フォト

« 名前も知らない素晴らしい人々 | トップページ | 今週の生け花(平成25年8月第1週) »

2013年7月31日 (水)

日光が人に与える影響

今日のFMレキオは日光が私達の体に与える影響についての第二弾を放送しました。

Th_nat042_t 太陽光から直接影響を受ける組織としては皮膚と目が重要だと思います。どちらも紫外線から皮膚や目を守るために、メラニンが大きな役割をはたしています。

私達の皮膚や目は紫外線から自身を守るためにメラニン顆粒を出して皮膚の表面や虹彩を覆って保護しています。

人類(ホモサピエンス)はアフリカ起源です。アフリカは太陽が降り注ぎ暖かです。太陽から皮膚や目を守るために多量のメラニン顆粒が作られ、肌は黒くなり、目は褐色となります。

アフリカから北に向かったヨーロッパ系の民族は、太陽光が次第に少なくなり、寒い地域に移るにつれ適応して変化していったのでしょう。 光が少なくなったためメラニン顆粒は少なくなって、肌の色は白くなり、目の光彩の色はブルーやグリーンとなっていったのですね。 空気は冷たく乾燥しますので、呼吸をするには、外気が肺に入る前に暖かくして加湿をする必要が出てきたのです。そのため鼻の入り口は狭く鼻が高くなり、空気と接する面が大きくなるように変化したのです。 

今は日本人も日常でサングラスをかけているPhoto 方も多いのですが、20〜30年前にヨーロッパなどに行くと、サングラスをかけている方が多くてびっくりしました。それは虹彩のメラニンが少ないため光に弱いのです。そのこともあって、欧米人はサングラスをかけている頻度が高いのです。格好良く見せるだけではなくて実用的だったのですね。

黄色人種はその中間でしょうか? 私の推測ですが、アフリカとヨーロッパ人種は近い存在で、狩猟民族です。骨格も発達し、力や瞬発力もあります。黄色人種はアフリカから東へ東へと向かう中で、次第に農耕民族となり個人より和が大切な集団へと社会構造も変化していったのだと思います。狩りをしませんので瞬発力を必要としませんし、体も小さくてすむようになったのではないかと考えています。 肉より消化が必要な植物を摂取することが多くなり消化管が長くなります。そのため足よりも胴体が長くなったのです。 自分の体型を見ながら自分の背景に納得したりしていますcrying

私達日本人は、東の端の島国で暮らしていますので、多くの方が単一遺伝子をもった国民だと思っているのかも知れません。しかし日本人は非常に多くの遺伝子の多様性を持っている人種です。 遠くはヨーロッパ系から中国南方系、朝鮮半島経由、南方の島々の経由で、色々な民族が日本に移り住んで来たようで色々な民族の性質を受け継いでいるようなんですね。

« 名前も知らない素晴らしい人々 | トップページ | 今週の生け花(平成25年8月第1週) »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

サングラスは欧米文化だと思っていました
この様な関連があったことに目から鱗状態です

ヨーロッパに旅行に行くと確かにサングラスをかけて
いる方を多く見かけます。お婆さんも結構かけています。

彫りが深いせいか格好いいんですよね
私がサングラスをかけても鼻から落ちそうで似合いませんcoldsweats01

omoromachiさんのブログふりかえって読ませてもらいました(まだ少ししか読んでいませんが・・)
色々と為になり面白い発見が沢山ありました。
これからも沢山教えて下さい

追伸:前回の「名前も知らない素晴らしい人々」を読んで感激しました。

アリアスミさん、はじめまして。
見てくれてありがとうございます。
50半ばを過ぎてはじめたブログですので、礼儀を知らずに書いているかも知れません。もしおかしな部分があればご指摘くださいね。

仰るようにヨーロッパに30年前に出かけた頃、余り日本では一般的でなかったのですが、町中でサングラスをかけていている方が結構多くてビックリしました。建物もそうですが映画の世界のような感じがしました。
自分の感じたことを素直に書こうと思っています。よろしければ時々ご覧になって下さいね。
コメント頂きありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

今回は人類の発達の仕方というような地球的規模のお話になってしまいとても面白く読ませていただきました。この地方にはこんな人というのではなく、みんな長い長い歴史の中で作られてきているのですね。私の胴長も親の責任ではないのですね。そう思ってみると、地球上のどの人たちとも兄弟のように思えます。兄弟喧嘩している人もいますが、兄弟仲よく暮らしたいです。
前回の素晴らしい人々の話もよかったです。よすぎてコメントに困ってしまってできませんでした。いつもいいお話をありがとうございます。

はるか様、こんばんは。

人類の起源については、母から母へ受け継がれる細胞の中のミトコンドリアDNAを解析して行くことで、アフリカ起源の1人の女性にたどり着くそうです。 そのことより人類全てのお母さんのことを「ミトコンドリアイブ」と呼んでいます。 

DNAには莫大な情報量があり、突然変異して環境に適応する能力があります。人間がアフリカから世界に旅立った後その土地にあったDNAに変異した方が優勢となって次第に人種間の差が出て来たのでしょうね。

私もはるか様も、それから喧嘩している国々の人々も元は1人の女性の先祖をもつ人間(ホモサピエンス)なのです。

人間の歩んで来た道の壮大な物語を見ると、小さなことで喧嘩したり、戦争をする愚かさが判ってきますね。

喧嘩するより人間の祖先が歩んで来た歴史ロマンに夢をはせたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/57900749

この記事へのトラックバック一覧です: 日光が人に与える影響:

« 名前も知らない素晴らしい人々 | トップページ | 今週の生け花(平成25年8月第1週) »