フォト

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

なぜ原発促進なのか?

最近、原子力発電の再開を見越した法案や、原発の輸出を国家プロジェクトのように後押しする外交について、私は理解出来ません。

福島の原発事故発生から2年以上たっても何一つ解決されていません
燃料棒の処理どころか、汚染水も次第に海へ流され続けていくでしょう。

汚染水が原発より海側の地下水から出たということは、その後海に出て行くはずです。 火を見るよりも明らかなことを、その様な事態になっていることを何故言わないのでしょうか?

今、日本の原発の安全をアピールし世界に売り込もうとしています。足元の原発事故の処理も出来ないのに売り込む? 詐欺と同じではないのでしょうか?

Photo 日本は天然資源に恵まれていません、だから原発というのは発想そのものがもう古いと思うのです。 原発を稼働させてもそのゴミの処理もまだ何も決まってもいませんし、方法もありません。 もしかしたら、後始末は後世にまかせようと思っているのでしょうか

原子力発電に使うウランの半減期は45億年です。永久的になくなりません。 原子力を使えば使うほど、核のゴミも日本にたまる一方です。 まさか太平洋に捨てるつもりなのでしょうか? あり得ません。

日本のプレートの図を書いてみました。Photo_3 地震が起こることを望みはしませんが、日本列島そのものがユーラシアプレートと太平洋プレートなどが衝突する部分にあるのです。 確実に地震は起きますし、それも頻回に起こるはずです。 防ぎようはありません。 ヨーロッパやアメリカのような地震が少なく安定した岩盤の上にはありません

原発だって被害を受けるはずです。そしてまた福島で起こったことが今度は日本の何処かで起こる可能性があるのです。 起こってしまえばもう2度と故郷は戻らないかも知れません。

本当に原発を維持・管理し、核のゴミを処理・保管するのにどれ程の莫大な予算が必要なのでしょう。それに加えた福島の原発事故の処理費用などがあれば全家庭の屋根をソーラー発電にでき、小さな小川までも利用した莫大な数の水力発電装置が設置できるかも知れません(実際のことはわかりませんが莫大な値段と思います)。

原子力関連予算を、太陽光発電を初めとする 再生エネルギーや次世代の燃料電池車などの開発に回し、政策として後押ししたらかなりのスピードでエネルギー自給のめどがたち、世界をリードできる日本の大産業になるのではないかと考えます。とても夢のあるチャレンジです。

発電に伴う利権が政治家だけでなく官僚、マスコミやあるいは発電と関係の無いと思われるような大きな企業まで支配してしまっているのです。これらの利権を守るために、日本の未来の希望や安全も奪っていることを、私達は次世代の子供達への責任という視点からも冷静に考える必要が出てきていのではないかと考えています。

2013年6月28日 (金)

今週の生け花(平成25年6月第4週)

今週も生け花クラブの皆様が病院のいろんな場所に花を飾ってくれています。有り難いことです。
今日もいつもの2階のコーナーに飾ってTh_img_0216もらった花の紹介です。今回はお花の種類も多く大作で、小さなスペースにぎりぎりです。

花瓶も含め青系統の色が優勢です。初登場の「ゴムロ?」の枝振りが力強く夏の直射日光にも耐えるような青々とした葉にまず目がいってしまいました。

でもよく見るとそれぞれの花がちゃんと自己主張もしています。 私の下手な写真で百合が光りすぎてしまっています(まるで私の頭のようです・・shock

少し判りやすいように中央部分を接写して見ました。 今度はそれぞれの Th_img_0218_2 花々の個性が分かってきます。

薄いピンクの斑点の百合で、淡い色合いが素敵です。

そして今回初登場のルリ玉アザミが球状の花を咲かせています。私の場合「アザミ」に反応して 「アザミ嬢のララバイ」という曲を思い出しています。1975年の中島みゆきさんのデビューシングル曲です。 随分と古い曲です。当時中島みゆきさん可愛かったですね(私よりお姉さんですが・・・) 今でも可愛いです・・・まるで歳をとらないサイボーグのような存在です<ファンの皆様怒らないで下さいね:それぐらい綺麗な方ということですwink

前回から登場のリューカデンドロンの大柄で萌えだつような紫とその後にある黄色の小菊も光輝いています。 今、気がついたのですが「生け花」を全体として眺めた時と細部を抜き取った時の印象は違っていますね。 今更かも知れませんが・・私にとっては楽しい発見ですlovely

<花材:ゴムロ、百合、瑠璃色アザミ、リューカデンドロン、小菊>

2013年6月27日 (木)

不整脈について(2013/06/26FMレキオ)

2013/06/26FMレキオは不整脈を中心3 に心臓の役割や心臓の大切さについて話をしました。

心臓はたとえご主人が怠け者でも一生働き続ける働きもので、疲れたから休憩なんかしません(私とは違い勤勉です)wobbly

心臓は1回の鼓動で全身に血液を600〜700mlずつ送り出している筋肉でできたポンプです。1分間に70回動くすると、1日では7.2トンの血液を毎日送り出していることになります。 皆さん7.2トン(7200ml)とトンでもない数値ですcoldsweats02

心臓の病気は大まかに5つに分けること出来ます。心臓そのものの構造による異常(先天的な病気が主で、心房(心室)中隔欠損症などが代表) 心臓の筋肉自体の異常(肥大型や拡張型心筋症などで、心臓移植を必要とすることもあります) 心臓の弁の異常(いわゆる弁膜症で狭窄と閉鎖不全が主) 心臓自体を栄養する冠動脈の異常(狭心症・心筋梗塞など) 心臓のリズムの異常(不整脈) 

心臓は1分間におおよそ60〜100回一定のリズムで収縮・拡張を繰り返しています。不整脈はこの規則正しいリズムを刻む神経の伝わり方やリズムを作り出すところの異常により脈が乱れることを言っています。

ここで脈の取り方です。利き手の人差し指から薬指までの三本を揃え、反対の手のひらを上にして、親指側の手首の下の窪みを探ってみて下さい(手首の親指側1/4外側)。判りづらい場合は、強く押したり緩めたりしながら優しく触れると、指の下でトントンと拍動を感じると思います。

Photo 1分間数えて、60以下は除脈、100以上は頻脈と呼んでいます。「トン、トン、トン」と一定のリズムで動いているか確認下さい。「トン、トン、トトン、トン、トン、トトン」とか「トン、トン、トン、うん(脈が抜ける)、トン」などリズムが狂う場合は不整脈を疑います。

不整脈は心臓が必ずしも悪いわけではなくて、睡眠不足、疲労、喫煙、カフェイン摂取、飲酒でも出る場合があり、心配しないですむ不整脈もあります。

脈の異常を感じたら病院で心電図や1日記憶するホルター心電図などを行う必要があるかも知れません。心配なら受診して下さいね。

2013年6月25日 (火)

救出の値段

今日手術の合間に食事をしながらテレビ Th_dsc08380_3 をつけたら、ヨット事故で救出した費用を自己負担させるべきかどうかのアンケートを行っていたのですね

この種の議論がテレビで放送されることに対して少しびっくりしましたwobbly

色々なケースがあり議論がなされないといけないとは思います。

ヨットのことを知らない私ですので、今回の事故が単に無謀だったからかどうかは判りません。 しかし事故に遭った時、適切にSOSを発したと思います。SOSが出たら何の躊躇もなく可能な救出活動をしなければならないと思います(あのような荒波の中を救出出来たことはすごいことだと思います) 。 
助けてもらいたいなら、あるいは助けたからその費用を取るというのはおかしいと思うのです。 民間の保険もありますが、それはプラスαであって、命を救うためにかかった費用ではないと思うのです。 

この様なことも想定して私達はそもそも保険を納めています。税金です。税金が日本人の保険代わりではおかしいのでしょうか? 

今回のような出来事で、私は日本に生まれて、日本人で良かったと思うのです(洋上飛行艇の技術力も世界一ですし、自衛隊の救出活動やチームワークも最高だと、嬉しくなります)

Photo_2 自己責任を前面にだすと、何をするにも民間の保険をかけなければ怖くなります。 車で事故を起こしたとしますと殆どは自己責任(スピード違反、ハンドル操作のミス、不注意運転、整備不良)に問われるはずです。 瀕死の重傷を負えば救急隊が駆けつけ、レスキュウーが行われ、離島ならばヘリの要請もあるかもしれません。 

船で釣りを楽しんだ時、キャンプをした時、ハイキングでハチに刺されショックになった時など、日常生活以外の活動で危険は身近に潜んでいます。 スポーツをして脱水になって倒れる場合もあるかもしれません。 そのようなことも「スポーツをしなかったら起きないこと」で、ある意味自己責任を問われます。

私達は自分の意志で何も出来なくなります。

まあ、台風の時にウインドサーフィンに出かけたり、猛スピードで事故を起こしたりするする時の費用も税金と考えると疑問は残りますが・・・

しかし、どんなことがあっても命を救うことへの躊躇はあってはならないと思います。 この種の議論がでたとしても、日本の国で日本で生まれて良かったと思えたら幸せではないでしょうかscissors

本来、幸せのための税金ですから・・・

2013年6月23日 (日)

沖縄慰霊の日

6月23日は沖縄にとっては重い1日です。 沖縄での組織的な戦闘が終わった日が沖縄での終戦です。

Photo 今回は日曜日でしたが、沖縄では慰霊の日は公共施設(国立を除く)や学校が休みになります。 昔大学病院に勤めていた時に沖縄に越してきた友人が大学病院はやっているのに、子供の学校が休みなのはびっくりしたと話をしていました。

沖縄では地上戦が行われ、軍属ではない一般住民の4人に1人が犠牲になりました。3ヶ月におよぶ地上戦で家族がばらばらになり、死んだ日や場所さえもわからな方も多かったのです。 そのため6月23日が亡くなった方の命日にもなってしまったのです。沖縄では一家全滅も多く、親族に亡くなった方がいない家庭は少なかったと思います。そのため沖縄では慰霊の日は公休日なのです。

私の叔父も今の中学・高校生だった頃に鉄血勤皇隊(本土でいう学徒兵ではありません)にかり出され、防空壕や壕の中で戦う兵士のための通信や爆弾の輸送のため、安全な壕ではなく爆弾の飛び交う地上を走らなければならない任務を負わされていました。 私の叔父も摩文仁の何処でいつ亡くなったか正確な情報も遺骨もありません。ですから6月23日は仮の命日なのです。

私の名前にはこの叔父の名前の一文字が与えられています。平和のお陰で、私は叔父の何倍も長く生きています。

どんな戦争でも死んでいくのは戦争に巻き込んだお偉いさんではなく、希望に満ちた若者達や子供、何も罪のない一般市民なのです。

沖縄戦で鉄血勤皇隊に駆り出された子供達(13〜18歳)の死傷者数を書いておきます。  
学校名  ;部隊名 :動員数:戦死数:死亡率の順に記載します

県立工業高校;工業鉄血勤皇隊・通信隊;94人:85人:90.4%
県立第二中学校;二中鉄血勤皇隊・通信隊;144人:127人;88.2%
開南中学校;開南鉄血勤皇隊・通信隊; 81人:70人; 86.4%
那覇市立商工学校;南工鉄血勤皇隊・通信隊;99人:72人;72.4%
県立第一中学校;一中鉄血勤皇隊・通信隊;371人:210人:56%
(沖縄師範学校; 師範鉄血勤皇隊; 386人:224人;58% ) 

地上戦になれば本来守ってやらなければいけない子供達が名ばかりの戦闘員として駆り出され、爆弾の飛び交う中を兵士への通信や爆弾、食料の運搬のため最も危険で無謀な任務を課せられるのです。 これが戦争なのです。 

2013年6月21日 (金)

今週の生け花(平成25年6月第3週)

今週も生け花クラブがあり、いつもの2階の場所に花が飾られていました。
生け花クラブや他の職員が花を生けてくれている場所は外来の総合受付や医局の受付など多くの方が目を通すところに飾られています。

私がブログに載せているのは余り目Th_img_0208_2 にしないような奥まった場所に飾られているお花たちです。 ある日からこの場所にも飾られるようになったのです。

これまでは外来や内視鏡に行く時に通り過ぎる場所だったのですが、お花が飾られるようになってからは少し浮き浮きしながらその場所に向かいます。まるで恋人にでも逢うかのようです

今週の生け花はひまわりニューサイランが全体のラインを決めて、そして今回初登場の「ソリダスター」の繊細でTh_img_0213 涼しげな葉とリューカデンドロンの大柄で萌えだつような紫の庖が印象的です。

ソリダスターという植物は元々北アメリカ原産のソリダゴ属(セイタカアワダチソウの仲間)の一種と、アスター属のテリアツバギクを交配して出来たもので、二十世紀の初頭、フランスのリヨン地方で誕生したと言われています。

米国出身の2人がフランスで出逢い結婚したようなものです。

それもパリではなくリヨンというのが渋いです。パリの舞台の映画は沢山ありますが、女性の暗殺者を描いたリユック・べッソン監督の映画「ニキータ」では「リヨン」の街が出ます。 同じ監督の寡黙な暗殺者と少女の純愛を描いた「レオン」はジャン・レンが主演のため舞台は「フランス(リヨン)」かと思いきや「アメリカ(ニューヨーク)」なのでこんがらかってしまいます。

今回もまた話が飛躍してしまいました。お花クラブの皆様許して下さい。今週の生け花でした。

<花材:向日葵、ニューサイラン、ソリダスター、リュカデンドロン>

2013年6月19日 (水)

木下恵介劇場:記念樹

木下恵介生誕100年だというニュースを耳にしました。

木下恵介アワーという私の小さい頃に見たことのある(正確にはぎりぎり覚えている程度で本当は木下恵介劇場たったようです)テレビ番組を思い出しました。

沖縄は復帰前ですので本土にお住まいの方と放映時間に差があるのかも知れませんが・・・

20130619 人間愛に溢れたドラマだったようです。 いくつかのシリーズがありどれも素晴らしい作品だったと思います。

その中で「記念樹」というドラマは印象に残っていました。細かな内容は覚えていませんが、この主題歌は今でも歌えますhappy01。 歌の力は不思議です。小学校低学年と思いますが・・・この歌はよく覚えています。

私が印象に残っているのは、このドラマの中のシーンではなく家族で見ていた当時の我が家のひとこまです。 

何時ものように小さな私がテレビの一番前に座って視ていたのです。 そして後ろを振り向いたら、姉ちゃん、母ちゃん、ばあちゃんが揃って大粒の涙を抱えながら視ている光景でした。 皆それこそ大泣きですcrying おそらく記念樹の最終回だったかも知れません。 いつもなら「泣いてる〜」って姉ちゃんをからかっていたのかも知れませんが、その光景を見ながらこの番組はきっと凄いのだと思って黙っていました。

あの当時は家族が1つのテレビを通して時間と空間をそして想いを共有していたのだと懐かしく思い出しました。

そう言えば、テレビにもエプロンが掛けてあって大切にしていましたね。映画「三丁目の夕日」のような遠い記憶の話です。

2013年6月16日 (日)

聖域ある改革

最近やたらと「聖域なき構造改革」や「聖域なき規制改革」を耳にします。

聖域なき・・・・」とは ごりごりに固まった部分にメスを入れることで膿を出し自由な社会になるような・・・・そんなイメージを抱かせる言葉です。 良識のある行動、英断と思われ、何となく良いことのように思えます。

果たしてそうなのでしょうか? 政府や利益団体が行う「聖域なき」が実際は「弱肉強食」であり、自分達の「利益追求」であるという側面を忘れてはならないと思うのです。

何故、聖域があるのでしょう? 民間の活力、競争力で競い合うことだけでは社会が豊かにはならなかった歴史があるのではないかと思うのです。  利益追求だけでは社会的弱者が生まれ、ほんの一握りの豊かな人と殆どの貧しい人に分断されてしまうのではないでしょうか? 守らなければならない弱者に対して「既得権益」者のレッテルが貼られかねないことが心配です。 

いま本当の既得権益者が、自分達が有利になるような構造改革を目指しているように思えてなりません。

2_2 医療の世界も聖域なき規制改革の 嵐に巻き込まれようとしています。本当に米国型の医療体系が優れているのでしょうか? 日本も病院の入り口で医療保険や所得で受ける検査も治療も分けられるようになるのでしょうか。

保険をみて、あなたは「裏口からお入り下さい」と病院の入り口の色も変えられる社会にはなって欲しくないと考えます。

おかしな規制があれば速やかに撤廃し改善して欲しいと思います。そして「良識」があり、「守らないといけない」聖域もある構造改革を進めて欲しいと願っています。

2013年6月14日 (金)

今週の生け花(平成25年6月第2週)

沖縄は梅雨が明けたようです、今年は梅雨入りが遅く(例年より5日)、梅雨明けが早いため(例年より9日)、梅雨の期間が短かかたったそうです。沖縄はこれから長〜い、長〜い夏がやってきます。本土の方はこれからが梅雨本番でしょうか?

今週も生け花クラブの方が2階のスペースTh_img_0200 にお花を生けてくれています。いつもながらありがたいことです。

さて今週の生け花です。コスタスジンジャーの初登場です。先の暗赤色の部分全体が庖の部分で、それが開いて更にその先から飛び出すように花を咲かせるようです。花に失礼ですが、変な格好ですgawk  横になった状態では何となくヘビの頭のように見えます。手を出すと咬まれます(ウソですwobbly

今週の生け花は、上方のコスタスジンジャーの部分だけを見ると野性味溢れていますが、下方の部分を見るとバラとイボタでとても可愛らしくまとまっています。美女と野獣ではありませんが何故がこんな思いがしてしまいます(生け花クラブの皆様イメージを壊してすみません・・・)。

Th_img_ 私はコスタスジンジャーを初めて見ました。南国らしい植物です。どうも開花と共に容姿も変わるようです。ネットで調べてもどの時期の花がコスタスジンジャーを特徴づけるのかわかりませんでした。 参考までに医局にもこの植物が飾られていて、黄色い花(蕾?)が出ていましたの載せます(左の写真です)。花が咲くとまたイメージが変わるかも知れません。 名前からして秘密戦隊ゴレンジャーみたいです(相当古いですhappy02

また余計な事を書いてしましましたが、今週の生け花でした。

<花材:コスタスジンジャー、イボタ、バラ>

2013年6月12日 (水)

熱中症に注意を

今日のFMレキオは熱中症について話をしました。

梅雨入りから初夏にかけては、 湿度Photoが高かったり、気温が急に上がる場合も多く、1年のうちこの時期は暑さ対策がより重要となります。 毎年日本では熱中症で、10002000人程度の方は亡くなっていますので、熱中症は他人事ではありません

熱中症は高齢者に多く、家内で起こることが多い一方、スポーツとの関連では若者でも起こりますし、仕事に関連する場合は3050代で発症しているのが特徴です。若いから大丈夫というわけでもありません。

熱中症とは、私たちの体の中と外の「あつさによって引き起こされる、様々な体の不調の事を言います。 一般的には周りの環境が暑すぎたり、スポーツなどで動き過ぎたりして、体温を調整できなくなったり、あるいは多量の汗による脱水や電解質異常のよる全身障害を熱中症(正確には次の4つに分類されます)と呼んでいます。

①熱失神とは、暑い環境にいたり、作業やスポーツなどで体温が上がる状態になると体温を下げるために皮膚の血管が拡張します。そして脱水と相まって血圧が下がってきます。そのため脳へ行く血流が減って、めまいや失神を起こす場合があります。
②熱けいれんとは、大量に汗をかくことで血液中のナトリウム(塩分)が汗と共に失われます。塩分を含まない水だけを補給すると、脱水状態の体は素早く水分を吸収します。更に血液の中のナトリウム濃度が低下してしまいます。 血液の中のナトリウムが正常より低くなると、脚や腕、お腹の筋肉がけいれんを起こしやすくなります。この様な原因でけいれんが起こることを「熱けいれん」と呼んでいます。熱けいれんと言いますが、体温がまだ上昇していない時に、けいれんが起こります(子供が高熱の時に起こる「熱性けいれん」とは違います)。

③熱疲労は大量に汗をかいて脱水になり、体温が維持できなくなり、体温上昇が始まり、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などが起こる状態となります。

Photo_2④熱射病は熱中症の1番重傷となった病態で体温が40度以上に上がり、脳の機能(中枢機能)がマヒしてしまうために意識障害が起こり、さらには肝臓や腎臓などの多くの臓器がダメージを受けて、死に至る可能性が高まります。非常に危険な状態で一刻も早く救急車を要請し、その間とにかく冷やし続けることが重要となります。

<中等度もしくは重傷の熱中症の処置>
体温の上昇のある重篤な熱中症の場合は、最初の20分で体温を下げることが出来るがどうかで、生死を分ける場合があります。まず重傷者がでたら、涼しい木陰などに移します。救急車を呼びながら、うちわ、扇風機などで風を送り、水・氷などで全身を冷やします。その人が寒いと言うまで冷やし続けます。人間は高体温より、低体温の方が助かる率は高いので、救急車が到着するまで冷やして、もしも意識が戻るようならスポーツドリンクなど塩分の入った飲み物を与えて下さい。

熱中症は身近に潜んでいます。こまめな水分補給、家庭・学校・職場などの環境状態を判断し、休憩などをとって体を守っていきましょう。

2013年6月 9日 (日)

常に冷静な判断を

私はやっとブログを始めたばかりであまり仕組みがわかっていません。ついでにtwitter Facebookは登録して勉強はしましたが、自信がないことと必要性を見いだせずまだやっていません(時代に乗り遅れていますcoldsweats01

Twitterなどは非常にリアルタイムの情報が流されるため、発信した人のその場の感情が直接露呈してしまったり、その場の写真が不適切に公表される可能性(事件と関係の無い人が写っていたり)もあると思います。 

Photo 事件現場以外でも、食事のお店あるいは病院や役所でもいいでしょう。 単に自分が気に入らなかったからと、間違ったあるいは偏った情報を感情の赴くままに発信することは非常に危険だと感じたりします。

自分自身のことならよいと思うのですが、相手がいてその人やお店などが特定される場合には誤解が生じる場合もあるのではと思っています。

自分にとってはとりとめもないことが、相手にとっては非常に一方的で誤解を招いたり後戻りできないような深い傷を負う場合もあるのではないと心配しています。 しかもその情報が更に状況をつかんでいない不特定多数の人に読まれ、誤解が誤解を招くような一方的な情報源になってしまうこともあり得ると考えます。 

Blog,Twitter, Facebook などのSNSにPhoto_2しろメリット、デメリットがあると思うのですが、やはり使いこなすには情報を発信するという行為に対する「冷静な判断」が要求され、私達の道徳性も問われるのだと思うのです。

利便性、簡易性、伝達性など優れたツールであるだけに、今後は発信する側のモラルへの対応もしっかりとして欲しいと思います。

ネット時代に、時代に逆行することはないと思いますが、自由な発言ツールが自分達の行動まで束縛し、監視社会にならないことを祈っています。(時代遅れの私の杞憂です。SNSを使用中の皆様への非難ではありませんので・・ご理解下さい)

2013年6月 7日 (金)

今週の生け花(平成25年6月第1週)

先週お休みだった生け花クラブですが、今週はTh_img_0190いつもの目立たない2階の角のコーナーに生け花が飾れていました。いつもありがとうございます。

今回初登場の蒲(ガマ)の葉が左右に伸びているためにスペースぎりぎりです。上方に空間が出来ていますので、全体的に伸びやかな感じがします。

なんと葉っぱを使ったナラも初登場です。ナラの木は家具材として使われていることは知っていましたが生け花に使われるとは、「お主もやるな」といった感じです。

今回やはり目を引いたのは蒲の穂ですね。私にとってはとても懐かしいのです。Th_img_0191_2 子供の頃、近所の沼のような湿地に茂っていました。雌花の集まりであるソーセイジように膨らんだ部分が特徴ですね。夏頃に穂が出てくると根元から引き抜いて、教室で後ろからこの穂先で同級生の頭を叩いたりしていました。いじめではないですよ。その部分は丁度弾力があってほどよい気持ちよさなのです。 猫と遊ぶにも打って付けです。 

もう一つ蒲で思い出すのは「因幡の白ウサギ」の話でしょうか。ワニをだまして海を渡りきろうとした時に嘘をついたことをばらしてしまい皮を剥がされてします。その時、大国主が兎の治療に蒲の花粉にくるまるように教えたといわれていますね。 現在でも蒲は生薬としても使われているようです。

話がだいぶずれました。私の思い出話ではなくて今週の生け花でしたhappy01

<花材:蒲、ナラ、アガパンサス、スプレイ菊>

2013年6月 5日 (水)

脱毛について

今日のFMレキオは脱毛についてです(むだ毛の脱毛ではありません)。
内容は男女の脱毛バターンの差、病的な脱毛(円形脱毛、抗がん剤、膠原病など)について話をしました。

脱毛の悩みは中年男性の特有と思われがちですが、約6割の女性の方も悩んでいるそうです。多くの場合は健康上の問題ではなくて、美容上の問題と思いますが

 皆様もご存じのように、一般的な頭部の脱毛では、男女で違いがあります。男性の脱毛症は 前頭部あるいは頭頂部から薄くなるのが一般的です。それに対し女性の場合は頭髪全体が均一に薄くなるのが特徴で、これを びまん性脱毛症と呼んでいます 「びまん」とは、一面に広がるという意味で 円形脱毛症などと違い一箇所に集中して脱毛が起こるのではなく 頭皮全体の髪が薄くなります。

 

 まず男性の脱毛は額や頭頂部から薄くなることが多く、額から脱毛が進むM型脱毛症、頭頂部から脱毛が進むO型脱毛症、M型とO型が合わさった複合型があります。いずれも、毛髪がうぶ毛化して抜けおち、頭皮が完全に露出してしまうのが特徴です。

 

なぜ、男女の薄毛の進み方に違いがあるかといいますと、それは、薄毛の進行は、男性ホルモンの影響によるところが大きいからなのです。男性ホルモン(テストステロン)は、5α−リラクターゼという酵素と結びつくことで、毛髪を生み出す毛母細胞を攻撃するジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。その作用で毛髪がうぶ毛化して、やがては抜け落ち、新しい毛髪が生えなくなってしまいます。

また髪の毛を作る毛母細胞がホルモンによって受ける影響力にはそれぞれ違いがあって、そのホルモンレセプターの感受性の高い人は禿げてしまうわけです。 これは遺伝で決まりますので、禿げ方も遺伝するわけです。 私も禿げていますので「髪(カミ)の毛も神(カミ)のみぞ知る」と思って諦めていますcoldsweats02                          

Photo

女性も、閉経後に女性ホルモン(主にエストロゲン)が減少すると、薄毛が目立つようになります。エストロゲンは、毛髪の成長期を持続させる働きを持つため、これが減少することにより、全体的に毛髪が細くなったり、本数が減ってしまいボリュームが少なくなったと感じるようです。

お産後の34か月間、抜け毛が多くなる経験を持った方が時々見うけられます。妊娠中は女性ホルモンの量が増えて髪が抜けにくくなっていますので、出産後ホルモン量が元に戻り、抜けにくかった髪も抜け始め、一過性に抜け毛を多くなるそうです。ある意味リバウンドみたいなものです。出産後6か月〜1年ほどたつと、自然に元に戻ります。無理な産後ダイエットなどを避け、バランスの取れた食事を心がけるといいようです。

 

病的な脱毛についても書きたいのですが、量が多くなりますので諦めます。

平成25年6月5日のFMレキオの放送は以下で聞くことが出来ます。お時間があればお聴き下さいdownhttp://www.stickam.jp/video/182010485

2013年6月 3日 (月)

援助のあり方

横浜市で第5回アフリカ開発会議が開かれ日本の大規模な援助が報じられています。 

アフリカは天然資源が豊富で人口増加が著しく、日本は成長戦略と絡めて官民挙げての援助となるようです。

情報量の少ない私なので間違っているのかも知れませんのでお許し下さい。
今、テレビ等による政府開発援助をみるとアフリカにとって本当の意味での長期的支援になり得るのかが心配となりました。

_0020 アフリカでは既に中国が存在感を増して、韓国も伸びているそうです。それを各テレビともグラフを示しながら、中国、韓国がどれだけ投資して、どれだけの貿易量があるかを比較し、日本ももっとお金を出さないと中国や韓国に負けるよと煽っているように思えます。

報道を見ているとアフリカを皆が食い物にしているように見えてしまうのです。 各国が援助の為のお金の勝負をし、投資した分自国の企業がどれだけ儲けるかを競い合っているように思えて仕方ないのです。 

最悪なことは人材育成のない資金援助は、やがてその地域の人々を援助漬けにし、更に自立できなくなることだと思っています。

貧困やインフラの遅れ、人権やテロ、教育環境、人口爆発、食糧危機などアフリカの抱える問題をしっかりと把握して投資(援助)をしなければアフリカと日本の相互成長はないのではないかと思えるのです。

中国や韓国と投資額の勝負ではなくて、内容を踏まえた長期戦略で勝負すべきだと思うのです。 

人材育成やインフラの整備、人口爆発それに伴う食糧危機をどのようにするのか時間がかかり一見地味に思えますが、日本の得意分野を生かすことで、アフリカが東の小さな島国を見直すことになるのではないかと考えるのです。

2013年6月 1日 (土)

嬉しい話のおすそわけ

私は患者さんとおしゃべりをするのが好きです。病気と関係の無いことを話すのも聴くことも大好きです。 

80歳になる元気なおばあちゃんがいつものように診察に訪れてくれました。私「・・さん、変わりありませんか?」といつもの質問、そして「変わ りなかったですよ」と・・・本当はこれだけで今日の診療は十分なのです (それからその他の質問と聴診、触診などをしますが・・・)。

ひととおり終えると、待ち構えたようにIwa 患者さんから「先生へのお土産です」と話し出しました。 

先週、東京へ旅行(帰省)された時のこと。 満員電車に乗り込んでしまい、それも中央に流されて支えるものもなく困っていたら、隣の女性の方が右手 を一杯に伸ばして吊り革を掴まえて、そして反対の左手を差し伸べて「つかまって下さい」と。 その手が温かかったこと、そしてその女性が先に降りる際にわざわざ出口近くの手すりまで誘導してくれたそうです。今度はそれを見た方が席を譲ってくれたのだそうです。

ねえ先生嬉しいものでしょう? 先生が喜ぶ顔が見たかったのと、電車の中で親切にしてくれた方を皆に紹介することが、その方へのお礼だと思って話をしているんですと・・・

診察の中で私も嬉しくなってしまいウルウル状態です。

あまりこのブログで患者さんの個人的なお話はすべきではないと思ったのですが、私も皆様への幸せのおすそわけですheart01

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »