フォト

« マンドリン | トップページ | 知らぬ間に筋トレ(骨トレ?) »

2013年2月12日 (火)

恋をすると相手が眩しい

バレンタインデーにちなんで「恋をすると相手が眩しく見える」・・このことは本当でしょうか?

私達の神経系統には随意神経と不随意神経(=自律神経)に分類する方法があります。

随意とは意のままに従うことですから、随意神経とは自分で考えたとおりに行動を起こすことが出来る神経系統です。例えばコーヒーが飲みたいのでコップに手を持っていき飲むことが出来る訳です。              

 しかし心臓を早くしようと思っても私達は勝手に出来ません。Photo でもビックリしたり、走ると心臓はバクバク早く動きます。この様に私達の意志の下で動くのではなくて、自分で自律して働いている神経が自律神経と呼ばれます。神経側から見たら自律して働いている、私達主人側からみたら、勝手に動かせないことより不随意神経と呼ぶのです。

さて自律神経は交感神経と副交感神経からなっています。非常におおざっぱな言い方をすると交感神経は緊張状態で活躍、副交感神経はリラックス状態で作用します。

何かに襲われた時など、心臓は高ぶり、呼吸回数も増しいつでも逃げる態勢を作ります。
瞳孔は開いて周りが見やすい状態になります。

ここまで説明して「恋をすると相手が眩しい」という今日のタイトルと相成ります。 バレンタインデーなどで恋する相手にチョコを渡す時、相手が眩しいはずです。緊張状態で瞳孔は何時もより開いているのですから・・・・・
 相手もチョコを渡されて心臓ばくばくなら脈ありです。 「今日は眩しい?」ってさりげなく聴きましょう。 眩しいと答えたら・・心の中で「やった〜!」と叫んで下さい。 

それではご健闘を祈っております。

« マンドリン | トップページ | 知らぬ間に筋トレ(骨トレ?) »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/56696123

この記事へのトラックバック一覧です: 恋をすると相手が眩しい:

« マンドリン | トップページ | 知らぬ間に筋トレ(骨トレ?) »