フォト

« 恋をすると相手が眩しい | トップページ | 生け花(平成25年2月2週) »

2013年2月15日 (金)

知らぬ間に筋トレ(骨トレ?)

平成25年2月13日FMレキオで骨(骨粗鬆症)について話をしました。

 

私達の骨には身体の保持、脳や心臓などの重要臓器の保護、カルシウムの貯蔵、造血組織などの役割があります。

 

私達の骨には負荷が加わると骨を強くする作用があります。なにもジムshoeに通う必要はありません。 私達は立っているだけ・座っているだけでも筋トレ(骨トレ?)を行っているのです。

 

Photo はて?と思われるかも知れません。 私達は地球上に住んでいるだけで重力に対抗して立ったり座ったりしています。地球からGという力の負荷を受けながら生活しています。

 

何となくピンと来ないと思いますので、宇宙飛行士を例にとって説明します。

 宇宙飛行士は宇宙に滞在中、秒単位のスケジュールをこなしてゆくわけですが、それでも一日23時間も筋肉トレーニングを欠かさず行っています。 宇宙でこんなに優雅に過ごせるという訳ではありません。やらないといけないのです。  

 

宇宙空間には重力がないため、骨に負荷がかからず、骨からカルシウムが溶け出して骨が弱くなってしまいます。 なにもしなければ10日間で約3.2%の骨の成分が溶け出してしまうというのですから、宇宙ステーションで半年、1年という長期間滞在して、地球に戻るとしたら、どれほど危険な状態になるか想像出来ると思います。

 

 無重力の宇宙では、骨だけでなく筋肉にも影響が現われます。筋肉が萎縮し、筋肉の結合組織も退化してきます。このような骨と筋肉の退化を避けるため、宇宙飛行士は日に23時間の加圧トレーニングを含めた運動をする必要があるわけです。

 

地上で暮らしている私たちは、重力を相手に知らず知らずのうちに、筋トレをして骨を鍛えているようなものなのです。

 

 地球での生命の誕生は35億年以前になるそうです。人類の起源は200万年前とも500万年前ともいわれます。  

 人類を含め地上で進化した生物にとって、重力に対応して進化を続けたわけですから、いきなりスペースシャトルや宇宙ステーションで宇宙空間の無重力の世界を経験するとなると、様々なことが起こるわけです。重力なしには私たちの生活は考えられないし、重力が私たちの骨を休まず鍛えているわけです。

 

« 恋をすると相手が眩しい | トップページ | 生け花(平成25年2月2週) »

FMラジオ」カテゴリの記事

コメント

初めまして、いつもFMレキオの「いきいきタイム」を聴きながら新都心公園を散歩しています。ブログ始めたと聴いていたのですがやっと辿り着きました(汗)。私はチャンチャンコを着れる年代ですので、音楽も楽しませてもらっています。何もしなくても筋トレですね。まだまだ簡単には火星旅行は出来そうもないですね。それではこれからはブログもチェック致します。

コメント有り難うございます。病院の近くでお住まいなのですね。新都心公園はウォーキングコースもあり、沢山の方が運動していますね。速歩程度で30分程度を毎日継続することが大切だそうです。これからの色々な話題について書いていく予定ですので、今後ともよろしくお願い致しますhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/56765081

この記事へのトラックバック一覧です: 知らぬ間に筋トレ(骨トレ?):

« 恋をすると相手が眩しい | トップページ | 生け花(平成25年2月2週) »