フォト

« 今週の生け花(2013年5月第1週) | トップページ | 君と歩いた道 »

2013年5月 3日 (金)

憲法記念日

日本国憲法について色々なことが議論されています。
私は憲法について殆ど分からないのですが、憲法は国の他の法制度の上に立つ基本となる法律だと思います。
いま憲法96条を変えようとする動きがあります。 なぜ簡単に変えれるようにしたいのでしょうか? 憲法のどこをどのように変えたいのかを96条の改訂の前にまず国民と議論すべきではないでしょうか。 

Photo そもそも憲法は簡単に変えれないようにしておくのが重要だと思います。
過半数は民主主義のルールですからおかしいと思うのかも知れません。 しかし憲法は全ての法の基本ですので、憲法が変われば全ての法律を変えなければならないことになり、法整備するだけで何年もかかると思います(素人ですので想像で書いています)。

政権が変わるたびに憲法の改定の発議を行ったらどうなるのでしょう?
特に日本の世論はブームに乗りやすいので、いとも簡単に政権が変わる可能性もあります。その度に憲法が変わったらどうなるのでしょう?

憲法を変えやすくして、中身は後でというのは余りに乱暴な考え方ではないでしょうか? 

改憲を目指す国会議員は、憲法は外国からの押しつけで日本人が創ったのではないといっています。国会議員として最低やらないといけないのは日本国憲法を全文読破して、この条文のためこの様な法制度になっているのだということを学ばなければならないと思います。試験をして8割ぐらいとらないと被選挙権が得られないぐらいにしないといけないのではと考えます。最低限のことが解らないと立法府としての仕事はやれないのではと思いますし、批判も出来ません。興味のない条文は知らないでは困ります。

医学部で解剖学や生理学の基礎を勉強しないで医者にはなれません。政治家にとっては日本国憲法はそれと同じレベルだと思いますが・・・・どうなのでしょうか?

« 今週の生け花(2013年5月第1週) | トップページ | 君と歩いた道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Omromachiさんのご指摘なるほどだと思えます。どこを変えたいのかを議論すべきですよね。9条を変えるといったら選挙に響くからなのでしょうか?それ以外にないはずですよ。 国民投票に回せるようにした方がよいと考えていましたが、確かに時の政権によっていころころ憲法が変わったら大変です。
ゴールデンウィークはお休み取れますか? 沖縄に居たときもづっと働いている姿しか見たことがありませんでしたので、どうかご自愛して少しのんびりお過ごし下さい

た〜ま〜やさんこんにちは。ゴールデンウィークは何処かに行って来ました? 法律を変えようとしている場合はこの意図が本当はどこなのかをはっきりとさせなければなりません。これが正しいと信じてやっていても、拡大解釈され法律が人々の自由を奪うこともあると思います。表面上の問題だけでなく、それによって引き起こされる最悪の事態に関しても同時に議論し歯止めをかける法律を付設しなければいけないと思うのです。もっともっと細かい議論を行ったらいいと思うのです。

何かまともな考え方に出会いました。このごろ無茶苦茶で筋が通らず、自分の言いたいことだけを通していくというような意見や考えが声高に聞こえてきていて、こうした物事をまともに考える人の声が聞こえてこなかったです。
私は日本の憲法は世界に誇れるすばらしい憲法だと思っています。なによりも人間個人を大切にしているからです。そして世界の平和を願っているからです。変え易くしたい人はが、何を思っているのか想像がつきます。
こうしたきちんと世界を見て日本の立場をどうするかということを考える時、平和憲法は変えてはいけませんし、変え易くしてはいけないと私は思ってます。

はるか様、お疲れのところコメントありがとうございます。ご意見私も本当だと感じます。 いまの日本を覆っているのは、自分がしたいことが先にあって、それをしたいが為にあれこれ理屈を合わせている、それも無理矢理ねじ曲げている気が致します。 まず人として正しいのは何なのかを捜して、それに向かって自己実現をはかるのが筋だと思います。自分の要求が先なら幼児と同じです。 大人になれない日本人が増えているような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/57299222

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法記念日:

« 今週の生け花(2013年5月第1週) | トップページ | 君と歩いた道 »