズ教授がナレーションする「野生の大国」という番組です。You tube にオープニング画面あり、昔の記憶が蘇って来ます。

"> 大草原や高い山々、青くすんだ大きな湖に大きな川、どこまでも続く砂漠、勿論動物たちもです。 私の住む世界と違う映像に釘付けになっていました。

もう一つそれはもう憧れていうか、違う別世界への扉でした。兼高かおるの「世界の旅」という番組です。

">

ナレーションを芥川隆行さんと兼高かおるさんが行うのですが、お二人の話も楽しかったですし、特に兼高さんの言葉遣いはカルチャーショックを受けましたね。当時この様な上品な言葉使いをする方は私の周りには皆無でした(これは当時の沖縄が生活するだけで精一杯でしたので当たり前なんですけど・・)。同じ日本語とは思えないような気品さ。(それに美人でしたしね、小さい時からませていたのでしょうか?綺麗なお姉さんは好きでしたcoldsweats01

見たこともない飛行場の出発前のロビーの状況、旅行のトランクがいくつも並べられ・カウンター越し搭乗手続きの様子。何もかもが夢の様なシーンでした。 そしてヨーロッパをはじめとする世界の美しい街並み、沢山の異なる民族、文化遺産、自然・・・・もう沢山ありすぎて書けません。

旅行についても少しずつこのブログで紹介してゆきたいと思います。

2013年9月12日 (木)

めまいについて(No.2)

平成25年9月11日のFMレキオ「いきいきタイム」は先週に引き続き「めまい」について話をしました。

「めまい」の種類は回転性、動揺性、眼前暗黒感Ami_2 などと違いがあり、嘔気や難聴、頭痛などの随伴症状の有無による違い、原因病巣も耳だったり、脳であったり、心臓だったりと様々なのです。 血糖値や血圧の変動に伴うこともありますし、最近では心因性のめまいも増えています。

実際に「めまい」が起こった時にどんな処置をした方がよいのか、救急車を呼ぶべきか迷うと思います。 

めまいの救急性の判断を難しくするひとつに、めまいの激しさと病気の重症度は必ずしも一致しないことです。 基本的にはめまいの時には救急車を呼んで良いと思います。 少なくとも初めてのめまいだったり、何時もと違うめまいなら家族が近くにいれば呼んでそれから救急車を呼ぶかどうか判断したら良いと思います。。

これまでめまいを経験したことがあったり治療を受けていたことのある方は、焦らないことです。 まず転倒の危険がありますので、めまいがしたら横や坐位になりましょう。よりめまいが少ない楽な姿勢をとり安静にします。 偏頭痛などによって起こるめまいは光の刺激で悪化しますので、室内の照明を落としたり、カーテンを使用します(家族がいればよいのですが・・)

Photo そして冷静に自分のめまいがどのようなものかを考えながら、手足に麻痺がないかどうか動かして確認します耳が聞こえているのか声は出るかどうかも確認したら良いでしょう・・そして大切なのは電話をかけることが出来るかどうかです。携帯電話など手元に持っているか、電話口まで行けるか判断します。 そうやっているうちに落ち着いて改善するようなら現在の時刻を確認しながら、少し休んだら良いかも知れません。 家族も居なく1人で心配なら電話で知人でもかかりつけ医でも救急隊でも良いですので電話をかけておく方が良いと思います。

めまいは症状の特徴からパニックになりやすく恐怖心が強くなります。めまいで医療機関へ救急要請するかどうかのマニュアルはありません。めまいが起こり心配ならまず、近くの人に声をかけるか、電話をかけることをお勧めします。

2013年9月 8日 (日)

世界を夢見て1

今では、海外旅行はある程度身近になってきていると思います。

私は高校卒業するまで、1番遠くに出かけたのは、中学の修学旅行で行った伊江島(沖縄本島の北部から船で30分程度の島)というところでした。

小学校当時、沖縄本島の先端までまだ2〜3回しかいったことがなく、その場所が非常に遠く感じ、自分の住んでいるところははとてつもなく広い場所だと感じていました。 ところが小学校の低学年の時、学校にあった地球儀をぐるぐる回して、やっと日本を見つけ、そしてやっとやっと「小さな文字で書かれた沖縄」を発見。
そこは細長い点みたいなもので、ましてや自分の住んでいる地名の表示すらないのです。

Photo_2 地球儀を廻し廻し、何度みてもどうも納得が行かないのです。当時地球は丸くて、地球儀の下に住んでいる人が地球から落ちないかどうか疑問に思っていたかどうかは覚えていません。しかし自分が住んでいる島がこんなに小さいことには納得出来ない気持ちでいっぱいでしたwobbly。 

こんなに小さな範囲に全てがあって、この小さな点から自分自身が形成されているのです。でも世の中はとてつもなく広いのです。あの地球儀も、恐らく小さな小さな点で描くことも可能です。ですので私の住んでいた小さな点もこの素晴らしき地球の立派な構成要素なのです

交通手段が発達し、どこの国へも行け、人々やその文化にすぐに接することが可能になった現代だと思います。何度か書いた様に今世界の人々(国々)は、逆に地球全体を見ようとしないで、小さな点の価値観のまま内向きな方向へ進んで行っている気がします。

たまには地球儀をまわして違う世界を想像してみたいものです

このブログがアップされる頃は私は機上の人ですhappy01happy01happy01 どこに行くかは・secret

久しぶりの旅行楽しんできますrun・・・・run (やった!heart01

2013年9月 6日 (金)

今週の生け花(平成25年9月第1週)

沖縄は快晴ですが、本土の方では竜巻や豪雨で大変たったと思います。皆さんの所はご被害に遭われませんでしたでしょうか? 

今週も生け花クラブの皆さまが2階の角のTh_img_0140 コーナーにお花を生けてくれています。やはり嬉しいですhappy01  今週のお花はとてもスッキリしていて秋の澄んだ空気をイメージさせます。

今週の生け花はバラの実の使い方がとても上手いですね。アーチ状に曲げた茎からそれぞれに伸びる枝の先に小さな実がなっています。

生け花を知らない私としては花が咲いた後の実も結構生け花の花材に使われているのを知りました。 若いだけが花じゃないのよ実も大切よと中年女性(男性もですcoldsweats01)の叫びが聞こえて来そうです・・・誰とはもうしませんが・・dash

Th_img_0141 もう一つ写真を撮ってはじめてわかった(写真を撮る行為が苦手で、iPhoneでこの花を撮しているのですが、撮影している光景を誰かに見られと恥ずかしいのです)のですが、アップすると細部のことがわかって新しい発見があります。

これまでカーネーションの花をアップで見たことがありませんでした。私の中では「母の日」だけ大活躍する花でした。よく見ると白地に赤い模様が本当に神秘的で素敵です。自然はなんでこの様な美しい模様をつくろうとしているのでしょうか? 改めて美しい花々の不思議さを堪能していますheart04

<花材:バラの実、カーネーション、透百合、千年木>

2013年9月 4日 (水)

めまいについて(No.1)

平成25年9月4日のFMレキオ「いきいきタイム」はめまいについて話をしました。

めまいは日常で遭遇する可能性の高い疾患Akinoann で種々の病態が含まれます。「めまい」は自分あるいは周囲が動いていないのに動いているように感じて、平衡感覚を失ってしまった状態といえます。めまいの症状には違うタイプがあります

「回転性めまい」:自分や周囲がぐるぐる回っている様に感じるめまいです。また物が左右や上下に流れるように感じることもあります。多くは平衡器官に急激な変化(血流障害、炎症、内耳のむくみなど)が起きた時に生じます、耳の病気でも、脳の病気でも起きます。

「動揺性めまい」:頭や体がグラグラ揺れている感じやフラフラする感じをいいます。①の病態でも起きることがあります。平衡器官がある程度広範囲で冒された場合に多いようです。さらに歩いてフラフラする時や傾いてしまう場合は小脳の障害のこともあります。

「立ちくらみ(眼前暗黒感)」:立ち上がった瞬間にクラッと来たり、長くたっていて目の前が暗くなる感じを呼んでいます。重篤な原因でなくても、子供には時々みられます(起立性調節障害と呼んでいます)。 普段低血圧気味の方も起こしやすいです。 注意しなければならないのが高血圧症や脳動脈硬化症のある方で、急に血圧が下がることで脳梗塞の危険が高まります。

Photo めまいは人間の平衡感覚を司る内耳にある耳石系と言われる細胞と三半規管と関連が深いため多くは耳の障害によって起こり得るため、耳鼻科が担当となります。 脳の中の中脳や大脳の梗塞や腫瘍等にて起こる場合もあり、その場合は脳神経外科内科が担当領域となります。 また貧血や全身疾患の一部としてあるいは低血圧などや高血圧、糖尿病の治療の影響もありその場合は内科・循環器科が担当となることがあります。眼震に伴う場合は眼科で診る機会もあります。心因性の場合は精神科で診ることもあります。同じめまいと思って病院に行っても病態も色々ですので、専門の診療科が異なる場合もあるのです。

高齢化社会を迎えたせいでしょうか、「急に立ち上がった時にふらっとなったが、すぐに良くなった」と外来受診時に報告される方が多くいらっしゃいます。主な原因は血圧の調節能力が低下したことによります。 私達の体は横になっていても立っていても自動で脳に流れる血液の量を一定に調整しています。重力の関係で横になった状態から急に立ち上がった時は血圧を上げることで脳の血液の量を一定にします。しかしその反応時間が年齢と共に遅くなります。もしも急に立ち上がった時にめまいが起こるようであれば、横から一度座って、それからゆっくりと立ち上がるとこの様な不快な症状から解放される場合があります。試してみて下さい。

今日はまじめになってしまいました・・・。私などは綺麗な女性をみるとまぶしくてめまいを起こしますcoldsweats02

2013年9月 2日 (月)

ものの豊かさを求め過ぎなのか

職場の歓迎会があり、その帰りのタクシーの中で、Photo 運転手さんに「最近(売り上げ等)どうですか」と話しかけました。アベノミクスのお陰で景気が上向きになっているのかも気になっていたので・・・

この運転手さんは私と同年代の方で同じ時代を生きてきた方でした。その運転手さんは「まだ実感は湧かないけれど、みんな景気が悪い、日本は悪いと思っているだけなのかも知れませんよ。私達の小さい時と比べたらものすごい経済成長、ものが溢れた豊かな社会じゃないですかね〜」と話してくれました。

なにかとてもホッとさせられました。 物質的な豊かさを求めすぎて、これでもかこれでもかと追求していったあげく、昔より豊かになった日本や自分のことを忘れかけているのではないかと気づかせてくれました。

Photo_2 私の小さい頃、考えればとても貧しかったのだと思います。周りの友達も周りの家庭も同程度に貧しかったのでしょうか、あるいは子供だからかも知れませんが、貧しさを考えたことがなかったのです。 誰かがお菓子を持っていれば分けてもらえたし、誰かが遊び道具を持ってくればそれを使ってみんなで楽しんだものです。

豊かさは絶対的なものではなく相対的なことなのかも知れません。奪い合えば足らぬ、分け合えば余る」そんな当たり前のことを忘れかけている気がします。 

豊かさを追求することは悪いことではありません。しかしそれだけを追求するといつまでたっても喉の渇きは解消されない気がします。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »