フォト

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

日光が人に与える影響

今日のFMレキオは日光が私達の体に与える影響についての第二弾を放送しました。

Th_nat042_t 太陽光から直接影響を受ける組織としては皮膚と目が重要だと思います。どちらも紫外線から皮膚や目を守るために、メラニンが大きな役割をはたしています。

私達の皮膚や目は紫外線から自身を守るためにメラニン顆粒を出して皮膚の表面や虹彩を覆って保護しています。

人類(ホモサピエンス)はアフリカ起源です。アフリカは太陽が降り注ぎ暖かです。太陽から皮膚や目を守るために多量のメラニン顆粒が作られ、肌は黒くなり、目は褐色となります。

アフリカから北に向かったヨーロッパ系の民族は、太陽光が次第に少なくなり、寒い地域に移るにつれ適応して変化していったのでしょう。 光が少なくなったためメラニン顆粒は少なくなって、肌の色は白くなり、目の光彩の色はブルーやグリーンとなっていったのですね。 空気は冷たく乾燥しますので、呼吸をするには、外気が肺に入る前に暖かくして加湿をする必要が出てきたのです。そのため鼻の入り口は狭く鼻が高くなり、空気と接する面が大きくなるように変化したのです。 

今は日本人も日常でサングラスをかけているPhoto 方も多いのですが、20〜30年前にヨーロッパなどに行くと、サングラスをかけている方が多くてびっくりしました。それは虹彩のメラニンが少ないため光に弱いのです。そのこともあって、欧米人はサングラスをかけている頻度が高いのです。格好良く見せるだけではなくて実用的だったのですね。

黄色人種はその中間でしょうか? 私の推測ですが、アフリカとヨーロッパ人種は近い存在で、狩猟民族です。骨格も発達し、力や瞬発力もあります。黄色人種はアフリカから東へ東へと向かう中で、次第に農耕民族となり個人より和が大切な集団へと社会構造も変化していったのだと思います。狩りをしませんので瞬発力を必要としませんし、体も小さくてすむようになったのではないかと考えています。 肉より消化が必要な植物を摂取することが多くなり消化管が長くなります。そのため足よりも胴体が長くなったのです。 自分の体型を見ながら自分の背景に納得したりしていますcrying

私達日本人は、東の端の島国で暮らしていますので、多くの方が単一遺伝子をもった国民だと思っているのかも知れません。しかし日本人は非常に多くの遺伝子の多様性を持っている人種です。 遠くはヨーロッパ系から中国南方系、朝鮮半島経由、南方の島々の経由で、色々な民族が日本に移り住んで来たようで色々な民族の性質を受け継いでいるようなんですね。

2013年7月29日 (月)

名前も知らない素晴らしい人々

不安感の強い現代社会のせいか、自己啓発本が沢山出版され、どのように輝やいて(あるいは人を押しのけて)トップとなってゆくのか、どのように成功してお金持ちになるのかというヒントを沢山書いてあります。 私は根気がなくてそのような本を最後まで読み通すことが出来ませんでした。本当に社会的にトップに立ったり、あるいはお金持ちの人が人として優れているのかどうかと思ってしまいます。

若い頃に、沖縄の小さな離島を旅shipしたことがありました。Photo1_71

そこで出逢った名も知らないおじいさん、おばあさんがとても素敵だったのです。 

恐らく東京、ニューヨーク、パリなどに出かけたこともなく、最新の機器pcmobilephoneとも無縁の方だったと思います(これは私のかってな想像で実際は違うのかも知れません・・)。 

でも深いシワの向こうに人をもてなしてくれる笑顔、そして厳しい島の環境で暮らしていける術を身につけた最高の方々でしたflair。 

おじいさんが、「あんた学生さんね〜、私は無学だからなんにもわからんさ〜」と言われたことを憶えています。 

全く無知なのは私の方で、そのおじいさんは小さな島で、畑をやり、漁に出かけ、立派に家族を支えて来たのですgood。 私などは1日も1人では島で生きていけません。

この世には名も知らない素晴らしい人々が沢山いるのです。安部総理やオバマ大統領と対比しても全く遜色ない偉大な方々がひっそりと暮らしているのです。

その島で感動し、頭が下がった思い出は30年以上たった今も私の心の中のとても大切な記憶です。

2013年7月27日 (土)

今週の生け花(平成25年7月第4週)

沖縄は暑い日が続いていますが、日本各地で急な豪雨による災害もあって梅雨の最後の落ち着かない気候が続いているようですね。

今週も病院の2階にお花が飾られています。赤い水盤の上に飾られた花材がTh_img_0268緑や白が多いせいでしょうか少し落ち着いた感じがします。

初登場のとくさ(木賊)がいい感じです。 細長いワイヤーのようなトクサですが、筋と筋の間を折り曲げて全体が膨張しないようにアンカーのような働きをしています。ワイヤー状ですが、やはり金属とは違う温かみがあります。
トクサは私にはなじみはなかったのですが、南国には自生せず北の花材のようですね。 でも面白かったのは「砥草」とも書くそうでその茎の表皮細胞にケイ酸が蓄積して硬くざらざらで砥石のように研磨に使うことができるとのことです。研ぎ草から砥草(とくさ)の名前になったとも書いてありました。 飾り終えたら自分の爪でも研いでみようかと狙っていますwink

Th_img_0270 そしてテッポウユリの白さが美しいです。百合の仲間は日本に何種類か自生しているようです。この百合は沖縄に自生もしていて、ゴールデンウィーク頃によく見かける花です。とても香りが良いので私も好きです。

鉄砲百合」ですのでなにか飛び出すのではと物騒で心配になります。この百合は筒の部分が他の百合より長くて、昔の先込め銃(ラッパ銃)から名前の由来しているとのことです。

私はこれまで百合の内部をジックリと見たことがなかったのですが、写真を撮ることで新たな発見がありました。花弁が6個あり同じ数だけ「雄しべ」あること。「雄しべ」は6個なのに「雌しべ」は女王様の様に真ん中に1個だけ。  こんな綺麗な花を見ながら私の頭の中では「綺麗な雌を射止めるには雄は苦労するのだと・・・人間社会も一緒じゃないかなどと」・・・非常に俗世間ぽいことを考えたりしておりますcoldsweats02  拡大して見ると雌しべの「ぷりぷり感」良い感じです・・・今週も変な説明となりました。生け花クラブの皆さんご勘弁を

<花材:とくさ、鉄砲百合、りんどう、鳴子百合、どうだんつつじ>

2013年7月24日 (水)

日光による障害No1

平成25年7月24日のFMレキオ「いききタイム」は直射日光が与える障害について説明しました。

夏は特に太陽が気になる季節Photo_3と思います。 地球上で暮らす生物にとっては太陽のない生活はあり得ません。太陽光線は食物連鎖の始まりである光合成を産み出し、骨を作るために必要なビタミンD3の合成、最近話題の自然エネルギーに至るまであらゆる方面で恩恵を与えてくれています。一方、光生物学の研究より発癌性や光老化に代表されるデメリットも明らかになってきています。

そもそも「光」とはいったいどのようなものなのでしょう?
「光は粒子なのか?それとも波なのか?」この問題は20世紀前半まで大きな問題でした。 光には波長があり長い短いがあります。波ですので伝わって行きます。それも驚異的なスピードです。私達が「い〜ち」と数える間に地球を7周半出来ます。想像を超えています。 光ぐらいの乗り物があれば、私の一番欲しいアイテムの1つのドラえもんの「どこでもドア」は必要なくなります(笑)
光が粒子であることは蛍光灯などの光電効果で判ります。波だけならぶつからずに通りすぎてしまい発光しません。

ですので光は周波数特性を持った小さなエネルギーの塊(フォトン=光量子)なのです。 エネルギーを持っているので日光を浴びたら色々な反応がでるわけです。 重さがあるので敏感の人なら光に当たってあっちこっち痛くなります(冗談ですbleah 信じないで下さい)

Photo_2 日光は波長の長い順に赤外線、可視光線、紫外線に大別されます。人間の目で認識できるのが可視光線で虹の七色です。目で見える最も長い光は「赤」ですので、それより外の見えない光を「赤外線」といい、目で見える一番波長の短いのは「紫」でそれより外の光を「紫外線」と呼んでいます。

波長により私達に与える影響は異なり、赤外線は熱として感じますが体に害は及ばしません。可視光線のお陰で私達はものを見ることが出来ます。紫外線は波長の長い順にA、B、Cに別けますが、体表の組織(皮膚・目)に影響を与えます

多くの場合波長が長いと遠くまで達します。波長の長いA波は皮膚の中のまで通り、真皮のメラニンを誘導させ、黒くなってシミなどの原因になります。B波は皮膚の表面までしか到達せず日光を浴びると皮膚が赤くヤケド状態になります。C波は地上のオゾン層で吸収され地上には降り注ぎませんが、オゾンが少なくなるとC波も地上に降り注ぎ皮膚癌の発生を進めます。(余談ですが紫外線より短いX線やガンマ線は波長が更に短くて、ここまで来ると物質を構成している分子に当たる確率が少なく、物を通過してしまうことが多いのです。そのため医療器機のレントゲンやCTなどで使えるのです)

皮膚の表面より深い真皮や皮下組織にはコラーゲン繊維や弾性繊維があり、皮膚の弾力や張りを作っています。この繊維が日光を浴びてダメージを受けて弾力を失いシワの原因となります。

「さて質問です」 シワの原因となるのは紫外線A・B・C 波のどちらでしょう?・・・・・・正解は波長の長いA波です。それではご機嫌ようまた来週(何のこっちゃ・・・)

2013年7月20日 (土)

今週の生け花(平成25年7月第3週)

平成25年7月第3週の生け花の紹介です。 今週も2階の隅に生け花が飾られています。生け花クラブの皆さん有り難うございます。

沖縄はずっと晴れですが東北では局地的な豪雨で被害がでたようですね。皆様の所は大丈夫でしたでしょうか? それに猛暑で大変そうです。
                        Th_img_0246_2
さて今週の生け花です。花と言うより色が 際立っています。鮮やかですね。
ヒマワリがあると多くの場合はヒマワリの強烈な黄色に圧倒されてその他の花は存在感が薄れるのですが、今週は違います。空間に余裕があるためか紫や緑に白さらに黒と負けていません。

紫色のまっすぐ伸びるリアトリスが後方の左右に配置されて奥行きと安定感を出していますし、キキョウランの手前側を折ることで「折り鶴」のような印象を持ちました。

Th_img_0247 今日はヒマワリの横に咲く「ナデシコ」が小さいながら存在感を示しています。 ナデシコ・・・やはり思い浮かべるのはサッカーでしょうか。

まるでワールドカップの決勝戦での「なでしこジャパン」を見ているようです。

大柄な西欧の選手(ヒマワリ)に対してもジャパン(なでしこ)は負けていません

ソロ、モーガン、ワンバック選手に体格差で劣る澤、宮間、川澄選手の速い動きで同等の戦いを繰り広げての優勝でしたね・・・soccerscissorssoccer

まあそんな訳でお花と関係の無いところへと私の妄想は続くのでしたcoldsweats01 今週も変な解説「生け花クラブ」の皆さん、怒らないで下さいねhappy01

<花材:なでしこ、ヒマワリ、キキョウラン、リアトリス、玉シダ>

2013年7月17日 (水)

花嫁:坂庭省悟

以前、「初恋」という曲をブログとYou tubeにアップしました。アイルランド民謡のサリーガーデンを日本語で歌った曲が「初恋」という曲です。半年ほど前にこの曲を通して坂庭省悟さんを初めて知りました。唄もギターも凄く上手くこれから聞いてみたいと思ってたのですが、既に彼は10年前に癌で他界されていたのですね、享年53歳。若くして亡くなれたのですね、もったいないです、もっと聞きたかったです。

Th__2花嫁」という曲は1971年に「はしだのりひことクライマックス」が歌いヒットしましたので多くの方が覚えていらっしゃると思います。作詞は北山修さんで作詞が坂庭省悟さんと端田宣彦さんです。 坂庭省悟さんの作曲だったのです。初めて知りました。 彼が唄う「花嫁」を聞いた時、なんて優しい声でなんて心に響くのだろうと感じました。

作詞が北山修さんです。加藤和彦さんと一緒にザ・フォーク・クルセダーズで活躍しました。北山さんは精神科医で大学教授をなされた後退官され、今も色々と活躍されています。

花嫁は夜汽車に乗って嫁いで行くの」今ではあり得ません。夜汽車で嫁がせたら即離婚されますcoldsweats02  

命かけて燃えた恋が結ばれる 帰れない何があっても心に誓うのそうです命をかけて恋するのです・・そして誓うのです・・

恋って何でしょう? 切ないもの、盲目的な感情、幸福感、絶望、一体感・・・1人1人がそれぞれの想いを描いて語れるはずですね。

考えると眠れなくなりそうなので、好きな人を感じるとセロトニンやらドーパミンやらアドレナリンなどの脳内物質がでて、生体反応として幸福感や動悸や呼吸困難などが出現し・・・などと医学的に考えようとしてもやはり眠れなくなりそうです。 皆様にも不眠への誘いですhappy01

昨日「花嫁」の弾き語りを録音してみました。 やはり上手くギター弾けませんし歌も歌えませんでした。 夢にうなされる覚悟でお聴き下さいcoldsweats02

">

2013年7月15日 (月)

格差の広がり

「景気が回復しているらしい」と報道されています。
Photo 日銀が市場にお金を印刷して出せばインフレが進み円安基調となり株価も上がるはずです。消費税の増税の前に、マンションをはじめ大きな買い物に対しては駆け込み特需もあるのだろうと考えます。

経団連を初め、日本のトップ企業の経営者がこぞって株価が上がり、需要が伸びそのことがひいては末端の賃金まで上がり全て上手くいく話をしています。 ニュースも沢山取り上げていますので、何となくそうなのかと思いたくもなります(当然ながらマスコミも企業ですのでNHKは政府の意向がかかるでしょうし、民間のマスコミは広告収入が増えることを期待して今の経済政策を正面切って批判することはないでしょう。その意味での中立は保たれていないと考えています:私の考えは間違いかも知れませんが、そう思っただけです)。 

しかし政府をはじめトップ企業の方は一般国民が賃金が上がって景気の回復を実感できるのはまだ先のことだと話しています。 何か説得力があり、納得してしましそうになります。

しかしそれは、全てがシナリオ通りに上手くいった時に限ります。 もしも途中で目標に達しなければどうなるのでしょう。 今世界はエジプトをはじめ大きな混乱の中にあり、世界中に不安定要因が存在します。

現在、大企業や国内外の投資家・資産家は株の含み益で儲かり更に所得を増やすはずです。生活必需品の消費税が増えても痛くも痒くもないはずです。  一般庶民はどうなるかというと上手くいって賃金が上がるはずですが、物価は上がり、消費税も増え実質今と変わらない生活水準となります。 

もしも経済政策が失敗すると、大企業はこの短期間で増やした財産を凍結(備蓄)し、不必要な人材は切り捨てるはずです。 多くの国民は給料も上がらないのに物価と消費税はあがり、非正規社員が増えるだけです。

素人の私から見ると政策でつくられたTh_oth035_t_2 バブルでは、成功しても失敗しても一部の資産家は損をせず備蓄を増やすはずです。そして資産家と庶民、大企業と中小企業、首都圏と地方の格差を広げただけにしかならないのではと考えてしまいます。

格差の広がりは社会を不安定にして、多くの人々が生活に追われ考える余裕もなくなるかも知れません。行き場を失うと自暴自棄となる方々が増えることが心配です。

もう一つ気になるのは急激な経済変動でファンドを始めとする海外の投資家が儲けた日本のお金は日本には戻ってこないことなのです。これも日本の勤勉な国民が働いて返すのでしょうね。経済の素人の私ですがどうも納得いかないのです。

2013年7月13日 (土)

今週の生け花(平成25年7月第2週)

沖縄は台風が近づき大変です。 それでTh_img_0235も今週 も2階の隠れ場所?にお花が生けられていました。嬉しいですheart04

今週はユキヤナギと少しだけ見えるナルコユリのお陰で涼しげです。

今週の生け花は初登場トルコキキョウヒペリカムが存在感があり、初登場いきなりランクインみたいな感じです(昔、音楽番組のザ・ベストテンのぐるぐる回るランキング表を思い出しています・・・古いcoldsweats01

トルコキキョウの名前の由来はキキョウに似たTh_img_0239 花形と蕾の形がイスラム教のモスクやトルコ人が頭に巻いているターバンに似ているから名前がついたとか・・・面白いですね。花言葉は「優美」「希望」「良い語らい」「清々しい美しさ」だそうです。白地に花先が淡い紫で確かに清々しく美しいです

ヒペリカムも可愛らしいです。食べちゃいたいほどです。 「食べたら美味しいかな〜」などと想像しますが、食べてしまったら生け花でなくなります。

もし2階の生け花の実が消えていたら私のお腹の中かも知れません。どうかお許しを(笑)

<花材:雪柳、ナルコユリ、トルコギキョウ、ヒペリカム>

2013年7月11日 (木)

尿管(尿路結石)について

沖縄の南の海上には台風が、そして日本列島Th_nat025_t がヒートアイランドとなっています。熱中症に気をつけて下さいね。

平成25年7月10日のFMレキオ「いきいきタイム」は尿路(尿管)結石について話をしました。 先週は、高尿酸血症に伴う痛風について話をしました。尿路結石は高尿酸血症と関連があり、夏場に発症が多い病気ですので、私も流行に乗り遅れまいと話をするのは「今でしょ!」ということで説明しましたcoldsweats01

私達の尿をつくり、体外に排出する組織は,泌尿器系と呼ばれ、腎臓、尿管、膀胱、尿道から構成されます。尿を実際に作るのは左右にある腎臓で、腎臓以外の尿管、膀胱、尿道は尿を体外に排泄する通路ですので、ひっくるめて尿路と呼んでいます。この尿路に石ができたのを尿路結石と呼んでいます。

膀胱は広くて小さな石があっても症状は殆ど出ませんので、尿路結石の中で腹痛や血尿などを起こしやすいのは腎臓と膀胱をつなぐ尿管なので、尿路結石を尿管結石と呼んでいることが多いのです

人間の体の中には沢山の場所に石が出来ます。その中で多いのは胆石と尿管結石です。胆石は国民の15%、尿管結石は10%程度の方が持っています(必ずしも症状が出るわけではありません)。

同じように腹痛の原因になりますが、胆石(多くの場合は胆嚢結石)は外科で扱う分野で尿路結石(多くの場合は尿管結石)は泌尿器科で扱う疾患です。

同じ石でも胆石と尿管結石は全く違いますので注意して下さい。私の所にも胆石で紹介された患者さんが、「じゃあ沢山水を飲んで(中にはビールを沢山飲んで)治します」とか、破砕装置で「石を割って下さいと」仰る方が沢山います。 どちらも誤りで、尿管結石のことを言っています。

Photo まず尿管結石なら、水分をとることで尿を希釈し結石を洗い流す効果が期待されます。 しかしビールはよして下さい。 ビールにはアルコールの持つ利尿作用がありますが、尿酸を増やすプリン体や尿を酸性にすることで尿管結石の原因を作ることになります。 夏場は脱水で尿が濃くなるために尿管結石も増えますので、ビールではなくて水やウーロン茶などが良いでしょうね。

尿管結石の70%以上は何もしなくても(痛みはありますが・・)自然に排泄し治ります。こんなに痛いのに出てきた石を見ると米粒大の大きさでガッカリします。 尿管結石が大きくなると、超音波を石に当てて砕いて、細かくして排出し易くします。 先ほどの胆嚢結石の場合に体外衝撃波で石を砕いた場合、これが総胆管という管に落ちて、十二指腸に出て行く場所で引っ掛かった場合重篤となる場合があります。胆汁の流れと膵液の流れを塞いでしまい、一気に肝臓を悪くし、膵炎を起こして死亡したケースがあり、今では胆石の治療は腹腔鏡を使用し胆嚢をとる手術が主流となりました。

尿管結石と胆嚢結石は全く違いますのでご理解頂けましたでしょうか?

2013年7月 7日 (日)

ロマンチックな七夕?

今日は七夕ですね。皆様も願い事されましたでしょうか?

七夕伝説の彦星と織り姫のロマンチックな年に1度Akinoannの再会を思い浮かべながら夜空を見上げたりします。

何年か前にラジオで話をしたことがあるのですが、織り姫と彦星の2人はどんな関係なのでしょう?   「遠距離恋愛の恋人同士」「幼なじみ」 いやいや既に婚姻届を出した「夫婦」 あるいは実は「赤の他人」 「不倫カップル」・・・・さて二人の関係はどうなんでしょう

七夕伝説は中国で生まれました。天空で一番偉い神様「天帝(てんてい)」には「織女(しょくじょ)」という娘がいて、日本では「織り姫」と呼んでいます。織女は神様たちの着物を織っており、評判も上々。そして天の川の対岸には毎日まじめに働く牛飼いの「牽牛(けんぎゅう)」が住んでいました(日本では彦星)。天帝は娘の織女と牽牛を引き合わせ結婚させます。 親の目にかなった夫婦の誕生でめでたしめでたしで終わるはずでした。

035 結婚生活はよっぽど楽しかったのか・・この辺りは「大人の事情なのか」細かいことは書いてないので判りませんが・・・結婚してからの二人は遊びまくり、織り姫は縫い物をせず、神様の着物はぼろぼろとなり、彦星は牛の世話をせず、牛は病気となってしまうのです。

天帝は怒って、二人を天の川の両岸に引き離してしまいます。今度は二人は悲しみのあまり何も手につかなくなります。そこで妥協案として毎日まじめに働くなら、1年に1回は逢わせてやろうとなったのです。 

天帝の見る目がなかったのか、結婚が人生を狂わせる程ある意味凄い出来事なのかを示すために七夕伝説は始まったのです。

この様な伝説から、次第に現代のようにロマンチックな物語となったのですから、短冊に願い事をしたくなります。 私も年を取ってもロマンチストでいたいなと思います。

病棟にも笹の葉が飾ってあって、患者さんや御家族そして看護師さんも願い事を短冊に書いていました。 ナースステーションで私も「可愛い彼女ができますように」と書こうかな〜と言ったら、皆から一斉に「却下」され没になりましたweep 

夢と違い、現実は厳しいのです。

2013年7月 6日 (土)

今週の生け花(平成25年7月第1週)

7月に入り沖縄は長い長い夏を迎えています。 今週も生け花クラブの皆様が病院のいろんな場所に花を飾ってくれています。私達の病院には有り難いことに外来の案内やドック、病棟、フィットネス、医局など沢山の場所で生け花を観ることが出来ます。 ときには内階段で小さなコップの中に花が1輪飾られていたりすることもあり、見つけた時にはちょっぴり嬉しくなったりします。

今日もいつもの2階のコーナーに飾ってTh_img_0225 もらった花の紹介です。今週のお花も前回同様にスペースにぎりぎりです。

特に左手前にゴムロの枝が伸びているのが特徴です。 余りに飛躍しすぎて書くのも一瞬ためらったのですが、任侠の時代劇に出る「仁義を切る」のポーズに見えてしまいました・・私の発想はどうなっているのかと自分を疑ってしまうほどですcoldsweats02

「腰を中腰に落として、右手の手の平を見せるように前に突き出す」あのポーズです。 お控えなさって・・・なんていうのですがね・・・これ以上書くと、どこの世界の人間か怪しまれるので話題をお花に戻します。

Th_img_0229_2 今日の花で存在感を示しているのはスカシユリです。僅かに赤褐色の斑点を持つ橙色の大きな花をが目立ちます。 

花被片の付け根付近がやや細く、隙間が見えることから「透かし百合」の和名があるそうですが、「透かし」ではなくて十分目立っているでしょうと言いたくもなります。

今週のお花瓶を前後配置することで立体感を出しています。ゾリダスタースプレーカーネーションが後方でひっそりと花を咲かせています。

<花材:ゴムロ、透かし百合、山桑、スプレーカーネーション、ソリダスター>

2013年7月 3日 (水)

高尿酸血症(痛風)について

2013年7月3日のFMレキオ「いきいきタイム」は高尿酸血症・痛風について話をしました。

高尿酸血症に関しては、症状が激烈なため20130703 それによって起こされる「痛風」が有名かも知れません。 しかし高尿酸血症は糖尿病と同様に生活習慣病の範疇に入り、血液の中の尿酸値が高くても症状に現れにくい場合があります。 長年持続することで、動脈硬化を進行させて、狭心症や脳卒中などの原因、腎機能悪化や尿管結石の原因ともなり、合併症の病気と言われています(糖尿病とも似た病態です)。

高尿酸血症は血液の中の尿酸値が高くなる病態です。では尿酸は何処で作られるのでしょう。 尿酸の元になるのはプリン体という物質です。

人間の体は常に新陳代謝を繰り返しています。古い細胞が壊れる時に細胞の中の核酸が壊れ、プリン体ができますプリン体は分解されて尿酸になります。 プリン体が体内で発生する以外では食品(肉類や卵、ビールなどには多く含まれます)から入って来ます。

体に貯まった尿酸は腎臓から尿と共に排泄されます。尿酸が高くなるのはプリン体が必要以上に多くなるか、腎臓から排出されにくい場合です。

高尿酸血症においては、尿酸の濃度が高くなり、血液中に溶けなくなった尿酸の結晶が体中に出てきます(水に溶けた塩が水分が蒸発して濃くなると結晶として出てくるようなものです)。 これが関節の中に出てくると、滑らかなはずの関節がギザギザな結晶のため炎症を起こし関節が腫れ上がって痛みが出てきます、これが痛風です。1番多いのは足の親指の関節です(他の関節にも起こります)。

痛みは強く、風が当たっても痛いとのことで「痛風」という名前になっています。痛みが強いときは鎮痛薬と尿酸を下げる薬を使います。 何もしなくても一週間程度で収まりますが、高尿酸血症を放っておくと6〜12ヶ月に1回程度再発し、次第に間隔も短くなり、関節も広範囲になっていきます。

痛風発作は殆どが男性で起こります。これは女性ホルモンが腎臓から尿酸を排出する作用があるからで、閉経後の女性は尿酸値が高くなる傾向となります。

戦前の日本人には少なかったのですが、高脂肪・高カロリー食となった日本では糖尿病と一緒に増加しています。

Photo_2 最後に余談ですが、肉食が原因なら何故ライオンやチーターは痛風にならないのでしょう?肉しか食べないにのに痛風にならない?  

もしも痛風になって痛くて走れなくなったらそれこそ死活問題ですが・・・・

人間(霊長類)以外の多くの動物は「ウリカーゼ」という酵素を持っていて「核酸→プリン体→尿酸→ヒドロキシイソ尿酸→アラントイン」まで分解できるため、肉だけ食べても尿酸が貯まらないのです。

人間は進化(退化?)の過程で「ウリカーゼ」という酵素を作る遺伝子をなくしてしまったです。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »