フォト

« 2013年おめでとう。 | トップページ | 時間の単位:その1 »

2013年1月 4日 (金)

睡眠・夢について

 今年は巳年だそうで、ヘビ(ハブ)ににらまれたら怖そうなのですが、巳年って結構良いことがありそうなのですよね・・・十二支での巳は、生命が芽吹き、育まれ成長して行く時期だそうです。またヘビはお金に縁のある生き物とされ金運にご利益もあるそうで、今年は日本の景気回復がはかられるでしょうか?

 

 年末・年始は沢山の方に会える機会でもあります。人との出会いは、人間を大きく成長させるきっかけともなります。 しかし、私も含めて多くの方は、年末年始で大きくなったのは、人間性ではなく、体重だけだったりするわけでして・・・(ちょっと情けないcoldsweats01

 

 今年最初のラジオ放送では時間の単位や、初夢にかけて睡眠と夢について話をしました。(以下は2013年1月2日のFMレキオの要約です)

<眠りのメカニズム>

たいていの人は夜になると自然に眠くなり、朝に目覚めます。(醒めなければ大変です)

このリズムは脳の中の時計「生体時計」と「深部体温」にコントロールされています。

 私達の体温は明け方に最も低く、日中は上昇して夕方にピークを迎え、また下がっていくというカーブを描きます。人間は体温が下がり始めると眠くなります。ここで言う体温とは手足の体温ではなく脳や腸などの体の内部の温度「深部体温」のことです。生体時計や深部体温により、人間は眠くなったり目が覚めたりするわけです。

<眠りには二つのパターンがセット> 

眠りには性質の異なる「からだの眠り」と「脳の眠り」のIllust_girly_05 二つのパターンがあります。 ひとつは「レム睡眠」(REM睡眠)で、眠っているにも関わらず、眼球が素早く動いている(英語でRapid Eye Movement)時間帯があり、その頭文字を取ってREM睡眠と呼んでいます。もうひとつは、このような眼球運動を伴わないので、ノンレム睡眠と呼ばれる眠りです。この2つの眠りのうち、レム睡眠を「からだの眠り」、ノンレム睡眠を「脳の眠り」とも呼んでいます。

 

 寝入りばなには、脳はすみやかに深い眠りに達するノンレム睡眠から始まります。そして1時間半か2時間続いたあと、いったん脳の眠りが浅くなり、最初のレム睡眠が現れます。このとき、まぶたの下で眼球の急速な動きが観察出来ます。 「レム睡眠」は5分ほど続き、再び深い眠り(ノンレム睡眠)へと入っていきます。 

 このように、ノンレム睡眠とレム睡眠は1つのセットになって、1時間半程度のこきざみなリズムをつくり、一晩に45回くり返すのが、私たちの睡眠の一般的な型とされています。

 レム睡眠のとき、脳は活発に働いて、記憶の整理をしているのではないかと言われています。その一部分を時々夢として覚えているのです。人間は誰にもレム睡眠があって、夢を見ている状態を持っています。「夢を見たことがない」とおっしゃる方も、ただ目覚めた時に夢を覚えていないだけのことなのです。 

<金縛り状態>

・残念ながら私はまだ経験がないのですが、「金縛り」という現象も睡眠のリズムが分かれば怖くありません。

 レム睡眠では、カラダは眠っているのに、脳は起きている状態となっています。カラダが起きるための準備が十分になされていない早い段階のレム睡眠時に目が覚めると、意識はあって(実際は寝ている状態です)もカラダが動かない「金縛り」となる可能性があります。脳の眠りと体の眠りのアンバランスが「金縛り」を発生させてしまっています。 決して、悪霊が取り憑いて動けなくなったわけではありませんので、心配しないで下さい。

 こんな時は三谷監督の映画「ステキな金縛り」でも見て、笑ってしまいましょう! 今年も良い年でありますように・・・loveletter

お時間のある方は、平成25年1月2日FMレキオの放送内容をインターネットで聴くことが出来ます。down

http://www.stickam.jp/video/181764003 

« 2013年おめでとう。 | トップページ | 時間の単位:その1 »

医療 FMレキオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/56468058

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠・夢について:

« 2013年おめでとう。 | トップページ | 時間の単位:その1 »