フォト

« 語学力とグローバル力は似て非なるもの | トップページ | 今週の生け花(平成25年5月第3週) »

2013年5月14日 (火)

理解に苦しむ

最近、政治家達の発言で理解に苦しむことが多くなった気が致します。
本音と建て前、色々あるでしょう。 ネット社会を反映してなのか、皆が幼稚になったのかはわかりませんが本音を言ったらうけると思っている、あの人は本音で語っているから誠実だと・・・・しかしその本音に道徳性や倫理観が欠けていたらただの我欲、人を傷つけるだけです。 

慰安婦の問題はストレス解消や娯楽の範囲ではありません。人権の問題なのです。 「きれい事」を言っても始まらないと、自分の正当性を訴える方をよく耳にします。 きれい事も言えないようなら鬼畜(あえてきたない言葉を使用します)と変わらないのです。

Photo 私もおそらく間違ったことが多いのでしょうから、違う意見でもこの人が何を言っているのかを理解しようと思っています。 しかし今回は公の人の発言としては「あり得ない」ことで、理解する以前の問題です。あとで色々といいわけがましい発言をしていくのだろうと思いますが、「本音と建て前」の使い分けも出来ないようでは情けないだけです。

昨日のニュースで初めて聞いたときには聞き間違えかと思う程で、ショックを受けました。そして性的被害を受けた方にとってはひどい言葉だろうと想像しました。 本来はブログに書くのもばかげたことかも知れません。このレベルの発言に反論する自分も情けないくらいです。

しかしどこに住もうが、男だろうが女だろうが、どんな宗教だろうが,どんな民族だろうがひとりの人間として尊重しなればなりません。ただそれだけです。

« 語学力とグローバル力は似て非なるもの | トップページ | 今週の生け花(平成25年5月第3週) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も別のニュースですが、
「原発の安全性は全く問題ない」と言っている公人の方の発言を目にして、
どうしてこうも平然と嘘(本人はそう思っていないのかもしれませんが、
だとしたらそれはそれで問題です)をつけるのかなー、と理解に苦しみました。
福島の時にあれだけこぞって「想定外」という言葉を連呼していたにも関わらず、
いまだ想定内の安全性を主張するナンセンスに呆れてしまいました。
政治の世界に足を踏み入れると、論理的な思考回路が麻痺してしまうんですかねthink

これだけメディアで喧伝されると、
人間としての尊重、全生命の尊重が前提の思考の方が間違ってるのかな?
と思いそうになったり。大衆操作って怖いですねshock

kokage_zzz さんコメントありがとうございます。政治家だけではありませんが、生きていく中で色々なしがらみが出て思考回路がおかしくなるのかも知れません。それでも本当のことは何なのか、本当に大切なものはなんなのと言った素朴な疑問に対して、自分に正直に向き合ったいきたいですね。原発の問題などは自分の生きている時代だけでなく将来の子供達や知り合えない方々の為にも理想を持って考えていきたいですね。

omoromachi様、初めまして。時々ブログを拝見致しております. you-tubeの「初恋」を聴かせて頂いてこのブログを拝読するようになりました。橋下さんの発言はひどいと私も思います。女性だけではなくて男性でも嫌だと感じるのではと思います。 橋下さんもいいと思いましたが今回の件で嫌気がさしてしまいました・・ 誰が良いのかわからなくなります。 とりとめのないコメントで失礼しました。

「ニールの青い空」さん、こちらこそ初めまして。You-Tubeも聴いて頂きありがとうございます。今どの政治家を信じていいのかわからないですよね。それぞれ一長一短があるのだと思います。それでも私達自身がしっかりと自分の意見を持つことで自分の考えにより近い人物を選べばよいと思いますね。当たり前のことですがそれしかないのですから。
私達は微力ですが諦めてはいけないと思います。理想と現実、建前と本音、きれいごとだけでは生きていけないかも知れませんが、目指すなら理想をそして本音と建て前が一致出来る様になりたいなと考えています。
つたないブログですがよろしければまたお寄り下さい。

ブログに書くにもばかげたこと・・・とomoromachiさんがいわれるようにほんとに馬鹿げたことです。人権を守る法律を学んだ専門家としての知識や考え方を持つ弁護士としての自分、人々の生活を守る公務員の長としての自分をひっくり返す馬鹿げたことを言っているのです。なぜなら法律家にとってまた公務員にとって一番大切なことは人権を守るということなのですから。人権を踏みにじることが彼の本音なら、弁護士を辞め、公務員の長もやめるべきです。この問題は、新聞で書かれている「彼の危機管理の悪さ」でなくて、彼の本音の悪質さが暴かれたということでしょう。今までの数々の発言や行動から考えても彼には人間を平等に見ていなくて強いか弱いかで見ています。彼に言わせれば人間は平等というのは建前だというでしょう。
さあ、この問題をマスコミがどうとりあげるでしょう。これでマスコミの本質がわかります。

はるか様こんばんは。コメントありがとうございます。このブログの内容はニュースを聞いてすぐに書いたのですが、余りにバカげていてアップするかどうか1日悩みました。やはり許せないことだと思い公表しました。1人の人間性の問題なら取り上げなくても良かったのですが、これが日本人の道徳観だと世界に発信されたのでは情けなくてしかたありません。 私は弱い方を守りたいためにこの世界に入りました。弁護士を目指した多くの方は人権を守るためにその世界に入ったと思っています。彼のお陰で同僚も辛い思いをしているかも知れません。戦争に人権なんて在りません、だから反対なのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/57380882

この記事へのトラックバック一覧です: 理解に苦しむ:

« 語学力とグローバル力は似て非なるもの | トップページ | 今週の生け花(平成25年5月第3週) »