フォト

« 子供は社会・未来の宝物 | トップページ | イビキについて »

2013年3月23日 (土)

脳細胞は過保護の偏食屋

2〜3日前に、今後10年間に脳卒中になる確率が色々なメディアの取り上げられ、沢山の方がご覧になったと思います。(もっと知りたい方はここをクリックして下さいねdownhttp://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3284.html

同じことを書いても面白くないでしょうから、脳の特殊性についてお話をしたいと思います。

私達の脳は大人でも1,4Kg程度の重量で体重の3〜4%の重さです。しかし血液の量や酸素消費量では体全体の20%程度使用します。それほど脳細胞は莫大な量の情報を処理しているのです。

私達の脳細胞は非常に過保護に出来ていて、030 偏食屋でもあります。

脳細胞は4分程度血液の流れが止まると後戻り出来ない状態となります。その為、心肺停止の人を見たら、まず救急車が到達するまでの初期治療が重要となります。 

脳細胞の弱さは他の臓器と比べても際立っています。 例えば心肺停止状態となって、心臓マッサージなどで血流が再会した場合心臓なら30分程度でしたら、殆ど後遺症なくその後も動き出します。しかし脳細胞は4〜5分で元には戻りません。 脳細胞と他の組織の強さの違いで、心臓が再開しても脳の機能が戻らない、いわゆる植物状態となる時間帯が出来てしまうのです。

019 もう一つ脳細胞は偏食家で、ブドウ糖しか栄養にしません。 三大栄養をといわれる脂肪、タンパク質、炭水化物の中でも炭水化物が分解されたブドウ糖しか脳細胞はエネルギー源として利用しません。 ですので脳は痛風にはなりませんwobbly。 ブドウ糖しか摂らない偏食家ですので、時々糖尿病の治療薬を使っている方が低血糖発作を起こすと、めまいやふらつき、意識障害がでます。脳以外の細胞は他の栄養素でも働けますので、低血糖発作で意識がなくなっても、呼吸も心臓も問題なく動いているです。

私達の脳って過保護で育てられた偏食家のお坊ちゃんみたいな存在なのですhappy01

« 子供は社会・未来の宝物 | トップページ | イビキについて »

医療」カテゴリの記事

コメント

いつもわかりやすい説明ありがとうございますgood

脳細胞にはブドウ糖ですね、
仕事で疲れたら甘いのが欲しくなるのそのせいですか?

音楽もアップお願いいたしますheart04

ねる前にいつもsally garden聴いています

リリカさん、嬉しいコメントありがとうございますflair。仕事をばりばりやるためにはやはり朝食抜きは良くないようですよ。
若い女性はすぐにダイエットしたがりますが、朝血糖を上げておかないと頭もスムーズに回らないかもです・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/56639755

この記事へのトラックバック一覧です: 脳細胞は過保護の偏食屋:

« 子供は社会・未来の宝物 | トップページ | イビキについて »