フォト

« 今週の生け花(平成25年7月第4週) | トップページ | 日光が人に与える影響 »

2013年7月29日 (月)

名前も知らない素晴らしい人々

不安感の強い現代社会のせいか、自己啓発本が沢山出版され、どのように輝やいて(あるいは人を押しのけて)トップとなってゆくのか、どのように成功してお金持ちになるのかというヒントを沢山書いてあります。 私は根気がなくてそのような本を最後まで読み通すことが出来ませんでした。本当に社会的にトップに立ったり、あるいはお金持ちの人が人として優れているのかどうかと思ってしまいます。

若い頃に、沖縄の小さな離島を旅shipしたことがありました。Photo1_71

そこで出逢った名も知らないおじいさん、おばあさんがとても素敵だったのです。 

恐らく東京、ニューヨーク、パリなどに出かけたこともなく、最新の機器pcmobilephoneとも無縁の方だったと思います(これは私のかってな想像で実際は違うのかも知れません・・)。 

でも深いシワの向こうに人をもてなしてくれる笑顔、そして厳しい島の環境で暮らしていける術を身につけた最高の方々でしたflair。 

おじいさんが、「あんた学生さんね〜、私は無学だからなんにもわからんさ〜」と言われたことを憶えています。 

全く無知なのは私の方で、そのおじいさんは小さな島で、畑をやり、漁に出かけ、立派に家族を支えて来たのですgood。 私などは1日も1人では島で生きていけません。

この世には名も知らない素晴らしい人々が沢山いるのです。安部総理やオバマ大統領と対比しても全く遜色ない偉大な方々がひっそりと暮らしているのです。

その島で感動し、頭が下がった思い出は30年以上たった今も私の心の中のとても大切な記憶です。

« 今週の生け花(平成25年7月第4週) | トップページ | 日光が人に与える影響 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

omoromachi様、おはようございます。

とても素敵なお話、朝から涙が出そうですheart01
病院のトップの先生がいつも弱い方の目線で
お話をされていて、本当に優しい先生だと思って
ブログをいつも見ていますscissors

外科医で医学博士で病院長となると
私からは怖くて話が出来ない存在ですのに
この様なコメント差し上げてしまっています

私も数年前に沖縄の小さな島を旅行したことがあります
素朴で優しい人達のお陰で楽しい旅を経験できました

私も少しでも優しい目線でこれから人と接していければ
と思っています。 ブログをよんで優しい気持ちになれました。 これからもよろしくお願い致しますheart02

おはようございます^^
私も 似たような体験があります。
そして ある本で この言葉を知り納得しました。
「職業に貴賎は無い 人の考え方、生き方に貴賎がある」
都会の片隅にも あるいは 農村漁村にも 生き方考え方の
偉大な方々がひっそりと暮らしていると思います。
日本はまだまだ素晴らしい国だと思います。
この近くで 無私無欲で路上生活者の支援をしておられる方がいます。
生きながら 神様のような生き方をされておられます。
外国の金持ちのボランティアは 神に救済を求めての支援だと思いますが・・。
omoromachi様の心に住まわれておられる この方が
どんな本よりも 貴方様の人生の指針になったのでしょうね。
感動する心を持って生まれたomoromachi様 尊敬します。素敵な方です^^

ririkaさん、おはようございます。

私は怖くないですよhappy01
コメントもらえてチョーバッピイー(あれ日本語おかしい)ですcoldsweats01。 人と人と接するときに職種や年齢性別、ましてや国や宗教など関係ないと思うのです。 (自分自身の基準で)純粋にいい人なのか悪い人なのかだと思います。  
私は単に年をとって誰もやりたがらないので病院長をやっているだけです。やってくれる人が出たら1日でも早く平に戻りたいと願っています

ririka様、これからも優しい目線で人とお付き合いくださいね、応援していますよ。

愛様、おはようございます。

私は色々な所で献身的なボランティア活動をしている方を見るといつも負い目を感じてしまいます。世俗的な私はあの様な方のような活動が出来ません

愛さんのコメント中のお言葉「職業に貴賎は無い 人の考え方、生き方に貴賎がある」・・・本当にそうだと思います。

私の人生の中で感動したり、こうありたいと思うことがいくつかあります。 大学生の頃にあの小さな島で出会った方々から多くを学ぶことが出来ました。

これからも沢山感動し、感激する出逢いを期待したいと思っています。

愛様のコメント中の言葉忘れずに生きて行きたいと思います。

omoromachi様、お久しぶりです

何故か嬉しくなり書き込んでしまいました
会社でもお偉いさんにぺこぺこするのに
弱い立場の方には怒鳴りつけたりする輩を
時々見ることがあります 
情けなくなります

肩書きに弱くて、手の平を返すような対応をする
方も中にはいます。万年ひらの私には辛いです。

ほんとですよね、私達が気がつかないだけで
人間的に凄い方は近くにいるはずですね
当たり前だったことをこのブログではっと気づかされる
ことがたびたびです

愛様のコメントにある「職業に貴賎は無い 人の考え方、生き方に貴賎がある」は真実だと思います

上司にomoromachiさまの様な方が居る職員が羨ましいです


つくしんぼ様、こんばんは。
何処の会社でも肩書きに弱い方っていらっしゃいますよね
。 弱い者いじめと同じで、自分が弱いことを悟られないように威張るのでしょうか? つまらない方を相手にしても疲れますのでこの場合はスルーしましょうpig
私は世間の常識に疎いので、これまでのように自分自身で感じたり、感激したりしたことを書いてゆければと思っています。これからも同様にお付き合いください。よろしくお願い致します。愛さんが書き込んでくれた言葉は、真理を突いていますね。

おはようございます(^_^)
学生時代に とても良い旅をされたのですね。。(^^*)
ウチの長男も 「今だけしかないから…」と
学生最後の春休みに 一人で行先も決めずに東南アジアへ行ってsweat01
たくさんの方々にお世話になってきたようです。
自分はもちろん 子ども達にも 多くの体験を通して
素晴らしい方々と出会う喜びを たくさん感じることの出来る人になってほしいと
この記事を読ませていただいて思いましたconfident

モカラテさん、こんばんは

息子さんも海外へ出かけたのですね。
昔から「可愛い子には旅をさせよ」と言いますので
なにかを掴んで帰ってきたら本当に良かったと思えますよね。

旅はただ楽しいだけではなくて、辛かったり、カルチャーショックを受けたり様々な要素を含んでいると思います。
自分と違う環境や考えに接することで、自分の立ち位置を改めて確認出来るかも知れませんね。

最近は年をとるのも悪くないと思えてきたのですが、この様な話を聞くと「若い頃に戻り、もう一度体力にものをいわせた旅がしてみたい」と欲張りの種が芽を出します(笑)

omoromachiさん、こんばんは^^
とてもステキな思い出ですね☆

ちなみに「無学」というのは仏教用語では、
「学ぶことがないほど知識知恵に優れた者」という意。

島の方が(恐らく)何気なくおっしゃった、
「私は無学だからなんにもわからんさ〜」
という言葉そのものに「本当に大切な知識知恵」への深い真理があるように思いました。

kokage_zzzさん、こんばんは

「無学」とは仏教用語で「学ぶことがないほどの知識・・・」
なのですね。 本当にあの島のおじいさんはその様な人だったと改めて思いました。
小さな島で、自然と接しながら生き抜く術を全て備えているのですから、あの言葉には深い真理が隠されていたのですね。

改めて、頭が下がる思いがします(当時ふさふさだった髪の毛は今はありませんが・・weep)。

また感激しました、kokageさん教えて頂き感謝です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/56179062

この記事へのトラックバック一覧です: 名前も知らない素晴らしい人々:

« 今週の生け花(平成25年7月第4週) | トップページ | 日光が人に与える影響 »