フォト

« めまいについて(No.2) | トップページ | 今週の生け花(2013年9月第3週) »

2013年9月16日 (月)

世界を夢見て2

Photo_2

(スロヴェニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、モンテネグロの旅から帰ってきました。皆様の所は台風の影響がございませんでしたでしょうか・心配です)

小さな島で生まれた私にとっては大きな世界は憧れでした。

子供の頃世界への憧れを教えてくれた、テレビ番組がありました。ひとつはパーキンズ教授がナレーションする「野生の大国」という番組です。You tube にオープニング画面あり、昔の記憶が蘇って来ます。

"> 大草原や高い山々、青くすんだ大きな湖に大きな川、どこまでも続く砂漠、勿論動物たちもです。 私の住む世界と違う映像に釘付けになっていました。

もう一つそれはもう憧れていうか、違う別世界への扉でした。兼高かおるの「世界の旅」という番組です。

">

ナレーションを芥川隆行さんと兼高かおるさんが行うのですが、お二人の話も楽しかったですし、特に兼高さんの言葉遣いはカルチャーショックを受けましたね。当時この様な上品な言葉使いをする方は私の周りには皆無でした(これは当時の沖縄が生活するだけで精一杯でしたので当たり前なんですけど・・)。同じ日本語とは思えないような気品さ。(それに美人でしたしね、小さい時からませていたのでしょうか?綺麗なお姉さんは好きでしたcoldsweats01

見たこともない飛行場の出発前のロビーの状況、旅行のトランクがいくつも並べられ・カウンター越し搭乗手続きの様子。何もかもが夢の様なシーンでした。 そしてヨーロッパをはじめとする世界の美しい街並み、沢山の異なる民族、文化遺産、自然・・・・もう沢山ありすぎて書けません。

旅行についても少しずつこのブログで紹介してゆきたいと思います。

« めまいについて(No.2) | トップページ | 今週の生け花(2013年9月第3週) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今日は台風の大雨で大変でした。沖縄の方は大丈夫のようですね。

子供の頃に好きなテレビが「世界の旅」だなんて想像出来ませんが、だからこそこんなに視野が広いのかと感心してしまいます。(私の子供の頃と違いすぎですcoldsweats02

今回の御旅行如何でした? いつか楽しい旅のお話きかせて下さい。楽しみに待っていますheart04

ririka様、こんばんは。

台風の被害はなかったでしょうか? 旅行帰ってくるなり台風で大変だった方も多いと思います。

子供の頃、未知の世界への憧れを募らせてくれたのがこの二つの番組でした。18歳までこの小さな沖縄から出たことのない私としては外の世界はとてつもなく広大で興味を抱かせらせる場所でした。

まさか今のように国外に行けるとは思っていませんでしたので憧れが切望のようになったかも知れません。

クロアチアはとても美しい街でした。夢のような一週間でした。 また行けるまで必死で仕事に励みたいと思いますshine

「世界の旅」 記憶しています。本当に、別世界の話でしたね。
兼高かおるさんは、言葉遣いも上品で、お顔も美しく、これ又別世界の人でした。
でも、昔は女優さんたちも皆、上品でしたね。
そんじょそこらの人と違ってましたね。
そういう点でも格差があったのかも知れません。
今はパスポートを持っていない人が珍しい時代。
良きにつけ悪しきにつけ、時代は動いているんですね。
悪い方に進んでいる気がするので、
少し軌道修正して、昔の人の優しさ、粋と言うものを取り戻して欲しいです。

島桜様、こんばんは。

仰るとおりで、昔の方(兼高さんに失礼ですが・・)の言葉使いには品がありましたし、しっかりと言葉を選んでお話をしていることが多かったように感じます。 今のテレビのおしゃべりを聞いていると、子供が喋っているのと思えることがあります。「私はあなたのダチじゃないよ」と言いたくなることも時々です。

少しずつ経験を重ねることで世の中が見えて来る部分もあると思います。 昔は良かったとは言いませんが、良いところを再確認して軌道修正する必要がありますね。

時代は動いてます。私達も対応できる柔軟性を持ち合わせていきたいですね。

はじめまして。幸雲と申します。
「野生の王国」のオープニングとても懐かしかったです。
小学生の頃にたしか始まったと思うのですが、毎週楽しみにしていました。

これと同時期に中山千夏がナレーションをしていた「驚異の世界」も好きでした。オープニングのバンジージャンプがとても衝撃的でした。

幸雲様、こんばんは。

「驚異の世界」私も覚えています。確かパブアニューギニアの成人式?での蔓を捲いて飛び降りる元祖「バンジージャンプ」のような儀式でしたね。 
あんな高いところから飛び降りるなんてビックリすると共にパブアニューギニアに生まれなくて良かったと素直に思いましたね。

「驚異の世界」も世界への扉を開かせてくれた良質な番組だった思い出があります。残念ながら中山千夏さんがナレーションをしていたことは覚えていませんでした。

コメントありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/56228729

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を夢見て2:

« めまいについて(No.2) | トップページ | 今週の生け花(2013年9月第3週) »